NFL超入門!~世界最強のスポーツリーグ~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

【NFL TOP100 2022】#61 QBラッセル・ウィルソン

シーホークスのQBウィルソンがついに移籍をしました。強烈な出来事ですね。彼は10年連続このTOP100リストにあがってきました。毎年のしごとぶりをみても、驚異的なレベルだと思います。タフで冷静で的確。完璧なリーダーシップを見せています。

 

さて、掘り下げていきます。

 

大学時代

彼の生まれはオハイオ州シンシナティ。でもこれは生まれた、というだけで、すぐに引っ越しをしてます。育ったホームタウンは、バージニア州リッチモンド。地元のカレジエイト・スクール(Collageate School)という高校に進学をします。

 

お父さんが弁護士、お母さんが医療従事者ということで、非常に教育的熱心な家庭で育ったことや、人の役に立つことを、意識されて育てられたことを想像します。しかも彼の高祖父(爺さんの爺さん)は、南北戦争の大佐の奴隷だったそうです。

 

この高校時代にペイトン・マニング・パッシング・アカデミーというイベントに参加しています。ここでマニングと直接会って、フットボール選手へのモチベーションが高まったそうです。

 

プロになりマニングとはスーパーボウルで再会するという。なんともドラマチックな展開。そして見事にウィルソンはマニングに勝利するのですね。

 

そして現在、あのときのマニングのように。ウィルソンもコロラド州デンバーにてパッシングアカデミーを開催しています。小学生や中学生、高校生むけに。この輪廻たるやドラマがありますね。

さて成績優秀、スポーツ優秀の彼に、ノースカロライナ州大学と、デューク大学から奨学金のオファーがきます。かれはNCステート(ノース・カロライナ州立大学)を選びました。ウィルソンはウルフパックのQBとして活躍。ACCのパッシングydsリーダー、オールスターの2ndとして選ばれるほどでした。

また同時に野球も一生懸命されてました。2011年1月に、MLBのコロラド・ロッキーズからキャンプにこないかと誘われています。ウィスコンシン大学へ転校したいという彼の意向もあり、ウルフパックのHCは、NFLを選ぶかMLBを選ぶか、今後のキャリアについて、ウィルソンと対話したそうです。

結局ウィスコンシン大学へ転校します。年間で3,175ydsを投げ、ウィスコンシン大学屈指の選手として名を轟かせました。

オレゴンダックスとのローズボウルでもみごとに活躍。当時テレビで解説者をしていたジョン・グルーデンは、「ウィルソンの懸念事項は身長だけだ。それさえクリアしていれば、間違いなく1巡指名を受ける選手」だと評価していました。

 

プロでのキャリア

さて2012年ドラフト。彼はシアトル・シーホークスから、3巡75位で指名をうけます。今の活躍から3巡だったとはちょっと信じられないですね。

 

ちなみに。当時の彼女さんアシュトン・ミームさんとドラフト後、結婚しました。しかし諸々あり破局に。そしたらスーパーボウル優勝できました。その後今の奥様のシアラとデート発覚、その後結婚と。いやーシアラ、きれいやなぁ。

 

2012年の開幕戦が彼のデビューとなりました。カーディナルズの敵地での試合は20-16で敗北。しかし、Week3のマンデーナイト、パッカーズ戦では見事にヘイルメリーパスを決めて、週間MVPを獲得。ラッセル・ウィルソンは勝利の男、と印象付けます。

 

そして2013年です。シーホークスはスーパーボウルを優勝します。ラッセル・ウィルソンは、SBを勝利した黒人スターターQBとして史上二人目の選手となりました。

 

2014年、これもまたウィルソンはシーホークスをスーパーボウルにつれていきます。最後の最後、2ndダウンであと5yds。てっきりリンチへのランプレイでゴリゴリ押すとおもいきや、ピート・キャロルHCはパスをコール。インターセプトされゲームセットとなる、劇的な幕引き。稀なるバッドコールとして、歴史に刻まれました。

 

その後もウィルソンは、スターQBとしてチームを牽引します。彼はOLを強化して欲しいとGMに直訴していたのですが、それがなかなか受け入れてもらえず、ウィルソンは長年苦労が続きました。チーム上層部との不和はリーグ全体の噂にもなり、ウィルソンの不満が横たわったままでした。

そして2022年に、ついにウィルソンはデンバー・ブロンコスへ移籍します。シアトルに見切りをつける形に見えますね。ブロンコスはQBを見つけられず、苦労を続けてきたチームです。ウィルソン加入により、大きく変化が観られること間違いなしです。

 

私生活

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Russell Wilson (@dangerusswilson)

www.instagram.com

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Russell Wilson (@dangerusswilson)

www.instagram.com

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Ciara (@ciara)

www.instagram.com

ウィルソンの妻は、歌手のシアラです。まぁゴージャスでありながら、フランクであり、素晴らしいな。かっこよすぎます。家族はこども3人。長男はシアラの連れ子で、二人はウィルソンと血の繋がりのある子どもです。でもそんなの全く関係ないよね。本当に皆が幸せそう。

 

これはオバマ大統領時代の訪問の様子です。ラッセル・ウィルソンはNFL選手ですが、とても勉強熱心で、NCstate時代にコミュニケーション論で学士課程を修了。そして転校先のウィスコンシン大学では政治経済学の学士課程を修了してます(なんとたった1年で)。

 

高校時代には数学オリンピックみたいなものにも挑戦しており、彼の知性の高さ、勉強熱心さには呆れるほどです。チャリティーにも大変熱心で、恵まれない子どもたちや、支援が必要な環境を改善することにも取り組んでいます。

 

ラッパーのエミネムは、彼に歌をつくっています。タイトルは「モンスター」です。

 

 

高校卒業時の2007年にはボルチモア・オリオールズ(MLB)からドラフトされており、2010年ドラフトではコロラドロッキー(MLB)からも指名が入ってます。マイナーリーグですが、テキサス・レンジャーズと、NYヤンキースでプレイしています。NFLを引退したら、また野球熱が燃えるのでしょうね。