NFL超入門!~世界最強のスポーツリーグ~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

【NFLの誤審?】エンダマカン・スーとQBスタフォードの因縁。

f:id:kazumax78:20220129230833j:plain

この間のディビジョナルラウンドでラムズとバッカニアーズが戦いました。試合の結果ラムズの勝利、ギリギリで勝ったわけなんですけども、どうも第一Qで、バッカニアーズのDTエンダマカン・スーとQBマシュー・スタフォードの間で諍いがあったように報道されました。

 

ちょっと紹介してみたいと思います。

NFLが日本でもっと浸透しますように。

 

 

問題のシーンはこちら


www.youtube.com

DTのエンダマカン・スーが、スクリメージをスルッと抜けてきて、スタフォードにプレッシャーをかけてきます。そして、2人とも倒れるわけなんですけど、立ち上がるときにスーが、QBにF**k you的なこと言ってますね。

 

f:id:kazumax78:20220129223621j:plain

NFLではこういう種類は、「タウンティング(Taunting)」と言うファウルがあります。要は挑発するとか、プロに相応しくない無礼な発言、などに対する罰則です。過去のスーパーボウルでも、バッカニアーズのSSアントニオ・ウィンフィールドが反則取られましたね。

 

「NFL選手は 全アメリカ人の模範となる」というのが不文律です。安全面のルールではないんですけど、倫理面違反と言うことで15ヤードのペナルティが課せられ、このルールは重要なものとして扱われます。

 

 

 

審判からファールを告げられるときに、エンダマカン・スーは審判に対して、なにか文句を言ってますね。「Did you see him kick me??  (俺が足で蹴られたの見てなかったのか。)」そんなふうに審判に詰め寄っています

 

問題の箇所、もう一度見てみましょう。

どうも軽く蹴っているようにも見えますね。うーん、でもこんなにキレる話なのかなとも思います。

 

www.nfl-32.com

昔からエンダマカン・スーはカッとなりやすく、少々ダーティーなプレイもするところもある選手です。過去にもこんな記事を書いたことがありますが、最近丸くなって、大人しかったですけどね。

 

 

奥さんのケリー・スタッフォードは、テレビレポーターに対して、「うーん、まじでうちの旦那のことが嫌いなんでしょうね」というようなコメントをしたとか。

 

f:id:kazumax78:20220129225240j:plain

同時にこうも言うてました。「なんで、こんな暴言を吐かれなんのか分からん。」

 

f:id:kazumax78:20220129225347j:plain

もともと二人はライオンズ時代からのチームメイト。スタフォードは全体1位指名で、スーは翌年の全体2位指名。どちらもスター選手だった。そんな2人がなぜこんな喧嘩をする。到底理解できないわー。ってかまじで嫌いなんだろうな、ってな感じでした。

 

ツイッターではこんな反応もあります。

確かにスタフォードはスーを蹴ってる。しかし、ペナルティはスーにいって、スタフォードはお咎めなし。ブレイディへのヘルメットアタックも、本来バッカニアーズがもらうファウルのはずだけど。これはレフェリー次第ってことか。どうなってんのよ。

 

まとめ

まぁ、誤審ってのはいつのときもありますよね。世紀の大誤審は、2018年シーズンのNFCチャンピオンシップゲーム、セインツのWRへのパスを、ラムズのCBがディフェンスしたやつ。明らかなパスインターフェアでしたが、審判はこれをパス失敗と判定。これにはかなりの不平不満が募りましたね。

www.nfl-32.com

ニューオーリンズでは、ジャッジをしたヴィノヴィッヂに対して抗議活動まで起こる始末でした。