NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

NFLチーム紹介【15】儂らが鷲や!フィラデルフィア・イーグルス

「フィラデルフィア」と聞いて何を思い浮かべますか?僕が一番最初に浮かんだのは、トム・ハンクスが映画「フィラデルフィア」です。

 

f:id:kazumax78:20190619165337p:plain
ゲイとエイズをテーマにした映画です。地元弁護士事務所でアソシエイトとして働くトム・ハンクスがゲイで、しかもエイズであるということを、長く隠している。というストーリーでした。

 

f:id:kazumax78:20190619165507p:plain

当時大変センセーショナルで、ベルリン国際映画祭や、アカデミー賞でも数々アワードを受賞し、主題歌を歌っていたブルース・スプリングスティーンのしわがれた声が、またピッタリ合っていたのを思い出します。

 

さて僕にはイーグルスの本拠地であるフィラデルフィアについて、これくらいの知識しか無いので、色々調べてみました。それではどうぞ。

【スポンサーリンク】

 

 

フィラデルフィアのまち紹介

f:id:kazumax78:20181102101749j:plain

さて、まずはイーグルスの本拠地でございますフィラデルフィアの場所はこちらです。アメリカ大陸でいう東海岸のすぐ近く。大変寒いエリアになります。ニューヨークのすぐそば、というロケーションですね。 

f:id:kazumax78:20200731083300p:plain

こちら拡大した地図。ニューヨークとボルチモアに挟まれた場所にあります。ペンシルバニア州の最東に位置する街です。

 

ペンシルベニア州の紹介については、同州の別チーム、ピッツバーグ・スティーラーズのチーム記事にて、詳しく記載しています。良かったら御覧ください。

www.nfl-32.com

f:id:kazumax78:20200731094843j:plain

フィラデルフィア都市圏で人口716万人。フィラデルフィア市単独で156万人と全米4位の人口集積をもつ大都市です。(都市圏人口では全米8位です)大学生(18-22歳)の人口が都市圏内で30万人と全米で最大のボリュームをもっています。非常に平均年齢が低い街でもあります。

f:id:kazumax78:20200731110814j:plain

街の名前はギリシア語からです。アリストテレスが体系したフィリス(≒愛)と、アデルフォス(≒対等・兄弟・仲間)を意味する言葉をつなげて、最後にア(≒都市)がくっついて、フィラデルフィアという名前になってます。

 

f:id:kazumax78:20200731111202j:plain

ですんで、フィラデルフィアは「アメリカのアテネ」なんて呼ばれたりします。一番多いのは「フィリー = Philly」っていう愛称ですね。もしくは「兄弟愛の街 」なんていう呼び方もあります。あの哲人アリストテレスから名前もらってるから、とにかく勉強、学問への情熱や投資が半端ないわけですよね。兄弟愛ってのも良い意味で、「学問や知識の前では皆が平等。学ぶものは皆等しい兄弟である」という概念でもあります。大変知的な街だなと思います。

 

 

フィラデルフィアの歴史

f:id:kazumax78:20181102102348j:plain

当時のロンドンに次ぐ、交易の大都市としてフィラデルフィアは栄えました。1775年の独立戦争を経て、アメリカ合衆国として新国家を樹立する1776年まで、アメリカ大陸はイギリスの植民地でした。

(この辺りの話は別記事に詳しくまとめてみました。)

www.nfl-32.com

 

f:id:kazumax78:20200731084716j:plain

18世紀に入るころ、フィラデルフィアは貿易により経済が隆盛。ボストンを超え大陸最大の経済都市として成長します。1750年を超えるころには、イギリス領土で、ロンドンに次ぐ第二の都市まで大きく肥大していきました。

 

f:id:kazumax78:20181102105443j:plain

この経済成長を牽引した立役者が、アメリカ合衆国建国の父と言われるベンジャミン・フランクリン。100ドル紙幣の顔の人といえば、見たことあるかもしれないですね。

 

f:id:kazumax78:20200731084806j:plain

彼はボストン生まれで印刷業で成功し、フィラデルフィアの経済を牽引した人物です。後に政治の世界に進み、アメリカの独立に大きく貢献しました。献身的姿勢、勤勉性、合理性、社会正義への意識の高さなど、彼の素晴らしい生き様は、今でも全アメリカ人の鏡とされてる。ベンジャミン・フランクリンはそんな大人物です。

こうして、フィラデルフィアは文化・経済・政治のキーパーソンが集まる重要都市として存在感を高めていきます。

 

f:id:kazumax78:20200731102834j:plain

1775年にアメリカ独立戦争が始まります。激戦地となったのが大陸北部の街、マサチューセッツ、ニューヨーク、フィラデルフィアです。アメリカ初代大統領となるジョージ・ワシントン率いるアメリカ大陸軍(愛国者たち = Patriots)がこの地を守り、1976年にイギリス軍を大陸から撤退させることに成功します。

 

f:id:kazumax78:20200731104026j:plain

1776年にアメリカ独立宣言がフィラデルフィアでなされます。机の前に立つ背の高い人物が、トマス・ジェファーソンで宣言文の原案を作成した人物。そしてベンジャミン・フランクリンが修正をしたと言われています。1776年7月6日、トマス・ジェファーソンが宣言文を読み上げ、ここにアメリカ合衆国が設立されたのです。

 

f:id:kazumax78:20181102110043j:plain

そういう経緯があるので、フィラデルフィアは19世紀までアメリカの首都でした。この街でアメリカ合衆国が興り、独立国家としての運営が始まりました。この独立宣言がされた州議場が国会議事堂でした。現在は独立記念館として世界遺産登録されています。その後ワシントンDCができるまでずっと、フィラデルフィアは首都機能をもっていました。

 

f:id:kazumax78:20200731104648p:plain

アメリカ独立戦争の歴史を学ぶ資料館が、フィラデルフィアにあります。ここはなかなか見応えがありそうな施設です。このまちに行くことがあれば、ぜひとも立ち寄りたいですね。

 

f:id:kazumax78:20200731104944j:plain

この独立戦争のときに誕生したのが、アメリカ海兵隊(United States Marine Corps)。なので現在でもフィラデルフィアに本部があります。海兵隊は大統領直轄の部隊です。名前に「海」が入るので、海軍的なイメージですが、陸海空どこにも属さず、全ての機能を有しています。国土防衛を担当せず、敵地破壊を目的とする組織なので、別名「切り込み隊」と言われます。

 

というように、フィラデルフィアはアメリカの歴史をつくってきた人物がいたり、キーイベントが開催されてきたり、本当重要な街なんですね。

 

フィラデルフィアの名物

f:id:kazumax78:20181102100722j:plain

映画「ロッキー」のロケ地になった街としても有名です。ロッキー・バルボアがトレーナー姿で、階段を登り街に向かって両手を上げる。あのシーン。これこそ、フィラデルフィアの名所である「フィラデルフィア博物館」の階段です。

f:id:kazumax78:20181102100904j:plain

当然観光名所になっており、スタローンが立った場所に、足跡を残しています。みな、ここに立ってロッキーのポーズを取り、写真を取るそうです。 

f:id:kazumax78:20181102111417j:plain

2017年ドラフトの会場にもなった博物館。ロッキー・バルボアは、この真っ直ぐな道を走り、博物館の階段を登り、ベンジャミン・フランクリンに向かって吠えたんですね。

f:id:kazumax78:20181102112514j:plain

その他もろもろ。こんな映画のロケ地にもなってます。映画好きな方は、ぜひご覧になってみるのも良いかと。 

 

f:id:kazumax78:20200731112028j:plain

フィラデルフィアのグルメといえば、チーズステーキサンドイッチです。堅いロールパンに細切りの牛肉、そして玉ねぎを炒めて、溶けたチーズが挟んでる。これがフィラデルフィア発祥の名物ですね。

 

フィラデルフィアのスポーツチーム

f:id:kazumax78:20200731113521j:plain

MLBではフィラデルフィア・フィリーズ。街の愛称であるフィリー(Philly)がチーム名の由来ですね。1883年に前身となるフィラデルフィア・クエーカーズが設立されて、1890年からフィリーズとして活動してる歴史あるチームです。ワールドシリーズ2回優勝(1980、2002)しています。

f:id:kazumax78:20200731113543j:plain

NBAでは、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ(76ers)。独立宣言があった1776年にちなんでチーム名が決定されてます。ファイナル出場6回、優勝3回と結構つおい。NFLでも49ersがありますね。これと混同されがち。

f:id:kazumax78:20200731113606j:plain

NHLでは、フィラデルフィア・フライヤーズ。1967年に設立されカンファレンス優勝8回、スタンレーカップを2回優勝(1974,1975年)しています。

 

f:id:kazumax78:20200731113912j:plain

MLSでは、フィラデルフィア・ユニオンズです。2008年に設立されてます。

 

さて、次はいよいよ、イーグルスの紹介にうつります。

 

フィラデルフィア・イーグルスの歩み

f:id:kazumax78:20170523162717j:plain

さてでは、いよいよNFLチームのイーグルスを紹介します

 

f:id:kazumax78:20181102113605j:plain

1933年に発足して、今年の2017年で84年目を迎える歴史あるチーム。メインスタジアムは、リンカーン・フィナンシャル・フィールド。イーグルスの愛称の由来は、ニューディール政策のシンボルの鷲。

ちなみに世界恐慌は1929年に起こり、イーグルスは以前からNFLのチームだったらしいが、この恐慌をきっかけにフランチャイズ権利をNFLに返すことになる。その後経済復興がアメリカで成し遂げられ、NFLチームとして復活する。

ニューディール政策は、1933年に大統領に就任したフランクリン・ルーズベルトが就任後ただちに行った経済復興政策。日本の高橋是清が作った政策、自国匡救事業とほぼほぼ似ているらしい。世界恐慌はこの1933年を底辺とし、その後右肩上がりのGDPを見せる。1933年は70兆円、(700billion)1960年には300兆円(3,000billion)になる。ちなみに今現在は、1800兆円である。

チームの戦績

地区優勝10回、ワイルドカード10回の20回プレーオフに進出しており、カンファレンスチャンピオンにも3度。スーパーボウルは1960年に一度優勝している。対戦相手はグリーンベイ・パッカーズ。17-13のローゲームだった。

近年20年間の成績だけを取り上げてみても決して悪い成績のチームではない。20年間で7回地区優勝しており、そのうち2004年にはカンファチャンプになり、第39回スーパーボウルではペイトリオッツとものすごいいい試合してるが、わずかフィールドゴール1本差で第4Qで惜しくも敗れる。

f:id:kazumax78:20170523163007g:plain

近年、負け越したのは、2012年、2005、1998,1999年の4シーズン。基本的には強い方のチームって感じの印象ですね。

第52回スーパーボウルを優勝(2017シーズン)

f:id:kazumax78:20181102113108j:plain

対戦相手は王者ペイトリオッツ。トムブレイディに対抗するのは、シーズンを勝ち抜いてきたQBカーソン・ウェンツではなく、怪我のため交代したバックアップQBのニック・フォールズでした。

 

f:id:kazumax78:20181102113113j:plain

下馬評ではブレイディの6つ目のリングを獲得すると噂されておりましたが、ニック・フォールズの集中力は素晴らしく、全員が一丸となって勝利に向かう素晴らしい試合ぶりを発揮しました。結果、見事チーム創設以来、初のスーパーボウル優勝を果たし、悲願を達成しました。

【現オーナー】ジェフリー・ルーリー

f:id:kazumax78:20181102120403j:plain

オーナーは、ジェフリー・ルーリーさん。詳細については下記記事をごらんください。ロサンゼルスで映画会社の社長をしていた彼が1994年にイーグルスを買収した。価格は1900億円。ただちに新オーナーは新しいスタジアムの建設を計画し、1999年に現在のリンカーンフィールドが建設されることになった。

www.nfl-32.com

 

ヘッドコーチはニック・シリアニ(Nick Sirianni)

f:id:kazumax78:20210817183909p:plain

2021年の1月にコルツから引き抜き、ヘッドコーチとして着任しました。1981年の40代です。イーグルスの新しい世界をどのように作ってくれるのか。注目が集まります。

 

【スポンサーリンク】

 

オフェンスチーム

f:id:kazumax78:20210817184317p:plain

OCはシェーン・ステイケン(Shane Steichen)さん。2014-2020年の間、チャージャーズでコーチをしてきた人です。HCのニック・シリアニとは、その時の上司部下の関係。HC就任と同時に連れてこられた腹心です。

QB ジャレン・ハーツ(Jalen Hurts)# 1

f:id:kazumax78:20210817184514p:plain

2020 / 2巡 / 53位 / オクラホマ大学
カーソン・ウェンツ時代からバトンを受けた次なるQB。2巡ではありますが、アラバマ大学で3年オクラホマ大学で1年、エースQBとして大活躍してます。デビュー年では、1,000ydsくらいしか放ってませんが、これからますますでしょうね。なんかドノヴァン・マクナブみたいな選手になってくれないかなー。

LT アンドレ・ディラード(Andre Dillard)#77

f:id:kazumax78:20210811155419p:plain

2019 / 1巡 / 22位 / ワシントン州立大学
ベテランLTジェイソン・ピータースから重要なポジションを任されたディラード。出身は大学と同じくワシントン州。お父さんも同じ大学のオフェンスタックルでした。

LG アイザック・セウメロ(Issac seumalo)#73

f:id:kazumax78:20190619173601j:plain
2016 / 3巡 / 79位 / オレゴン州立大学
ハワイのホノルル生まれの選手です。だけども高校生ときにスカウトにひっかかり、地元ハワイ大学じゃなくて、本土のオレゴン州立大学へ進学。ドラフトでも3巡目。かなり優秀ですね。今期に改めて3年の延長契約を締結。イーグルスOLのメンバーとして定着してますね。

C ジェイソン・ケルシュ(Jason Kelce)#62

f:id:kazumax78:20210817184409p:plain

2011/ 6巡 / 191位 / シンシナティ大学
カンザスシティ・チーフスのTEトリビス・ケルシーの兄。センターとしてイーグルスで活躍しています。スーパーボウル優勝パレードの時の衣装など凄い。きっとチームのムードメーカなんでしょうなー。

RG ブランドン・ブルックス(Brandon Brooks)#79

f:id:kazumax78:20181102130230j:plain
2012 / Round3 / Pick76 / マイアミ大学
HOUテキサンズでデビュー。4年経過し、5年目の2016年にFAとなりイーグルスと契約。ネクタイちゃんと締めよし。

RTレーン・ジョンソン(Lane Johnson)#65

f:id:kazumax78:20181102130309j:plain
2013/ 1巡 / 4位 / オクラホマ大学
イーグルスのスターOL。トップ級の選手ですが、彼がLTでなくRTに配置できるのはイーグルスが強い所以。ジョンソンは2013年学生の時に結婚。奥さんの名前はチェルシー・グッドマン。実はそのお父さんがNFLプレイヤーだったジョン・グッドマン。1980年ドラフトでスティーラーズから2巡指名を受けたDE。彼もまたジョンソンと同じオクラホマ大学出身。

TE ダラス・ゴダート(Dallas Goedert)#88

f:id:kazumax78:20210811154655p:plain

2018 / 2巡 / 49位 / サウスダコタ州立大学

TEザック・アーツ(Zach Ertz) #86

f:id:kazumax78:20181102125916j:plain
2013 / 2巡 / 35位 / スタンフォード大学
テキサンズからデビュー。2016年からイーグルスへ。タイトエンド業界では間違いなく5本指に入る選手です。WR並にスピードもあり、かなりタフな仕事もしてくれます。イーグルスO#の稼ぎ頭というところです。

 

WR デヴォンタ・スミス(DeVonta Smith)#6

f:id:kazumax78:20210817174930p:plain

2021 / 1巡 / 10位 / アラバマ大学
イーグルスは1巡でパスターゲットをゲット。最優秀選手賞のハイズマン賞を2020年に獲得した選手。出身はルイジアナ州です。

WR ジャレン・リーガー(Jalen Reagor)#18

f:id:kazumax78:20210817175144p:plain

2020 / 1巡 / 21位 / TCU
俊足WRで、カットバックも巧み。2020年にはパッカーズ戦でパントリターンで73ydsのタッチダウンを決めてますね。一発爆発のあるレシーバーです。

 

WR グレッグ・ワード(Greg ward)#84

f:id:kazumax78:20210817175259p:plain

2017 / ドラフト外 / ヒューストン大学
年間400ydsくらいの記録を出してます。写真は大学時代のもの。

RBマイルズ・サンダース(Miles Sanders)#24

f:id:kazumax78:20190619173855j:plain
2019/ 2 / 53 / ペンステート大学
エースRBアジャイーが、ACL断裂のため離脱している。イーグルスはドラフトでサンダース、トレードでハワードの二人のRBを確保しました。サンダースは名門ペンステート出身。NYGのサクオン・バークレーの後輩チームメイトだったので、色々と薫陶を受けてそうです。

RBケリオン・ジョンソン(Kerryon Johnson)#33

f:id:kazumax78:20210817184642p:plain

2018 / 2巡 / 43位 / オーバーン大学
ライオンズのリーディングラッシャーだった選手が、2021年からイーグルスに移籍。垂直飛びで1mを超える跳躍力をもってる全身バネみたいな素材。

 

RB ジョーダン・ハワード(Jordan Howard) / $2.6M 

f:id:kazumax78:20210817184732p:plain

2016 / 5 / 150 / インディアナ大学
ベアーズのRBとして活躍してきた人材です。2019年から移籍が決定。契約金額はずいぶん低い。かなりタフな使われ方をするでしょう。ゲームスティックみたいにクイックに動きまわり、好プレーを連発。ベアーズ時代はトップクラスのラッシング記録をもってました。 

 

 

【スポンサーリンク】

 

ディフェンスチーム

f:id:kazumax78:20210817185130p:plain

DCはジョナサン・ガノン(Jonathan Gannon)さん。彼もHCが連れてきたコーチ。2018年から3年間コルツで働いてきた人です。1983年生まれのアラフォー世代。ラムズ時代はコーチでなく、スカウトとしての経験もあり、人を見る目はたしかなようです。

DE ブランドン・グラハム(Brandon Graham)#55

f:id:kazumax78:20210817175913p:plain

2010/ 1巡 / 13位 / ミシガン大学
イーグルスのDLでコックスと並んで、最もケアする必要のある選手。どこのチームも「グラハム&コックス」対策で頭を悩ましている。それほどD#での重要人物。彼が怪我でもしたらDLはガタンと落ち込む。

DT ジェイボン・ハーグレイブ(Javon Hargrave)#97

f:id:kazumax78:20210817182229p:plain

2016 / 3巡 / 89位 / サウス・カロライナ州立大学

DT フレッチャー・コックス (Fletcher Cox)/ $102M

f:id:kazumax78:20210817175815p:plain

2012/ 1巡 / 12位 / ミシシッピ州立大学
イーグルスの看板選手です。風貌も実力もかなりのベテラン。今期8年目。6年契約を結んでるリーグでも有数のDT。契約金額、実力ともにリーグの中でも5本指に入るお人。DTという中の方のポジションにいるけど、ラムズのアーロン・ドナルド同様に厳しくQBにプレッシャーをかけてくる。

DE デレック・バーネット(Derek Barnett)#96

f:id:kazumax78:20210817182319p:plain

2017 / 1巡 / 14位 / テネシー大学
イーグルスDLの若きスター選手。未だルーキー契約なので金額はそれほど大きくないが、今期の活躍しだいでは爆発する可能性あり。しかし18年シーズンは怪我のため10試合も欠場している。1巡選手のわりにはパフォーマンスが低い

 

 

DE ライアン・ケリガン(Ryan Kerrigan)#91

f:id:kazumax78:20210817182404p:plain

2011 / 1巡 / 16位 / パルデュー大学
タックルやサックを決めたあとのセレブレーション、マッスルポーズが有名ですよね。妹さんも兄ライアンのマネをしています。2021年にレッドスキンズからイーグルスに移籍が決定です。

LB アレックス・シングルトン(Alex Singleton)#49

f:id:kazumax78:20210817182513p:plain

2019 / ドラフト外 / モンタナ州立大学

LB エリック・ウィルソン(Eric Wilson)#50

f:id:kazumax78:20210817182706p:plain

2017年 / ドラフト外 / シンシナティ大学
バイキングス歴は結構長い。毎シーズン16ゲーム登録されてて、19シーズンは6ゲームスターターとして出場してきた。2020年を最後にイーグルスに移籍が決定。

 

LB ジェナード・アベリー(Genard Avery)#58

f:id:kazumax78:20210817182807p:plain

2018/ 5巡 / 150位 / メンフィス大学
ブラウンズからデビューしたけど、2年も持たずに移籍が決定。イーグルスへは2019年からです。

CB ダリウス・スライ(Darius Slay)#2

f:id:kazumax78:20210817182931p:plain

2013 / 2巡 / 36位 / ミシシッピ州立大学(アイタワンバ短大から転校)
ライオンズの名CB として活躍してきた選手。2020年からイーグルスへ移籍です。2017年にはオールプロに。プロボウルには3年連続で選ばれてる名選手です。

CB スティーブン・ネルソン(Steven Nelson)#3

f:id:kazumax78:20210817183031p:plain

2015 / 3巡 / 98位 / オレゴン州立大学
チーフスでデビューして4年。その後スティーラーズで2年。イーグルスには2021年から。

SS ロッドニー・マクレッド(Rodney McLeod)#23

f:id:kazumax78:20210817183122p:plain

2012 /  ドラフト外 / バージニア大学
ドラフトで名前は呼ばれないまでも高額契約をもっているセーフティ。彼のデビューはセントルイス・ラムズ。2016年からイーグルスと契約。スーパーボウルにも出場している。マルコム・ジェンキンズと二人でD#のディープゾーンを担当。

FS アンソニー・ハリス(Anthony Harris)#28

f:id:kazumax78:20210817183232p:plain

2015 / ドラフト外 / UVA
指名されなかったけど、バイキングスでデビュー。6年を経て2021年からイーグルスへ。あまり有名な選手じゃないなー。

 

 

 

 

 

 

DB アヴォンテ・マドックス(Avonte Maddox)#29

f:id:kazumax78:20210817183318p:plain

2018 / 4巡 / 125位 / ピッツバーグ大学
昨年がデビュー年、9試合も出場。パスディフェンスも4回残しており、チームへの貢献度も高い。これからも多用されるであろうCBです。リターナーとしての出番もあります。

 

 

【スポンサーリンク】

 

こちらの記事もオススメ

www.nfl-32.com