NFL超入門!~世界最強のスポーツリーグ~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

【NFL TOP100 2022】#67 S ブッダ・ベイカー

長年プロボウルに選ばれる名選手です。このTOP100にも何度も登場していますね。昨年の成績は平均と遜色なく少し伸びてるんですが、それでもこちらのランは落ちてますね。

 

175cm程度の身長の彼ですが、紛れもないTOP選手です。さて掘り下げましょう。

 

 

大学時代

ワシントン州の生まれ。ベルビュー高校に進学して、RBとSの両方を担当する。陸上競技も。

彼のところには、数々オファーがありまして、ほぼオレゴン大学で決まり。という状況を、サイン直前の夜にワシントン大学にスリップしました。ワシントンとどのような交渉があったのか、知る由もないですが、アメリカ人はすごいですね。

 

ワシントン大学では、1年目から活躍してます。オールアメリカンにも選ばれ、順風満帆。ドラフトにも当然アーリーエントリーします。

 

 

コンバインでも全種目で好成績。特にカバレッジの広さを見る、足の速さや俊敏性では群を抜いていました。

 

 

プロでのキャリア

カーディナルズは2巡36位で彼を指名。2017年ドラフトも良い年でしたね。アナリストのマイク・メイヨークは、「ベイカーは、全部のゲームで全部のスナップでボールの近くにくる」って絶対の評価をしていました。

 

カーディナルズは、FSにタイラン・マシューがいます。ベイカーは当初バックアップとしての位置づけでした。しかし、マシューがACLを怪我してから、スターターとして存在感を発揮。

 

ほどなくマシューを指名したHCアリアンズが引退を表明。それに釣られるようにマシューがテキサンズに動きます。結果ベイカーのスターターが確定的になっていきました。

 

4年目を迎える2020年の8月。ベイカーはカーディナルスと4年$59Mの延長契約。名実ともにトップ選手になりました。

 

2021年にはジャージルールが変わり、ベイカーは#32から#3へ。2021年のプレイオフでラムズと対戦。そこでベイカーは、タックルにより脳震盪を起こします。非常に危険な状態だった彼。今では見事リカバリしています。

www.nfl-32.com

私生活

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Budda Baker (@buddabaker3)

www.instagram.com

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Budda Baker (@buddabaker3)

www.instagram.com

顔は優しいですが、筋肉もりもり、犬はピットブル。内面強面って感じですよね。いけてます。