NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

NFLチーム紹介【4】緑の癒やし戦士たち。NYJETS。

f:id:kazumax78:20181020012149p:plain

最初はさして興味のなかったチームなんですが、NFLをずっと見ていると、無性に応援したくなるチーム。それがNYジェッツです。しかし!弱い印象が強いですね

 

フランチャイズがあるのは、ニューヨーク。大都会に似合わないちょっと弱いチーム。もう一つ、NYジャイアンツというチームもあって、人気を二分しています。ジャイアンツがスーパーボウル優勝しているし、チームとしての歴史も深いので、ファンが多いと思いがちですが、JETSもしっかり人気ものです。

 

JETSについては、「JETS狂の宴」さんが相当掘り下げて書いておられますので、いつも参考にさせてもらっております。

jets94.com

さてさて、どんなチームなんでしょうか。

 

【スポンサーリンク】

 

ニューヨーク州の紹介

f:id:kazumax78:20200728184233p:plain

本当はこちら、かなりしっかりやりたいのですが、別のNYジャイアンツの紹介のほうで書いてます。よかったら、別記事になりますが、御覧ください。

www.nfl-32.com

 

地区優勝4回のチーム戦績 

f:id:kazumax78:20181020012409j:plain

チーム創設1960年、NFL加盟したのが1970年。以来47年目を迎えるわけだが、なんと地区優勝したのはたったの4回だけ。同じ地区にいるのが、常勝軍団ペイトリオッツ、無敵監督ドン・シュラがいたマイアミ・ドルフィンズ、そしてSB4連続出場を果たしたバッファロー・ビルズ、と強敵ばかりです。JETSは出れば負けるのオンパレード。かと思いきや、なかなかいい試合もしてるみたいですね。

ホームスタジアムは、メッツライフスタジアム

f:id:kazumax78:20110923155155j:plain

かつては、ジャイアンツスタジアムという名前でした。JETSのホームなのに、なぜかスタジアムの名前はもうひとりのホームチームであるジャイアンツになっていたので、JETSファンはいつも寂しい思いをしていたのですね。

 

f:id:kazumax78:20170502160049j:plain

左が建築中のメット・ライフ・スタジアム、右がジャイアンツスタジアム、映画「地球が静止する日」で見事に崩落していたのがジャイアンツスタジアムですね。

ジェッツ名物「JETSチャント」

f:id:kazumax78:20191129164045g:plain

「ジェイ!イー!ティー!エス!ジェッツ!ジェッツ!ジェッツ!」という、JETSの名物応援歌。みんなが声を合わせて、このチャントを唄うので、会場は大盛りあがり。

f:id:kazumax78:20191129164057j:plain

このチャントをリードするのが、名物ファンのファイヤーマン・エド(Fireman Ed)。本名はエド・アンザローネといい消防士さんだそうです。JETSチャントが始まるときに、しっかりカメラで追えるように、テレビ局はエドの位置を常に把握してるほどです。

www.youtube.com

そんな彼も、一時はJETSの不甲斐なさに、ファンをやめるとまで公言していたそうです。紆余曲折ありましたが、2019年シーズンからめでたく、JETSチャントのリードコーラーに復帰しています。

 

NYJETSはそんな感じで地元に大変愛されてるチームなのです。

 

【スポンサーリンク】

 

NYジェッツか、NYジャイアンツか。どちらがお好き?

f:id:kazumax78:20200728184449p:plain

ややこしいことに、ニューヨーク市に2つのNFLチームがあるわけです。さてさて、この二つ、ファンはどのチームを応援するか、どのように決定するのでしょうか。それは世代的なものなのか。それとも地理的な要員が影響するのでしょうか?

 

f:id:kazumax78:20200728191752p:plain

これ、ニューヨークの一部となるロングアイランド島です。この根っこの部分であるクイーンズというエリアでスタジアムを使ってました。そのため、NYジェッツのファンは一番人口が集中している南部エリアはJETSファンが多いという傾向があります。

かたや、ジャイアンツは北部地域にあるヤンキースタジアムを使ってきた過去があります。そのため北西部エリアにファンが多い傾向があります。こちらは南部に比較すると人口密度がまだ低いほうです。非常に乱暴なことですが、JETSファンのほうが、ジャイアンツファンより2倍多いという統計があるようです。

 

f:id:kazumax78:20200728190925j:plain

本拠地は現在メットライフスタジアムと呼びますが、古くはジャイアンツスタジアムといいました。昔JETSが試合するときは、「ジャイアンツスタジアムで開催」と呼ぶことなく、この地名の「メドウランドで開催」と言われていたほどです。

f:id:kazumax78:20200728191145j:plain

勝利数で比較すると、ジャイアンツのほうが上です。JETSは1968年にスーパーボウルを一度優勝している経験があります。QBジョー・ネイマスがいた時代です。しかし、ジャイアンツはスーパーボウル優勝3回(スーパーボウル以前は4回チャンピオン)です。

 

 

 

f:id:kazumax78:20200728192349j:plain

歴史はジャイアンツのほうが古いです。JETSの創設はAFL創設運動の1960年です。当時はニューヨーク・タイタンズという名前でスタートしていたのが、JETSと名前が変わりました。かたやジャイアンツは1925年からチームがあります。この40年近くの歴史の差は結構でかいですよね。

 

f:id:kazumax78:20121028112755j:plain

JETSのオーナーシップはあまり安定してないです。初代はハリー・ウィズマー、2代目はウェブリン共同企業体、3代目はレオン・ヘス、そして現在4代目はウッディ・ジョンソン。また彼も次のクリストファー・ジョンソンに徐々にオーナーシップを売却しています。

 

f:id:kazumax78:20200728193720j:plain

ジャイアンツのオーナーは代々一族で受け継がれてます。創業者のティム、2代目のウェリントン、そして現在のジョン・マーラーへと親子三代、しかもおよそ100年続いてるので、なんだか名門っぽい感じがしますよね。

 

と、まぁ同じNYのチームですが、ちょっと感じが違うってのだけわかってください。

詳しくはまた、ジャイアンツのチーム紹介を御覧ください。

www.nfl-32.com

それでは、お次は、選手の紹介にいきましょう。 

 

 

【スポンサーリンク】

 

O#チーム主要選手

 

  STARTER 2ND
QB Zach Wilson (R) James Morgan
RB Tevin Coleman Ty Johnson
WR Corey Davis Elijah Moore (R)
WR Denzel Mims Keelan Cole
WR Jamison Crowder Braxton Berrios
TE Chris Herndon Ryan Griffin
LT Mekhi Becton Chuma Edoga
LG Alijah Vera-Tucker (R) Alex Lewis
C Connor McGovern Jimmy Murray
RG Greg Van Roten Dan Feeney
RT George Fant Chuma Edoga

ジェッツは2021年のドラフトで、QBを完全に入れ替えました。念願のフランチャイズQB獲得ということで、チーム構成が大きく変わりましたね。その辺り調べてみましょう。

 

QB ザック・ウィルソン(Zach Wilson)#2

f:id:kazumax78:20210518194752p:plain

2021 / 1巡 / 2位 / ブリガム・ヤング大学
甘いマスクのイケメンQB。ですが身長は190cmとかなり体格もよく、プレイも完成度が高い。腰の位置が変わらず、ボール離れが速い。これからどんな選手に成長していくのか、すごく楽しみですね。

 

RB ラミカル・ペリン(La'Mical Perine)#22

f:id:kazumax78:20210518200947p:plain

2020 / 4巡 / 120位 / フロリダ大学
オレンジボウルのMVPとしてドラフトにエントリー。ガッツリぶつかってきて、セカンドエフォートが強烈なガッツがある選手。技術ももちろん高いけど、体を張った泥臭い感じのプレイがアメフトっぽい。

WR イライジャ・ムーア #8

f:id:kazumax78:20210518201451p:plain

2021 /  2巡 / 34位 / ミシシッピ大学
オールミスのエースレシーバーとしてドラフト。ジェッツはレシーバーがあまり豊富じゃなかったんですね。このひと、身長が178cmとプロの中ではけっこう低い。それでも彼の身体能力は異常値。

 

WR コーリー・デイビス(Corey Davis)#84

f:id:kazumax78:20210518204123p:plain

2017年 / 1巡 / 5位 / ウェスタン・ミシガン大学
昨年のタイタンズでの成績は、キャリアハイとなる945ydsを記録。2021年からジェッツに移籍し、新人のムーアと一緒に戦います。

TE クリストファー・ハーンドン(Christopher Herndon)#89

「Christopher Herndon jets」の画像検索結果
2018 / 4巡 / 107位 / マイアミ大学
デビュー初年度はパス成功率70%近くあり、502ydsも走ってくれた。まずまずの滑り出しだったのに、交通事故の際に飲酒して暴力沙汰を起こしたということで、リーグから4試合の出場停止命令をくらう。

11月にようやく復帰した途端、重症の怪我を負いIR入してシーズンエンド。結局2年目は腐ってました。心身のバランスを整えて、うまくセルフコントロールできると素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれると思います。

TE ライアン・グリフィン(Ryan Griffin)#84

f:id:kazumax78:20200326144706p:plain
2013 / 6巡/ 201位/ コネチカット大学
 テキサンズのTEとして6年間活躍してきた選手。イメージはもうテキサンズ。2019年にJETSに移籍してきまして、3年$10Mの契約を交わしました。それにしてもTEって安いよねぇ。

 昨年は282ydsしかキャッチしてませんが、5つもタッチダウンをあげていて、レッドゾーンで活躍するポゼッションレシーバー。身長198cmもあるので、相手をなぎ倒しながらボールをキャッチしてくれるゴリラ的存在です。

LTメッキー・ベクトン(Mekhi Becton)#77

f:id:kazumax78:20210518202344p:plain

2020年 / 1巡 / 11位 / ルイビル大学
ルイビル大学からは、2020年唯一ドラフトされた選手。201cm、体重165kgと超がつく巨漢。こんなでかくても、しっかりサイドへのカバーができるあたり、本当NFLって怪物ばかりです。それでもやはりスピードはあるほうでは有りません。彼の魅力はやはりデカさですね。

LG イライジャ・ベラタッカー

f:id:kazumax78:20210518202538p:plain

2021年 / 1巡 / 14位 / USC
名門南カリフォルニア大学トロージャンズ出身のベラタッカー。堂々の1巡指名でジェッツ入です。間違いなく初年度ルーキーからスターターとして活躍するでしょう。O#は今回のドラフトでかなり若返りました。

C コナー・マクガバン(Connor McGovern)#00

「jets conner mcgovern」の画像検索結果
2016/ 5巡 / 144位 / ミズーリ大学
ブロンコスで4年を経て、5年目に移籍が決定。JETSとは、3年$27Mとセンターではかなり優秀なほうの契約を結んでます。マクガバン家は、ノースダコタ州最大の都市ファーゴでは有名な金持ち一家。彼の従兄弟もNFLプレイヤー(現在FA中のQB)、父親は企業の社長をしています。現役引退後はきっとビジネスマンとして辣腕を振るうのでしょう。

RG アレックス・ルイス(Alex Lewis)#71

f:id:kazumax78:20200326144352p:plain
2016 / 4巡 / 130位 / ネブラスカ大学
デビューはレイブンズ。2019年からJETSに移籍。1年間の契約が残ってましたが、2020年の7巡指名権とトレードされました。7巡っていうと大したこと無いやんという印象ですが、そもそもドラフトで指名されることはかなりのことですからね。2020年3年$18.6Mで契約更新に成功。 

RT チュマ・エドガー(Chuma Edoga)#75

f:id:kazumax78:20210518195630j:plain

2019 / 3巡 / 92位 / USC
エドガーが一番若手のオフェンスラインです。昨年デビューしたばかりで、契約金額も4年$3.57Mと破格の安さ。年収1億円と8億円じゃまるで違いますよね。彼のルーツはナイジェリア。QBのサム・ダーノルドとは大学時代のチームメイトですから、性格的にもフィットしてくれそうな印象があります。USC時代もRTをしていました。練習に励んでLTに昇格してほしいですね。

RTジョージ・ファント(George fant)#00

f:id:kazumax78:20200326144048p:plain
2016 / undraft / ウェスタン・ケンタッキー大学
シーホークスでデビューして、ずっとQBラッセル・ウィルソンを守ってきたタックルの選手。2020年からJETSに移籍。西海岸の端っこから、東海岸の端っこまでの大移動。これは私生活ともにハードな変化だね。契約金額は3年$27.3M。タックルだったら平均より下くらいですね。

134kgの体格ながら、40ydsを4.84sで走るという俊足の怪物。ひょっとしてTEさせても十分仕事できるんじゃないかな。それでもドラフトでは名前呼ばれないんだから、NFLは本当厳しい世界ですね。大学時代のバスケット選手と結婚して、二人の息子に恵まれたパパでもあります。

 

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】

 

D#主要選手

  STARTER 2ND
LDE Carl Lawson Kyle Phillips
LDT Sheldon Rankins Folorunso Fatukasi
RDT  Quinnen Williams Q John Franklin-Myers
RDE Vinny Curry Bryce Huff
WLB Blake Cashman Sharif Finch
MLB C.J. Mosley -
SLB Jarrad Davis Noah Dawkins
LCB Bless Austin Corey Ballentine
SS Lamarcus Joyner Ashtyn Davis
FS Marcus Maye Jamien Sherwood
RCB Bryce Hall Jason Pinnock

DT シェルドン・ランキンス(Sheldon RAnkins)#98

f:id:kazumax78:20210518212820p:plain

2016年 / 1巡 / 12位 / ルイビル大学
OTのメッキー・ベクトンの同窓の先輩にあたるランキンス。デビュー以来セインツでしたが、5年目を終え6年目にジェッツに移籍が決定。

DE ヴィニー・カリー(Vinny Curry)#75

f:id:kazumax78:20210518213056j:plain

2012 / 2巡 / 59位 / マーシャル大学
イーグルスのDLとして、スーパーボウルを優勝した経験があります。9年目となる年。2021年ジェッツで契約だけど、これからはどうかな。ぼちぼちって感じか。

DT クインネン・ウィリアムス(Quinnen Williams)#95

f:id:kazumax78:20200326155343p:plain
2019/ 1巡 / 3位 / アラバマ大学
まだデビューしてまもないルーキー。しかしながらさすが1巡3位の存在感。137kgという体格ながら40ydsを4.83sとアジリティも高い。だけどなぜか飛行機に拳銃を持ち込むなど、大馬鹿なことをしており、常識のレベルだけど大丈夫かよ?という話もある。

 

 

 

ILB C.J.モズリー(C.J.Mosley)#52

f:id:kazumax78:20200326160730j:plain
2014/ 1巡 / 17位 / アラバマ大
5年のキャリアでほぼ全ての4回プロボウルに選ばれてるスターラインバッカー。14-18年レイブンズの主力選手として活躍。2019年にFAとしてNYジェッツが獲得しました。

2019年シーズンは怪我のために2試合しか出場してなくて、彼が本格的に観れるのは2020年シーズンからですね。楽しみです。

ILBブレイク・キャシュマン(Blake Cashman)#53

f:id:kazumax78:20200326155445p:plain
2019 / 5巡 / 157位 / ミネソタ大学
エントリー契約中の若手LB、19シーズンは7試合のみ登録。タックルは40本。怪我をして11月1日にIR入りして、シーズンエンド。2020年から本格的に始動するような選手ですね。

SLB ジャラド・デイヴィス(Jarrad Davis)#40

f:id:kazumax78:20210518225535j:plain

2017 / 1巡 / 21位 / フロリダ大学
デビュー以来ライオンズだった選手。5年目オプションが行使されず、ジェッツに移籍が決定。4年間でファンブルフォース7回、タックル303回となかなかの数字。かなり広いゾーンを担当できる存在。モズリーと連動して、D#の要となるでしょう。

 

 

 

FS マーカス・メイン(Marcus Maye)#20

f:id:kazumax78:20200326155800p:plain
2017 / 2巡 / 39位 / フロリダ大学
JETSの奥深い懐を一手に請け負う仕事人です。JETSで3年、合計178タックルをあげ、昨年ではパスD#7回とかなり積極的な動きもしはじめました。ストロング・セーフティのジャマール・アダムスと合わせて、彼の動きに注目するとJETSD#は実に面白いと思います。

【スポンサーリンク】

 

こちらの記事もオススメ

www.nfl-32.com