NFL超入門!~世界最強のスポーツリーグ~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

【NFL TOP100 2022】#88 DTジョナサン・アレン

ジョナサン・アレンは、実力のわりに注目を浴びない選手でしょう。タックルやサックはあまりないのだけど、QBプレッシャーでいうと114回で、DT業界ではリーグ4位の記録です。

 

つまり、過小評価されてるというか。もっと注目したい選手のひとりですね。

 

大学時代

アラバマに生まれて、住むところを転々としています。シアトル、ノースカロライナ、サウスカロライナ、ピッツバーグ、メリーランドと。そしてバージニア州の高校に進学することで、彼のホームタウンが安定します。

 

彼が3歳のころに両親が離婚して、お母さんに育てられて人です。大学は生まれ故郷のアラバマ州へと進学します。初年度から13ゲーム出場。2年生からスターターとして活動。彼のフットボールのキャリアが確定的になってきます。

3年時には全米チャンピオンシップにて、クレムソン大学と対戦。45-40で見事タイガースを下し、アラバマ大学は全米覇者になります。このときの対戦QBは、今を騒がすセクハラ男、デショーン・ワトソンですね。

 

そしてアレンは、ブロンコ・ナゴウスキ賞、チャック・ベドナリック賞、ロンバルディ賞と賞を総なめ。

 

2017年ドラフトでは1巡17位でレッドスキンズ(現:コマンダーズ)に指名を受けて見事プロデビューを果たします。

 

当時のドラフトでは、やはりアラバマ大学が大人気で。アレンを含めて10人が登場します。CBマーロン・ハンフリー、TEOJハワード、LBルーベン・フォスター、OTキャム・ロビンソン、Sエディー・ジャクソンらが名を連ねました。

 

プロでのキャリア

彼がプロで最初のサックを出したのは、3週目のレイダース戦でした。早速結果を出し、1巡指名の面目躍如を果たせました。

 

しかし6周目で足(Foot)を骨折するなどで手術をします。本調子になるのは2年目には16ゲームをスターターとして登場。獅子奮迅の働きを見せます。

 

ジャック・デル・リオがDCになり、DLが4人の4-3D#フォーメーションにより、DEからDTにポジションが変更。それでも彼の能力は遺憾なく発揮されました。

 

2021年シーズンでは、マンデーナイトでのカウボーイズ戦の折、サイドラインでチームメイトのダロン・ペインを殴るなどして、スキャンダルもありました

 

 

 

 

私生活

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Jonathan Allen (@jonallen93)

www.instagram.com

アレンがハンナさんと結婚したのは2018年。幸せそうな家庭を築いているようです。

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jonathan Allen(@jonallen93)がシェアした投稿

アレンはまた、児童保護施設の手伝いをしています。ワシントンDCはアメリカの首都とはいえ、両親が離婚し生活が不安定になる子どもたちは多い。自分も3歳のときに両親が離婚しているのが影響しているのでしょう。

地域への奉仕、貢献はチームの模範であり、マンオブ・ザ・イヤーへノミネートされています。