NFL超入門!~世界最強のスポーツリーグ~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

NFLチーム紹介【4】緑の癒やし戦士たち。NYJETS。

f:id:kazumax78:20181020012149p:plain

最初はさして興味のなかったチームなんですが、NFLをずっと見ていると、無性に応援したくなるチーム。それがNYジェッツです。しかし!弱い印象が強いですね

 

フランチャイズがあるのは、ニューヨーク。大都会に似合わないちょっと弱いチーム。もう一つ、NYジャイアンツというチームもあって、人気を二分しています。ジャイアンツがスーパーボウル優勝しているし、チームとしての歴史も深いので、ファンが多いと思いがちですが、JETSもしっかり人気ものです。

 

JETSについては、「JETS狂の宴」さんが相当掘り下げて書いておられますので、いつも参考にさせてもらっております。

jets94.com

さてさて、どんなチームなんでしょうか。

 

【スポンサーリンク】

 

ニューヨーク州の紹介

f:id:kazumax78:20200728184233p:plain

本当はこちら、かなりしっかりやりたいのですが、別のNYジャイアンツの紹介のほうで書いてます。よかったら、別記事になりますが、御覧ください。

www.nfl-32.com

 

地区優勝4回のチーム戦績 

f:id:kazumax78:20181020012409j:plain

チーム創設1960年、NFL加盟したのが1970年。以来47年目を迎えるわけだが、なんと地区優勝したのはたったの4回だけ。同じ地区にいるのが、常勝軍団ペイトリオッツ、無敵監督ドン・シュラがいたマイアミ・ドルフィンズ、そしてSB4連続出場を果たしたバッファロー・ビルズ、と強敵ばかりです。JETSは出れば負けるのオンパレード。かと思いきや、なかなかいい試合もしてるみたいですね。

ホームスタジアムは、メッツライフスタジアム

f:id:kazumax78:20110923155155j:plain

かつては、ジャイアンツスタジアムという名前でした。JETSのホームなのに、なぜかスタジアムの名前はもうひとりのホームチームであるジャイアンツになっていたので、JETSファンはいつも寂しい思いをしていたのですね。

 

f:id:kazumax78:20170502160049j:plain

左が建築中のメット・ライフ・スタジアム、右がジャイアンツスタジアム、映画「地球が静止する日」で見事に崩落していたのがジャイアンツスタジアムですね。

ジェッツ名物「JETSチャント」

f:id:kazumax78:20191129164045g:plain

「ジェイ!イー!ティー!エス!ジェッツ!ジェッツ!ジェッツ!」という、JETSの名物応援歌。みんなが声を合わせて、このチャントを唄うので、会場は大盛りあがり。

f:id:kazumax78:20191129164057j:plain

このチャントをリードするのが、名物ファンのファイヤーマン・エド(Fireman Ed)。本名はエド・アンザローネといい消防士さんだそうです。JETSチャントが始まるときに、しっかりカメラで追えるように、テレビ局はエドの位置を常に把握してるほどです。

www.youtube.com

そんな彼も、一時はJETSの不甲斐なさに、ファンをやめるとまで公言していたそうです。紆余曲折ありましたが、2019年シーズンからめでたく、JETSチャントのリードコーラーに復帰しています。

 

NYJETSはそんな感じで地元に大変愛されてるチームなのです。

 

【スポンサーリンク】

 

NYジェッツか、NYジャイアンツか。どちらがお好き?

f:id:kazumax78:20200728184449p:plain

ややこしいことに、ニューヨーク市に2つのNFLチームがあるわけです。さてさて、この二つ、ファンはどのチームを応援するか、どのように決定するのでしょうか。それは世代的なものなのか。それとも地理的な要員が影響するのでしょうか?

 

f:id:kazumax78:20200728191752p:plain

これ、ニューヨークの一部となるロングアイランド島です。この根っこの部分であるクイーンズというエリアでスタジアムを使ってました。そのため、NYジェッツのファンは一番人口が集中している南部エリアはJETSファンが多いという傾向があります。

かたや、ジャイアンツは北部地域にあるヤンキースタジアムを使ってきた過去があります。そのため北西部エリアにファンが多い傾向があります。こちらは南部に比較すると人口密度がまだ低いほうです。非常に乱暴なことですが、JETSファンのほうが、ジャイアンツファンより2倍多いという統計があるようです。

 

f:id:kazumax78:20200728190925j:plain

本拠地は現在メットライフスタジアムと呼びますが、古くはジャイアンツスタジアムといいました。昔JETSが試合するときは、「ジャイアンツスタジアムで開催」と呼ぶことなく、この地名の「メドウランドで開催」と言われていたほどです。

f:id:kazumax78:20200728191145j:plain

勝利数で比較すると、ジャイアンツのほうが上です。JETSは1968年にスーパーボウルを一度優勝している経験があります。QBジョー・ネイマスがいた時代です。しかし、ジャイアンツはスーパーボウル優勝3回(スーパーボウル以前は4回チャンピオン)です。

 

 

 

f:id:kazumax78:20200728192349j:plain

歴史はジャイアンツのほうが古いです。JETSの創設はAFL創設運動の1960年です。当時はニューヨーク・タイタンズという名前でスタートしていたのが、JETSと名前が変わりました。かたやジャイアンツは1925年からチームがあります。この40年近くの歴史の差は結構でかいですよね。

 

f:id:kazumax78:20121028112755j:plain

JETSのオーナーシップはあまり安定してないです。初代はハリー・ウィズマー、2代目はウェブリン共同企業体、3代目はレオン・ヘス、そして現在4代目はウッディ・ジョンソン。また彼も次のクリストファー・ジョンソンに徐々にオーナーシップを売却しています。

 

f:id:kazumax78:20200728193720j:plain

ジャイアンツのオーナーは代々一族で受け継がれてます。創業者のティム、2代目のウェリントン、そして現在のジョン・マーラーへと親子三代、しかもおよそ100年続いてるので、なんだか名門っぽい感じがしますよね。

 

と、まぁ同じNYのチームですが、ちょっと感じが違うってのだけわかってください。

詳しくはまた、ジャイアンツのチーム紹介を御覧ください。

www.nfl-32.com

それでは、お次は、選手の紹介にいきましょう。 

 

 

【スポンサーリンク】

 

オフェンスチーム

f:id:kazumax78:20210803144507j:plain

JETSのOCをするのが、マイク・ラフルール。1987年生まれの若手です。パッカーズのHCラフルールの弟になります。新HCロバート・サレーが引っ張ってきた若手人材です。彼のメンターはシャナハンHC。ファルコンズ時代から数えて、6年間の師弟関係です。49ersではパッシングゲームをマネージしてきてます。

ジェッツは2021年のドラフトで、QBを完全に入れ替えました。念願のフランチャイズQB獲得ということで、チーム構成が大きく変わりましたね。その辺りを軸に御覧ください。

QB ザック・ウィルソン(Zach Wilson)#2

f:id:kazumax78:20210518194752p:plain

2021 / 1巡 / 2位 / ブリガム・ヤング大学
甘いマスクのイケメンQB。ですが身長は190cmとかなり体格もよく、プレイも完成度が高い。腰の位置が変わらず、ボール離れが速い。これからどんな選手に成長していくのか、すごく楽しみですね。

f:id:kazumax78:20210803144236j:plain

プレーには本当関係ないんだけど、トム・クルーズみたいなイケメンです。これは女性ファンがつきます。やっぱり白人金髪イケメンQBって、王道ど真ん中。JETSのファンはこれから伸びそうですね。

QB ジョー・フラッコ(Joe Flacco)#19

2008 / 1巡 / 18位 / デラウェア大学

15年目となるベテランQB。過去にはレイブンズのスターターで、スーパーボウル優勝を果たしている。完成度が高い選手であり信頼できるが、スター性にかけるという印象。また年齢も37歳と中年。新QBのウィルソンの指導役を果たしてほしい。

RB ブリース・ホール(Breece Hall)#20

2022 / 2巡 / 36位 / アイオワ州立大学

36位指名だけど、ジェッツが彼を選んだのは4人目。2022年ドラフトでJETSは1巡を3枠ももっていました。ジャイアンツの指名権とトレードアップして、彼を獲得しました。

RB ラミカル・ペリン(La'Mical Perine)#22

2020 / 4巡 / 120位 / フロリダ大学
オレンジボウルのMVPとしてドラフトにエントリー。ガッツリぶつかってきて、セカンドエフォートが強烈なガッツがある選手。技術ももちろん高いけど、体を張った泥臭い感じのプレイがアメフトっぽい。

RB テヴィン・コールマン(Tevin Coleman)#23

2015 / 3巡 / 73位 / インディアナ大学
コールマンはファルコンズからデビューした選手。その後2019-20をサンフランシスコ・49ersで過ごし、スーパーボウル出場も経験しています。ゲームは惜しくも敗北しましたが、彼の存在感は高かったですね。2021は1年だけ$2MでJETSと契約。もう引退しちゃうのかなっていう金額の低さです。

WR イライジャ・ムーア(Elijah Moore)#8

2021 /  2巡 / 34位 / ミシシッピ大学
オールミスのエースレシーバーとしてドラフト。ジェッツはレシーバーがあまり豊富じゃなかったんですね。このひと、身長が178cmとプロの中ではけっこう低い。それでも彼の身体能力は異常値ですね。

WR コーリー・デイビス(Corey Davis)#84

2017年 / 1巡 / 5位 / ウェスタン・ミシガン大学
タイタンズでの成績は、キャリアハイとなる984ydsを記録。もう少しで1,000ydsレシーバーでしたね。2021年からジェッツに移籍し、新人のムーアと一緒に戦います。

WR ギャレット・ウィルソン(Garrett Wilson)#17

2022 / 1巡 / 10位 / オハイオ州立大学

今期ドラフトでジェッツが2番目に獲得した選手。しかもこの10位指名権は、ジャマール・アダムスをシアトルにトレードして獲得したもの。そうまでして欲しかった選手であるので、大きな期待がかけられてる。

TE CJウゾマー(C.J. Uzomah)#87

2015/ 5巡/ 57位/オーバーン大
タイトエンドですが、キャッチ率が70%に到達しない。これはちと不安感がある。少し中距離系のプレイで出番がある。平均獲得ydsは6.5yds。 タイトエンド業界では12番目の契約額。まずまず。

LT ジョージ・ファント(George Fant)#76

2016 / undraft / ウェスタン・ケンタッキー大学
シーホークスでデビューして、ずっとQBラッセル・ウィルソンを守ってきたタックルの選手。2020年からJETSに移籍。134kgの体格ながら、40ydsを4.84sで走るという俊足の怪物。ひょっとしてTEさせても十分仕事できるんじゃないかな。

 

LG レイクン・トムリンソン(Laken Tomlinson)#78

2015年 / 1巡 / 28位 / デューク大学
ジャマイカ生まれでアメリカのシカゴに引っ越してきたレゲエボーイ。デトロイト・ライオンズから1巡指名。しかし3年目となる2017年に49ersに移籍しました。そのトレードの代償が2019年の5巡指名権だったので、ライオンズでは大成しなかった選手とみるべきです。ジェッツには2022年から移籍。良い仕事を期待。

 

C コナー・マクガバン(Connor McGovern)#60

2016/ 5巡 / 144位 / ミズーリ大学
ブロンコスで4年を経て、5年目に移籍が決定。JETSとは、3年$27Mとセンターではかなり優秀なほうの契約を結んでます。マクガバン家は、ノースダコタ州最大の都市ファーゴでは有名な金持ち一家。彼の従兄弟もNFLプレイヤー(現在FA中のQB)、父親は企業の社長をしています。現役引退後はきっとビジネスマンとして辣腕を振るうのでしょう。

RG イライジャ・ベラタッカー(Alijah Vera-Tucker)#75

2021年 / 1巡 / 14位 / USC
名門南カリフォルニア大学トロージャンズ出身のベラタッカー。堂々の1巡指名でジェッツ入です。間違いなく初年度ルーキーからスターターとして活躍するでしょう。O#は今回のドラフトでかなり若返りました。

 

RT メッキー・ベクトン(Mekhi Becton)#77

2020年 / 1巡 / 11位 / ルイビル大学
ルイビル大学からは、2020年唯一ドラフトされた選手。201cm、体重165kgと超がつく巨漢。

f:id:kazumax78:20210803144005j:plain

こんなでかくても、しっかりサイドへのカバーができるあたり、本当NFLって怪物ばかりです。やはりスピードはあるほうでは有りません。彼の魅力はパワーとサイズですね。

OL チュマ・エドガー(Chuma Edoga)#70

2019 / 3巡 / 92位 / USC
エドガーが一番若手のオフェンスラインです。昨年デビューしたばかりで、契約金額も4年$3.57Mと破格の安さ。年収1億円と8億円じゃまるで違いますよね。彼のルーツはナイジェリア。QBのサム・ダーノルドとは大学時代のチームメイトですから、性格的にもフィットしてくれそうな印象があります。USC時代もRTをしていました。練習に励んでLTに昇格してほしいですね。

 

 

【スポンサーリンク】

 

ディフェンスチーム

f:id:kazumax78:20210803145541j:plain

ディフェンスチームのトップ、DCはジェフ・ウルブリヒ(Jeff Ulbrich)。1977年生まれのベテラン。元NFLプレイヤーで、49ersのLBとして10年間プレイしてきてます。引退後はコーチ道を歩み、HCサレーとはファルコンズ時代に同僚として共に働いてます。

 

DE カール・ローソン(Carl Lawson)#58

2017 / 4巡 / 116位 / オーバーン大学

DT シェルドン・ランキンス(Sheldon Rankins)#98

f:id:kazumax78:20210518212820p:plain

2016年 / 1巡 / 12位 / ルイビル大学
オフェンスチームのOLメッキー・ベクトンの同窓先輩にあたるランキンス。デビュー以来セインツでしたが、5年目を終え6年目の2021年にジェッツに移籍が決定。

 

DT クインネン・ウィリアムス(Quinnen Williams)#95 

f:id:kazumax78:20200326155343p:plain
2019/ 1巡 / 3位 / アラバマ大学
まだデビューしてまもないルーキー。しかしながらさすが1巡3位の存在感。137kgという体格ながら40ydsを4.83sとアジリティも高い。だけどなぜか飛行機に拳銃を持ち込むなど、大馬鹿なことをしており、常識のレベルだけど大丈夫かよ?という話もある。

 

DE ジョン・フランクリン・マイヤーズ( John Franklin-Myers)#91

2018 / 4巡 / 135位 / SFオースティン

ラムズからドラフトされた選手です。開幕戦からデビューして初タックル、4週目には初QBサック、スーパーボウルに出場したときはファンブルタックルするなど、大きく活躍しています。

 

LB ハムサー・ナジルディーン( Hamsah Nasirildeen)#45

2021 / 6巡 / 186位 / フロリダ州立大学

 

LB CJモズリー( C.J. Mosley)#57

2014 / 1巡 / 17位 / アラバマ大学

5年のキャリアでほぼ全ての4回プロボウルに選ばれてるスターラインバッカー。もちろんJETSD#のスター選手です。14-18年レイブンズの主力選手として活躍。2019年にFAとしてNYジェッツが獲得しました。

SLB クインシー・ウィリアムス( Quincy Williams)#56

2019 / 3巡 / 98位 / マレー州立大学

DTのクインネン・ウィリアムスは実の弟。前線と中盤を兄弟で担当するっていう、なんともドラマチックなD#チームです。

LBのウィリアムス兄は、ジャガーズから指名を受けました。そして弟が指名されたJETSに移籍。二人を見守るお母さんもドキドキハラハラですね。ちなみにご出身は、南部のアラバマ州バーミンガム。

 

CB ソース・ガードナー( Sauce Gardner)#1

2022 / 1巡 / 4位 / シンシナティ大学

今年のドラフトでとにかく大注目だった選手。コーナーバック業界のスターになりそうな予感がバリバリします。2020decadeの中心人物だと思いますね。NYジェッツはこれでまた強くなります。

 

CB DJリード( D.J. Reed)#4

2018 / 5巡 / 142位 / カンサス州立大学

49ers、シーホークスを経てのJETSに。ガードナーとリードの二人組がCBのリーダーになるでしょう。二人共まだチーム歴1年目ということで、少々不安がありますね。どうなることやら。

 

SS ラマーカス・ジョイナー( Lamarcus Joyner)#29

2014年 / 2巡 / 41位 / FSU
この人はもともとラムズのCBでした。4年経過した後の2018年もフランチャイズタグを獲得で1年だけ残留。Week11のチーフス戦で見事インターセプトを記録し勝利。その勢いのままスーパーボウルにでましたね。2019-2020はレイダースに移籍しており、あまり目立ったスタッツはなかったように見えます。2021年JETSへ移籍してます。

 

FS ジョーダン・ホワイトヘッド( Jordan Whitehead)#6

2018 / 4巡 / 117位 / ピッツバーグ大学

あまいマスクをしたイケメンセーフティ。バッカニアーズでスーパーボウル優勝を経験している選手です。世間の評価では、昔JETSにいた名選手ダレル・リービスに匹敵するほど能力があると言われてます。リービスについてはコチラ。

KCチーフス、CBダレル・リーヴィスをカット

NFL名選手たち【DB編】 

【2010年代最強軍団】All Decade 2010-D#チーム編 

DE ヴィニー・カリー(Vinny Curry)#75

f:id:kazumax78:20210518213056j:plain

2012 / 2巡 / 59位 / マーシャル大学
イーグルスのDLとして、スーパーボウルを優勝した経験があります。10年目となる年。契約は1年だけ。しかも$1Mなので、もう引退だろうな。

 

CB ブライス・ホール(Bryce Hall)#37

f:id:kazumax78:20210803151626j:plain

2020 / 5巡 / 158位 / バージニア大学

有名パリピ系YouTuberで同姓同名がいますが、全く関係ございません笑。ペンシルバニア州ハリスバーグ出身。大学はバージニア大学です。デビュー年からインターセプトを一つ獲得。なかなか期待したい人です。

SS アスティン・ダイヴィス(Ashtyn Davis)#21

f:id:kazumax78:20210803151615j:plain

2020 / 3巡 / 68位 / カリフォルニア大学
セーフティであり、かつスペシャルチームのリターナーでもある選手。生まれも育ちもカリフォルニアの西海岸のリア充男。

f:id:kazumax78:20210803151618j:plain

大学時代はハードル競技をしてました。やっぱりNFLに行く人は何やらしてもすごいわ。ハードルのように敵のタックルを飛び越えていくのでしょう。

CB ジャブリン・グイドリー(Javelin Guidry)#40

f:id:kazumax78:20210803151559j:plain

2020 / ドラフト外 / ユタ大学
40ydsダッシュが4.29秒と鬼のような俊足。運動能力の高さだけなら、十分ドラフトにかかっていただろうと思います。

 

LB ノウ・アレキサンダー(Know Alexander)#58

f:id:kazumax78:20210807151343j:plain

2015 / 4巡 / 124位 / LSU
アラバマ州オックスフォードの出身。185cm103kg、40ydsを4.55sで動く敏捷性。バッカニアーズからデビューしてて、2年目には108回タックルあげてます。そこから徐々に出場回数も減ってってます。2020年セインツに、2022年JETSへ。

【スポンサーリンク】

 

こちらの記事もオススメ

www.nfl-32.com