NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

NFLチーム紹介【17】沈黙する羊たち ロサンゼルス・ラムズ

f:id:kazumax78:20190723145036p:plain

「ラム」っていうと、もうこのイメージ。焼き肉ジンギスカン。甘辛いタレと、あっさりしたラム肉が相性ピッタリで。ご飯がご飯がすすむくんです。北海道が誇る名作です。

 

 

f:id:kazumax78:20190723145444j:plain

でもね「ラムズ」っていうと、もうアメフトしかないのよ。NFLで動物の名前のチームってたくさんあるけども、草食動物なのは、ここだけ。だからといって、弱いかというと全然そんな事無くて。力強いカッコイイチーム。

 

それでは、ロサンゼルス・ラムズを紹介しましょう。

 

80年という歴史の中で移転を繰り返したフットボールチーム

f:id:kazumax78:20171030175734j:plain

  • 1937年 クリーブランドで設立
  • 1946年 LAに拠点を移す。
  • 1948年 NFLのチーム初 ヘルメットにロゴマークを入れた。
  • 1973年 79年まで7年連続地区優勝(黄金期)
  • 1980年 カリフォルニア アナハイムに拠点を移す。
  • 1995年 オーナーの故郷 セントルイスに拠点を移す。
  • 1999年 QBカート・ワーナーを擁し スーパーボウル制覇
  • 2010年 スタン・クロエンケがラムズを買収 オーナーが変わる
  • 2016年 LA イングルウッドに拠点を移す。(3度目のカリフォルニア)

 

 1937年に設立された、相当に古い歴史を持つラムズ。設立当初はクリーブランドにありました。その後ポール・ブラウンが作ったブラウンズができて、ラムズはフランチャイズをロサンゼルスに移しました。1973年から7年連続で地区優勝し、第14回スーパーボウルに出場しますが、スティーラーズに破れます。

その後、ロサンゼルスから、セントルイスにフランチャイズを移して、そこで第34回のスーパーボウルを制覇してNFLチャンピオンに輝きます。

 

そしてまた引っ越しをします。今度は、同じカリフォルニア州ですが、イングルウッドという街に引っ越します。今回は、そんなラムズを紹介するわけですが、冒頭にラムズのフランチャイズとなった各地の街を簡単に紹介したいと思います。

 

なんでまた羊?家畜の印象

f:id:kazumax78:20171030180051j:plain

 羊・・・なんか家畜の印象が強いですね。僕らからすると、羊ってこんな写真の印象ですよね。「ふれあい牧場」とかにいるような小学生が触っても安心な。それがなんで?アメフトのような激しいスポーツのロゴになったのか。

 

ラムズの羊と言えばこっちの方

f:id:kazumax78:20171030180922j:plain

ワシントン ビッグホーンという品種の羊です。ご覧の通り、ふわふわした羊毛よりも立派な大きな角に目が釘付けになります。「優しさ」や「癒やし」よりも「戦って群れを守る」という獰猛な獣という印象です。ラムズの羊はこっちのイメージですね。

 

 余談ですが、羊と人間との付き合いは古いです。羊は食用であり、その毛皮を使って、衣服の原料になったり、羊なしでは人間文明の発展は無かったといえます。さらに12星座の1つでもあり、牡羊座なるものがあるほど、羊は人間と切っても切れない関係なんですね。

 ちなみに牡羊座の基本性格ですが、負けず嫌いで、パワフル、ダイナミックな行動力をもち人々を牽引するリーダーシップを持っている。どんな分野においても自分が一番になるまで、しつこく挑戦する。という特徴があります。というように、弱い家畜という印象よりも、こっちの印象が強いのかもしれないですね。

 

クリーブランド時代

f:id:kazumax78:20171030182031j:plain

f:id:kazumax78:20170524140441g:plain

この街は、

  1. 最も惨めな街
  2. 最も住みよい街
  3. 全米危険な街7位

などに選ばれていて、正直どんな街なのかは、行ってみないとよくわからんですね。

 オハイオ州の中心都市圏であるクリーブランド都市圏は人口が200万を超え、大きな経済力を持っています。フットボール殿堂やタイヤの街アクロンなどを有しており、ロックンロールの広めた街として、ロックの殿堂などがあります。エリー湖という風光明媚な湖から眺めるクリーブランドシティはなかなかの景色ですね。

ラムズはこの町に、およそ10年間フランチャイズを置いていました。

ロサンゼルス時代

f:id:kazumax78:20170524114104j:plain

 アメリカゴールドラッシュの町、映画の町ハリウッド、ユニバーサルスタジオがあり、エンターテイメントの町、ビバリーヒルズ、ドジャーズ、などなど、ロサンゼルスはアメリカでNYと比する最も巨大で著名な世界都市です。当然人口も経済力も全米屈指でありますが、それと同じく治安の悪さでも有名です。

 

 ロサンゼルス市内だけでも人口が370万人、ロサンゼルス都市圏では人口1500万人を超えるメトロポリスです。もともとはスペイン王国の植民地であり、独立宣言後もスペイン言語を話す国民が多いため、アメリカ大統領選挙では、ロサンゼルス市のあたりではスペイン語での選挙演説を練習する候補者もいるそうです。

 この町の大きな産業は、第一に石油化学産業、次いでロッキード、ボーイングなどの航空宇宙産業、そして三席に映画・エンターテイメント産業、そして商業・金融業、最後に旅行観光にまつわるサービス業や、その他ファッション関係です。宇宙産業ってのは響きがいい。夢があるね。僕もやりたいと思います。

 

 そしてやはり、大きな町ですから、NFL以外の4大スポーツ勢揃いです。ドジャーズ、レイカーズ、キングズ。どれも有名なチームですね。

f:id:kazumax78:20130725073658j:plain

f:id:kazumax78:20170524115451j:plain

f:id:kazumax78:20120611200732j:plain

やはり、でかい町にNFLのチームがあるってのはいいね。ラムズはここに来た後、セントルイスに移りますが、また戻ってきます。

セントルイス時代

f:id:kazumax78:20171030181630j:plain

 ここは全米では20番目に大きな町です。都市圏全体で280万人。ただセントルイスシティそれ自体はそれほど大きくなくて、30万人くらいの町です。沖縄の那覇市が31万人ほどですので、それくらいのサイズ感でしょうね。

MLBではセントルイス・カージナルズ、NHLではブルースというチームがイますね。

f:id:kazumax78:20170524115110j:plainf:id:kazumax78:20170524115510j:plain

ラムズはセントルイスに1995年に移転し、2015年までの20年間このまちをフランチャイズにしていました。そしてこの時期、ラムズはスーパーボウルを制覇するのです。

 

第34回スーパーボウル優勝(2000年) 

f:id:kazumax78:20181005050812j:plain

1999年シーズン、第34回スーパーボウルです。対戦相手はテネシータイタンズ。QBはカート・ワーナー、対するタイタンズのQBはスティーブ・マクネア。

 

f:id:kazumax78:19991205000000j:plain 

23-16という接戦の末、チャンピオンシップに輝きます。ラムズのRBマーシャル・フォークは素晴らしいパフォーマンスを見せて、チーム勝利の原動力になりました。

 

第36回スーパーボウルに出場(2002年)

f:id:kazumax78:20170524122726j:plain

ラムズの勢いはこのシーズンで止まらず、次の次のシーズンである2001年シーズンの、第36回スーパーボウルにも出場します。

こちらは惜しくもペイトリオッツに破れますが、このセントルイス時代のラムズは非常に良い戦績を残しています。

2002年シーズンからの戦績は地区優勝が2003年の一度だけで、シーホークスにやられっぱなしです。ですので、カート・ワーナー以後のおよそ15年の間、鳴かず飛ばずのチームとしてその汚名を広めているわけです。そうしてクロエンケオーナーが移転の意を固めます。

 

スタン・クロエンケのロサンゼルス移転

f:id:kazumax78:20170524140125j:plain

ロサンゼルスのイングルウッドに移転を決定しようとするころ、セントルイス市民たちは、「ラムズのホームはセントルイス」というプラカードを出して猛烈に反対運動をしていました。当然、セントルイス市民からすると、とっても強いNFLのチームがいる町として、誇りに思っていたに決まっています。しかし、そこはそれビジネスの価値観とは合わず、市民の意気虚しく、ロサンゼルスに移転が決定しました。

f:id:kazumax78:20170524120646j:plain

 


Los Angeles Rams - Movie Trailer

 

 

現在はLAのイングルウッドという街です

f:id:kazumax78:20150206154333j:plain

聞いたことのない町の名前ですが、ここはロサンゼルス都市圏の一つの都市です。ロサンゼルス国際空港のほぼ真横に位置する都市でロサンゼルス都市部まで車で20分、ドジャーズスタジマムまで30分です。

f:id:kazumax78:20170524120706j:plain

クロエンケオーナーは、この町に総工費2200億円の7万人収容のスタジアムを建設しています。スゴイ金ですね。信じられません。どうやって調達するのでしょうかwww。昨年の2016年シーズンからロサンゼルス・ラムズとして活動しています。

 

LAラムズのマネジメント層たち

オーナー 大資産家スタン・クロエンケ

f:id:kazumax78:20170524141923j:plain

クロエンケグループのトップ、スタンクロエンケがオーナーです。彼は不動産ディベロッパーとして、ビジネスを拡大させていきます。そして大きな転機は結婚でした。というのも、彼の妻になったのが、世界最大の小売業者であるウォルマート一族の創業者、サム・ウォルトンの娘だったからだ。2016年の調査でも世界で最も裕福な一族として、13兆円を超える資産を持っている。

スタンと娘のアン・ウォルトンが結婚したことにより、ウォルマートが開発する商業エリアの特権は、全てスタングループが担うことになり、彼の資産は莫大なものに成長していく。そして創業者であるサム・ウォルトンが亡くなった後、娘が莫大な遺産を相続することになった。自分のビジネスで稼いできた分と、その遺産とを合わせて、スタン・クロエンケはかつての夢であったスポーツビジネスに動き出す。

f:id:kazumax78:20170524142026j:plain

NFLではラムズのオーナーになり、イングランドのプレミアリーグではアーセナルのオーナーにもなり、NHL(アバランチ)、NBA(ナゲッツ)、MLS(ラピッツ)の5つを所有している。

HC ショーン・マクベイ(NFL史上最年少HC)

f:id:kazumax78:20170113122028j:plain

とにかく課題が山積みだったラムズが。2017シーズン、一気に頭角を出しました。歴代最年少の35歳でのHCに就任した彼、ショーン・マクベイはワシントン・レッドスキンズ、アトランタ・ファルコンズで、QBコーチをしてきた男。QBカーク・カズンズや、QBマット・ライアンを育てたその手腕でもって、若手の宝石、QBジャレッド・ゴフを磨いている。彼の育て方はなかなか荒削り。とにかくゲームに!ゲームに!とゴフの積極性をどんどんと使っている。これからのラムズの快進撃に大きな期待です!

オフェンスチーム

OCは、ケビン・オコーネル(Kevin O'Connell)さん。1985年生まれのまだ若手コーチです。サンディエゴ州立大学時代は、QBとして、なんと在学4年間ずっとチームキャプテンを務めるなど、人をまとめる力に長けていたようです。そんな彼、2008年ドラフトでは3巡94位でペイトリオッツから指名され、5年間プロ生活も過ごしてきました。

ラムのOCになったのは2020年から。レッドスキンズのQBコーチをしてたんですが、ロン・リベラHCになってから、はじき出され、ラムズに着任です。

QBマシュー・スタフォード(Matthew Stafford)#9

f:id:kazumax78:20210812200832p:plain

2009/ 1巡 / 1位 / ジョージア大学
2009年ドラフト全体1位指名のスター選手。現在NFL歴13年目。契約金額で言えば、歴代QBの中で5本指のスゴイQB。ライオンズから、QB ジャレット・ゴフとの電撃トレードでラムズに着地します。ライオンズでは一度も地区優勝なし。実力があるが、チームは勝てないという感じでした。どうなるか?

#1 Matthew Stafford | Top 10 Mic'd Up Guys of All Time | NFL Films

LTアンドリュー・ウィットワース(Andrew Whitworth)#77

f:id:kazumax78:20210812200857p:plain

2006 / 2巡 / 55位 / LSU
現役最高齢のオフェンスラインの選手。キャリアの9年をベンガルズで過ごし、2017年からはラムズに。QBスタッフォードは彼の3歳年下になります。彼ら二人がオフェンスチームをうまく統率するんだろうと思います。頑張れー。

LG デヴィド・エドワード(David Edwards)#73

f:id:kazumax78:20210812200925p:plain

2019 / 5巡 / 169位 / ウィスコンシン大学

Cブライアン・アレン(Brian Allen)#55

f:id:kazumax78:20210812200947p:plain

2018/4巡/ 111位/ ミシガン州立大学
スパルタンズ出身のセンター。大学時代もセンターとしてプレイしてきた。ロバート・クインをトレードする代わりに獲得した、ドラフト4巡指名権を行使してゲットした選手です。

RG オースティン・コーベット(Austin Corbett)#63

f:id:kazumax78:20210812201051p:plain

2018 / 2巡 / 33位 / ネバダ大学

RT ロブ・ハヴェンスタイン(Rob Havenstein)#79

f:id:kazumax78:20210812201119p:plain

2015 / 2巡 / 57位 / ウィスコンシン
2015年からずっとラムズでプレイ。2018年に4年の延長契約を締結し、2022年まではラムズのインテリアラインとして活躍する予定。

TE タイラー・ヒグビー(Tyler Higbee)#89

f:id:kazumax78:20210812201203p:plain

2016 / 4巡 / 110位 / ウェスタンケンタッキー大学

WR ロバート・ウッズ(Robert Woods)#2

f:id:kazumax78:20210812201228p:plain

2013 / 2巡 / 41位 / USC

 

WR クーパー・コップ(Cooper Kupp)#10

f:id:kazumax78:20210812201247p:plain

2017 / 3巡 / 69位 / 東ワシントン大学
イケメン白人系レシーバー。顔だけのランキングならかなり上位な気がします。2018年シーズンはかなり活躍。ここぞというときに決めてくれる。ゴフのおかげで知名度があがりそう。レシーブ記録は落ち込んだけど、タッチダウンは伸びた。もっと頑張って出世してほしい。

WR デショーン・ジャクソン(Desean Jackson)#1

f:id:kazumax78:20210812201317p:plain

2008/ 2巡 / 49位 / カリフォルニア大
彼はタンパベイのWRでしたが、2021年にラムズへ。竹中直人ににてると評判です。2021年から背番号が1に。カレッジみたいで好きです。

RB ダレル・ヘンダーソンJr(Darrell Henderson Jr.)#27

f:id:kazumax78:20210812201401p:plain

2019 / 3巡 / 70位 / メンフィス大学

RB ザビエル・ジョーンズ(Xavier Jones)#25

f:id:kazumax78:20210812201431p:plain

2020 / ドラフト外 / SMU

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P ジョニー・ヘッカー(Johnny Hekker)#6

f:id:kazumax78:20210812201607p:plain

2012 / ドラフト外 / オレゴン州立大学
おそらくNFL最高レベルのパンター。彼の存在なくしてラムズの快進撃はない。O#D#の両方に大きく影響を与える超重要人物と見るべき。デビュー以来ずっとラムズ一筋。4度のプロボウル、オールプロ1軍に選出されてます。2019年開催の第53回スーパーボウルでは、史上最長の65ydsのパントに成功しており、パンター業界トップクラスの人材です。

 

 

ディフェンスチーム 

f:id:kazumax78:20210812191815p:plain

DCはラヒーム・モリスさん。(Raheem Morris)1976年生まれ、四十代半ばの方。2015年からずっとファルコンズのディフェンスチームのコーチをしてきた人。2021年からラムズに着任です。かつてバッカニアーズのHCをしてきた経験もあり、指導ノウハウはびっしりあります。ラムズをどのように料理するのか。楽しみですね。

DE アショーン・ロビンソン(A'Shawn Robinson)#94

f:id:kazumax78:20210812201724p:plain

2016 / 2巡 / 46位 / アラバマ大学
頭を上下ひっくり返しても顔になる人。もとライオンズのラインマンです。

 

NT セバスチャン・ジョセフ-デイ(Sebastian Joseph-Day)#69

f:id:kazumax78:20210812201926p:plain

2018 / 6巡 / 195位 / ラトガース大学
まさに筋肉ゴリラ。めちゃくちゃ体でかい。見るからにパワフル。そして笑顔がとても素敵。地域活動にも熱心で良い人そうな感じが伝わってきます。

DE アーロン・ドナルド(Aaron Donald)#99

f:id:kazumax78:20210812202051p:plain

2014 / 1巡 / 13位 / ピッツバーグ大学
ラムズが持つ最高の怪物、TOP100ランキングでも1位を取ったスター選手です。DTでNFL最強。普通DEがQBサックするもんですが、ドナルドはDTにもかかわらず中央からサックをガンガンあげています。NFLのBESTラインマンですね。 

LB ジャスティン・ホリンズ(Justin Hollins)#58

f:id:kazumax78:20210812202216p:plain

2019 / 5巡 / 156位 / オレゴン大学
ブロンコスでデビュー。2年目にラムズに移籍。

LB ケニー・ヤング(Kenny Young)#41

f:id:kazumax78:20210812202515p:plain

2018 / 4巡 / 122位 / UCLA

 

LB トロイ・リーダー(Troy Reeder)#51

f:id:kazumax78:20210812202532p:plain

2019 / ドラフト外 / デラウェア大学

 

LB レオナルド・フロイド(Leonard Floyd)#54

f:id:kazumax78:20210812203327p:plain

2016 / 1巡 / 9位 / ジョージア大学
ジョージア大学からベアーズに1巡指名された期待の選手。ベアーズでは4年間在籍し、5年目オプションの対象から外され、普通にFAに。40yds4.6sという俊足で197cm111kgという巨大な肉体。2020年ラムズ移籍年には10回のQBサックを上げるなど大活躍。中盤の中心人物です。

 

CB ジャレン・ラムジー(Jalen Ramsey)#5

f:id:kazumax78:20210812202703p:plain

2016 / 1巡 / 5位 / FSU
現在、NFLで最高級のコーナーバックと評価が高い選手です。ラムズディフェンスのキーマン。彼のいるサイドはほとんどパスカットされるので、ボールが飛んできません。シャットダウンコーナーと言われる数少ない選手です。チームは彼の担当エリアを完全にノーマークにでき、フィールドを小さく管理できます。

CB ダリオス・ウィリアムス(Darious Williams)#11

f:id:kazumax78:20210812202726p:plain

2018 / ドラフト外 / UAB

SS ジョーダン・フラー(Jordan Fuller)#4

f:id:kazumax78:20210812202748p:plain

2020 / 6巡 / 199位 / OSU

FS タイラー・ラップ(Taylor Rapp)#24

f:id:kazumax78:20210812202843p:plain

2019 / 2巡 / 61位 / ワシントン大学
上海出身の中国人母と、白人カナダ人との間に生まれたタイラー君。生まれは南部のジョージア州。小さいころに北部のワシントンに引っ越し、高校でフットボールで頭角を現し、ワシントン大学ハスキーズでプレイ。NFLでは数少ないアジア系の血が入った選手です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの記事もオススメ