NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

NFLチーム紹介【27】黄金狂野郎 サンフランシスコ・49ers

f:id:kazumax78:20070101164136j:plain

サンフランシスコ。めっちゃいい響き。行ってみたい・・・・アメリカ西海岸。

f:id:kazumax78:20170529092542j:plain

それにしても49ersって読めなくないですか?他の31チームは全部アルファベットで書いてるのに、こいつらだけ数字って。「フォーティーナイナース」って読みます。

NFLの試合で、「うぉーーすげぇ!」ってなった初めてのNFLの試合が、この49ersの試合でした。ジョー・モンタナ。アメフトを見たことのない人でも、彼の名前だけは知ってる人いるんじゃないでしょうか。そんな彼が在籍していたチームとしてめっちゃ有名ですね。5回もsuperbowl優勝してる強いチーム、さて今日はそんな49ersをまとめてみます。

 

本拠地サンフランシスコ・ベイエリアの特徴を簡単にまとめてみる

スペイン人の宣教師、サン・フランチェスコさんが入植したのが街の開祖と言われていますね。カリフォルニアの暖かさが作るナパ・バレーのワイン。青く澄み渡る空を見上げると鬱屈した感情が一瞬で吹き飛び、誰もがハイタッチしたくなる優しさに包まれる。そんな素晴らしい街ですね。

①サンフランシスコ・ベイエリアの全体地図

f:id:kazumax78:20170529085407j:plain

アメリカ西海岸の代表都市ですね。ベイエリアは日本語で「桑湾」とも呼ばれています。ベイエリアは広いので、大きく北部のノースベイ、東側のイーストベイ、南部のサウスベイの3つに分けることができます。

北部ノースベイにはサンフランシスコシティがあり、かの有名なゴールデンゲート・ブリッジがあります。そしてノースベイとイーストベイの間にある海の浮かんでいるのが脱走不可能と言われたアルカトラズ刑務所です

イーストベイは、オークランドシティです。レイダースが本拠地にしているエリアですね。

f:id:kazumax78:20170529085336j:plain

サウスベイはサンノゼ・サンタクララという都市からなるエリアです。いわゆるシリコンバレーと言われている都市群がサウスベイですね。49ersが位置するのは、ベイエリアの中でも、このサウスベイになります。

②人口

 ベイエリア全体で750万人。サンノゼ・サンタクララ・サンフランシスコ・オークランドまで全部入れてです。かなり大きな規模の都市圏になりまして、アメリカ国内でも6番目の大きさになります。

 サンノゼが一番大きくて、人口が約100万人。次いでサンフランシスコが80万、オークランドが40万となりますね。

③経済、名産品

 このベイエリアを構成するサンノゼ、そしてサンタクララって2つの都市がいわゆる「シリコンバレー」と言われています。地図にもクパチーノって書いてますね。ここにアップルキャンパスがあります。Apple、Google、Facebook、Yahoo、Intel、シスコシステムズ、オラクル、eBay、クアルコム、PayPal、Adobe、McAfee、などなど、IT企業の一大拠点でして経済を支えています。

f:id:kazumax78:20170529094349j:plain

時代を作る企業ばかりが集まっていますので、町並みも美しいようです。モータリゼーションよりも次の時代を先取りした自転車社会、もしくは自動運転社会の都市構造を実験的に試していると聞きます。

f:id:kazumax78:20170529094804j:plain

 

 カリフォルニアナパ・バレーは、ワインの産地としても有名。たくさんのワイナリーがあり、数々の賞を受賞したワインがたくさんあります。

f:id:kazumax78:20130526060601j:plain

④スポーツ

NFLが2チーム 49ersとレイダース。

f:id:kazumax78:20170524095549j:plainf:id:kazumax78:20170529092542j:plain

MLBが2つ アスレチックスとジャイアンツ

f:id:kazumax78:20170529092757j:plainf:id:kazumax78:20170529092800p:plain

NBAが1つ ウォリアーズ

f:id:kazumax78:20170529093138g:plain

NHLが1つ シャークス

f:id:kazumax78:20170529093218p:plain

ラクロス2つ、サッカー1つ。

めちゃ多い。

 

49ersの歴史と概要

誕生と名前の由来

f:id:kazumax78:20101230193210j:plain

49ersが誕生したのは、アメリカの西海岸カリフォルニア州。このエリアはゴールドラッシュと呼ばれる1849年、黄金を掴み一攫千金のアメリカンドリームを目指して多くの入植民に溢れた街でした。

 

 

f:id:kazumax78:20171130105407j:plain

カリフォルニアのサンタクララはそんな街だということで、チーム名をゴールドラッシュの1849年に因んで、「49ers(黄金を求めたヤツら)」となったわけです。

 

f:id:kazumax78:20171130105550j:plain

だからユニフォームやヘルメットには、ゴールドがカラーリングしてあります。チアリーダーズの名前はそのまんま「ゴールド・ラッシュ」といいます。

オーナーはジェド・ヨーク

f:id:kazumax78:20081021120100j:plain

ヨーク家は建設業で財をなした一族。西海岸では知らない人はいないレベルの会社のオーナーです。

ジェドの前は、彼の母デニス・デバートロと父ジョンが共同代表としてオーナーをしており、その前は彼の祖父エドワードがオーナーでした。

f:id:kazumax78:20171130110526j:plain

 HCはカイル・シャナハン

f:id:kazumax78:20171130110737j:plain

猛烈強烈無敵艦隊だった2016年ファルコンズを作り上げたオフェンス・コーディネーターだったカイル・シャナハンが、2017年シーズンから49ersのヘッドコーチに就任しております。

 

f:id:kazumax78:20171130110852j:plain

彼の父は、マイク・シャナハン。スティーブ・ヤングやジョー・モンタナがいる時代、49ersのコーチをしていました。名将ジム・ウォルシュが作り上げたウエスト・コースト・オフェンスで、無敵ぶりを発揮しリーグを席巻しました。

 

f:id:kazumax78:20171130111214j:plain

その後、彼はレッドスキンズのヘッドコーチになり、息子のカイルをQBコーチとして雇い入れます。ジムからマイクへ。そして息子のカイルへと、コーチングツリーが紡がれ、もう一度49ersへと帰ってきたわけですね。

ホームスタジアムのリーバイススタジアム

f:id:kazumax78:20170529104308j:plain

f:id:kazumax78:20170529104408p:plain

ペイトン・マニングvsキャム・ニュートンの決戦 50回superbowlの会場であり、その際に世界最強のITスタジアムとして有名になったスタジアムですね。

2014年にオープンしたばかりの最新式のスタジアムで、米インテルや米エヌビディアの本社があるシリコンバレーの中心サンタクララにあるっていう、その土地柄のためか、最先端のデジタルテクノロジーが搭載されたIT艦。それがLEVISスタジアムです。

  1. スマホでリプレイが見れる
  2. WIFI環境が整っている
  3. 専用アプリで食事をオーダー座席まで運んでくれる

なんかができるみたいですね。

詳しくは日経新聞さんが記事に上手くまとめています。

www.nikkei.com

 

サンフランシスコ・49ersの戦績

①21世紀に入ってからの戦績 

f:id:kazumax78:20171130102657j:plain

f:id:kazumax78:20171130102711j:plain

最近、猛烈に弱い印象の49ersですが、つい5年前にはスーパーボウル出場を果たしているんですね。しかもQBは話題のコリン・キャパニック。当時はHCがハーボー兄弟同士の対決ということで、こちらでも話題になった第47回スーパーボウルでした。

 

シーズン 順位 QB
2016年 最下位 キャパニック
2015年 最下位 ギャバート
2014年 3位 キャパニック
2013年 2位 キャパニック
2012年 スーパーボウル出場 キャパニック
2011年 地区優勝 アレックス・スミス
2010年 3位 アレックス・スミス
2009年 2位 アレックス・スミス
2008年 2位 ショーン・ヒル
2007年 3位 トレント・ディルファー
2006年 3位 アレックス・スミス
2005年 最下位 アレックス・スミス
2004年 3位 ティム・レティー
2003年 3位 ジェフ・ガルシア
2002年 地区優勝 ジェフ・ガルシア
2001年 2位 ジェフ・ガルシア
2000年 4位 ジェフ・ガルシア
1999年 4位 ジェフ・ガルシア

しかしやはり、18年で地区優勝3回とは少なすぎますね。どうもチームマネジメントがうまく行ってないと感じます。

 ②モンタナとヤングの黄金期

f:id:kazumax78:20171130104319j:plain

f:id:kazumax78:20171130104239j:plain

シーズン 順位 QB
1998年 2位 スティーブ・ヤング
1997年 地区優勝 スティーブ・ヤング
1996年 2位 スティーブ・ヤング
1995年 地区優勝 スティーブ・ヤング
1994年 スーパーボウル優勝 スティーブ・ヤング
1993年 地区優勝 スティーブ・ヤング
1992年 地区優勝 スティーブ・ヤング
1991年 3位 スティーブ・ヤング
1990年 地区優勝 ジョー・モンタナ
1989年 スーパーボウル優勝 ジョー・モンタナ
1988年 スーパーボウル優勝 ジョー・モンタナ
1987年 地区優勝 ジョー・モンタナ
1986年 地区優勝 ジョー・モンタナ
1985年 2位 ジョー・モンタナ
1984年 スーパーボウル優勝 ジョー・モンタナ
1983年 地区優勝 ジョー・モンタナ
1982年 3位 ジョー・モンタナ
1981年 スーパーボウル優勝 ジョー・モンタナ

これを黄金期といわずなんという。という試合結果です。1981年から1998年の18年間で、地区優勝13回、スーパーボウル優勝5回という痛快な成果。モンタナは49ersでスーパーボウルを4回優勝し、スティーブ・ヤングも1回優勝しています。どちらも素晴らしいQBです。

f:id:kazumax78:20171130155442j:plain

この2人が牽引してた時代の49ersはしびれるくらいカッコよかった。今はもう見る影もないけどね。

49ersの偉大なる選手たち

QB ジョー・モンタナ

f:id:kazumax78:20170529095920j:plain

 モンタナはレジェンド。どんなスポーツでも「レジェンド」と呼ばれる選手がいますね。NBAならマイケル・ジョーダン。野球ならベーブ・ルース。NFLならジョー・モンタナですね。

49ersが5回のSuperbowlを制したうち、その3回は彼がQBをしている。第16回、第19回、第24回。その全てでMVPを獲得している、そんな不世出の天才QB。現在でもペイトン・マニングやトム・ブレイディのように、史上最高の天才QBと言われる選手はいる。

QBとしてのスタッツ(実績)とすれば、マニングが出したパス記録がNFLレコードだし、ブレイディやブリーズもすごい記録をもっている。モンタナの名前はその一覧にはまるで上がってこない。

f:id:kazumax78:20170529095952j:plain

しかしなぜだかモンタナのもつスター性がスゴイ。どんなピンチでも焦ること無く常に冷静に淡々とプレーをし、逆転劇を繰り返してきた「モンタナ・マジック」。僕はなぜだかモンタナの顔が忘れられない。タッチダウンを決めた時に、両手を空に突き上げて、ニコリと笑う、少年のようなあどけない笑顔が。

偉大なQBは、ただ一人のアスリートを超越してる。スタジアムの空気を支配するし、敵も味方も飲み込んでしまう。モンタナは試合どころか、NFL全体の空気を飲み込んでしまった。フットボールの顔となった男。それがジョー・モンタナですね。

WRジェリー・ライス#80

f:id:kazumax78:20170529101524j:plain

QBモンタナの相棒としてNFLを代表するWRとなったジェリー・ライス。49ers黄金期の立役者の一人。モンタナが長嶋茂雄なら、ライスは王貞治みたいなもんだ。彼が記録した年間パス記録は、2014年のカルビン・ジョンソンが脅威の数字を叩き出すまで、約25年間破られることはなかった。

f:id:kazumax78:20170529101547j:plain

 

O#チーム主要選手

QBジミー・ガロポロ / Jimmy Garoppolo / $137,500,000

f:id:kazumax78:20190711163007j:plain
2014/2巡/ 62位/ イースタン・イリノイ
彼は2014年ドラフトで、ニューイングランド・ペイトリオッツから指名されNFL選手になりました。当時、そろそろブレイディも引退か。という風が吹いており、その後継者としてガロポロは見られておりました。ガロポロの実力はスターターQBに十分でしたが、ブレイディの能力が低下するどころか、まだ成長してきた。結局ガロポロは出番がほとんどなく、ベンチを温めるだけの毎日でした。

そこを2017年シーズンの途中に、サンフランシスコ・49ersから移籍のオファーがありました。その契約金額はNFL史上最高額でした。意気揚々と49ersに乗り込んできた彼は、負け続けだったチームを連勝に導き、先発した5試合全てに勝利しました。

しかし、2018年シーズンの3週目、ACL断裂の悲劇。18シーズンの残りを棒にふってしまい、チームはまた低迷しています。新シーズンは怪我を治してフル参加。まずはそこからでしょう。

 

Cウェストン・リッチバーグ / Weston Richburg / $47,500,000

f:id:kazumax78:20190711163046j:plain
2014/2巡/ 43位/ コロラド州立大学
彼はテキサス州生まれ。高校時代は陸上とアメフトを経験。DLとOLの両方でスタープレイヤー。当然キャプテンでした。大学はコロラド州立時代も、トップクラスの高評価。ドラフトにエントリーして、センターとして2巡指名を受けるのは上位の方です。(現在センターで1巡が7人、2巡が9人います)。またQBガロポロを除外すると、O#チームで最も高額契約なのもすごい。

LTジョー・スタイリー / Joe Staley / $44,650,000

f:id:kazumax78:20190711163111j:plain
2007/1巡/ 28位/ セントラル・ミシガン
プロボウルに6回も選出されている名LT。49ersに大きく貢献してきてる人物ですね。現在契約は2020で更新となっています。スタイリーはLTでいうとリーグでも3番目の年長者です。(最年長はジェイソン・ピータース、次にアンドリュー・ウィットワース)。引退の文字もちらつく年齢ですね。それでも契約金額は業界14位。さすがはスター選手です。

RBジェリック・マキノン / Jerick McKinnon / $30,000,000

f:id:kazumax78:20190711163216j:plain
2014/3巡/ 96位/ ジョージア・サザン
ジョージア州アトランタ育ちの南部人。バイキングスからデビューし、2018年から49ersと契約しています。契約金額が4年30M$とかなりの大型。当時カルロス・ハイドは3年15M$で契約してました。この二人は同期ドラフト組。通算すると、ハイドのほうが1,000yds近く多く走ってるのに、マキノンに変えたことで話題になってました。理由はHCカイル・シャナハンのO#にフィットするからという一点。

さて、そんな期待いっぱいのマキノンですが、2018開幕前に練習中にACL断裂の怪我。まだ彼は1スナップもプレイしないままです。

FBカイル・ユーズチェック / Kyle Juszczyk / $21,000,000

f:id:kazumax78:20190711163301j:plain
2013/4巡/ 130位/ ハーバード
そんな目立たないけど、三年連続プロボウルに選ばれている名選手です。ユーズチェックはフルバックというポジションですが、色々仕掛けてきます。金額的にはそれほど目立たないように思いますが、FBとして見ると破格の契約です。実際彼がランでゲインしたのは年間30ydsほどしかないです。それでも彼にこの契約があるのは、彼の運動能力の高さにあります。ブロッカーとして、レシーバーとしてパスプレイで活躍できますし、ガッツンガッツンぶつかりにいく泥臭さがあります。かなり体を酷使していると思いますね。

WRマーキス・グッドウィン / Marquise Goodwin / $19,250,000

f:id:kazumax78:20190711163352j:plain
2013/3巡/ 78位/ テキサス
ビルズからデビューしている選手です。17シーズンはメインターゲットでしたが、18シーズンは8試合しか出場できず、300yds程度に終わっています。彼には悲しい出来事がありました。彼は同じ大学で陸上ハードル競技してたモーガンさんと結婚し妊娠。しかし2017年の11月12日のNYジャイアンツ戦が始まる1時間前に奥さんが流産してしまいました。その試合グッドウィンはTDし、そのままエンドゾーンに座り、ボールをまるで生まれてきた赤ん坊のように抱きかかえ神に祈っていました。なんだか応援したくなる人です。

 

RTマイク・マクリンチー / Mike McGlinchey / $18,341,721

f:id:kazumax78:20190711163446j:plain
2018/1巡/ 9位/ ノートルダム
インテリアライン3人目の1巡指名選手。しかも2018年ドラフトでの1桁指名、かつOLの名門ノートル・ダム大学。それがマクリンチー。現在はRTですが、LTのジョー・スタイリーはもうだいぶベテラン。引退のタイミングをみてLTにスイッチする可能性もあります。

Gレイクン・トムリンソン / Laken Tomlinson / $16,500,000

f:id:kazumax78:20190711163529j:plain
2015/1巡/ 28位/ デューク
ジャマイカ生まれでアメリカのシカゴに引っ越してきたレゲエボーイ。デトロイト・ライオンズから1巡指名を受けています。しかし3年目となる2017年に49ersに移籍しました。そのトレードの代償が2019年の5巡指名権だったので、ライオンズでは大成しなかった選手とみるべきです。2018年の最終週にMCLの怪我をし、オフシーズンは治療中です。19シーズン開幕から復帰するでしょう。

 

TEギャレット・チェレック / Garrett Celek / $10,200,000

f:id:kazumax78:20190711163612j:plain
2012/Undraft巡/ / ミシガン州立大学
ドラフト外からNFL選手になった人。昨シーズンはスターター出場1回。レシーブ90ydsと低迷。キャッチ率も62%くらいで低めです。ちょっと危ないあたりにいる選手ですね。彼は6巡目か7巡目に名前を呼ばれるだろうと予想されてた選手でした。しかしドラフト外の道へ。スパルタンズから49ersになったのは彼だけ。出身はオハイオ州ですから、SFには馴染みがないはずです。

実は、彼は6人兄弟。彼の兄はかつてイーグルスでTEをしていたBrent Celek。この時コーチがチップ・ケリーでした。チップ・ケリーがその後49ersのHCになり、その当時のツテを頼っていったのかも知れません。

Gジョシュア・ガーネット / Joshua Garnett / $9,304,311

f:id:kazumax78:20190711163652j:plain
2016/1巡/ 28位/ スタンフォード
1巡選手ですが、首切り路線をさまよってる危ないひと。親指を手術しており、本当なら休養のためIRするもんだけど、そのまま首切りされる危険があるので頑張ってる。2016年は1巡だったので、15試合出場したけど、17シーズンは怪我で全休。その間に別の選手にリプレースされてしまい、控え選手に格下げされてます。さてさてどうなるか。

WRディーボ・サミュエル / Deebo Tyshun Samuel / $7,678,000

f:id:kazumax78:20190711163813j:plain
2019/2巡/ 36位/ サウス・カロライナ
ディーボ、というのは愛称ですね。まだプロでプレイしてないルーキーです。49ersが3回目に指名した選手。大学4年間で30試合、2000ydsレシーブ。1試合65ydsほどですね。ちなみに愛称のディーボはお父さんがつけたそうです。アイス・キューブとクリス・タッカーが主演してた「金曜日」という映画で、出演してた役名がディーボだったそうです。

TEジョージ・キトル / George Kittle / $2,698,287

f:id:kazumax78:20190711163937j:plain
2017/5巡/ 146位/ アイオワ
チームのエースレシーバーです。2018シーズンは1,300ydsをキャッチし、リーグでも8位。TEとしてはトラヴィス・ケルシーを抜き1位です。堂々とプロボウルに選ばれてます。親父もアイオワ大学出で、アイオワ大学愛に溢れてるキトル家。従兄弟は同大学でバスケットボール、もうひとりの従兄弟はUndraftでラムズでTEをしています。これからもキトルを使ったプレイが重視されるでしょう。キトルとガロポロのホットラインに大注目です。

RBマット・ブレイダ / Matt Breida / $1,670,000

f:id:kazumax78:20190711164101j:plain
2017/Undraft巡/ / ジョージア・サザン
ドラフト外ですが、40yds4.39sという快足の持ち主。2018シーズンは814ydsを走りチームのラッシングリーダー。100kgベンチも持ち上げるし、ジャンプは1.1mという超人ぶり。彼はテリーとマイクの夫婦の二人目の養子。(養子の兄はジョシュ)。しかし2006年と2003年にそれぞれ事故で他界されていて、彼は若干12歳で天涯孤独の身になりながらも、フットボールで身を立て、大学に進学。そしてドラフト外ながらも49ersと契約をしている。素晴らしい人物ですね。

QB C.J.ビサード/ C.J. Beathard / $3,520,000

f:id:kazumax78:20190711164144j:plain

2017/ Round3 / Pick104 / アイオワ大学
彼については別記事「ビーサードって誰よ!?」で紹介しています。チャージャーズのGMをしていた殿堂入りのビサードの孫です。

QBニック・マレンズ / Nick Mullens / $1,050,000

f:id:kazumax78:20190711164253j:plain

2017/ Undraft / ミシシッピ大学
「ニック・マレンズ!!憎まれんズ!」と言われてる人。ビーサードの次、つまり3人目のQBです。デビューしたレイダース戦では驚きの3タッチダウンを奪い、華々しいスタートを飾りました。チームメイトからも愛されていて人格が素晴らしいようです。将来、成長してスターターとして活躍してほしいですね。

D#チーム主要選手

DEディー・フォード / Dee Ford / $85,500,000

f:id:kazumax78:20190711155839j:plain
2014/1巡/ 23位/ オーバーン

ILBクウォン・アレクサンダー / Kwon Alexander / $54,000,000

f:id:kazumax78:20190711155915j:plain
2015/4巡/ 124位/ LSU

DEニック・ボッサ / Nick Bosa / $31,500,000

f:id:kazumax78:20190711155952j:plain

2019/1巡/ 2位/ OSU

DEソロモン・トーマス / Solomon Thomas / $28,154,366

f:id:kazumax78:20190711160027j:plain

2017/1巡/ 3位/ スタンフォード
イリノイ州シカゴの生まれ。DLでは3人目の1巡指名選手。彼が2歳のときにオーストラリアのシドニーに引っ越し。7歳までそこで過ごしています。で、再度アメリカに戻ってきたときは、テキサスに住んでいます。その後スタンフォード大学に進学し、見事1巡指名。

CBリチャード・シャーマン / Richard Sherman / $27,150,000

f:id:kazumax78:20190711160120j:plain

2011/5巡/ 154位/ スタンフォード

2013年にプロボウルに選出されています。CB業界では、ジョシュ・ノーマン、ジョー・ヘイデン、カリーム・タリブらと並び「シャットダウン・コーナー」の異名を持っている超すごい選手です。

シーホークス時代にスーパーボウル優勝を経験(2015年)。優勝の4日後に息子が生まれて、その後彼女と婚約。普通逆じゃないんか?で、2016年にも第二子となる娘さんが誕生。そんでその2年後の2018年3月28日に、やっと彼女と結婚。どういう順番???

DTデフォレスト・バックナー / DeForest Buckner / $18,190,995

f:id:kazumax78:20190711160154j:plain

2016/1巡/ 7位/ オレゴン
ハワイはオアフ島出身の選手。2m130kgの大巨漢だが、動きは早くハードヒット。お母さんがサモア系でお父さんがアフリカン。ハワイの高校からオレゴン大学へ進学。大学時には全米オールスターや最優秀D#選手賞など受賞し、カンファレンスチャンピオンも経験。1巡指名でリーグで活躍中。

SSジャクイースキ・タート / Jaquiski Tartt / $13,000,000

f:id:kazumax78:20190711160245j:plain

2015/2巡/ 46位/ サムフォード

DTアリク・アームステッド / Arik Armstead / $9,842,630

f:id:kazumax78:20190711160342j:plain

2015/1巡/ 17位/ コロラド
バックナーと同じオレゴン大学出身。こっちが1年先輩です。カリフォルニアのサクラメント生まれ。彼の弟アーモンド・アームステッドは、USCでプレイした後、カナディアン・フットボールリーグでプレイしてます。

CBクワン・ウィリアムス / K'Waun Williams / $8,850,000

f:id:kazumax78:20190711160930j:plain
2014/Undraft巡/ / ピッツバーグ
もとはクリーブランド・ブラウンズでプレイしてたコーナーバック。2016年には足首の骨折で、プレシーズンに出場できず骨片除去の手術をし、2017年に49ersへ移籍。

OLBマーク・ンゼオチャ / Mark Nzeocha / $4,750,000

f:id:kazumax78:20190711161030j:plain
2015/7巡/ 236位/ ワイオミング

FSジミー・ワード / Jimmie Ward / $4,500,000

f:id:kazumax78:20190711161159j:plain
2014/1巡/ 30位/ ノーザン・イリノイ
40yds4.47s、Vジャンプ0.97mのアジリティ。49ersのD#チームの5人目の1巡指名選手。ウィスコンシン生まれです。まだプロボウルとかに選ばれてないですねー。

OLBフレッド・ワーナー / Fred Warner / $3,979,325

f:id:kazumax78:20190711161228j:plain
2018/3巡/ 70位/ ブリガム・ヤング
18年ドラフト組のルーキー。カリフォルニア人。二人兄弟で、弟は同じくBYUでDBをやってます。フレッドは大学をスポーツと健康の部門の学位を取得し卒業しています。

 

 

こちらの記事もオススメ 

www.nfl-32.com