NFL超入門!~世界最強のスポーツリーグ~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

Week1 立ち上がりが良かったQB 悪かったQBを調べてみる。

f:id:kazumax78:20200916235513j:plain

さて、Week1が終わったわけですが・・・。

バッカニアーズにケミストリーを起こしてくれると、期待していたQB トム・ブレイディはイマイチな仕事だったように思います。

 

対してよかったのが、アーロン・ロジャーズ、ラッセル・ウィルソン、ドリュー・ブリーズなど。今回の記事では、どれくらいの差があったのかを、QBスタッツで比較してみます。

分析といえるほどのレベルでないので、そのつもりで読んでくれるとありがたいです。

NFLが日本でもっと浸透しますように。

[スポンサーサイト]

 

 

最もパスを投げたQBとパスが少なかったQB

f:id:kazumax78:20200915144346j:plain

最も多かったのは、54回パスを投げた、マット・ライアン。パス成功率では65.4%とランク11位。まずまずの成功率で450yds獲得でRank1位。だいぶ投げた割にインターセプトは1回だけと、そんなに悪くなかった。だけども勝てなかった。QBとしてはやはり超一流だと思う。ファルコンズが勝てないのはD#のせいなんだろうか。

 

f:id:kazumax78:20200913134943j:plain

2位はビルズのジョシュ・アレン、46回のパス。RPOが多かったイメージですが、かなり投げてます。パス成功率は71.7%とマット・ライアンよりも上。ランクでいうと10位です。彼はインターセプト0回だったのも良かった。このパスの精度と彼のラン機動力があれば、これからもかなりRPOが決まりそう。

 

f:id:kazumax78:20200917010852j:plain

最もパスが少なかったのが、パッツのQBキャム・ニュートン。なんと19回しか投げてない。この数字だけみても、トム・ブレイディ以後のペイトリオッツは全く違うオフェンスを作っていると言えます。ニュートンのパス成功率は78.9%で、ランク4位。こういう数字を見ると、実はかなり手堅いプレイメイクをしてきているなという印象です。タッチダウンパスは0回ですが、自ら走ってTDを奪ったのが2回。ニュートンらしいですね。

 

[スポンサーサイト]

 

パス成功率の高いQBと、悪かったQB

f:id:kazumax78:20200917021720j:plain

実は成功率1位が、ジャガーズQBガードナー・ミンシュー。成功率95%という驚異の数字です。しかし、彼はあまりパスを投げてません。キャム・ニュートンに次ぐ少なさで、20本しか投げてません。173yds獲得とこれも非常に少ない(Rank30)、しかしレッドゾーンでのTDトライは素晴らしく、3本のTDパスを上げてます(Rank4位)。

 

f:id:kazumax78:20200917021843p:plain

そしてやはりすごかったラッセル・ウィルソン。35回パスをなげて88.6%の成功率で、リーグ2位。TDパスも4本あげてRank2位です。獲得ydsも322ydsとRank4位、ロングパスも上手いし、レッドゾーンでのパスでもすごい。やっぱりシーホークスは強いというのが、ウィルソンの仕事ぶりからわかります。

 

f:id:kazumax78:20200917012354j:plain

ワーストなのが、チャージャーズのタイロッド・テイラー、成功率53.3%。確かにゲームを見てても、なかなかエンドゾーンが遠かったように思えます。彼はもともとパスが上手くない(レシーバーがキャッチしやすいパスを投げない)QBです。それでも半分失敗してるってのは悪いです。新人のジャスティン・ハーバートに出させたら?という気持ちになりました。

 

f:id:kazumax78:20200917012257j:plain

同じくらい悪いのがブラウンズのベイカー・メイフィールド(53.8%)です。ブラウンズはOBJの不調もあり、メイフィールドだけの責任でもないと言えますが、それでもバックサイド側に投げてるパスも目立っており、ロジャーズやウィルソン、マホームズと比較すると見劣りしました。

 

[スポンサーサイト]

 

最もTDパスを奪ったQB、悪かったQB

f:id:kazumax78:20200917013304j:plain

これはもう予想どおりアーロン・ロジャーズと、ラッセル・ウィルソンです。4本のTDをあげています。特にロジャーズは364yds獲得でRank2、成功率も72.7%でRank9位です。ウィルソンは322yds獲得でRank4。この2チームはQBの功績がかなり大きいように思えます。

f:id:kazumax78:20200917013811j:plain

最も悪かったのが、なんとドラ1 QBのジョー・バロウです。TDパスは0本で、パスは36回も投げてます(Rank13位)。自分でTDランをしていますが、パス成功率も63.9%とイマイチでした。もっともっと改良が必要でしょう。ただしこれはOLの責任でもあるかなと。ただ素直な彼のことです、指導をよく聞き成長してくるでしょう。

 

[スポンサーサイト]

 

インターセプト最少QBと、最多QB

f:id:kazumax78:20200917014248j:plain

最も成績が良かったのが、ジョシュ・アレン。46回パス投げてインターセプト0回で1位。パス成功率でも71.7%でRank10位です。RPOもできるし、なんだかタフそうだし、正直かなり良いQBなんじゃない?という印象。でかくなったラッセル・ウィルソンみたいな感じを受けます。

 

f:id:kazumax78:20200913153500j:plain

最も悪かったのがベテランQBのライアン・フィッツパトリック。パス30回で、インターセプトが3回。なんと確率でいうと10%という最悪の結果。10回に1回ターンオーバーされるなんて、D#チームからするとたまったもんじゃない・・・。

 

f:id:kazumax78:20200917020200j:plain

さっさと新人QBトゥア・タゴバイロアにリプレースしろよ!と言いたくなりますが、彼はまだ臀部の状況が良くない。今の段階でプロデビューすると、きっとまた悪い痛め方をすると思います。まだまだ温存、養生してもらったほうが将来のため。となると、フィッツパトリックに踏ん張ってもらうしかない。ドルフィンズの苦悩はしばらく続きそうです。

 

[スポンサーサイト]

 

まとめ

f:id:kazumax78:20200917020834j:plain

さぁいかがだったでしょうか。なんとなくラッセル・ウィルソン、マホームズ、ロジャーズ、ラマー・ジャクソンがやっぱり良いよね!という感触でした。こうして具体的数字でみると、ジョシュ・アレン!めっちゃ良くない?って気もします。これはビルズが久々に地区優勝しそうですね。

 

次のWeek2も楽しみです。無観客だったり、主要選手が不在だったりしますが、やっぱりNFLは最高ですね。コロナでちょっと盛り下がってましたけど、これからもブログ書いていきます!

 

[スポンサーサイト]

 

こちらの記事もオススメ

www.nfl-32.com