NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

NFLチーム紹介【25】地球の重力から解き放たれよ!ヒューストン・テキサンズ

きました!好きなチームです、テキサンズ。ちなみにオードリーの若林が好きなチームとしても有名。「オードリーのNFL倶楽部」ではJJワットのユニフォーム着てますね!気持ちわかります!ディフェンス世界で最強戦士ですもんね!

オードリーさんにはアメフトの奥深さとか、楽しみ方とか教えてもらいましたし、ほんま感謝しかないです。日本ではマイナースポーツなアメフトを、こうして帯番組を作ってまで、とりあげてくれて、2人のアメフト愛がにじみ出ているのを感じますよね。いい番組!毎回録画してます!個人的には「若林の熱視線!」が大好きです!

 

テキサスといえば、、、ロデオとか、カウボーイとか、西部のガンマン!みたいなイメージじゃないですか?写真のような男前が暴れ牛に乗りまくる。インディー・ジョーンズみたいな。だから、テキサス州って田舎だなぁというイメージがあります。

 

テキサス州にある、テキサンズ。いったいどんな街で、どんなチームなのか。詳しく調べてみました!それではどうぞ。

NFLが日本でもっと浸透しますように。

【スポンサーリンク】

 

テキサスってどこにあるか?

 

f:id:kazumax78:20200703165023p:plain

ここです!この南部の最大の州をテキサス州といいます。見るからにわかると思いますが、アメリカで最大の面積をもつ州です。(ただしアラスカ州を除く)。

f:id:kazumax78:20200703165404j:plain

南部のホースマンばかりのイメージかと思いきや、ここは全然田舎じゃありません。人口規模でもアメリカ2位の州です。テキサス州知事になると、アメリカ大統領とそう変わらない権力をもっているといって過言でないです。

 

人口の3割がスペイン語を家庭で使い、黒人+ヒスパニック系の割合が白人よりも若干多くなっています。

 

f:id:kazumax78:20200703171303j:plain

南北戦争の後には、牛の牧畜業が盛んになったため、現在でもテキサスといえば、カウボーイのイメージが強いわけです。(そのためダラスにあるチームはカウボーイズといいます)

f:id:kazumax78:20200703171546j:plain

その後、油田が見つかったため、テキサスはオイルビジネスで急激に経済発展していきます。儲かったお金で大学に大規模投資できるエコシステムを構築したため、テキサスには優秀な人材が集まるようになり、数々のハイテク企業が生まれていくようになりました。

 

f:id:kazumax78:20200703165722j:plain

州都はオースティン市。都市圏人口180万人を有する大都市で、ハワイ州ホノルルの次に緯度が低い、つまり年がら年中温暖な都市です。最高ですね。もう住んでみたくなってきました。

 

f:id:kazumax78:20200703170019j:plain

このテキサス州で最大の都市が、テキサンズの本拠地となるヒューストンです。次からはヒューストン市について詳しく調べてみます。

 

ヒューストンってどんな街?

f:id:kazumax78:20200703172316j:plain

テキサス州最大の都市であるヒューストン、市単体での人口で200万を超え、ヒューストン都市圏では600万を超える人口集積地です。(ダラス都市圏はヒューストン都市圏よりも1割ほど人口が多いです。)

f:id:kazumax78:20200703173138j:plain

 テキサス州はとにかく広いので、大きくわけると3つの都市圏に分かれます。ヒューストンを中心としたヒューストン都市圏がテキサス州2位で600万人います。

 

f:id:kazumax78:20200703173801j:plain

ヒューストンの街の名前の元になったのが、テキサス州が共和国だった時代の大統領、サミュエル・ヒューストンさんです。このひとはテキサス州とテネシー州のダブルで知事をした珍しい人です。

 

f:id:kazumax78:20200703174314j:plain

ヒューストンは、油田の街でもあり、海運業の街でもありますが、もう一つは、医療研究の街でもあります。テキサス・メディカル・センターは世界最大規模の医療研究機関の集積地です

 

ヒューストンといえば何よりも有名なのは、ジョンソン宇宙センター、すなわちNASAでしょうか。宇宙開発といえばヒューストン。ヒューストンといえば宇宙開発。そういうイメージがあります。

これは一人の人間にとっては小さな一歩でしかないが、人類にとっては大きな一歩である。

このニール・アームストロング船長の言葉を発信した場所が、ここジョンソン宇宙センターであり、スペースシャトルの写真をみるだけでワクワクしてきますね。着陸地で宇宙飛行士のトレーニングを行う壮大な場所です。これに加えてアメフトまであるなんて、なんて素敵なんでしょう。めっちゃ行ってみたい街です

www.lonelyplanet.com

 

 

f:id:kazumax78:20200703175301j:plain

さて、やはり大きな産業はやはりオイル業です。オランダのハーグに本社を構えるロイヤル・ダッチ・シェル社の米国法人本社があるのも、ここヒューストンです。

 

f:id:kazumax78:20200703182717j:plain

学問では、全米トップ25にいつも入り続けている名門ライス大学が有名です。超難関市立大学として、数多くの秀才を輩出しています。

 

このように、テキサス州の最大都市であるヒューストンは、非常に大きな経済力をもったまちであり、医療・芸術・教育面でも、有数の才能がひしめく世界的都市であるのです。

 

ヒューストンのスポーツ

ここまで大きな街ですから、スポーツ興行なども大変に盛んです。NFLに限らず、MLB、NBAなど北米4大スポーツのうち3つのチームをもっています。少し紹介したいと思います。

 

f:id:kazumax78:20200703180559j:plain

MLB(メジャーリーグ)では、ヒューストン・アストロズです。ワールドシリーズで優勝した2017年など、しっかりとした実績をもっています。チーム名は、「アストロノーツ(宇宙飛行士)」から来てます。

 

f:id:kazumax78:20200703181144j:plain

NBAでは、ジェームス・ハーデンが在籍しているヒューストン・ロケッツがあります。1994年と1995年を2連覇した強いチームでもあります。

f:id:kazumax78:20200703181503j:plain

MLSでは、ヒューストン・ダイナモというチームがあります。14年前の2006年に創設されたチーム。あまり強くないみたい。

f:id:kazumax78:20200703181838j:plain

このチームの共同オーナーが、ボクシング世界チャンプだった、オスカー・デラ・ホーヤと、現役NBA選手のジェームス・ハーデンさんです。

 

f:id:kazumax78:20200703182025j:plain

WMLS(女子プロサッカー)では、ヒューストン・ダッシュというチームがあります。アストロズもサッカーもどちらもオレンジ色がチームカラーになっているようですね。なぜロケッツや、テキサンズはオレンジが入らないのでしょうか?ちょっと不思議ですね。

 

f:id:kazumax78:20200703182833j:plain

もう一つ人気なのは、地元ヒューストン大学のフットボールチーム、ヒューストン・クーガーズ(Cougars)ですね。 1946年に創設されてます。NCAAのディビジョン1に在籍しており、NFL選手をいくつも輩出しているフットボールの名門校です。

 

f:id:kazumax78:20200703183305j:plain

先述のライス大学にもフットボールチーム、オウルズがありますが、こちらはスポーツはあまり有名ではありません。やはり学問で優秀です。

 

【スポンサーリンク】

 

テキサンズ・チーム創設の歴史

f:id:kazumax78:20200704104023j:plain

AFL創業のときのエピソードにも登場しますが、このまちで最初にプロフットボールチームをつくったのが、バド・アダムスさん(写真左)です。1960年、当時同じくテキサス州でオイル事業をしてたラマー・ハント(チーフスの創業者:写真中)と意気投合し、足並み揃えてAFLを立ち上げた人です。

彼が作ったチームがヒューストン・オイラーズです。これが後にナッシュビルに移り、現在のテネシー・タイタンズになっています。

f:id:kazumax78:20200704103850j:plain

オイル事業で大富豪になったバド・アダムスは、オイラーズの発展、ヒューストンの活性化に精力的に活動します。彼が作ったチームは、テネシー(ナッシュビル)に移る1996年までの37年間、ずっとヒューストンで活動していました。

 

f:id:kazumax78:20200704105343j:plain

当時本拠地としてたのが、この丸い館のアストロドーム。今でもMLBのアストロズのゲームはここでやってますよね。

 

f:id:kazumax78:20200704110442j:plain

1996年にアメフトチームが去ったわけですが、ヒューストンには40年近くもフランチャイズだった歴史があります。それにこの街はでかい。フットボール熱は冷めやらず、新たなチーム創設に動き出した事業家がいました。

 

f:id:kazumax78:20200704110613j:plain

それが電力事業(正確にはコージェネレーション事業)で大成功したロバート・マクネア(Bob MacNair )さんです。もともとはヒューストンに唯一なかったNHL(アイスホッケー)のチーム誘致に動き出したんですが、1997年に失敗するんですね。

 

f:id:kazumax78:20200704111208j:plain

そのフラストレーションというか、熱気がNFLのほうに傾いたようで1999年に見事新チーム創設という事業を成功させるわけです。実際にシーズンに参加するのは2002年からでした。当時全体1位指名権で獲得したQBがデレック・カーのお兄さん(David Carr)でしたね。

www.nfl-32.com

f:id:kazumax78:20200704111458j:plain

シーズンスタートと足並み合わせて、新スタジアム、NRGスタジアムがお披露目となりました。以前オイラーズが使っていたアストロドームと並んで建っている姿、歴史を物語るようで、なかなか壮観ですね。

 

 

ということで、この街には昔っからアメフトあるんです。なかったのはたった6年だけ。

 

本拠地NRGスタジアム(51th SuperBowl会場)

それに加えて、第51回(こないだのSBね)の開催地にもなって、ヒューストンはもうアメフト熱すごいんだから。いい街だよね。南部だから気候も暖かいし。

本拠地にしているNRGスタジアムはかっこいい。アメリカの本場のスタジアムって一度でいいから見てみたいですね。

 

テキサンズのチーム戦績

2002年に創設されて、現在16年目に突入のまだまだ若いチームではありますが、地区優勝4回しています。2002-2010年は同地区のインディアナポリスの圧勝なんですけど、2011年に怪物選手が加入してからというもの、2011.2012.2015.2016と破竹の勢い。まだまだスーパーボウルには出場したことありませんが、今の現役ロースターの粒ぞろいなところを見ていますと、十分期待して良いと思いますね。

 

シーズン 地区順位 W-L ドラフトなど
2002年 最下位 4-12 QB カー獲得
2003年 最下位 5-11 WR ジョンソン
2004年 3位 7-9 DB アール
2005年 最下位 2-14 DT ジョンソン
2006年 最下位 6-10 DE ウィリアムス
2007年 最下位 8-8 DT オコエ
2008年 3位 8-8 T ブラウン
2009年 2位 9-7 LB キュージング
2010年 3位 6-10 DB ジャクソン
2011年 地区優勝 10-6 DE JJワット獲得
2012年 地区優勝 12-4 LB マーテラス獲得
2013年 最下位 2-14 WR ホプキンス獲得
2014年 2位 9-7 DE クローニー獲得
2015年 地区優勝 9-7 CB ジョンソン獲得
2016年 地区優勝 9-7 WR フラー獲得
2017年 Game on 4-6 QB ワトソン獲得

 

【スポンサーリンク】

 

オフェンスチーム主要選手

f:id:kazumax78:20200704145235j:plain

オフェンスチームを率いるのは、2014年からテキサンズで勤めているティム・ケリー(Tim Kelly)さん。弟がNFLでOTをしています。まだ33歳の若手で、シカゴ出身の都会人です。NFLのキャリアはテキサンズ一筋で7年目。OCとしては2019年からなので、2年目になりますね。

QB デショーン・ワトソン(Deshaun Watson)#4

f:id:kazumax78:20190710165353j:plain
2017年 / 1巡 / 12位 / クレムソン大学
大学時代の2015年にはシーズン全勝。ACCチャンピオンシップでは、NCUと対戦。見事勝利し、大学1位を獲得。しかし、大学生時代にACL断裂の怪我をした経験があります。NFLに入団後、ルーキー年の2017年から大活躍の姿を見せておりましたが、ゲーム前の練習中に非接触でのACL断裂・・・シーズンエンド。ファーブやマリーノ、マニングにブレイディなど、偉大なQBはみな怪我に強い。ワトソンはものすごく優秀ですが頑丈さが心配要素。

LT ラレミー・タンシル(Laremy Tunsil)#78

f:id:kazumax78:20190705175837j:plain
2016 / 1巡 / 13位 / ミシシッピ大学
今レフトタックルでは、NFL最大の契約をもっている選手です。2019開幕直前に、マイアミドルフィンズから移籍。名門ミシシッピ大学出身の1巡指名のタックル。低迷が続くドルフィンズが最も大事にしないといけない重要な選手です。

 21歳のときに母親の再婚相手(継父)に暴力を振るったと大学のゲームを7つ出場停止になってます。「母親を守った」という彼の言い分は立証できなかったようです。

LG マックス・シャーピング(Max Scharping)#74

f:id:kazumax78:20200704153213p:plain
2019年 / 2巡 / 55位 / ノーザン・イリノイ大学
ウィスコンシン州のグリーンベイ生まれ。ブレット・ファーブのパッカーズをみて育ったゴリゴリのパッカーズファンのはず。ガードとしてパワー・スピード両方をもってるいい選手。1年目からデビューしてスターターに定着してます。

C ニック・マーティン(Nick Martin)#66

Texans PR on Twitter: "#Texans C Nick Martin and Cowboys G Zack ...
2016年 / 2巡 / 50位 / ノートルダム大学
カウボーイズのGザック・マーティンを兄にもつ。兄弟そろってノートルダム大学で、同じくOLをしてきた。いつか二人が同じチームでプレイすることあったら、めちゃいい話だなぁ。

f:id:kazumax78:20200704151501p:plain

ちなみにこないだ結婚したらしい。おめでとうニック。

RG ザック・フルトン(Zach Fulton)#73

f:id:kazumax78:20200704153524p:plain
2014年 / 6巡 / 193位 / テネシー大学
チーフスからデビューした選手です。2018年の3月15日、テキサンズに移籍が決定。以後2年間スターターとして定着してます。2020年もRGとして登場するでしょう。

RT タイタス・ハワード(Tytus Howard)#71

f:id:kazumax78:20200704153755p:plain
2019年 / 1巡 / 23位 / アラバマ州立大学
40ydsを5.05sで走り抜ける146kg。パワーもあるが、そもそもの位置エネルギーが高い。1年目はRGとRTの両方を経験。おそらく2年目の2020年はタックルで登場かと。11月30日に怪我のためIR入りしてます。怪我があとひかないとよいですね。

TE ダレン・フェルズ(Darren Fells)#87

f:id:kazumax78:20200704151749j:plain
2013年 / ドラフト外 / カリフォルニア大学アーバイン校
2019年からテキサンズに移籍したTEです。ドラフト外ながら頑張ってるよねぇ。

WR ブランディン・クックス(Brandin Cooks)#13

f:id:kazumax78:20191025072020j:plain
2014年 / 1巡 / 20位 / オレゴン州立大学
ペイトリオッツでも、ラムズでもスーパーボウルに出場した経験がある名WRです。(でもどちらでも敗北。)ディアンドレ・ホプキンスが去った2020年のテキサンズO#の中心的武器になるでしょう。ラムズと交わした契約を、テキサンズは継続したので、2022年まで残る計画です。

WR ウィル・フラー(Will Fuller)#15

f:id:kazumax78:20200704154327p:plain
2016年 / 1巡 / 21位 / ノートルダム大学
ノートルダム大学出身。ホプキンスと並びエースレシーバーになれるはずが、あんまりレシーブ記録がない。もっと頑張って欲しい。けっこう怪我しがち。アメフトしてなかったら、やばい見た目だよね。この人。

WR ランドール・コッブ(Randall Cobb)#18

f:id:kazumax78:20200704152334j:plain
2011年 / 2巡 / 64位 / ケンタッキー大学
もとはパッカーズでゴリゴリやってたエースレシーバーでした。8年も契約したチームと別れて、ライバルチームのカウボーイズに移籍したのが2019年。そのまた翌年2020年にテキサンズに。もうピークは過ぎたレシーバーという感じですが、ここぞという場面でやたら登場する勝負勘の鋭い人です。

RB デヴィッド・ジョンソン(David Johnson)#31

f:id:kazumax78:20200704152406p:plain
2015年 / 3巡 / 86位 / ノーザン・アイオワ大学
2016年に1239yds、879ydsレシーブを記録して、リーグを席巻したRB。当時はプロボウルとオールプロのダブル受賞で、すごかったです。でも2019年は怪我のため345ydsしか走ってません。彼とWRホプキンスがトレードされたわけですが、ちょっと・・・もったいないなぁとアメリカ中疑問視されました。ジョンソンからすると、アリゾナの奥地から大都会ヒューストンにきたわけで、良かったでしょうね。

RB デューク・ジョンソン(Duke Johnson)#25

f:id:kazumax78:20200704152455p:plain
2015年 / 3巡 / 77位 / マイアミ大学
マイアミ生まれの陽気な人物。デビューから4年はブラウンズにいましたが、5年目に放出され、テキサンズと3年$15Mの契約。300ydsくらいしか走ってないバックスですが、レシーブで400ydsくらい稼いでいます。

【スポンサーリンク】

 

ディフェンスチーム主要選手

f:id:kazumax78:20200704150132j:plain

テキサンズはD#チームにスター選手が揃ってます。そんなD#チームを率いるのは、元NFL選手のアンソニー・ウィーバー(Anthony Weaver)さん。DEとしてプロで7シーズンを過ごし、2012年からコーチ道を歩んでいます。テキサンズでは2016年から勤め、DCになるのは2020年から初めての経験です。

DE JJ.ワット(J.J. Watt)#99

f:id:kazumax78:20190710172356j:plain
2011年 / 1巡 / 11位 / ウィスコンシン大学
ミスターテキサンズですね。彼が2011年に入団してから、テキサンズのイメージが一新しました。地区優勝を連発し、強いチームに化けました。ワットはとにかくフィジカルモンスター。

キャリア9年のうちプロボウル5回、オールプロ5回、ウォルターペイトン賞受賞、DPOY3回受賞と神レベル。QBサックは最高20.5回、普通でも16回とか、まさしくリーグトップのエッジラッシャーですね。

www.nfl-32.com

 

2019年に長年お付き合いしていたオハイさんと婚約。プライベートでも充実してまして、今後ますますアメリカを代表する男として活躍してくれます。

www.nfl-32.com

アメリカ人男性が思う、「理想の男性像」ってこんなんじゃないでしょうか。タフでパワフル、女性に優しく、愛国心に溢れ、チームに貢献する。彼こそがザ・アメリカ!理想的な人です。

NT エディー・ヴァンダードーズ(Eddie Vanderdoes)#95

f:id:kazumax78:20200704152530p:plain
2017年 / 3巡 / 88位 / UCLA
レイダースからデビューしたDLですが、3年目にテキサンズにトレードされました。138kgですが40ydsを5秒きる俊足で、決行突破力はあるほうです。しかし2019年にテキサンズが交わしたのは練習生契約。いつ首を切られるか、ギリギリの瀬戸際な選手です。

DE アンジェロ・ブラックサン(Angelo Blackson)#97

f:id:kazumax78:20200704155804p:plain
2015年 / 4巡 / 100位 / オーバーン大学
タイタンズで2年、ペイトリオッツで半年、テキサンズで3年を経過する選手。彼も正直、トップ選手とは言い難い。スクリメージラインはワットが沈没するとほとんど負けそうな気がする。

LB ホイットニー・マーシラス(Whitney Mercilus)#59

f:id:kazumax78:20190710172712j:plain
2012年 / 1巡 / 26位 / イリノイ大学
LBですね。彼もドラフト1巡指名の名選手。ワットが猛烈なパスラッシュをして、あいた穴にRBが走りこんだら、マーシルスが待ち受けている。テキサンズのディフェンスに穴はないのか。

大変余談ですが、お洋服好きみたいですね

LB ザック・カニンガム(Zach Cunningham)#41

f:id:kazumax78:20190710173419j:plain
2017年 / 2巡 / 57位 / バンダービルド大学
ストロングサイドにセットするミドルラインバッカー。2019年には142本のタックルをあげていて、チームのエースタックラーです。ちなみに棒高跳びのアメリカ代表ヴァシティ・カニンガム選手は彼と親戚関係ではないです。

LB ベナルドリック・マッキンニー(Benardrick McKinney)#55

f:id:kazumax78:20190710172501j:plain
2015年 / 2巡 / 43位 / ミシシッピ州立大学
2016年にオールプロ(2nd)、2018年にプロボウルに選ばれてるNFLでも屈指のラインバッカーです。中央に位置するミドルLBでチームの2番手になるタックラーです。

LB ブレナン・スカーレット(Brennan Scarlett)#57

f:id:kazumax78:20200704153016j:plain
2016年 / ドラフト外 / スタンフォード大学
122kgと大型なLB。しかし、4.76sの俊足。こんな怪物サイズなのに、ドラフトで名前呼ばれないなんて、NFLは本当どういう世界なんだろうかと思う。

CB ガレオン・コンリー(Gareon Conley)#22

f:id:kazumax78:20200704152639p:plain
2017年 / 1巡 / 24位 / OSU
もとレイダースでCBを担当してきたCB。2019年にテキサンズとは4年$10Mの契約を交わしとって、今後しっかり貢献を期待されてる。

CB バーノン・ハーグレイブズ(Vernon Hargreaves)#28

f:id:kazumax78:20200704161103p:plain
2016年 / 1巡 / 11位 / フロリダ大学
バッカニアーズから1巡指名を受けてプロデビューした選手。5年目オプションで残留したかと思いきや、11月に解雇。彼を拾ったテキサンズがまた翌年2月に解雇。で、どういうわけだか4月に再契約。テキサンズが出してる金は、1年だけで$1.3M。この人1巡なのになぁ。気の毒だなぁ。

CB ブラッドリー・ロビー(Bradley Roby)#21

Bradley Roby's top moments as a Houston Texan in 2019
2014年 / 1巡 / 31位 / OSU
もうひとりのCBコーンリーと同じ大学の元先輩。こっちは3年$31.5Mとコーンリーの3倍の契約を結んでる。デビュー以来5年間ブロンコスのCBを担当し、スーパーボウルを優勝も経験している。

SS エリック・マレー(Eric Murray)#23

f:id:kazumax78:20200704152847p:plain
2016年 / 4巡 / 106位 / ミネソタ大学
チーフスで3年、ブラウンズで1年を経て、2020年からテキサンズへ。正直テキサンズのDB陣は2020年からの新顔が多い印象。チームとは3年#18Mとまずまずな契約を結んでる。これは活躍しなければなるまい。

FS ジャスティン・リード(Justin Reid)#20

f:id:kazumax78:20190710173457j:plain
2018年 / 3巡 / 68位 / スタンフォード大学
あの、膝つき男「エリック・リード」の弟さん。お兄ちゃんはコリン・キャパニックと一緒に膝つき行動して話題になりましたよね。身長184cmの長身DB。タックルが毎年80本くらいでかなり活躍しています。もう少しパスD#で目立ってくるとプロボウルラインにのりそうな人です。 

 

【スポンサーリンク】

 

こちらの記事もオススメ

www.nfl-32.com