NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

NFLチーム紹介【16】黒い侵略者 オークランド・レイダース

f:id:kazumax78:20170524095520j:plain

オークランド。あんまり聞いたことのない地名ですが、ある種では非常に有名な街です。それは治安の悪さです。

今回はそんな危なっかしい街、いわゆる「Bad City」にあるレイダースを紹介しましょう。

 

都市オークランドの治安について

f:id:kazumax78:20170524095535j:plain

オークランドは、アメリカでも治安の悪い街として有名です。現在、最も悪い国は北部デトロイト、次に一部のNY、そして三番目にあがるのが、オークランドです。

2000年代に入ってなお、1000人あたりの暴力的犯罪は16.8%であり、全米4位、殺人件数は104、強盗や車両盗難は全米で一番悪かった。

 

オークランドはここにあるよ。

f:id:kazumax78:20190625084423j:plain

 オークランドが位置するのは西海岸。カリフォルニア州です。ロサンゼルスから北に650kmにあります。サンフランシスコやシリコンバレーからほど近いため、かなりリッチな階層も多くいそうなエリアです。

 

f:id:kazumax78:20190625084647j:plain

拡大するとこういう感じ。湾を挟んで、サンフランシスコとは兄弟都市のような形になってます。

 

かつて日本から移民が渡った街。オークランドの特徴

f:id:kazumax78:20190625085306j:plain

このまちはとにかく人種が多様。アフリカ系アメリカ人・白人・日本人・中国人・台湾・韓国・ベトナム・チカーノ(メキシコ系)などです。そのため、オークランドのチャイナタウンは結構有名で、かなりの規模があるそうです。そこに近接する形で日本人街もあるようです。

 

f:id:kazumax78:20190625085621j:plain

そういう過去があるためか、オークランド・シティと、日本の福岡市は姉妹都市提携を結んでいます。1962年から文化的交流を実施しているそうです。それにしても、行政がこういうことを取り仕切ると、もう一つオシャレにならんですね(笑)

 

オークランドの名物

f:id:kazumax78:20190625090615j:plain

まずは野球。MLBはアスレチックスですね。日本から、阪神の藪恵壹、ゴジラ松井秀喜、岩村、岡島がロースター入していました。

 

f:id:kazumax78:20190625090711j:plain

そしてなにより、オークランドといえば、ゴールデンステート・ウォーリアーズです。スター選手、ステフォン・カリーが在籍しているNBAファイナルの常連チームですね。MLBのほうは来場者数に悩み困窮しているそうですが、NBAはチケットが全然トレないほどの大人気です。

 

f:id:kazumax78:20190625091248j:plain

そして、オークランド出身といえば、グリーンデイですね。見た目と音楽から、てっきりイギリスのパンクバンドだと思っていましたが、調べたらオークランド愛に溢れた青年達でした。アスレチックスのユニフォーム来たりして、街歩いてますね。

f:id:kazumax78:20170524095549j:plain

そんなオークランドシティにあるのが、レイダースですね。直訳すると「侵略者たち」となりますが、その由来はなんでしょうか。そしてどんなチームなんでしょうか。

 

 

 

チームの歴史

創設は1960年、当初はオークランドから始まり、次に12年間ロサンゼルスに移りましたが、もう一度、オークランドに戻ってきました。しかし、2017年のオーナー会議にて31-1でラスベガスに移ることが決定しました。マイアミ・ドルフィンズのオーナーだけが反対票を投じたそうです。新しいスタジアムが完成するまでの間はオークランドのままらしいですが、オークランド市民は遣る方無い気持ちでしょう。あんまり応援する気も起こらないんじゃないでしょうか。完全移籍はおそらく2020年頃と言われています。それも楽しみです。チームの移転についてはNFLJAPANさんが上手にまとめています。

f:id:kazumax78:20170524095616j:plain

これが建設予定のラスベガススタジアム。なんとかっこいい外観なんでしょうか。これは見てみたい。

 

応援してる人たちが怖すぎるwww

f:id:kazumax78:20130915163044j:plain

f:id:kazumax78:20170524095803j:plain

f:id:kazumax78:20170524104417j:plain

f:id:kazumax78:20170524104436j:plain

f:id:kazumax78:20170524104446j:plain

 侵略者たちっていうネーミングからも、なんか怖いイメージのファンが多いwww。黒・銀・白っていうカラーからも「悪役」の印象が強いですね。

逆にこれがファッショナブルで、レイダースのアイテムを身に着けている人が多い。日本でもTシャツやキャップをおしゃれに着こなしている人が多いですよね。

f:id:kazumax78:20170524104759j:plain

 

f:id:kazumax78:20170524104831j:plain

 

Supremeとレイダースがコラボ

f:id:kazumax78:20190625091554j:plain

チームアイコンのファッション性の高さゆえ、Supremeとコラボするなどの動きも近年見られます。このようにレイダースのイメージは「ちょっと悪い」「カオス」「ハード」な感じなんですね。

hypebeast.com

 

 

チーム戦績

レイダースは強いチームです。地区優勝15回、プレーオフ進出21回、カンファレンス優勝5回、そしてスーパーボウル制覇3回。一番強かった時期はSB制覇していた1977-1981-1984年のシーズンです。2000年から2002年の3年間は強いチームでしたが、90年代、00年代、10年代、とこの30年間はほぼプレーオフ進出を逃しています。

f:id:kazumax78:20170524085452j:plainf:id:kazumax78:20170524085448j:plainf:id:kazumax78:20170524085456j:plain

2000年代に入ってから、00、01、02年と三年連続で地区優勝してます。2002年シーズンには第37回スーパーボウルまで進出していますが、対戦相手のタンパベイバッカニアーズに負けてしまいました。

f:id:kazumax78:20170524090314j:plain

f:id:kazumax78:20170524090513j:plain

この試合のMVPは珍しくタンパベイのセーフティー。

 

さて、昨今いまいち強さが目立っていませんが、そこはなんのなんのレイダース。惜しい試合の連発です。もう少し、あと少しってところで結果が上がっていないだけで、主要選手が少し調子が上がると軍配がどちらにあがるかは、わからないですね。

 

O#チーム主要選手

QBデレック・カー / Derek Carr$125,000,000

f:id:kazumax78:20190621160908j:plain

2014/2巡/ 36位/ フレスノ州立大学

現在QBの中では5番目くらいの大型契約を持っている選手です。2014年の同期QBは、いまは消えたジョニー・マンジール(ブラウンズ)、そしてブレイク・ボートルズ(ジャガーズ)、テディ・ブリッジウォーター(バイキングス)あたり。そういう意味では、デレックカーは二順指名であるが、大きく存在感を示しています。

だけども、印象としては勝てないQBという感じ。実力もあるしクレバーなんだけど、もう少し噛み合わない。幸運の女神に嫌われてるのか。キャリア通算ゲーム中、勝で勝率は%。

LTトレントン・ブラウン / Trenton Brown$66,000,000

f:id:kazumax78:20190621122202j:plain
2015/7巡/ 244位/ フロリダ大学
7巡目のLTがここまで成長するとは、本当大したものです。デビューはサンフランシスコ。2018年にはペイトリオッツと契約をし、スーパーボウルを優勝に貢献。OLコーチの指導の甲斐あり、一流選手に成長しました。

Gゲイブ・ジャクソン / Gabe Jackson$55,000,000

f:id:kazumax78:20190621161018j:plain

2014/3巡/ 81位/ ミシシッピ大学
タイタンズ⇨ラムズ⇨パッカーズ⇨レイダース。昨年のグリーンベイ・パッカーズのとき、ディビジョナル・プレイオフ、カウボーイズ戦でのミラクルキャッチはスゴカった。ちなみに二刀流のボー・ジャクソンの息子!というわけではアリません。

 

Cロドニー・ハドソン / Rodney Hudson$44,500,000

f:id:kazumax78:20190621161027j:plain
2011/2巡/ 55位/ FSU
アラバマ生まれの南部人。NFLはチーフスでデビューし、2015年からレイダースのCとしてメンバー入。キャリアも長いし、性格も落ち着いている人格者なので、O#キャプテンになることもあります。プロボウルにも2回選出されており、実力も間違いなし。

RGエリック・クッシュ(Eric Kush) #72 

f:id:kazumax78:20190905081456j:plain
2013/ 6巡 / 170位 / カリフォルニア大学
デビューしてからチームを転々としているジャーニーマン。2019年からブラウンズに加入する。2020年からレイダースに移籍。これで8チーム目。なかなかOLでジャーニーマンも珍しい。

WRティレル・ウィリアムス / Tyrell Williams$44,300,000

f:id:kazumax78:20190621122134j:plain
2015/Undraft巡 / ウェスタン・オレゴン
ドラフト外でサンディエゴ・チャージャーズ(現LAチャージャーズ)で契約してからずっとLACでした。2年目となる2016年には1,000ydsを超えるパスキャッチをして、リーグに名前を売りました。2019年からレイダースに移籍しているわけですが、契約金額に対して、最近は調子を落とし気味です。

RTコルトン・ミラー / Kolton Miller$13,471,324

f:id:kazumax78:20190621161037j:plain
2018/1巡/ 15位/ UCLA
UCLA時代はQBジョシュ・ラーセンを守っていたミラー。2018年の1巡選手だけど、ルーキー年に7回もQBサックを許している。現在ペイトリオッツからトレードでトレントン・ブラウンを獲得したが、レイダースHCはミラーをRTにコンバートせず、LTのままセット。この判断がどうでるか見物です。

TEデレック・キャリエ / Derek Carrier$5,550,000

f:id:kazumax78:20190621121930j:plain
2012/Undraft巡/ / ベロイト大学
デビュー以来5チームを渡り歩いている苦労人。ドラフト外でデビューしたのはレイダースでしたが、練習生としての契約にとどまっていました。その後4チームを転々として実力をつけて、元のレイダースに2019年戻ってきました。契約は1年5億円。しっかり結果が残せないと、また違う場所に引っ越しです。娘ちゃんのためにも頑張れ。

Tブランドン・パーカー / Brandon Parker$4,095,336

f:id:kazumax78:20190621161053j:plain
2018/3巡/ 65位/ ノース・カロライナA&T
ドラフト3巡での怪我人バックアップ要因として指名された人。当時レイダースTにはベテランのドナルド・ペンがいましたが、Week5から怪我のため交代。その後、シーズン最後までスターターとして活躍。しかし、現在トレントン・ブラウンを獲得したため、彼の出番はまた無くなりそう。

FBキース・スミス / Keith Smith$3,000,000

f:id:kazumax78:20190621121918j:plain
2014/Undraft巡/ サンノゼ州立大学
カウボーイズでプレイしていた選手。2018年からレイダースのFBとして契約。大学時代はLBとしてタックルを積み上げてきたけど、プロ入り後はタフなアタックを活かして、FBに転身。2018年から2年契約でレイダース入。

WRハンター・レンフロウ / Hunter Renfrow$2,835,948

f:id:kazumax78:20190621121853j:plain
2019/5巡/ 149位/ クレムソン
レイダースのWR陣は少し弱い。レンフロウはそんなレイダースに、2019年ドラフトで加入してきた新人。キャッチセンスは高いがランまでの身体の使い方に無駄が多い。ランアフターキャッチでゲインできるか、ルートランを磨けるかどうか。それがプロでの課題と思う。

RBデアンドレ・ワシントン / DeAndre Washington$2,609,195

f:id:kazumax78:20190621121836j:plain
2016/5巡/ 143位/ テキサス工科大学
レイダースで便利使いされてるRB。スターティングRBの休憩のときにスポットで登場することが多い。おそらく今年はドラフト新人のジェイコブスをメインで使ってくる。ワシントンや、マーティンが登場するスナップは少なくなるだろう。

RBジョシュ・ジェイコブス/ Josh Jacobs $未確定

f:id:kazumax78:20190621121826j:plain
2019/ 1巡 / 24位 / アラバマ大学
バマ大のジョイスティック。2019年ドラフトでのRBでは1位の選手です。レイダースはリンチがRBとしてドンと座っていたが、彼に変わってスターターになるのが、このジェイコブスになりそう。怪我などがなければ、16試合ずっと出場すること間違いない。ラッシュランキングにどれくらい食い込むか見物です。

RBダグ・マーティン / Doug Martin $1,020,000

f:id:kazumax78:20190621161105j:plain
2012 / Round1  / Pick31 / ボイゼ州立大学
かつてTBバッカニアーズで活躍していたRB。2017年シーズンからレイダースに移籍。セカンドRBという位置づけです。新人RBジェイコブスに色々指導してほしいと思います。キャリアは8年目。引退する日もそう遠くはないでしょう。

QBマイク・グレノン / Mike Glennon$1,950,000

f:id:kazumax78:20190621121802j:plain
2013/3巡/ 73位/ ノース・カロライナ州立大学 
カーのバックアップとして契約。かつてベアーズのQBをしていたが、実力は十分だけど、なんか勝てない人なんです。どうも顔つきが優しいもので、今後NFLでまだまだ残るかどうか?微妙な感じ。

 

 

D#チーム主要選手紹介

FSラマーカス・ジョイナー / LaMarcus Joyner $42,000,000

f:id:kazumax78:20190621161115j:plain
2014/2巡/ 41位/ FSU
この人はもともとラムズのCBでした。4年経過した後の2018年もフランチャイズタグを獲得で、1年だけ残留。HCの判断は正しかっtですよね。Week11のチーフス戦で、見事インターセプトを記録し勝利。その勢いのままスーパーボウルにでましたね。そんな功績も相まって2019年からレイダース。契約は4年42M$と大型です。

OLBタヒル・ホワイトヘッド / Tahir Whitehead $19,000,000

f:id:kazumax78:20190621161126j:plain
2012/5巡/ 138位/ テンプル
元はデトロイト・ライオンズの選手。レイダースに移籍したのは2018年から。デビューしてから2年間はゲームに出ることも少なかった選手ですが、地道に練習に励みスターターの座を獲得。現在では平均100に迫るタックルを記録する名選手に成長しました。レイダースの守備の要となります。要チェック。

DEクレイン・ファレル / Clein Ferrell

f:id:kazumax78:20190621161136j:plain
2019/1巡/ 4位/ クレムソン
今期ドラフトで獲得した新人エッジラッシャー。てっきりケンタッキー大学のジョシュ・アレンを指名すると思ってたのに、まさかのクレムソン大学。ファンがどよめき、「GM何考えてんだよ!」と動揺するような一面もありました。しかし、ファレルもまた1流のDEです。レイダースDLの重要人物としてマークされるでしょう。今後の成長に期待ですね。

DTジャスティン・エリス / Justin Ellis $13,500,000

f:id:kazumax78:20190621161143j:plain
2014/4巡/ 107位/ ルイジアナ工科大学
彼はレイダース生え抜きの選手。ルーキー契約が済んで、その後3年の延長契約を締結。最近では珍しいノーズタックルの選手で、ドッカンと重し石のように重力を発信しています。スピードこそ無いものの、一度触られると、もうダウンしかない。そんなパワープレイヤーです。

SSカール・ジョセフ / Karl Joseph $11,884,317

f:id:kazumax78:20190621161148j:plain
2016/1巡/ 14位/ ウェスト・バージニア
とにかく当たりの強いハードヒッターです。その激しさから大学時代に「ザ・ヒットマン」とあだ名がついたほど。NFLに来てからも、その積極性は変わらず、QBめがけてセーフティブリッツをガツガツいれきます。DEのように身体は大きくないですが、スピードが速いため強烈なタックルをしてきます。

CBガレオン・コーンリー / Gareon Conley $10,467,424

f:id:kazumax78:20190621161154j:plain
2017/1巡/ 24位/ OSU
レイダースの大事な1巡選手。名門オハイオ州立大学卒業のCB。しかしデビュー年に脛を怪我してしまい、ゲームに出場したのは2回だけ。本格的なプロ生活は2018年。年間15回のPDはなかなかのもの。もっと伸びそうな気がします。

Sジョナサン・エイブラム / Johnathan Abram

f:id:kazumax78:20190621161157j:plain
2019/1巡/ 27位/ ミシシッピ州立大学
エイブラムも新人の選手です。2019ドラフトでレイダースは1巡指名権利を3枠もっていました。彼は三枠目に指名された選手です。それでも、同期ドラフトのS組では第一位の実力。視野が広く、足が速いため、かなり広いエリアをカバーしながらも、タックルに来てくれる。力強い選手になると思います。

CBトレイボン・ミュレン / Trayvon Mullen

f:id:kazumax78:20190621161205j:plain
2019/2巡/ 40位/ クレムソン
彼も新人選手です。2019年からデビューの目があると良いですね。プロでのトレーニング次第でしょう。頑張れ頑張れ。

DTジョナサン・ハスキンス / Johnathan Hankins $8,500,000

f:id:kazumax78:20190621161213j:plain
2013/2巡/ 49位/ OSU
2018年からOAKに移籍。デビューはNYGでした。2017年に1年だけコルツに移籍。彼もDTの中でもノーズタックルというポジションです。

Sエリック・ハリス / Erik Harris $5,000,000

f:id:kazumax78:20190621161217j:plain
2012/Undraft巡/ カリフォルニア
彼は苦労人。両親は2歳のときに離婚し、シングルマザーの母親に育てられた。大学卒業時にドラフトにエントリーするも、お声がかからず、ドラフト外での契約に営業に回るも身にならず。カナディアン・フットボール・リーグのハミルトン・タイガースで3年を過ごす。ようやく2016年からセインツと契約ができ、2017年にレイダースに移籍。まだ長期契約が結べないものの、NFLにしがみついてる根性のある選手です。

DT P.J.ホール / P.J. Hall $4,704,276

f:id:kazumax78:20190621161221j:plain
2018/2巡/ 57位/ サム・ヒューストン州立大学
2巡目のDLの選手にしては、あんまり活躍の声が聞こえてこない。DTなのにパスD#が2回もあるから面白いよね。

DEアーデン・ケイ / Arden Key $3,433,801

f:id:kazumax78:20190621161228j:plain
2018/3巡/ 87位/ LSU

DEマックス・クロスビー / Maxx Crosby $3,302,264

f:id:kazumax78:20190621161233j:plain
2019/4巡/ 106位/ イースタン・ミシガン

DTエディー・バンダードーズ / Eddie Vanderdoes $3,263,212

f:id:kazumax78:20190621161239j:plain
2017/3巡/ 88位/ UCLA

CBアイザイア・ジョンソン / Isaiah Johnson $3,182,292

f:id:kazumax78:20190621161244j:plain
2019/4巡/ 129位/ ヒューストン

CBダリル・ウォーリー / Daryl Worley $3,095,000

f:id:kazumax78:20190621161250j:plain
2016/3巡/ 77位/ ウェスト・バージニア

DTマーリス・ハースト / Maurice Hurst $2,779,046

f:id:kazumax78:20190621161257j:plain
2018/5巡/ 140位/ ミシガン

と、レイダースのD#は少し粒が弱いように思います。LB陣にもう少し厚みが欲しいかな。という印象です。

 

 

こちらの記事もオススメ

www.nfl-32.com