NFL超入門!~世界最強のスポーツリーグ~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

【NFLニュース】バッカニアーズvsパッカーズ!感動のラストマッチ!

f:id:kazumax78:20210125143110p:plain

43才のQBトム・ブレイディと、37歳のQBアーロン・ロジャーズ。どちらも、最高峰の選手。こんなスペシャルカード最強ですよね。

さて、スーパーボウル開催地であるチームは、スーパーボウルに出場できない。こういう呪いみたいなジンクスがNFLにはあったんです。

 

↓以下ネタバレしてます!↓

↓ 

しかし、史上初!バッカニアーズが大本命のグリーンベイ・パッカーズを破り、開催地タンパベイのスーパーボウルに出場することが決まりました!!!

 

 

わーーーー!

マジすごい!!

2020年のシーズンは、本当に盛り上がりますね!

 

今回のブログは、そんな速報記事です。高速で読み飛ばしてください!

NFLが日本でもっと浸透しますように。

【スポンサーリンク】

 

 

結果はバッカニアーズが31-26で勝利!

f:id:kazumax78:20210125143607j:plain

バッカニアーズは、31-26でNFCカンファレンス・チャンピオンシップを勝利。開催地となったグリーンベイ・パッカーズは極寒地とも言われ、ホスト側のパッカーズが有利と言われていました。

 

f:id:kazumax78:20210125143654j:plain

これで、2月7日に、自分たちの街であるレイモンドジェームススタジアムで、スーパーボウルに参加が決定。タンパベイの市民からすると、大変誇らしいことですね!

 

反則があまりなかった高速展開

f:id:kazumax78:20210125144113j:plain

オフィシャル(審判)は、ほぼほぼ、ずっとイエローフラッグをポケットにいれたままでした。ゲームを通じて、フラッグがでたのが6回だけ。非常にハイスピードでゲームが展開されましたね。(今回のジャッジは、クリート・ブレイクマンさんでしたね)

 

後悔が残るフィールドゴール3点

f:id:kazumax78:20210125144808j:plain

残り時間2分9秒。パッカーズは8点ビハインドの状況で、バッカニアーズのレッドゾーンにいました。アーロン・ロジャーズにより、タッチダウンを奪い、2ポイント成功させ同点に。パッカーズファンはそれを頭に描いていました。

 

f:id:kazumax78:20210125144821j:plain

しかし、バッカニアーズD#が強かった。残り8ydsを攻め込ませない。なんと3回攻撃をして、パッカーズはタッチダウンが奪えませんでした。これは見事。残り1回の攻撃権をどうするかの瞬間です。

 

f:id:kazumax78:20210125144458j:plain

僕はギャンブルを選ぶと思ってました。しかしHCマット・ラフルールはFGを選択。8点差を5点差にして、D#チームでターンオーバーさせ、アーロン・ロジャーズに最後のドライブを渡す。そんな作戦です。

 

この瞬間。観戦しているファンや、日本の指導者たちも思ったはずです。

「あぁ、ここでキックを選ぶのか」って。

これには議論が残りますね。どっちが良かったのか。今では知る由もありません。

 

【スポンサーリンク】

 

しかし決定的だったのも、やっぱりファール

f:id:kazumax78:20210125145351j:plain

残り時間が1分46秒。点差は5点。パッカーズのビハインド。サードダウンでバッカニアーズ。これを止めたら、ターンオーバー。アーロン・ロジャーズに最後のチャンスが渡せる。

 

そんな最終局面までゲームは緊張状態でした。バッカニアーズを応援する人も、パッカーズを応援する人も。息ができないような気持ちだったんでないかと。

 

f:id:kazumax78:20210125145127j:plain

さて、そんな場面でゲームを決定したのがファールでした。パッカーズのCBケヴィン・キング#20が、レシーバーのジャージを引っ張る。パスインターフェアで、勝利確定の1stダウンでした。

 

f:id:kazumax78:20210125145414j:plain

これにはHCのマット・ラフルールも地団駄踏んで、激昂してました。僕は人間が地団駄を踏むのを初めてリアルでみたように覚えます。

 

【スポンサーリンク】

 

奮闘したパッカーズD#

f:id:kazumax78:20210125145517j:plain

確かな攻撃力をもつバッカニアーズでしたが、パッカーズD#もすごかったです。QBロジャーズにプレイする時間があれば、きっとパッカーズは勝利する。そのためには、ブレイディがボールを持つ時間をいかに奪うか。それがキーになる。

f:id:kazumax78:20210125145529j:plain

パッカーズD#には大きな責任がありました。そしてその期待にしっかり応えたDBたちです。CBジェイル・アレクサンダーは2回のインターセプトをしました。Sエイドリアン・エイモスも1回インターセプト。D#チームは見事な試合をしたのです。

f:id:kazumax78:20210125145608j:plain

トム・ブレイディのパス成功率55.6%(36本中20本)。280ydsしか伸びませんでした。タッチダウンは3本、インターセプトは3本です。対するロジャーズは48本中33本。346ydsで3タッチダウン、1インターセプト。スタッツだけ見ると、ロジャーズの方が上ですね。

 

印象に残ってるのが、前半最後のプレイ

f:id:kazumax78:20210125154704p:plain

ロジャーズが唯一インターセプトされたプレイ。その返す刀で残った時間は、前半残り8秒でした。てっきりこのまま無傷で終わるかと思ってたのです。しかし、ブレイディはここから、39ydsのロングパスを投げタッチダウンを奪います。これでパッカーズは21-10の11点ビハインドで前半を折り返すことに。

 

この前半終了間際のタッチダウンが、どれだけ影響が強いか。詳しく説明してくれてる記事がありましたので、載せておきます。すごくわかりやすいです。

www.bbm-japan.com

 こんなことを実現するのが、やはりブレイディですね。神に愛されているようにも思えます。勝利という言葉を見ると、ブレイディを連想する。そんなふうにも言われてます。

 

 

【スポンサーリンク】

 

さてスーパーボウルです。

f:id:kazumax78:20210125154318j:plain

さぁ、史上初の開催地チームが出場するスーパーボウル!きっと、フロリダ州タンパベイの街は歓喜に湧いていることと思います。

 

史上初のキャリア10回目のスーパーボウル。

史上初のホストチーム出場のスーパーボウル。

史上初の移籍1年目でのスーパーボウル。

史上初の7つ目のリング挑戦!

 

盛り上がります!!!