NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

NFLチーム紹介【26】暴れ馬!デンバー・ブロンコス

f:id:kazumax78:20200706080644j:plain

ジョン・エルウェイ、ペイトン・マニングらによって、NFLに存在感を高めてきたデンバー・ブロンコスを紹介いたします。

 

記憶に新しい第50回スーパーボウルでの優勝。実はその他のことを、ほとんど知らなかったので、調べてみました。まずはデンバーのあるコロラド州の紹介から、チームのことと掘り下げていきたいと思います。

 

それではどうぞ。日本でもっとNFLが浸透しますように。

【スポンサーリンク】

 

コロラド州とはどこにありますか?

f:id:kazumax78:20200706081229p:plain

地図でいうと、北米大陸のちょうど中心部分。東にカンザス州、西にユタ州、北にワイオミング州、南にニューメキシコ州に囲まれてます。

 

f:id:kazumax78:20200706082252j:plain

同じ地図ですが、こちらはNFLのチームがない州を、ブルーで塗ったものです。こうしてみると、ブロンコスがあるコロラド州は、周囲がNFL無し州で囲まれております。そういう意味では、結構州をまたいでファンが多そうな印象があります。

 

f:id:kazumax78:20200706083033j:plain

コロラド州といえば、一番の名物が、ロッキー山脈です。州の真ん中を南北にぶち抜いております。コロラド州は、いわば日本の長野や山梨のようなもので、いわゆる山岳地域にあると言えます。

 

f:id:kazumax78:20200706084221j:plain

また異常気象が一番起こる州としても有名です。山岳地域の乾いた風がロッキー山脈にぶち当たり、積乱雲が発生し大量の雹が降ってきます。写真ほどの被害はめったにないようですが、車がひしゃげるほどのサイズの氷の塊は、命を損なう危険が十分にあります。

 

f:id:kazumax78:20200706084622j:plain

またコロラド州西部の平原はアメリカ最大の竜巻発生地でもあります。EF3規模(震度6とか、そういう規模を表す数字)の竜巻が発生し、多くの被害を出しています。

 

f:id:kazumax78:20200706085106j:plain

異常気象はまだまだあります。なんと雷に打たれて死ぬ人の数が、アメリカで最も多いというのもコロラド州です。積乱雲から雹や雷、そして家ごとなくなるトルネード。このような異常気象の産地がこの州の一面なのです。

 

f:id:kazumax78:20150916095102j:plain

天災や異常気象などがある一方、この州の一番の魅力が最高の天気です。365日のうち300日は快晴に恵まれ、砂漠からの乾いた風は理想的な天候だそうです。この陽気さ快適さに惹かれて、コロラド州に移住する人も多いそうです。

 

f:id:kazumax78:20200708090337j:plain

また同じく素晴らしいのはコロラド川で体験できるカヤックなどのアクティビティ。雄大な自然の真っ只中を、動物の鳴き声を聞きながら、心静かに進む。この体験は他では得られない、ものすごい贅沢なものです。

 

f:id:kazumax78:20200708090139j:plain

「神々の庭」(The Garden of the God)と言われる大自然がある、スプリングフィールド。こちらもコロラド州の名物のひとつでしょう。

 

f:id:kazumax78:20200708090313j:plain

ロッキー山脈の切り立った岸壁、先程の神々の庭の岩壁。世界中の名だたるクライマーたちが、このコロラドに集まり、まさに命がけのエキサイティングな時間を過ごしています。 

 

f:id:kazumax78:20200708090411j:plain

というように、コロラド州は自然の脅威と偉大さに触れる素晴らしいところです。

次からは州都デンバーについて調査してみます。 

 

 

まずデンバーって街を調べてみましょう

デンバー。場所はこのあたり。アメリカ中央部の州、コロラド州の州都であり、世界都市でもあります。アメリカの中央部での金融・経済の中枢都市として、どんどん人口が増えているようです。 

 

f:id:kazumax78:20200706085357p:plain

コロラド州の人口は全体で600万人。このうちの5割強の310万人ぐらいが、州都デンバーを中心としたデンバー・オローラ都市圏に住んでいます。それでも、他の州と比べると、アーバナイゼーション(都市部への人口集中)がそれほど進んでないですね。他のまちでは8割が住んでいるとかが普通です。

 

f:id:kazumax78:20200706173837p:plain

この街ができた由来についてご紹介しましょう。この地に最初に目をつけたのが、ウィリアム・ラリマー(Williams Larimer)という人でした。彼は今で言う不動産開発業者みたいなものです。このデンバーが将来伸びる!発展する!と当たりをつけて、丸太小屋を作りました。いわゆる土地の所有権を主張するための作戦です。

f:id:kazumax78:20200706174053j:plain

当時、コロラドはカンサスシティの準州でした。この地を収めていた知事の名前が、ジェームス・W・デンバーでした。ラリマーさんは、知事に媚を売るというか、彼の名前を拝借して、この地をデンバーシティと名付けたそうです。そうして見事、不動産投資に大成功するわけですね。

 

f:id:kazumax78:20200706174651j:plain

さて、街が誕生した歴史は、一旦おいて。次からはデンバーの街の特徴をお伝えします。写真左上のマーク、これがデンバーの市旗です。ロッキー山脈と太陽をモチーフにしていますね。いわゆる大自然のおおらかさこそがデンバーの魅力なのです。

 

f:id:kazumax78:20200706174938j:plain

デンバーに来たからには、絶対にいけ!と言われるのが、大自然が作った天然の大劇場、レッド・ロックス・パークです。ここでは切り立った岸壁が作る最高の音楽空間になり、数々のコンサートが開かれます。夕焼けに赤く染まる空を見ながらの体験は他では得難い唯一無二のステージです。

 

f:id:kazumax78:20200706175405j:plain

またデンバーはアメリカで一番最初にマリファナを合法化した街です。なんと州がOKする前に市議会が先に認可をおろしてしまうという、わけの分からんことが起こった街でもあります。(これは後々、おかしいよねという事になって、コロラド州法を変えることで決着しました)

f:id:kazumax78:20200706180153j:plain

世界中から大麻が集まるカンナビス・カップが開催されるのも、この街の名物となっています。これにある「High times」というのは、「ハイになる」というのと、「NY times」と、標高1600mになるデンバーの別名「マイル・ハイ・シティ」がかかっています。

 

日本とゆかりの深いデンバー市

f:id:kazumax78:20200706180557j:plain

実はアメリカで最も日本とゆかりの深いのが、ここコロラド州デンバー市なのです。少し歴史を調べてみました。

 

f:id:kazumax78:20190213103004j:plain

ことの起こりは、第二次世界大戦です。1929年にアメリカでは世界恐慌がおこり、史上最悪の大不況に見舞われます。フーバー大統領からルーズベルト大統領に政権交代があり、ニューディール政策で経済復興!という中で、世界大戦が起こります。そして1941年に日本軍による真珠湾攻撃があり、アメリカ国内では、日系人排斥運動が加熱化していくわけです。

f:id:kazumax78:20200706181426j:plain

日本人や日系人(アメリカ国籍をもっている人も)、強制収容所にいれられるなどの差別的扱いを受けるようになります。それに対して当時コロラド州知事だったラルフ・ローレンス・カーさんが「基本的人権の侵害である!」と猛烈な反対をしたんです。そして、デンバー市内に、たくさんの日本人を受け入れるようになるわけです。

 

f:id:kazumax78:20200706181716j:plain

ローレンス知事の鶴の一声で、たくさんの日系人や日本人がデンバーに移り住みます。学校や仏教寺院が建設され、日本人コミュニティがたくさんできるようになります。現在も残る「サクラ・スクエア」は、かつての日本人村の名残であり、当時の知事の銅像が現在も建てられています。

 

f:id:kazumax78:20200706182112j:plain

f:id:kazumax78:20200706181919j:plain

そういったこともあり、日本企業とデンバーは親和性がたかく、留学制度も活発に行われています。内陸部の街にも関わらず、日本食が豊富にあるのも、こうした背景があるからです。なんとも涙涙の話だなぁと、僕は関心してしまいました。

 

デンバーのスポーツ

コロラド州の州都であり、内陸部の経済の中心地でもあります。当然ながらこの街にもたくさんのスポーツチームがあります。少しご紹介させてもらいます。

 

f:id:kazumax78:20200706182651j:plain

まずMLBでは、コロラド・ロッキーズ。当然名前の由来は、ロッキー山脈からですね。ワールドシリーズに出場したことのないチーム。それほど名前を聞くこともないので、強い印象はありません。

 

f:id:kazumax78:20200707083020j:plain

おつぎはNBA。デンバー・ナゲッツ(Nugget=塊、転じて金塊の意)というチームがあります。1967年に設立されており、ブロンコスに次ぐ歴史をもったチームです。オーナーは、アン・ウォルトン・クロエンケ。ウォールマートの大資産を相続した創業一族の娘で、ロサンゼルス・ラムズのオーナー、スタン・クロエンケの妻です。

 

f:id:kazumax78:20200707083314j:plain

NHL(アイスホッケー)チームでは、コロラド・アバランチ(Avalanche=雪崩)がいます。1979年に設立された歴史があり、スタンレーカップを二度制覇している強いチームですね。もともとは、カナダのケベック州に本拠地を構えてましたが、ここデンバーにフランチャイズを移転させました。NBAと同じくペプシセンターを拠点として活動しています。で、オーナーはNBAと同じくアン・ウォルトン・クロエンケさんです。
 

 

f:id:kazumax78:20200707082936j:plain

最近メキメキ人気をつけてきたMLS(プロサッカー)では、コロラド・ラピッズ(Rapids=急流)がいます。コロラド川の勢いからチーム名がついたようです。1995年に設立され、2010年シーズンにワールドチャンピオンに輝いた素晴らしい功績があります。オーナーは、クロエンケが社長をするクロエンケ・スポーツグループです。

 

f:id:kazumax78:20200707084839j:plain

デンバーにもラクロスチームがあります。デンバー・アウトローズ(OutLaws=ならず者たち)は、同じく2006年に設立されたMLL(Major League Lacross )のチーム。NFLのブロンコスと同じパット・ボウレンがオーナーを勤めてきましたが、現在お亡くなりになり、法人がオーナーシップを継承しています。

 

f:id:kazumax78:20200707084833j:plain

まだまだあります。こっちはNLL(National Lacross League)。コロラド・マンモス(Mammoth=恐竜のマンモス)です。2003年に設立されたチームです。オーナーは同じくクロエンケさん。

 

f:id:kazumax78:20200707084836j:plain

ラグビーもあります。デンバー・バーバリアンズ(Barbarians=野蛮人)は、プロラグビーではないユニオンのチームですが、1967年に設立されており、かなり歴史が深いチームです。


f:id:kazumax78:20200707084426j:plain

こちらは、2020年に消滅したのですが、2007年に設立されたグレンデール・ラプターズ。デンバーの隣町にあった元MLR(Major League Rugby)の一員だったチームです。2020年からの試合表はタイトすぎて、ちょっと無理ってなったそうです。

 

f:id:kazumax78:20200707143848p:plain

知らない名前も含めて、デンバーにはたくさんのスポーツチームがあるようですね。その多くはクロエンケという方がオーナーをしています。彼については、このオーナー記事などをご参照ください

www.nfl-32.com

www.nfl-32.com

ブロンコス誕生の歴史

f:id:kazumax78:20200707094124p:plain

このチームを作ろうとしてた人は、デンバー在住の実業家、ボブ・ホーサムさん。後にMLBのセントルイス・カーディナルズのGMをしたり、スポーツ振興に大変熱心な人でした。

 

f:id:kazumax78:20200707105241j:plain

地元デンバー生まれの人で、彼の父がマイナー・リーグのデンバー・ベアーズという野球チームを経営していたのもあり、スポーツについては非常に熱心だったようですね、

 

f:id:kazumax78:20200707105535j:plain

当時、NFLのチームを作ろう!と頑張ってたんですが、NFL側に拒否されて、1960年に設立された新リーグAFLの旗揚げメンバー(The Foolish Club)として、ブロンコスを設立することになります。

 

f:id:kazumax78:20200707094836j:plain

ブロンコスというチーム名は、公募によって決まったそうです。これは「暴れ馬」って意味らしいです。「bronco」というのを辞書をひくと、「悍馬(かんば)」と出ます。荒れ馬、暴れ馬、という意味のようです。

f:id:kazumax78:20200707103024j:plain

こういう由来があるもので、ブロンコスのゲーム開始前には、馬が勢いよく登場します。このマスコットのお馬さんは、サンダー君といって、デンバー市民の愛情を一身に受けて大事にされています。

本拠地は、エンパワーフィールド・マイルハイ

f:id:kazumax78:20200707105927j:plain

マイルハイ(Mile High)というのは、デンバー市そのものを指す言葉です。標高1マイル(1600m)の高地に位置する都市ということで、デンバーのことをマイルハイ・シティと呼びます。

 

f:id:kazumax78:20200707111246j:plain

以来、伝統的にスタジアムにも「マイルハイ・スタジアム」という名前がつけられてきました。それこそNFLができる前のマイナーリーグのデンバー・ベアーズ時代から、マイルハイスタジアムはずっと現役のスタジアムとして市民の大事な施設でした。

 

f:id:kazumax78:20200707111414j:plain

1999年、スタジアムの規模拡大を目指して、新マイルハイ・スタジアムの建設がスタートします。既存の施設に併設する形で建築工事がスタートしていきます。当時の建設コストが$400M(現在価格で、$615M=615億円)ぐらいでした。

 

f:id:kazumax78:20200707110230j:plain

そして2年後の2001年8月11日。新マイルハイ・スタジアムが完成します。設立当初はスポーツ用品販売大手のスポーツオーソリティが命名権を買ってました。伝統的なマイルハイと言う名前は残して欲しいというデンバー市民の強い要望を忖度してか、「スポーツオーソリティ・スタジアム・マイルハイ」という名前でした。

 

f:id:kazumax78:20200707111958j:plain

竣工の後に、旧マイルハイ・スタジアムは取り壊されます。このスタジアムが建っていたのは、1948年から2002年の54年間。半世紀もの間、デンバー市民から愛されてきた建物でした。

 

f:id:kazumax78:20200707112723j:plain

そういうわけで、現在は昔のスタジアムが建っていた場所に、「マイルハイ・スタジアム・モニュメント」としてミニスタジアムが復元されています。周囲は駐車場として使われてるんですが、こうして都市の記憶を後世に活かすというのは、素晴らしいことですね。

f:id:kazumax78:20200707113047p:plain

現在の名前になったのは、2019年の9月、じつは超最近です。命名権を購入したのは、エンパワー・リタイアメントという退職金計画の記録管理会社です。これは、米国で2番目に大きな退職金制度プロバイダーです。本社をコロラド州グルーンウッドビレッジにおいています。退職金記録というのは日本ではあまり聞かないタイプの仕事ですね。

 

ブロンコスの戦績

f:id:kazumax78:20200707113736j:plain

さて、次はブロンコスの戦績を振り返ってみましょう。

 

f:id:kazumax78:20200707114719j:plain

創世記の戦績はというと、とにかく、ずっと低空飛行でした。1965年にはフランチャイズ消失の危機にも会いました。ブロンコスが初めて勝ち越したのが、チーム創設から13年たった1973年のシーズン。AFLを誕生させた最初のチームのうち、13年間一度もプレーオフにでれなかった唯一のチームということで、ブロンコスは今では考えられない弱小チーム扱いをされてきたのです。もうほぼほぼ、万年最下位のチームという印象が、この創成期の20年です。

1983年~1999年 ジョン・エルウェイの時代

f:id:kazumax78:20200707113944j:plain

「ブロンコスは強い!」そんな時代がきたのは、1983年にQBジョン・エルウェイを獲得してからです。彼は現在は殿堂入りし、チームのGM兼副社長をしている超優秀な人物です。彼の入団により、ここからデンバーは相当強いチームに生まれ変わってます。

1984年 地区優勝(Dプレーオフ敗退)
1985年 2位
1986年 地区優勝(スーパーボウル敗退)
1987年 地区優勝(スーパーボウル敗退)
1988年 2位
1989年 地区優勝(スーパーボウル敗退)
1991年 地区優勝(カンファレンス敗退)
1996年 地区優勝(Dプレーオフ敗退)
1997年 2位▶スーパーボウル制覇!

こうして、ブロンコスはプレーオフの常連チームになりました。スーパーボウルも4回挑戦しています。しかし何度挑戦しても、ブロンコスはあと少しで勝てなかった。

 

f:id:kazumax78:20200707115319p:plain

チームがようやくトロフィーを手にしたのは、14年目の1997年シーズンでした。ブレット・ファーブ率いるグリーンベイ・パッカーズを下し、1998年第32回スーパーボウルを優勝するのです。

f:id:kazumax78:20200707115416j:plain

しかも次の1998シーズンもスーパーボウルを連覇します。ジョン・エルウェイは全米ナンバー・ワンのQBとして、ブロンコスにその名を刻みました。そしてスーパーボウルを連覇した1999年。彼はフットボール選手を引退しました。

プロボウル選出9回、スーパーボウル進出6回、スーパーボウル制覇2回、MVP1回と輝かしい記録を打ち立て、フットボールの殿堂入りとなりました。

 

f:id:kazumax78:20200707115718p:plain

彼は現在、ブロンコスのGM と副社長を兼務しています。現役引退してもなお、フットボールの魂は燃えている、ナイスミドルの超かっこいいオッサンです。ブロンコスのチームカラーである「オレンジ」をネクタイに使ってますね。こういうの大好きです。

ジョン・エルウェイが引退した後も、ブロンコスは強いチームとして地区に存在感を示してきました。それでは、次はブロンコスの次の時代を作った男について紹介します。

 

 

2011~2015年ペイトン・マニングの時代 

f:id:kazumax78:20120321132422j:plain

次のブロンコスの黄金期は、インディアナポリス・コルツを地区常勝チームにし、スーパーボウルを制覇したQB、ペイトン・マニングをトレードでゲットした2011年からです。

 

f:id:kazumax78:20110428201610j:plain

2011年、ドラフトで全体2位指名権をもっていたブロンコス。つまり前年の成績は32チーム中、31位だったわけだ。ジョン・エルウェイが去った後、しばらくブロンコスには低迷期が続いた。この2位指名権を使って獲得したのが、現在でもリーグ1位を争うLBのボン・ミラー(Von Miller)です。

f:id:kazumax78:20200707143129j:plain

怪物のようなLBボン・ミラーと、鉄板QBマニング。この2大スターの同時加入により、ブロンコスはチーム改革を加速化せていきます。そこからのブロンコスは、5年連続地区優勝を果たします。 

 

チーム強化に成功したデンバーは2013年に、ついにジョン・エルウェイ以来の悲願スーパーボウル出場を果たします。しかし、対するシーホークスが本当に強かった。当時はLegion of Boomと言われた超攻撃的D#チームがすごくて、マニングでも歯が立たない。この時のシーホークスは鬼強かった。43-8でシーホークスにボロ負けしてしまいました。

 

しかしですね、ブロンコスの勢いはそこで止まりませんでした。2015年もスーパーボウルに出場します。この記念すべき第50回で見事悲願を達成するわけです。それにしても素晴らしい試合でした。LBボン・ミラーが強烈なサックを見せ、モメンタムを持ってきました。そのとき興奮しながら書いた記事はこちら参照。

ペイトン・マニングは、コルツとブロンコス、2つのチームでスーパーボウルを制覇した唯一の選手であり、また史上最多539のタッチダウンパスを通した選手として、「史上最高のQB」とみなされるほどです。

 

f:id:kazumax78:20200707143602j:plain

しかし2015年のシーズンをみても、そのパフォーマンスの衰えは、自他ともに周知されてきました。マニング自身もはっきりとそれを認識していたようで、2016年スーパーボウルを最後のゲームにし、マニングはフットボール人生に幕を引きました。

ペイトン・マニングのもつ記録

f:id:kazumax78:20181114081238j:plain

①シーズンパス記録 5,477yds(2013年)
②キャリアパス記録 71,940yds
③キャリアタッチダウンパス 539
④2つのチームでスーパーボウル制覇
⑤兄弟でスーパーボウル制覇QB

 

【スポンサーリンク】

 

O#チーム主要選手

f:id:kazumax78:20200707154040j:plain

ブロンコスのO#を組織するのは、元NYGのHCだったパット・シューマーOC。数々のチームを渡り歩いてきた筋金いりのコーチ人生。現在55歳の彼が2020年から新しいブロンコスを作り上げることになるわけです。

f:id:kazumax78:20200707153846j:plain

しかし、ブロンコスは偉大なQBペイトン・マニングを失ってから良いQBが定着しない。ブロック・オズワイラー、パクストン・リンチ、トレバー・シーミアン、ケース・キーナム、ジョー・フラッコなどどれも3年続かない。これからの新QBに大きな期待が寄せられます。

QB ドリュー・ロック(Drew Lock)#3

Drew Lock ranked as league's 29th-best starting QB for 2020 |2019年 / 2巡 / 42位 / ミズーリ大学
ロックはQBとしてさほど高評価だった人物ではありません。同年代ドラフトでは、カイラー・マレー、ダニエル・ジョーンズ、ドウェイン・ハスキンスに続いての4番目のQBですし、ブロンコスからしても、3人目の選手です。そういう意味でさほど高評価ではない感じ。

しかし、2019年にはデビュー5試合して、1,020ydsの記録をだし、平均レーティングは89。これはなかなか悪くない数字です。なんだか背が低い印象がありますが、192cmあるし体重も103kg。4.69sの脚もあり、これはしっかり育ってくれれば、安心できる気もします。

LT ギャレット・ボールズ(Garret Bolles)#72

f:id:kazumax78:20200707160017j:plain2017年 / 1巡 / 20位 / ユタ大学
彼はあまり経済的に恵まれていない家に生まれたせいで、若いときはずいぶん荒れていたそうで、フットボールをすることで生活や行動も落ち着くようになり、将来を描けるように成長したそうです。ユタ大学に進学した後も、一心不乱にフットボールに励み、1巡指名を勝ち取りました。また大学在学時に同じ学校で出会ったナタリーさんと結婚し、ドラフトのときに息子さんキングソトン君が生まれたそうです。可愛い子どものためにも頑張って欲しいね。

LG ダルトン・リズナー(Dalton Risner)#66

f:id:kazumax78:20190604125711j:plain2019年 / 2巡 / 41位 / カンザス州立大学
QBロックと同級生になるリズナー。QBより先に呼ばれてます。両腕のタトゥーが鮮やかに目立ちます。大学ではタックルをしていたので、将来コンバートする可能性もあります。

C ロイド・キッセンベリー(Lloyd Cushenberry)#79

f:id:kazumax78:20200707160117j:plain2020年 / 3巡 / 83位 / LSU
大学では練習生時代からスターターと変わらぬ能力を発揮していた人物。LSU不動のセンターで2019年の無敗のシーズンを作りましたね。

RG グラハム・グラスゴー(Graham Glasgow)#61

f:id:kazumax78:20190908172948j:plain2016年 / 3巡 / 95位 / ミシガン大学
ライオンズから移籍してきた人。ガードをしたり、2018年にはセンターもしてきた。ブロンコスとは4年$44Mの契約を締結して、これから楽しみですね。

RT ジャワン・ジェイムス(Ja'Wuan James)#70

f:id:kazumax78:20141102111433j:plain2014年 / 1巡 / 19位 / テネシー大学
オフェンスライン二人目の1巡指名選手。しかしこちらはプロパーではなく、ドルフィンズからの移籍組です。大学時代は4年間RTをしてきた経験があるので、左側よりも上手に動けるはず。ブロンコスとは4年で$51Mの契約を結んでます。

TE ジェフ・ヒューマン(Jeff Heuerman)#82

f:id:kazumax78:20161002152551j:plain2015年 / 3巡 / 92位 / OSU
ヒューマンと呼ぶか、難しいところ。2015年のデビュー前の新人キャンプでACLを断裂してしまい、1シーズンを棒に振ってます。せっかくスーパーボウルでれるチャンスだったのに、アンラッキー。次のシーズンも8月の練習でハムストリングを故障し、シーズン出れず。やっとこさ3年目の2017年にプロとしてデビュー。4年目には10試合でるものの、今度は3本肋骨を骨折、肺を故障。またシーズンエンド。満身創痍な人なんですが、2019年に2年契約を締結してます。

TE ノア・ファント(Noah Fant)#87

f:id:kazumax78:20200707160403j:plain2019年 / 1巡 / 20位 / アイオワ大学
ヒューマンが怪我をしがちで安定しないので、こちらのタイトエンドに注目が集まってます。(やっぱり1巡だしね)。アイオワ時代は3年プレイしてます。4.5sの俊足と、193cmの長身。デビュー年の2019年には562ydsを記録しました。

WR ジェリー・ジューディ(Jerry Jeudy)#10

f:id:kazumax78:20200707160440j:plain2020年 / 1巡 / 15位 / アラバマ大学
今季ドラフト(2020年)では1位2位を争う評価だったレシーバー。2年で1,315yds、3年で1,163ydsを記録している。その年に7歳年上の姉と死別してる。ハイチ系のルーツをもってます。

WR KJ・ハムラー(K.J.Hamler)#13

f:id:kazumax78:20200707160501j:plain2020年 / 2巡 / 46位 / ペンシルバニア州立大学
セイクワン・バークリーの1年後輩になる人。身長が174cmしかないけど、強烈な存在感をペンステートで発揮してきた。主にリターナーとしての注目度が高い。不安点は膝。大学に入る前から、ACLをやっていて、大学時代にも怪我している。プロで戦えるだろうか不安がある

WR コートランド・スットン(Courtland Sutton)#14

f:id:kazumax78:20200707160519j:plain2018年 / 2巡 / 40位 / サザン・メソディスト大学
テキサス生まれの若武者です。2019年シーズンでは才能が開き、1,112ydsを記録しプロボウルに選ばれました。今後も記録を伸ばして欲しい。身長191cmのポゼッションレシーバータイプで、レッドゾーンで大いに存在感を発揮しますね。

RB メルヴィン・ゴードン(Melvin Gordon)#25

f:id:kazumax78:20191222130304j:plain2015年 / 1巡 / 15位 / ウィスコンシン大学
デビュー以来ずっとチャージャーズでしたが、2020年キャリア6年目にして移籍を決定。ブロンコスとは2年$16Mで契約しています。毎年800~1,000ydsを記録するRBで、レシーブも300ydsあり、ユーティリティな選手という印象です。

RB フィリップ・リンゼイ(Phillip Lindsey)#30

f:id:kazumax78:20200707160641j:plain2018年 / ドラフト外 / コロラド大学
ドラフト外ということを感じさせない力強いボンバヘッド。地元コロラド大学出身で、ブロンコスへの帰属意識も高い選手です。デビューした年に1,037yds、2年目にも1,011ydsを走り、チームのエースRBと言えます。40ヤードを4.39sで走り抜けるスピードキングでもあり、走り出したら止まらない。髪型のごとく爆発力のある選手です。

RBロイス・フリーマン(Royce Freeman)#28

f:id:kazumax78:20190711125841j:plain2018年 / 2巡 / 71位 / オレゴン大学
オレゴン大学時にラッシングタッチダウンリーダーになってる人。2014-2017の4年間で通算60本タッチダウン。歴代11位の成績。

 

【スポンサーリンク】

 

D#チーム主要選手 

f:id:kazumax78:20200707154500j:plain

D#チームを組織するのは、DCのエド・ドナテル。63歳になるベテランコーチで、NFL暦は1990年からスタートして30年目。ブロンコスでは2019年からDCとして働いております。DBコーチとしての経験が深いので、ブロンコスでもそういう傾向が強くでるかと。

DE シェルビー・ハリス(Shelby Harris)#96

f:id:kazumax78:20200707160738j:plain2014年 / 7巡 / 235位 / イリノイ州立大学
レイダース、JETS、カウボーイズと渡ってきた選手です。ブロコンスとは2017年にきていらい定着していますね。地元はウィスコンシン州のミルウォーキー市。だからきっとパッカーズと試合するときは、前日入りして故郷を楽しんでるのでないかと思います。

NT マイク・パーセル(Mike Purcell)#98

f:id:kazumax78:20200707160834j:plain2013年 / ドラフト外 / ワイオミング大学
ハリス以上に色々転々としている人。49ers、ラムズ、ベアーズ、パンサーズ、ペイトリオッツ、チーフスと。デンバーにきたのは、2019年からです。2020年も試合でてこれるか、ちょっと分からんランクです。

DE ジュレル・ケイシー(Jurrell Casey)#99

f:id:kazumax78:20200707160853j:plain2011年 / 3巡 / 77位 / USC
5回もプロボウルに選ばれてきたNFLでも有名人な選手。テネシーとは7巡指名権との交換で移籍が決定。9年間も長くいたのに、放出されたので、ケイシーはタイタンズに怒り心頭。「ゴミのように捨てられた」と遺憾を表明してたそうです。フラストレーションとプレイを混ぜないで2020年頑張ってほしいね。

LB ブラッドリー・チャッブ(Bradley Chubb)#55

f:id:kazumax78:20190922112026j:plain2018年 / 1巡 / 5位 / ノース・カロライナ州立大学
ブロンコスD#の中心人物。D#はスクリメージラインよりも、2陣目のLBラインの方が厚みがあるように思う。チャブのデビュー年は12本サック、21QBヒットと素晴らしいものでした。しかし2年目に左膝のACLを故障したようで、5ゲーム目からシーズンエンドでした。今後のブロンコスを支える人材です。

LB アレクサンダー・ジョンソン(Alexander Johnson)#45

f:id:kazumax78:20191103141751j:plain2018年 / ドラフト外 / テネシー大学
別名A.J.ジョンソン。2019年にはタックル93本あげてる重要な選手。大学時代にレイプ容疑があり、そのためかドラフトでは敬遠された過去がある。2019年のプレイをPFF(Pro Football Focus)が評価すると、LBrankingで4位になるそうな。今後ますます成長しそうな予感。

LB トッド・デイビス(Todd Davis)#51

f:id:kazumax78:20200708075748j:plain2014年 / ドラフト外 / サクラメント州立大学
カリフォルニア州生まれの選手です。デンバーでは6年目のシーズンに過去最高の136タックルをあげるなど、毎年毎年成長を遂げる進化しつづける選手。7月に足首の怪我をしたにも関わらず、スゴイ生命力で怪我も治す。ナチュラルモンスターですね

LB ボン・ミラー(Von Miller)#58

f:id:kazumax78:20190711084720j:plain2011年 / 1巡 / 2位 / テキサスA&M
いまNFLの中で、ナンバー・ワンと言われるLBです。カリル・マックがミラーの契約金額を抜きましたが、僕はボン・ミラーの方が上と思います。キャリア9年のうち8年プロボウルに選ばれ、オールプロに3回選ばれてます。年間平均サックは11.78本。通算106サックをあげたのは、ブロンコス史上最高の記録です。

f:id:kazumax78:20200708083014j:plain

ボン・ミラーは、まぁとにかくカッコイイのですよ。

 

CB A.J.ボイエ(A.J.Bouye)#21

f:id:kazumax78:20200707161134j:plain2013年 / ドラフト外 / セントラル・フロリダ大学
あのブイエがブロンコスにくるとは。ジャガーズ時代は鉄壁のD#でリーグを席巻してきた選手です。CBとしてまだまだキャリア続けられると思います。ブロンコスで長く在籍してほしいな。彼はまだ生後15ヶ月のとき、母親を乳がんと脳腫瘍で亡くしているんですね。父親の手で育てられた彼は、現在、アメリカ癌学会の評議会メンバーでもあります。

f:id:kazumax78:20200708080838j:plain

またNBAのシューティング・ガード、ジェイレン・ブラウン(1巡全体3位指名)は彼の従兄弟になります。

CB ブライス・キャラハン(Bryce Callahan)#29

f:id:kazumax78:20190718090318j:plain2015年 / ドラフト外 / ライス大学
ヒューストンの学問系の名門、大学ランキングトップ25のライス大学出身の秀才。彼はもともとベアーズで4年プレイしてきた。当時ベアーズのDCをしてたのが、現在のHCのビック・ファンジオ。どうも彼が引き抜いてきた人材のように思う。

SS カリーム・ジャクソン(Kareem Jackson)#22

f:id:kazumax78:20200707161312j:plain2010年 / 1巡 / 20位 / アラバマ大学
テキサンズのコーナーバックとして有名な選手でした。2019年からデンバーに移籍してます。10年目を迎える選手に対して、ブロコンスは3年$33Mの契約を提示してます。これはスゴイなぁ。ブロンコスではSSとしてFSとふたりでディープゾーンを守る係です。DBの重要人物ですね。

FS ジャスティン・シモンズ(Justin Simmons)#31

f:id:kazumax78:20200707161341j:plain2016年 / 3巡 / 98位 / ボストン大学
最近のドラフトでは正直大当たりなお買い得選手だったんじゃないでしょうか。90本を超えるタックル、19シーズンでは15本のパスD#と縦横無尽に動いてくれてます。怪我もなく安定してパフォーマンスが高い。非の打ち所ない感じ。

 

【スポンサーリンク】

 

こちらの記事もオススメ

www.nfl-32.com