NFL超入門!~世界最強のスポーツリーグ~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

ロサンゼルス・ラムズが18年ぶりにNFCチャンピオンシップ進出!

f:id:kazumax78:20190112201124j:plain

カウボーイズと、ロサンゼルス・ラムズがディビジョナル・ラウンドで対決し、ラムズが22-30で勝利しました!応援していたチームだけにとっても嬉しい!

 

ゲームの見どころはRBエゼキエル・エリオットとRBトッド・ガーリーのRB対決!

f:id:kazumax78:20190115122826j:plain

どちらのRBもリーグを代表するスター選手です。少しでも隙間をつくろうもんなら、スカーン!とぶち抜いてきます。その動きはまさに電光石火!このゲームでも互いに素晴らしいプレイが連発しました。

 

ラムズがゲームの流れを強引にもってきた前半戦でしたね

f:id:kazumax78:20190115122518j:plain

第1Qはまず地元ラムズのドライブからスタートでした。ダラス・カウボーイズのLB陣がしっかりとラムズO#に対応し、レッドゾーンまでは進撃許さず、FGで終わりました。

ラムズがいい流れがつかめたのは、ダラス・カウボーイズのO#をラムズD#がしっかりと封じ込めたからですね。この後、ラムズは2本のTDを決めるんですが、D#チームはダラスに7回しか攻撃させてません。本当にDTアーロン・ドナルドは怪物です!

後半戦は逆転を許さず、逃げ切り型のゲーム展開

f:id:kazumax78:20190112182357j:plain

地元ロサンゼルス・コロシアムでリードをしたラムズ。10万人にも及ぶ大歓声、大応援の中、後半戦がスタートしました。D#チームの集中力が落ちることもなく、ラムズO#もミスがなく、堅実なプレイ。こうなるとダラス・カウボーイズも、なかなか逆転のチャンスに恵まれません。

ゴフがFGを一本、そしてTDをもう一本決めてリードを広げました。その後、プレスコットのTDがあったんですが、残り時間は2分11秒。8点差をダラスが追いつくにはかなり厳しい状況。しっかりとタイム・マネジメントをコントロールし、ラムズは横綱相撲を見せてくれました。

 

大活躍だったのはRB C.J.アンダーソン!

f:id:kazumax78:20190115121707j:plain

エースRBはもちろん大活躍だったんですが、もうひとりのRBアンダーソンが大変活躍していました。172cmしかない豆タンク型のRBです。ドラフト外からデンバー・ブロンコスで戦ってきて、今シーズンにラムズに緊急着陸した選手。ブロコンス時代にスーパーボウル勝利している経験が活きているのか、ものすごい気魄のプレイでした。熱かったですね!

ラムズが22-30で見事勝利!カンファレンス・チャンピオンシップに進出

f:id:kazumax78:20190115120505j:plain

そして最終的にタイムオーバー。ラムズは2001年ぶりにNFCチャンピオンシップに進出です。思い返せばカート・ワーナー、マーシャル・フォークの時代です。チーム名もセントルイス・ラムズでしたね。

チーム名を間違えちゃった実況のラルフ鈴木さんwww

f:id:kazumax78:20190115122124j:plain

余談ですが、実況中継のラルフ鈴木さんが、何度も「セントルイス・ラムズ」といい間違えてました。フランチャイズ変わってもう3シーズン目なんだし、間違えないでほしいなと思いましたよwww。でも、NFLは日本では浸透してないからね。食わず嫌い王選手権にジーターは来ても、ブレイディは来ないもん。仕方ないかwww

カンファレンス決勝戦は強敵セインツと!

f:id:kazumax78:20190115123038j:plain

AFCと同様に、NFCも若手とベテランのQB対決になりました。40歳になるQBドリュー・ブリーズに対して、24歳のQBジャレッド・ゴフはどうプレイメイクしてくるのか。お互いに魅力的な攻撃陣をもっています。またD#チームもお互い素晴らしい。セインツはCBマショーン・ラティモアにも注目。非常に楽しみなカードです!僕はLAラムズのマクベイHCを応援します!

 

こちらの記事もオススメ

www.nfl-32.com