NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

NFLチーム紹介【14】赤鷹集団アトランタ・ファルコンズ

f:id:kazumax78:20170523115932p:plain

さて今回は、ジョージア州アトランタ市にある、ファルコンズを調べてみました。2016年シーズンでは猛烈な攻撃力で快勝し、スーパーボウルまでノンストップの快進撃をみせたチームです。

 

今回はそんなファルコンズを、ジョージア州からアトランタへと調査し、チーム紹介へと移っていきます。

それではどうぞ!

NFLが日本でもっと浸透しますように。

【スポンサーリンク】

 

ジョージア州の特徴

f:id:kazumax78:20200813222932p:plain

アトランタ市があるのは、ジョージア州です。場所はこちら。フロリダ半島のすぐ北にあって、かなり気候のよい暖かい州です。人口が970万人で全米8位の規模をもってる州。州都が最大都市のアトランタです。後で詳しく紹介します。

 

f:id:kazumax78:20200814141146j:plain

ジョージアは別名ピーチ・ステートと呼ばれます。単純に桃の産地なんですね。暖かい気候なので、桃がたくさんとれるんでしょう。日本の岡山県もそんな感じです。ピーチの他にはピーナッツも名産品の一つらしいですよ。

 

f:id:kazumax78:20200813222852p:plain

ここはもともとアメリカ独立宣言の最初の13州のひとつ。1776年にイギリスから独立する宣言にサインをしてます。アメリカ建国と同じ歩みを過ごしてる歴史のある州です。くわしくは、こちらの記事「アメリカ独立戦争について」をご参照ください。

www.nfl-32.com

 

f:id:kazumax78:20200814142142j:plain

 もともとこの州は黒人奴隷禁止してました。だけど、白人は南部の気候に身体が合わず、死亡率が高かった。対してアフリカ人は低地帯でのダム工事、堤などの灌漑設備の技術や知識に明るく、また気候風土もフィットしていた。結果、1749年に奴隷制を解禁。これで大規模プランテーションが普及発展、アフリカ人人口比率が圧倒的に増えます。

f:id:kazumax78:20200814142521j:plain

このアフリカ系の人たちが定着して、ギーチー文化が発展。今でも南部の言語や宗教観に多く影響を残してます。また食事や、作り物、衣服といった様々な文化的遺産が残るようになり、これがアメリカ南部文化と混在し一体になっていきました。


f:id:kazumax78:20200813222606p:plain

ときは経ち南北戦争がおこります。このときはジョージア州は当然南軍についてます。合衆国(USA)から離脱して、アメリカ連合国(CSA)建国7州のひとつになってます。この時の戦争でジョージア州アトランタは激戦地となり、南軍が敗北し、戦争は終結に向かいます。

www.nfl-32.com

 

f:id:kazumax78:20200813222444p:plain

南北戦争でのジョージアの荒廃を題材にしたのが、名作「風と共に去りぬ」です。南北戦争という風とともに、当時絶頂にあったアメリカ南部白人の貴族文化が去ったという意味の題名なんですね。ラブストーリーでもあるんですけどね。ヴィヴィアン・リーが綺麗ですねぇ。

 

f:id:kazumax78:20200814143406j:plain

この南北戦争以後、ジョージア州は合衆国にリコンストラクション(合併)されて、経済的にも復興していくわけです。しかしプランテーションで奴隷としてた黒人への強い差別は、経済格差を生み出しました。これが後世に大きく影響を残していますね。

 

Shrimp and Grits Festival to return to Jekyll Island | Life | The ...

さて話は変わって、ジョージアの名物はグリッツです。南部のソウルフードとも言われるグリッツはトウモロコシの粉で作ったお粥です。もとはインディアンの食事だったらしいですね。つぶつぶした食感で無味なので味付けしだいで変化する料理だそうです。

 

f:id:kazumax78:20200813223221p:plain

これがジョージア州の旗。なんだかアメリカが独立したときの国旗に似てますよね。星は13個あって、独立13州を表してますね。Wisdom(知恵)Justice(正義)Moderation(節度)がモットーに掲げられてます。

 

さて、アトランタの紹介に移ります。

 

【スポンサーリンク】

 

アトランタの特徴

Atlanta - Narcity

ジョージア州の州都であるアトランタ。州内最大都市でもあり、市単独人口でも50万人。都市圏人口でいうと670万人。人口集積では国内9位の大都会です。

 

f:id:kazumax78:20200817144042j:plain

これがアトランタ議事堂と、アトランタ市のマーク。ジョージア州は猛禽類が多いようで、アトランタの市章にもハヤブサが描かれてます。特にアトランタ市内には、ハヤブサが高層ビルを巣にして、街中を飛び回っているそうです。ファルコンズというチーム名は、ここから来ているんですね。

 

f:id:kazumax78:20200813224220j:plain

1996年にアトランタ五輪が開催されましたね。オリンピック開催のちょうど100年目の記念すべき大会だったらしいです。当時はビル・クリントン大統領でしたね。開会式でパーキンソン病のモハメド・アリが震える手で聖火を点火したのを覚えてます。

 

f:id:kazumax78:20200813224536j:plain

街の玄関口アトランタ空港は、世界一の乗降客数を誇る、メガトン級のハブ空港です。北京・ドバイ・羽田・ロスを抑えてるって、なんかすごくないですか?観光だけでここまではこない。そう、アトランタには世界に誇る大企業がたくさんあるわけです。

 

f:id:kazumax78:20200813225136p:plain

まずはみんな大好きコカ・コーラ。実はアトランタが本社です。会社の正式名称は、「ザ・コカ・コーラ カンパニー(The Coca-Cola Company)」です。連結売上高で2兆5000億円を超える規模です。主要株主は、ウォーレン・バフェットのバークシャー・ハサウェイ。ちなみにライバルのペプシコ社は、企業規模で2倍の差があります。

 

f:id:kazumax78:20200813225201p:plain

市内にはコカコーラ博物館、ワールド・オブ・コカコーラがあります。本当昔からあるから、古い瓶とか見るとテンションあがりそうですね。一番人気のお土産はきっとキーホルダーでしょう。

 

f:id:kazumax78:20181024134505j:plain

CNNの本社もアトランタにありますね。日本では朝日放送とアライアンスを組んでます。アメリカ全土はもちろんのこと、ナイロビ、モスクワ、北京など世界各地に海外支局をもってます。

 

f:id:kazumax78:20200813225827p:plain

そしてデルタ航空もアトランタ本社です。客室乗務員が乗客に暴行をしたって話が、いまでも印象残ってますね。売上1位はアメリカン航空$42.65B、デルタが2位で$40.3B(≒4兆円)くらいの売上です。

 

f:id:kazumax78:20200813231035j:plain

アトランタは車産業の拠点として有名です。ポルシェ、ベンツの北米本社もあり、アトランタを中心に周辺6州にこれだけの生産拠点があります。以前はデトロイトが自動車産業の中心でしたが、近年はこちらに重心が移っています。

 

f:id:kazumax78:20200813231310j:plain

公民権運動の中心的人物、マーティン・ルサー・キング牧師は、アトランタ出身。彼のお墓もここアトランタにあります。彼はテネシー州メンフィスで暗殺されましたね。本当に偉大な偉大な人だと思います。

 

f:id:kazumax78:20200817101824j:plain

キング牧師のお墓も、アトランタ市にあります。オバマ大統領や、写真のようにダライ・ラマ14世も弔問においでになっています。キング牧師の生まれた家を中心に、彼の生涯を讃えるMLKセンターという施設が建設されています。彼のお墓もその一角にあります。特別にあしらわれた水のプールの上に、涼しげにお祀りされてます。

 

f:id:kazumax78:20200813232006j:plain

有名大学は、ジョージア大学。ここはアメフトのジョージア・ブルドッグスが有名です。創設1785年の歴史ある大学です

 

f:id:kazumax78:20200813232324j:plain

もう一つ、ジョージア工科大学。1885年創設と、ジョージア大学と100歳差。こちらもアメフトで人気の大学です。

 

f:id:kazumax78:20200813232622j:plain

ブルドッグスVSイエロージャケットは、ジョージア対決の天王山。早明戦みたいに盛り上がるわけですね。うーん、カレッジフットボールも追いかけたくなっちゃうね。

 

さて、そろそろ、スポーツの話題に移ります。

 

【スポンサーリンク】

 

アトランタのスポーツチーム

アトランタは北米4大スポーツのすべてがあります。ファルコンズを紹介するまえに他のスポーツも簡単に紹介します。

f:id:kazumax78:20200813233951j:plain

MLB ではアトランタ・ブレーブスがいます。1871年にボストンで誕生したチームです。アトランタに来たのは、なんとおよそ100年後の1966年です。ワールドシリーズを3回優勝、最近では2年連続地区優勝してる強いチームです。

f:id:kazumax78:20200813234339j:plain

NBAではアトランタ・ホークスです。ここも結構歴史古くて1946年にバッファローで創設。その後、ミルウォーキー、セントルイスにフランチャイズを移し、1968年にアトランタにやってきました。MLBのブレーブスと同じくらいのタイミングですね。

 

f:id:kazumax78:20200813234619j:plain

MLS、サッカーではアトランタ・ユナイテッドFC。2018年に全米チャンピオンに輝いた強いチームです。2014年に創設され、NFLのファルコンズと同じ人がオーナーです。

 

f:id:kazumax78:20200813234821j:plain

WNBAでは、アトランタ・ドリームズです。2007年設立され、カンファレンスタイトルを3度とってるチームですね。

 

さて、いよいよファルコンズの紹介に移ります。

 

 

【スポンサーリンク】

 

ファルコンズの歴史

f:id:kazumax78:20200814143756j:plain

アトランタ・ファルコンズができたのは1965年。創業者は写真の人、ランキン・M・スミスSrさんです。地元アトランタの人で、保険代理業を営んでいた実業家でした。

f:id:kazumax78:20200817102657j:plain

ランキン・スミスさんがチーム創設に支払った金額が$9M(≒10億円)。1965年当時での金額ですから、現時点でいうとインフレ率が8倍くらいですから、$75M(≒80億円)あたりの投資額になります。ランキン・スミスがかなりの資産家だったことがわかりますね。

f:id:kazumax78:20200817103643j:plain

1990年、オーナーが息子のテイラー・スミスに移ります。創業者のランキンさんは、1965年から25年間もチームを牽引してきたわけです。なかなかの苦労だったと思います。写真に移っているのは、テイラー・スミスと、兄弟のランキン・スミスJrです。スミス家には子供が5人いて、テイラーは4人目の子供。末の男子でした。

 

f:id:kazumax78:20200817104232j:plain

2002年にアーサー・ブランクにオーナーシップが移ります。彼は現在でもファルコンズのオーナーです。全米最大のDIYショップ、ホーム・デポ(HOME DEPOT)の創業者で大成功者の一人です。

 

f:id:kazumax78:20200817104427j:plain

1942年生まれ、もうすぐ80歳の人です。ファルコンズの買収に乗り切ったときは、還暦を迎える年でした。さすがアメリカ人ビジネスマン達はめちゃくちゃ元気ですね。彼はMLSのアトランタ・ユナイテッドFCのオーナー(2018年チャンピオン)でもあります。

彼については「NFLオーナー列伝 アトランタ・ファルコンズ」でも述べてますので、詳しくは御覧ください。

www.nfl-32.com

【スポンサーリンク】

 

f:id:kazumax78:20200817104800g:plain

さてファルコンズの戦績についてです。ファルコンズが在籍するのは、NFC西地区(1970~2001)とNFC南地区です。少し振替ります。

 

f:id:kazumax78:20200817105422j:plain

ファルコンズが初の地区優勝したのが1980年です。1975年に全体1位で指名した、カリフォルニア大学のQB、スティーブ・バートコウスキ(Steve Bartkowski)を中心にチームが強くなりつつありました。しかし、この同地区にサンフランシスコ・49ersが。ジョー・モンタナを擁しん黄金期のため、ファルコンズは苦渋の時代を過ごします。

 

f:id:kazumax78:20200817110206j:plain

1998年シーズン、初のカンファレンス優勝を果たします。強敵49ersをディビジョナル・プレイオフで20-18で勝利、チャンピオンシップはバイキングスと30-27での接戦を制し、チーム創設30余年にて、悲願のスーパーボウル出場を果たします。

 

f:id:kazumax78:20200817110442j:plain

しかし第33回スーパーボウルは、デンバー・ブロンコスの勝利に終わりました。ジョン・エルウェイ率いるブロンコスは、第32回に引き続きの連覇。エルウェイの引退試合となったゲームです。ファルコンズにはいやな思い出となりました。

 

f:id:kazumax78:20200817111309j:plain

2016年シーズンを勝利し、ファルコンズは再度スーパーボウルに挑戦します。2002年からオーナーになったアーサー・ブランク、初の大舞台です。チームは2005年に獲得したボストン大学のQBマット・ライアンを中心に、OCカイル・シャナハンの作った攻撃力でのし上がってきました。

 

f:id:kazumax78:20200817111523j:plain

このゲームはスーパーボウル史上に残る名勝負でした。第3Qが終わったときに、ファルコンズは28-9でビッグリードをしていました。ゲームを掌握していたのは完全にファルコンズで、このままペイトリオッツを粉砕する勢いでした。

 

f:id:kazumax78:20170205212519j:plain

しかし、ゲームは34-28でペイトリオッツが大逆転。この試合だけでも観てもらえると、アメフトの面白さが十分に伝わると思います。これについては、熱気そのままに書いたレビュー記事を御覧ください

www.nfl-32.com

それにしても、このゲームは本当に残念だった。同時にトム・ブレイディの凄さに引き込まれてしまいました。本当に名ゲームでした。

 

【スポンサーリンク】

 

本拠地 メルセデスベンツ・スタジアム

f:id:kazumax78:20200817112254j:plain

このダイナミックな建物が、ファルコンズの本拠地です。ネーミングライツは、セインツと同様に、メルセデスベンツが購入しています。アトランタ市に北米ベンツの本社があるので、その関係もあるんでしょうね。

 

f:id:kazumax78:20200817112444j:plain

中央部が開閉式になってるダイナミックな建築です。まるでラフレシアです。着工は2014年、完成は2017年8月。総工事費は$1.4B(≒1500億円)くらいだと言われてます。当時はスタジアムの最高額を記録した建築でした。

 

f:id:kazumax78:20200817112652j:plain

ここはアトランタ・ユナイテッドFCも使ってます。中央天井部が円型のスクリーンになってて、そこにいろいろな情報が記載されます。めちゃくちゃカッコイイ建物です。

こちら関連情報です。良かったらご覧ください。

www.nfl-32.com

 

f:id:kazumax78:20080401221549j:plain

昔はこのスタジアムを使ってました。アトランタ・フルトン・カントリー・スタジアム(Atlanta-Fulton County Stadium)。ファルコンズ設立の1966年から1991年まで使っていました。

 

f:id:kazumax78:20200817113155j:plain

1992年から使ってたのが、このジョージア・ドーム。これ現在は爆破解体されて存在してませんが、2017年まで現役で使ってた施設です。そう考えると、結構使ってきた期間が短いですね。

 

f:id:kazumax78:20200817113317j:plain

これが2017年の爆破解体の瞬間です。現在のメルセデス・ベンツ・スタジアムは、ジョージア・ドームの真横に建ってます。グランドデザインを大きく変えないアメリカの都市設計は、日本も学ぶべきところが大いにあるよね。

 

さて、そろそろ、チームの人材について。コーチや選手についてご紹介していきます。

 

【スポンサーリンク】

 

HCはダン・クイン

f:id:kazumax78:20200817113520j:plain

現在のヘッドコーチは、1970年生まれのダン・クイン。爆音軍団シーホークス時代のDCを担当していた人。D#畑の出身ですね。ファルコンズの攻撃力は、彼の麾下にあるOCの能力に大きく依存する傾向があるように思います。

【スポンサーリンク】

 

O#チーム主要選手紹介 

QB マット・ライアン (Matt Ryan)#2

f:id:kazumax78:20190508111157p:plain
2008年 / 1巡 / 3位 / ボストン
契約総額ではNFLで現役最高額を持っているQBです。パッサーとしての能力が実に高い。冷静で怒鳴ったりしているのを余り見たことのない感じ。2016シーズンでは最優秀O#選手賞とMVPの同時受賞。スーパーボウルにまで進出するも、ペイトリオッツの大逆転に苦汁をなめました。彼ほどの実力であっても優勝できない。応援しています。

LT ジェイク・マシューズ(Jake Matthews)#70

f:id:kazumax78:20190508111258p:plain
2014 / 1巡 / 6位 / テキサスA&M
GBパッカーズ(今はラムズに移籍)のLBクレイ・マシューズ3世の従兄弟になります。18シーズンはプロボウルに選出。これからますます活躍していく選手でしょう。契約金額$72MはLTとしてはトップクラス。これ以上の契約拡大は望めないと思います。

LG ジェイムス・カーペンター (James Carpenter)#77

f:id:kazumax78:20200416100904j:plain
2011 / 1巡 / 25位 / アラバマ
シーホークスでデビューして、スーパーボウルを優勝。5年目にJETSに移籍し4年プレイ。その後ファルコンズに移籍したのが、2019年からです。ガードとしてプレイするか、それともタックルにコンバートされるか。体重が146kgもありますから、おそらくガードのパワープレイでの出番が多いと思います。イーグルスのフレッチャーコックスに対応できるパワー系人材ですね。

C アレックス・マック(Alex Mack)#51

f:id:kazumax78:20190508111611p:plain
2009 / 1巡 / 21位 / カリフォルニア
センターではリーグ4位の契約をもっている実力者です。QBマット・ライアンとのコンビは11年目になります。これほど長い付き合いは実に素晴らしい。たいていどっちかが放出されたり、リプレースされたりします。共存共栄できるのも、互いに能力が高いからです。

 

RG クリストファー・リンドストローム (Christopher Lindstrom)#63

f:id:kazumax78:20200416100642j:plain
2019 / 1巡 / 14位 / ボストン大学
19ドラフトでファルコンズが一番最初に指名したOT。同じポジションでは2位のランク。きっと新シーズンからスターターとして活躍されます。QBマット・ライアンとは同窓の後輩になります。15歳近くも年下ですが、お互いトッププロとして尊敬しあってほしいですね。

RT カレブ・マクゲーリー (Kaleb Mcgary)#76

f:id:kazumax78:20200416100735j:plain
2019 / 1巡 / 31位 / ワシントン大
ファルコンズは19ドラフトの1巡指名権を2つ持っていました。そして2つともインテリアラインの選手を指名しました。一人がボストン大学のリンドストローム(14位)、そして彼、ワシントン大学のマクゲーリーです。1巡指名のOLは活躍間違いなし。マット・ライアンのパスを支えるカタパルトになって欲しいものです。

TE ヘイデン・ハースト(Hayden Hurst)#

f:id:kazumax78:20200416101129j:plain
2018 / 1巡 / 25位 / サウスカロライナ大学
レイブンズとトレードして獲得したタイトエンド。18年ドラフトデビューですから、まだまだ若手で、エントリー契約がまだ2年残ってる逸材です。落球が少なく安定したプレイが長所になります。

元々、ファルコンズには、オースティン・フーパーというTEがいましたが、彼がFA選手になりいなくなりました。その穴を埋めるために、トレードで2020年ドラフト2巡+5巡を差し出し、レイブンズから獲得。

WR フリオ・ジョーンズ(Julio Jones)#11

f:id:kazumax78:20190508111501p:plain
2011 / 1巡 / 6位 / アラバマ
NFLで最も優秀なWRです。レシービングydsでもTDでも常にリーグトップをうろついています。QBライアンとWRジョーンズのコンビは魚が水を得たようなもの。インターセプトされたときに、真っ先に動いてタックラーになる熱さもすごい。ゲーム中は彼に大注目しましょう。必ずミラクルを起こしてくれます。

 

RB トッド・ガーリー(Todd Gurley)#21

f:id:kazumax78:20200416100546j:plain
2015/ 1巡 / 10位 / ジョージア大学
ラムズのスターRBだったトッド・ガーリーが地元ジョージア州に帰ってきました。2015年デビューから5年間ラムズでプレイ。2019年シーズンは見事スーパーボウルに出場しましたが、残念ながら膝の故障のためパフォーマンスが発揮できず、あえなく敗退しました。

彼の身体はもうボロボロといっていいレベルかと思います。おそらくファルコンズが最後のチームになるでしょう。地元で花開かせて欲しい!

 

 

 

WR カルビン・リッドリー (Calvin Ridley)#18

f:id:kazumax78:20190508112258p:plain
2018 / 1巡 / 8位 / アラバマ
アラバマ大学出身の若手WR。名人フリオ・ジョーンズとは大学も同じ、ポジションも同じ。指名順も同じと、師弟のような関係です。背番号11、12、18がファルコンズの点取り屋。怖い存在です。

FB キース・スミス(Keith Smith)#40

 

f:id:kazumax78:20200416102150j:plain
2014 / Undraft / サンノゼ州立大学
カウボーイズ、レイダースを経て、2019年シーズンからファルコンズと契約しています。40ydsも4.98sとそれほどで、敵陣切り裂く電光石火のRB!というよりも、気力体力ど根性!で突っ込んでいくタフな役回りです。19シーズンは16ゲームすべて出場し、5ゲームはスターターとして出ています。

ファルコンズのO#チーム、Depth Chartは彼以外全員が1巡指名選手です。そこだけみると、キースは地味かも知れないですが、重要な仕事をしますよ。

 

【スポンサーリンク】

 

D#チーム主要選手

LDE アレン・ベイリー(Allen Bailey)#93

f:id:kazumax78:20200416103959j:plain
2011 / 3巡/ 86位 / マイアミ大学
チーフスでデビューして8年が経過。2019年にファルコンズに移籍したものの、その年にチーフスがスーパーボウルを優勝してしまうという、なんともバッドタイミングな人事になっちゃった人。サックもタックルも、うーん、一般的って感じ。

DT タイラー・ダヴィジョン(Tyeler Davison)#96

f:id:kazumax78:20200416104029j:plain
2015 / 5巡 / 154位 / フレスノ州立大学
セインツからデビューしてFAになって2019年からファルコンズに移籍した人。

DT グレイディ・ジャレット(Grady Jarrett)#97

f:id:kazumax78:20190508112953p:plain
2015 / 5巡 / 137位 / クレムソン
スーパーボウル50ではトム・ブレイディに3回もサックをして、一躍スターダムにのし上がったDT。パワー系かと思いきや、スクリメージラインを抜けるとガツンと速度が上がるスピードも持っています。

RDE タッカリスト・マッキンリー(Takkarist McKinley)#98

f:id:kazumax78:20190508113214p:plain
2017 / 1巡 / 26位 / UCLA
40ydsを4.59sで走り抜ける驚異のスピードを持っているDEです。ひょっとするとWRと比肩するほど脚が速い。18シーズンは7サック、15QBヒット。これから益々成長してほしい。

LB ダンテ・ファウラーJr.(Dante Fowler Jr)#56

f:id:kazumax78:20200416103904j:plain
2015 / 1巡 / 3位 / フロリダ大学
4.60s の俊足。カバレッジする範囲が広く、サック、パスD#、ランタックルなど、多方面に活躍する高速LB。ジャガーズからデビューして、契約2年残しで2018年にラムズへ移籍。そして2019年にスーパーボウル出場を果たすも惜しくも敗退。ポストシーズンではウィークサイドのLBとして1.5サックをあげ、まずまずの活躍でした。2020年からファルコンズです。

LB フォエサデ・オルオクン(Foyesade Oluokun)#54

f:id:kazumax78:20200416103843j:plain
2018 / 6巡 / 200位 / イエール大学
珍しく学業の名門イエール大学出身。NFLではかなり少ないんじゃないかな。ナイジェリア移民の父をもつ。まだこれからって感じの人。ナイジェリアンルーツの人はみな、難読名前wwww。

MLB ディオン・ジョーンズ(Deion Jones)#45

f:id:kazumax78:20200416103624j:plain
2016 / 2巡 / 52位 / LSU
17シーズンには136タックルをあげて、プロボウルに選ばれている名選手です。しかし18シーズン途中に怪我のためIRリスト入りしています。19シーズンでもD#のメインタックラーとして活躍してほしいです。

CB ジョーダン・ミラー(Jordan Miller)#28

f:id:kazumax78:20200416103644j:plain
2019/ 5巡 / 172位 / ワシントン大学
昨シーズンはスターターとして出場した経験がない。ちょっとどうなることやら。

CB アイザイア・オリヴァー(Isaiah Oliver)#26

f:id:kazumax78:20200416103517j:plain
2018 / 2巡 / 58位 / コロラド大学
2年目から完全にスターターCBとして活躍している人。パスD#11回、タックル62回とかなり活躍しています。もうひとりのCBがちょっと心配。

SS キアヌ・ニール(Keanu Neal)#22

f:id:kazumax78:20190508113126p:plain
2016 / 1巡 / 17位 / フロリダ
ファルコンズDBには本当にいい選手がいる。キアヌ・ニールは18シーズンのはじめにアキレス腱?膝?の怪我のため、シーズンを丸々棒に振ることになった。彼がいればファルコンズの戦績は大きく変わっていたと思います。19シーズンでは元気に復活するでしょう。

FS リカルド・アレン(Ricardo Allen)#37

f:id:kazumax78:20190508112911p:plain
2014 / 5巡 / 147位 / パルデュー
CBが優秀だとSはドンドン前に出てきてアグレッシブな仕事ができる。アレンは5巡指名の選手だけど、プロになってから練習に励み成長を遂げた。LBよりのプレイを見せてくれるSとしてガッツあふれるプレイを見せてくれる。

【スポンサーリンク】

 

こちらの記事もオススメ

www.nfl-32.com