NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

NFLチーム紹介【30】缶詰男!グリーンベイ・パッカーズ

f:id:kazumax78:20170531104034j:plain

好きなチームです!アーロン・ロジャーズ最高!本当に大好きなQB。彼のゲームは最後の最後まで勝敗が分からないエキサイティングな展開です。

 

グリーンをチームカラーにしているチームってあんまり強くない印象です。東京ベルディ、サッカーアイルランド代表・・・しかし!パッカーズ最高!パッカーズは強い!

 

さぁ、大好きなパッカーズを紹介しましょう。

 

グリーンベイ・パッカーズの特徴

本拠地は、32チームで一番小さい町「グリーンベイ」

f:id:kazumax78:20181018155230j:plain

アメリカ北部にある五大湖ミシガン湖の湾にある街。グリーンベイ。ウィスコンシン州ですね。大体フランチャイズになる街って、大きな街が多いですよね。でもね!グリーンベイだけは違う。めっちゃ小さい。なんと人口10万人。少ないでしょ?

 

オーナーは市民の一人ひとり。野球の広島みたい。

f:id:kazumax78:20181018155136j:plain

パッカーズは アメリカ4大スポーツのチームの中で最も小さいフランチャイズです。そして珍しいことに、オーナーシップを所有しているのが市民なんですね。日本でいう広島市民球団。たくさんアメリカにはプロチームがありますけど、市民球団なのはパッカーズだけなんですよ。

f:id:kazumax78:20181018155154j:plain

f:id:kazumax78:20181018155117j:plain

それが故に、パッカーズの市民からの人気ぶりは異常なほど。人口10万人のほぼ全てがパッカーズを愛しているってことは、街のどこにいっても誰と話してもパッカーズの話題。これこそ「市民の共有財産」「心の拠り所」「地域の遺産」ですよね。

 

 

 

 

f:id:kazumax78:20181018155108j:plain

f:id:kazumax78:20181018155123j:plain

この人も、あの人も、お姉ちゃんも、おっちゃんも、子供まで。みーんながパッカーズのオーナー。そりゃー猛烈に愛されるわけですよ。パッカーズの試合はNFL屈指の熱気らしいです。一度ランボー・フィールドに行ってみたいですね。

 

 

 

人気だけでなく、メッチャ強い

f:id:kazumax78:20181018155046j:plain

f:id:kazumax78:20181018155035j:plain

 

10万人の街のチーム、市民に愛されてるだけでなく、何度も何度もアメリカを制覇する強さのあるチームなんですね。地区優勝18回、プレーオフ進出32回、カンファレンスチャンピオン9回、スーパーボウル優勝4回という脅威の成績

 

HCビンス・ロンバルディとQBブレッド・ファーブ

パッカーズの初代HCの名前が スーパーボウルトロフィーの名前

f:id:kazumax78:20181018155025j:plain

チーム創設は1919年。パッカーズは強かった。その強いパッカーズをさらに強くさせたのが、「NFL最強のコーチ」と言われるヴィンス・ロンバルディ。1959年の頃です。彼がHCを務めていた1959−1967年の8年間は、「勝98負30分4」、圧倒的な数字。

 

f:id:kazumax78:20181018154956j:plain

記念すべき第一回スーパーボウル、そして第2回スーパーボウルの両方を優勝し、ヘッドコーチの名前ヴィンス・ロンバルディがトロフィーの名前になったんですね。 

 

 

伝説のプレイヤー、ブレット・ファーブ。1969年の47歳。

f:id:kazumax78:20181018154909j:plain

1991年のデビューから20年の長きに渡りNFLでエースQBを勤め上げた殿堂入りの名選手。ジョン・エルウェイ、ダン・マリーノ、トロイ・エイクマンなどとNFLの時代を築いた人。

ペイトン・マニングが記録を出すまでは、ブレット・ファーブがNFLレコードホルダーだった。通算508タッチダウン、71,838yds。現在もマニングに次ぐ歴代QB2位のレコードホルダー。(2018年の10月にドリュー・ブリーズがマニングの記録を塗り替えたので、ファーブは歴代3位)

こんな輝かしい実績に加えて、インターセプトされてる回数も338回と歴代1位!

ってことは、数々のターンオーバーを相手に与えても、それでも豪腕でゲームをひっくり返してきたって事ですよね。そりゃーファーブの試合は見てて面白いはずでしょ。1996年には、パッカーズをなんと31年ぶりのスーパーボウル制覇に導きました。

アメリカの衣笠「鉄人」ブレット・ファーブ

f:id:kazumax78:20181018154924j:plain

1992年 2位 
1993年 3位
1994年 2位
1995年 2位
1996年 スーパーボウル優勝
1997年 スーパーボウル出場
1998年 2位
1999年 4位
2000年 3位
2001年 2位
2002年 地区優勝
2003年 地区優勝
2004年 地区優勝
2005年 最下位
2006年 2位
2007年 地区優勝

彼が出場したのは通算302試合。それもなんと297試合に連続出場という前人未到の偉業を成し遂げて、「鉄人」と呼ばれちゃう。衣笠さんみたいなねwww。彼の自律心の強さとセルフコントロール力、さらに怪我しない頑丈さが伺える数字です。

 

カンニング竹山さんはパッカーズの大ファン

f:id:kazumax78:20181018154839j:plain

 と言うように、人気芸能人なのにオフ会に参加したり、Twitterアカウントの背景にパッカーズを使ってたり、スーパーボウルみるためにアメリカ行っちゃうくらいパッカーズファン。

www.nfl-32.com

いいですよね。こういう方々のお陰で、NFLの熱を日本でも上昇させていきたいと思います。

 

最近の戦績

f:id:kazumax78:20181018154833j:plain

シーズン 戦績 QB
2016年 地区優勝 アーロン・ロジャーズ
2015年 2位 アーロン・ロジャーズ
2014年 地区優勝 アーロン・ロジャーズ
2013年 地区優勝 アーロン・ロジャーズ
2012年 地区優勝 アーロン・ロジャーズ
2011年 地区優勝 アーロン・ロジャーズ
2010年 スーパーボウル優勝 アーロン・ロジャーズ
2009年 2位 アーロン・ロジャーズ
2008年 3位 アーロン・ロジャーズ

2008年からQBアーロン・ロジャーズの時代になってまして、スーパーボウル優勝。地区優勝しまくりのプレイオフ常連の強豪チームです。

ブレット・ファーブの時代まで遡っても、最下位になったのは2005年だけ。92年から16年までの25年間。ほぼ2位か地区優勝。さすがに強いチームです。

 

主要オフェンス選手

QB アーロン・ロジャーズ#12

f:id:kazumax78:20181120143120j:plain

f:id:kazumax78:20181120143122j:plain

2005 / Round1 / Pick25 / カリフォルニア大学

押しも押されぬオフェンスの大黒柱です。彼がスターターになってから地区優勝しなかったのはたった2回だけ。

ポケットに入ってなかなか投げない。かたと思いきや、とんでもない弾丸パスがWRに突き刺さる。ヘイルメリーパスも投げれる最高のQBですね。

www.nfl-32.com

LT デヴィッド・ベイクシャリ#69

f:id:kazumax78:20181120143343j:plain

2013/ Round4 / Pick109 /コロラド大

イケメンのベイクシャリ。彼がロジャーズを守ってる。ちょっとリーグの中では1流のLTとは呼べないが、2016年にプロボウルに選ばれてる。ロジャーズがステップ踏んで交わすのが上手いので、ベイクシャリの粗さは目立たない。

LGレーン・テイラー#65

f:id:kazumax78:20181120143533j:plain

2013 / Undraft / オクラホマ州立大学

テキサス州アーリントンの生まれ。笑顔が素敵な選手です。

Cコーレイ・リンズリー#63

f:id:kazumax78:20181120143649j:plain

2014 / Round5 / Pick161 / オハイオ州立大学

RGバイロン・ベル#74

f:id:kazumax78:20181120143732j:plain

2011/ Undraft / ニューメキシコ大学

(11)パンサーズ→(15)タイタンズ→(17)カウボーイズ→(18)パッカーズ、という経緯。ロッカールームでバイロン・ベルが踊りだせばチームの空気がガラリと変わる。オール・オア・ナッシングのダラス編で映っていましたね。

RT ブライアン・ブラガ#75

f:id:kazumax78:20181120142640j:plain

2010 / Round1 / Pick20 / アイオワ大学

インテリアラインの中では最も高給取りなのがブラガ。右サイドのエッジラッシャー対策の要。現在9年目となり、かなりベテランさん。

TEジミー・グラハム#80

f:id:kazumax78:20181120142740j:plain

2010 / Round3 / pick95 / マイアミ大学

シアトル・シーホークスから2018年に移籍した名レシーバー。現在はランドル・コブとグラハムの二人がメインターゲット。以前のエースレシーバー、ジョーディ・ネルソンはオークランド・レイダースに移籍。

TEランス・ケンドリックス #84

f:id:kazumax78:20181120142915j:plain

2011 / Round2 / Pick47 / ウィスコンシン大学

ラムズからデビューして2017年からグリーンベイ・パッカーズへ。年間500ydsくらい。もっと活躍して欲しいところ。

WRランドール・コッブ#18

f:id:kazumax78:20181120141734j:plain

2011 / Round2 / pick 64 / ケンタッキー大学

現在7年目のコッブ。身長が178cmと小柄なWRです。体格には恵まれてませんが、ドラフトでは2巡指名。プロボウルにも選出される名選手です。スティーラーズのABも同様ですが、キャッチからランまでのスイッチがとっても速い。捕ったらスグ走る。これで相手はタックルできない。

WRダバンテ・アダムス#17

f:id:kazumax78:20181120142131j:plain

2014 / Round2 // Pick53 / フレスノ大学

ランドール・コッブと並んでパッカーズの重要なレシーバー。2014年から数えてキャリア5年目。2017年にはプロボウルに選出されてます。

www.nfl-32.com

WRマーキス・バルデス・スカントリング#83

f:id:kazumax78:20181120142322j:plain

2018 / Round5 / Pick174 / ノースカロライナ大学

RBアーロン・ジョーンズ#33

f:id:kazumax78:20181120142410j:plain

2017 / Round5 / Pick182 / テキサス・エルパソ大学

RBジャマール・ウィリアムズ#30

f:id:kazumax78:20181120142543j:plain

2017 / Round4 / Pick134 / BYU

身長183cm体重96kgと大型タイプのRB。2018年シーズンは603ydsラッシュ、262ydsキャッチ、TDは合計6本。レッドゾーンで使いたくなるタイプの選手です  

ディフェンスチーム主要選手

NT ケニー・クラーク #97

f:id:kazumax78:20181121085011j:plain

2016 / Round1 / Pick27 / UCLA

1巡指名の少ないのはオフェンスチームですが、D#チームは1巡指名が多い。彼もその一人。 

DEマイク・ダニエルズ#76

f:id:kazumax78:20181121085019j:plain

2012/ Round4 / Pickk132 / アイオワ大学

グリーンベイのサラリーキャップ第3位の選手。1位はクレイマシューズです。ドラフト指名順は4巡と遅めですが、チームへの貢献度は大きいです。2017年にプロボウルに選ばれています。

とにかくアニメ好きで有名で、色々なイベントに、ナルトや孫悟空のコスプレして参加する姿が目撃されてます。彼のお兄さんのショーン・ダニエルズさんも同じくアニメ好きのようです。

www.nfl-32.com

DEディーン・ローリー#94

f:id:kazumax78:20181121085026j:plain

2016/ Round4 / Pick137 / ノースウェスタン大学

OLB ニック・ペリー#53

f:id:kazumax78:20181121090148j:plain

2012 // Round1 // Pick28 // USC

ちょっとダムコング・スー(エンダムカン・スー)の顔つきに似てますが、こっちはデビューからずっとパッカーズ。別にラフなプレイもいたしません。プロボウルには選ばれてませんが、パッカーズD#の大事な選手。

LB クレイ・マシューズⅢ世 #52

f:id:kazumax78:20181121090241j:plain

2009 // Round1 // Pick26 // USC

もう一人のLB、ニック・ペリーの先輩ですね。彼の兄弟や親、みんながNFLプレイヤーです。ロジャーズと一緒にスーパーボウル優勝に大きく貢献した人で、プロボウルには6度も選ばれている名選手です。

LBブレイク・マルチネス#50

f:id:kazumax78:20181121085128j:plain

2016/ Round4 / Pick131/ スタンフォード大学

ILBアントニオ・モリソン#41

f:id:kazumax78:20181121085216j:plain

2016 / Round4 / Pick125 / フロリダ大学

コルツに2年在籍。2018年の8月26日、パッカーズのCBレンジー・ピプキンスとトレードで移籍。その後11月4日のペイトリオッツ戦でキャリア初サックをあげてます。これからって選手ですね。

CB ケヴィン・キング(Kevin King)#20

f:id:kazumax78:20181121085714j:plain

2017 / Round2 // Pick33 // ワシントン大学

少しナヨっとした見た目をしてるけど、プレイはアツイ。上背が191cmと高く珍しいタイプ。

CBジェイル・アレキサンダー#23

f:id:kazumax78:20181121085306j:plain

2018 / Round1 / Pick18 / ルイビル大学

パッカーズで数少ない1巡指名。FSにクリントン・ディクスがいたが、移籍してるので、セカンダリーでは彼が今後のキーマンになる見込み。

CBジョシュ・ジャクソン#37

f:id:kazumax78:20181121085354j:plain

2018/ Round2 / Pick45 / アイオワ大学

身長184cmで89kgの体躯。CBにちょうどいい。40ydsは4.48sとかなりの俊足。アレキサンダーと並びこれからのパッカーズD#の重要人物になってくると思う。

Sトレイモン・ウィリアムス#38

f:id:kazumax78:20181121085529j:plain

2006/ Undraft / ルイジアナ工科大学

ドラフト外選手ですが、2010年にプロボウルに選出されてます。テキサンズ→パッカーズ→ブラウンズ→カーディナルズ→パッカーズ。年齢的にもそろそろ引退かなと思います。

Sケントレル・プライス#29

f:id:kazumax78:20181121085702j:plain

2016/ Undratt / ルイジアナ工科大学

 もうひとりのSウィリアムスと同じ大学出身。年は10歳違うが同じドラフト外選手。身長180cmとそこそこ。40ydsは4.44sとかなり速い。

ST(スペシャルチーム)

Kメイソン・グロスビー #2

f:id:kazumax78:20181018155712j:plain

2007 // Round6 // Pick193 // コロラド大学

キャリア10年目を迎えるグロスビー。QBロジャーズに次いでチームの年長さん。フィールドゴール成功率80%を超える名キッカーです。

リーグではダン・ベイリー // ステファン・ゴストウスキ // アダム・ビナティエリと同格で、彼メイソン・グロスビーの名前が上がる。ありがたい存在。 

 

こちらの記事もオススメ

www.nfl-32.com