NFL超入門!~世界最強のスポーツリーグ~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

【最高額更新!】パンサーズのRBマキャフリーが契約更新!

f:id:kazumax78:20200416080806j:plain

カロライナ・パンサーズのエースRB、クリスチャン・マキャフリーが先日契約を更新しました。

2017年ドラフト組で最初の契約更新となったわけですが、これがRB業界で最大額、また歴史上最高額を更新する規模になりました。

 

今回の記事ではその辺りを詳しく解説したいと思います。

日本でもっとNFLが浸透しますように。

【スポンサーリンク】

 

ランニングバックの平均額は?

f:id:kazumax78:20200416082312j:plain

さて、まず彼の契約内容を見る前に、ランニングバックの契約平均額を調べてみました。

RB 全137名 【平均契約 $5.5M】【年俸平均$1.9M】
TOP10 RB 【平均契約 $37.3M】【年俸平均$9.43M】

SPORTRACさんの情報をもとにすると、情報があがっているもので計算してみました。これは随分低い印象ですね。

 

f:id:kazumax78:20180906124353j:plain

こちらは、過去に書いた記事「NFLポジション別契約金額トップ5」で作成したグラフです。詳しくは過去の記事をご覧いただくと分かりますので、よかったら読んでください。当時作成したのが2018年で2年前ですが、おおよそ変化はありません。

www.nfl-32.com

これはトップ5の平均額をポジションごとに比較したものです。こうしてみると、RBの契約額は大変低いのがよく分かると思います。

 

今回のマキャフリーの契約額は?

f:id:kazumax78:20191103141341j:plain

f:id:kazumax78:20200416090956j:plain

はい、これがRBトップ10の契約金額のランキングです。マキャフリー(CMC)よりも多いのがカウボーイズのRBエゼキエル・エリオット。6年$90Mで史上最高額ですね。

これも過去に「【契約!】RBエゼキエル・エリオットが史上最高額契約!その金額は」で紹介しました。よかったら、ごらんください。

www.nfl-32.com

これをみると、マキャフリーは現在2位の金額。あれ?マキャフリーが最高額更新!じゃないのか?という疑問が沸いてきますね、どういうことでしょう。

 

f:id:kazumax78:20200416091627j:plain

しかし、年俸ベース、年収ベースになると、これが少し入れ替わります。

1位クリスチャン・マキャフリー(パンサーズ)
2位エゼキエル・エリオット(カウボーイズ)
3位レベオン・ベル(JETS)
4位デヴィッド・ジョンソン(テキサンズ)
5位メルヴィン・ゴードン(ブロンコス)

と、こういうふうになってます。マキャフリーが史上最高年収を獲得したというのは、正しいNEWSなのですね。

マキャフリーの成績を比較すると?

f:id:kazumax78:20200416081819j:plain

さて次はCMCこと、クリスチャン・マキャフリーの成績について調査してみましょう。先程のトップ10人のRBで、昨年のラッシングydsとレシービングydsを比較してみます。

PLAYER Rushing Receiving
Christian McCaffrey  1,387 1,005
Ezekiel Elliott  1,357 420
Le'Veon Bell  789 461
David Johnson  345 370
Melvin Gordon  612 296
Saquon Barkley  1,003 438
Leonard Fournette  1,152 522
Austin Ekeler  557 993
Mark Ingram  1,018 247
Latavius Murray  637 235

すると、こうなります。マキャフリーが、ランでも1,000ydsを超えて1位。レシーブでも1,000ydsを超えて1位になっています。ランパス両方で1,000ydsを超えた選手は、いまだかつていなかったそうです。それくらいの快挙だということですね。

f:id:kazumax78:20200416094808j:plain

ちなみに、こちらは、契約金額とは関係なく、ランパス合計の獲得yds(Yards of Scrimage )での2019年トップ10の選手を比較したグラフになります。2位~9位まで、ほぼ同じあたりを推移していますが、マキャフリーだけが群を抜いて活躍しているのが分かると思います。

このように、「ランニングバックは走る専門だ!」とから「WRとRBの両方できる人」が市場価値が高くなってることが分かります。

【スポンサーリンク】

 

まとめ

f:id:kazumax78:20200416081745j:plain

いかがでしょうか。ランニングバックの平均契約額の低さ、マキャフリーの凄さなど、わかってもらえたでしょうか?今回の契約更新で、RB業界の金額底上げにつながればと思いますね。もっとお金の面でも評価をうけるべきでないかと思っています。

こちらの記事もオススメ

www.nfl-32.com

www.nfl-32.com