NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

スタッツで歴代QBをざっくり比較してみたよ。

f:id:kazumax78:20190302150019p:plain

NFLでは「スタッツ(Stats)」という記録が評価の指標になります。ランでどれだけ走ったか、パスどれだけ受けたかなどです。

QBだとやはりパス記録が一番注視されます。キャリアでパスyds、1年でのパスyds、1試合での平均パスyds、TD回数、1試合でのTD回数など、ありとあらゆる切り口でもって因数分解されます。こういう理系な考え方が合理主義のアメフトは大好きなのです

さて、今回はそんなスタッツからQBを切り取ってみたいと思います。ただし、時代が変わればルールも変わります。最近はQBに有利なルールが多くみられる兆候がありますので、単純に比較するのもフェアではないかなーとは思います。ともあれ、NFLが日本でもっと浸透しますように。

 

 

シングルシーズン最多パスはペイトン・マニングだけど・・・

f:id:kazumax78:20190302151010p:plain

これは1年間の記録を比較したものです。ペイトン・マニングが2013年に5,477ydsのパスを成功させており、これが歴代最高記録となっています。

f:id:kazumax78:20190302152705p:plain

でもね、このグラフをみてください。これ公式サイトの数字をもとに僕がエクセルで作った歴代トップ10QBのグラフですけど、

ブリーズ本当にやばかった

f:id:kazumax78:20190302151105p:plain

2位ドリュー・ブリーズの差はたった1yds。だけじゃなくって4位5位6位も10位もブリーズ。なんとトップ10のうち半分はドリュー・ブリーズが記録を出してるってことです。普通ありえないでしょ。身長がたったの180㎝しかないQBなのにです。本当に恐ろしい才能と精度ですね。あんな、むちゃくちゃ投げてたと思ってたチーフスのパトリック・マホームズよりも、ずっとたくさん投げてます。こりゃブリーズ本当にヤバイ

 

キャリアパスydsをからも切り取ってみる

f:id:kazumax78:20190302155558p:plain

こちらがちょっと見にくいかも知れないですが、現役生活全体を通して、投げたパス獲得yds数の合計です。2018年にマニングの記録を抜いてブリーズは歴代トップになってます。やっぱりブリーズすごい。

1試合あたりのパスはどうか?

f:id:kazumax78:20190302162431p:plain

こちらは1試合あたりに成功させたパスの総長。これはまぁ、当然ですがブリーズが最長、やっぱりブリーズすごいあと、ここに名前があがってくるのが、ファルコンズのQBマット・ライアンと、パッカーズのQBアーロン・ロジャーズ。

1試合あたりのタッチダウン数は?

f:id:kazumax78:20190302163207p:plain

こっちはタッチダウンの記録です。ブリーズは堂々の3位。やっぱりブリーズすごい。1位はQBアーロン・ロジャーズですね。ブレイディのようにショートパスで攻めて行って、最後ランで仕留めるようなタイプのQBもいるし、ロジャーズのように中距離からいきなり得点するタイプもいます。これは狩りの仕方の違いのようなもので、どちらが良いQBか?といわれると、難しいものです。

 

 

まとめ

f:id:kazumax78:20190302164423p:plain

パスの精度でいうとブリーズ天下一品だと言えますね。さすが40歳になっても現役引退せず、それどころかまだまだSBを狙いに行けるQBです。トム・ブレイディにばかり優勝リングが行っとるわけですが、来年こそは、ドリュー・ブリーズ、もしくはアーロン・ロジャーズあたりにチャンスをあげたって欲しい!ギリギリでいつも勝てないんだよね~~~頑張れ~~