NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

NFLチーム紹介【26】デンバー・ブロンコス

ジョン・エルウェイ、ペイトン・マニングらの手によって、その知名度の高さを勝ち取ってきたデンバー・ブロンコス。

記憶に新しい第50回スーパーボウルでの優勝。実はその他の記憶がないんです。ジョン・エルウェイってQBがいたくらいしか知りません。さてどんなチームなんでしょう。

まずデンバーって街を調べてみましょう

デンバー。場所はこのあたり。アメリカ中央部の州、コロラド州の州都であり、世界都市でもあります。アメリカの中央部での金融・経済の中枢都市として、どんどん人口が増えているようです。 

中央部の金融・経済の中枢

スポーツが盛ん

NBAでは、デンバー・ナゲッツ

f:id:kazumax78:20170529222530p:plain

ちなみに、オーナーはロサンゼルス・ラムズのオーナー、スタン・クロエンケ。しかし聞いたことが無い。

 

MLBは、コロラド・ロッキーズ

f:id:kazumax78:20170529222659j:plain

こっちも全く聞いたことないわ。

 

NHL、コロラド・アバランチ

f:id:kazumax78:20170529222840j:plain

f:id:kazumax78:20170207213439j:plain

うん、聞いたことが無い。知らない。他MLS(サッカー)、RSL(ラグビー)などのとにかくスポーツ全部チームある。

マリファナOK(市内だけ)1999年に決まった。

毎年カンナビス・カップ(マリファナ品評会)をやってるみたいです。オランダ以外にもあるんですね。って感じです。

 

まぁ、街の名前は聞いたことがあるので、それなりにでかい街なんだろうとは思っていましたが、マリファナOKってのは非常に意外でした。もっと保守的な街なのかと思っていました。それも20年近く前にね。

ブロンコスの歴史

1960年に創設

ブロンコスは1960年に設立されました。ブロンコスってのは「暴れ馬」って意味らしいです。「bronco」というのを辞書をひくと、「悍馬」と出ました。荒れ馬、暴れ馬、という意味のようです。チームの名前は、公募によって選択したそうです。

さて、創世記の戦績はというと、しばらく低迷期。っていうか1977年に地区優勝を果たすまでの17年間、ほぼほぼ毎年最下位。その次の年も優勝してますが、どうも続きませんでした。

1984年 ジョン・エルウェイ加入

ブロンコスの時代がきたのは、1984年にQBジョン・エルウェイを獲得してからです。今は殿堂入りしてる超優秀なQBですね、ジョン・エルウェイ。彼が入団いた1984年に早速地区優勝を果たします。ここからデンバーは相当強いチームに生まれ変わってます。

1984年 地区優勝(Dプレーオフ敗退)
1985年 2位
1986年 地区優勝(スーパーボウル敗退)
1987年 地区優勝(スーパーボウル敗退)
1988年 2位
1989年 地区優勝(スーパーボウル敗退)
1991年 地区優勝(カンファレンス敗退)
1996年 地区優勝(Dプレーオフ敗退)
1997年 2位▶スーパーボウル制覇!

プレーオフ出場常連チームになりましたし、スーパーボウルも4回挑戦しています。しかし何度挑戦しても、勝てなかった。彼がやっとビンス・ロンバルディトロフィーを手にしたのは、14年目の1997年シーズンでした。

 

ブレット・ファーブ率いるグリーンベイ・パッカーズを下し、スーパーボウル初制覇をやっと実現します。

しかも次の1998シーズンもスーパーボウルを連覇します。ジョン・エルウェイは全米ナンバー・ワンのQBとして、ブロンコスにその名を刻みました。そしてSB制覇した1998年。エルウェイはフットボール選手を引退しました。

プロボウル選出9回、スーパーボウル進出6回、スーパーボウル制覇2回、MVP1回と輝かしい記録を打ち立て、フットボールの殿堂入りとなりました。

彼は現在、ブロンコスの役員をやっています。ナイスミドルのなかなかイケてるオッサンです。ブロンコスのチームカラーである「オレンジ」をネクタイに使ってますね。こういうの大好きです。

ジョン・エルウェイが引退した1998年移行、ブロンコスは地区優勝こそ逃していますが、まだまだ強いチームとして地区に存在感を示していました。00、03,04、プレーオフ進出、05は地区優勝をしています。

ペイトン・マニング2011年トレード 

次のブロンコスの黄金期は、インディアナポリス・コルツを地区常勝チームにし、スーパーボウルを制覇したQB、ペイトン・マニングをトレードでゲットした2011年からです。同年のドラフトでは超絶人気選手LBのボン・ミラーを全体指名2位で獲得。そこからのブロンコスは、5年連続地区優勝を果たします。 

2013年と2015年にスーパーボウルへ 

チーム強化に成功したデンバーは2013年に、ついにジョン・エルウェイ以来の悲願スーパーボウル出場。でもシーホークスに負けちゃうんだよね。このときのシーホークスは鬼強かった。ブロンコス歯が立たず。43-8でシーホークスにボロ負けしてしまいました。

 

しかしですね、ブロンコスの勢いはそこで止まりませんでした。2015年もスーパーボウルに出場します。この記念すべき第50回で見事悲願を達成するわけです。それにしても素晴らしい試合でした。LBボン・ミラーが強烈なサックを見せ、モメンタムを持ってきました。そのとき興奮しながら書いた記事はこちら参照。

ペイトン・マニングは、コルツとブロンコス、2つのチームでスーパーボウルを制覇した唯一の選手であり、また史上最多539のタッチダウンパスを通した選手として、「史上最高のQB」とみなされるほどです。しかし2015年のシーズンをみても、そのパフォーマンスの衰えは周知のものであり、多くの自覚をもって、マニングはフットボール人生に幕を引きました。多くのクォーターバックたちが歩むように、彼もまた解説者の道を選んだようです。トロイ・エイクマンのようになるんでしょうか。

ペイトン・マニングのもつ記録

f:id:kazumax78:20181114081238j:plain

①シーズンパス記録 5,477yds(2013年)
②キャリアパス記録 71,940yds
③キャリアタッチダウンパス 539
④2つのチームでスーパーボウル制覇
⑤兄弟でスーパーボウル制覇QB

 

O#チーム主要選手

偉大なQBペイトン・マニングを失ってから、ブロンコスにはいいQBが定着しない。オズワイラー、リンチ、シーミアン、などなど。とにかくパクストン・リンチに期待したい。

QBジョー・フラッコ / Joe Flacco / $66,400,000

f:id:kazumax78:20190711123856j:plain

2008/1巡/ 18位/ デラウェア

2008年から2018年までレイブンズのQBとして活躍してたのがジョー・フラッコ。198cm 111kgと大型のQBタイプです。2012年シーズンを勝ち抜き第47回スーパーボウルを優勝。レイブンズは2000年に獲得以来の久々。冷静沈着?なタイプで、クール・ジョーなどと呼ばれております。

2019年からブロンコスに移籍してますが、なかなか結果が出せず苦戦中。

RTジュワン・ジェイムス / Ja'Wuan James / $51,000,000

f:id:kazumax78:20190711124425j:plain

2014/1巡/ 19位/ テネシー

Gロン・リーリー / Ronald Leary / $36,000,000

f:id:kazumax78:20190711124534j:plain

2012/Undraft巡/ / メンフィス

WRエマニュエル・サンダース / Emmanuel Sanders / $33,000,000

f:id:kazumax78:20190711124637j:plain
2010/3巡/ 82位/ サザン・メソディスト
ピッツバーグ・スティーラーズからキャリアスタート。2回プロボウルに選ばれている。2014年にデンバー入団。2010ー2013の4年間はスティーラーズにいました。その間は年間で800ydsも走れない選手だったんですが、デンバーに移籍した途端、1400ydsも走るスター選手になっちゃいました。マニングのパスが良かったんでしょうねー。ロスリスバーガーよりも相性があったんでしょう。

偉大なQBマニングが去ったあとに7巡指名のシーミアンが投げた2016年。30歳になるサンダースは1,032yds走ってNFLランキング19位。立派な記録ですよね。もう一人のWRのデマリアス・トーマスは1,083yds走ってNFLランキング14位。エースWRはトーマスの方かも知れないですが、昨年のスタッツだけみると50ydsほどしか変わらないので、どちらもエースWRって言っても良いくらい強いですね。この2人がどう走るかが、ブロンコスの見どころでしょうね。

Tダルトン・リズナー / Dalton Risner / $12,590,721

f:id:kazumax78:20190711124748j:plain

2019/2巡/ 41位/ カンザス州立大学

TEノア・フォン / Noah Fant / $12,590,721

f:id:kazumax78:20190711124907j:plain

2019/1巡/ 20位/ アイオワ

LTギャレット・ボウルズ / Garett Bolles / $11,031,904

f:id:kazumax78:20190711125005j:plain

2017/1巡/ 20位/ ユタ
彼はあまり経済的に恵まれていない家に生まれたせいで、若いときはずいぶん荒れていたそうで、フットボールをすることで生活や行動も落ち着くようになり、将来を描けるように成長したそうです。ユタ大学に進学した後も、一心不乱にフットボールに励み、1巡指名を勝ち取りました。また大学在学時に同じ学校で出会ったナタリーさんと結婚し、ドラフトのときに息子さんキングソトン君が生まれたそうです。可愛い子どものためにも頑張って欲しいね。

TEジェフ・ヒューマン / Jeff Heuerman / $8,000,000

f:id:kazumax78:20190711125057j:plain

2015/3巡/ 92位/ OSU

WRコートランド・スットン / Courtland Sutton / $6,841,920

f:id:kazumax78:20190711125715j:plain
2018/2巡/ 40位/ サザン・メソディスト
デマリアス・サンダースと同じ大学出身。2018ドラフト組の期待の新人。2018年ドラフトでWRでは第3位の実力。彼より上位指名はムーア(CAR)とリッドリー(ATL)。テキサス生まれの若武者です。

RBロイス・フリーマン / Royce Freeman / $3,940,020

f:id:kazumax78:20190711125841j:plain

2018/2巡/ 71位/ オレゴン
オレゴン大学時にラッシングタッチダウンリーダーになってる人。2014-2017の4年間で通算60本タッチダウン。歴代11位の成績。ブロンコスはRBのCJ.アンダーソンが抜けて、誰がスターターか明確に決まっていない。フリーマン、リンゼイ、ブッカーという3人の中でくるくるとアサイメントが変わる感じです。

WRデショーン・ハミルトン / Daesean Hamilton / $3,142,638

f:id:kazumax78:20190711125946j:plain

2018/4巡/ 113位/ ペンステート

Cサム・ジョーンズ / Sam Jones / $2,628,553

f:id:kazumax78:20190711130052j:plain

2018/6巡/ 183位/ アリゾナ州立大学

RBフィリップ・リンゼイ / Phillip Lindsay / $1,725,000

f:id:kazumax78:20190711130100j:plain

2018/Undraft巡/ / コロラド
ドラフト外ということを感じさせない力強いボンバヘッド。プレイ回数も多く、ラッシング記録も伸ばしています。いいボンバヘッドだと思います。これからも技に磨きをかけて、長く現役ボンバヘッドでいてほしいです。

 

 

D#チーム主要選手 

OLBボン・ミラー / Von Miller / $114,100,000

f:id:kazumax78:20190711084720j:plain

2011/1巡/ 2位/ テキサスA&M
いまNFLの中で、ナンバー・ワンと言われるLBです。カリル・マックがミラーの契約金額を抜きましたが、僕はボン・ミラーの方が能力は上と見ています。第50回スーパーボウルではMVPに選ばれ、彼がディフェンスでやってる仕事はすごい。スタッツみても2016年で13回サック、78回タックルは異常値。それにオシャレ!おしゃれ番長ですよ。ボンさん。

CBクリス・ハリス / Chris Harris / $42,500,000

f:id:kazumax78:20190711084759j:plain

2011/Undraft巡/ / カンザス

DEデレク・ウォルフ / Derek Wolfe / $36,700,000

f:id:kazumax78:20190711084857j:plain

2012/2巡/ 36位/ シンシナティ

CBカリーム・ジャクソン / Kareem Jackson / $33,000,000

f:id:kazumax78:20190711084940j:plain

2010/1巡/ 20位/ アラバマ

DEブラッドリー・チャッブ / Bradley Chubb / $27,271,241

f:id:kazumax78:20190711085028j:plain

2018/1巡/ 5位/ ノース・カロライナ州立大学
今季鳴り物入りで加盟した新人LBのチャブ。並み居るQB陣たちの中で5位指名に登ってきたD#選手。プロになっても大活躍。これからもブロンコスを支えていただきたい。

CBブライス・キャラハン / Bryce Callahan / $21,000,000

f:id:kazumax78:20190711085134j:plain

2015/Undraft巡/ / ライス

ILBトッド・デイビス / Todd Davis / $15,000,000

f:id:kazumax78:20190711085207j:plain

2014/Undraft巡/ / サクラメント州立大学

OLBダコタ・ワトソン / Dekoda Watson / $5,100,000

f:id:kazumax78:20190711085239j:plain

2010/7巡/ 217位/ FSU

DEデマーカス・ウォーカー / DeMarcus Walker / $5,073,859

f:id:kazumax78:20190711085316j:plain

2017/2巡/ 51位/ フロリダ州立大学

DTザック・カー / Zach Kerr / $5,000,000

f:id:kazumax78:20190711085425j:plain

2014/Undraft巡/ / デラウェア

Sスー・クラバンズ / Su'a Cravens / $4,430,968

f:id:kazumax78:20190711085606j:plain

2016/2巡/ 53位/ サザン・カリフォルニア

DTドレモント・ジョンズ / Dre'mont Jones / $4,158,800

f:id:kazumax78:20190711085717j:plain

2019/3巡/ 71位/ OSU

CBアイザック・ワイダム / Isaac Yiadom / $3,323,266

f:id:kazumax78:20190711085800j:plain

2018/3巡/ 99位/ ボストン

ILBジョシー・ジュウェル / Josey Jewell / $3,173,982

f:id:kazumax78:20190711085841j:plain

2018/4巡/ 106位/ アイオワ

 

おまけの話、デンバーのQBたち

Mrイレレバント QBチャド・ケリー

デンバーが2017のドラフトで獲得したQBは、スターターQBのトレバー・シーミアンと同じく7巡指名選手のケリーチャッド。

 彼は全体253位指名、Mr.Irrelevant(ドラフトで最後の最後に名前呼ばれた選手)という少し不名誉な賞の名前で有名。

f:id:kazumax78:20170529233338j:plain

 

全然名前を呼ばれないので、もう意気消沈のチャド家。本人もうなだれてますwww

f:id:kazumax78:20170529233649p:plain

f:id:kazumax78:20170529233707j:plain

それがまさか、ブロンコスから指名!うっわーーー!!!

f:id:kazumax78:20170529233735j:plain

おめでとうチャッド!

で、なんとかかんとかNFLでプロ選手になって活躍する夢をみていたはずが・・・

 

2018年の10月24日に解雇処分になってました。

理由は住居侵入罪で逮捕されたから。どうも女絡みみたいです。昔付き合ってた彼女の家に乗り込んだとかどうとか。どうにも馬鹿な結末でした。

www.youtube.com

QBパクストン・リンチ#12

f:id:kazumax78:20171015203806j:plain
2016 / Round1 / Pick26 / メンフィス大学
本来ブロンコスのフランチャイズQBとして活躍してもらうべき選手です。昨年ドラフトで1巡選手はというと、ラムズQBゴフ、イーグルスQBウェンツ。その2人に並ぶかも知れなかった選手です。

2016年ドラフト 指名順 指名(現在) Player Name
1巡目 1位 ラムズ ジャレッド・ゴフ
1巡目 2位 イーグルス カーソン・ウェンツ
1巡目 26位 ブロンコス パクストン・リンチ
2巡目 51位 JETS クリスチャン・ハッケンバーグ
3巡目 91位 ペイトリオッツ(コルツ) ジャコビー・ブリセット
3巡目 93位 ブラウンズ コーディ・ケスラー
4巡目 100位 レイダース コナー・クック
5巡目 135位 カウボーイズ ダック・プレスコット
5巡目 139位 ビルズ カデール・ジョーンズ
6巡目 162位 チーフス(ブラウンズ) ケビン・ホーガン

 こう見ると、パクストン・リンチという選手は実はすごく期待されてる選手だとわかります。しかしゴフやウェンツ、プレスコットに比較するとプロでの露出度が全く無かった。現在スターターで出たのは1試合のみ。通算3試合でパスしたのが24回。「まだまだこれから」という時期にありました。

 しかし、彼は2018年シーズンが開幕する前に解雇処分となっています。バックアップ要因としてロースターに残されていたのですが、新しいバックアップにケヴィン・ホーガンが契約(同期ドラフト)。ドラ1巡指名のQBに支払うサラリーが、働きの割に多すぎたため、解雇となりました。現在はFA市場をうろついています。どっかのチームが彼をピックしてくれるといいですね。

QBブロック・オズワイラー#17

f:id:kazumax78:20171112191653j:plain
2012 / Round2 / Pick 57 /アリゾナ大学
まさかまさかのドンデン返しで、2017年もスターターとして招聘されたオズワイラー。当初はマニングの控えとして苦しい下積みを経て、テキサンズでさんざんな結果を出して、ブラウンズのスターターとして移籍したのに、ドラフトで21歳のカイザーにレギュラーを奪われ、もう一度ブロンコスに返り咲き。でも、やっぱりオズワイラー。勝てない。その後またブラウンズに移り、またドルフィンズに移り・・・・。ジャーニー生活続いています。 

こちらの記事もオススメ

www.nfl-32.com