NFL超入門!~世界最強のスポーツリーグ~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

【NFLニュース】若手QB対決の激闘!ビルズvsチーフスの決着。

f:id:kazumax78:20210125183039p:plain

24才のジョシュ・アレン。そしてチーフスのQBは25才のパトリック・マホームズ。NFCでは43才と37才の対決でしたが、こちらAFCでは、随分若いリーダーたちがぶつかりました。

 

↓以下ネタバレします!↓

 

そして見事に!

チーフスがビルズに勝利!

これで2年連続

スーパーボウルに進出!

 

戦いぶりを見てましたがチーフスらしかったですね。自分たちの個性を武器とし、弱い部分はしっかり補強。マホームズは相変わらずミラクル台風でした。

 

今回の記事ではそんなAFCチャンピオンシップの様子を、ダダダっと振り返りたいと思います。

 

NFLが日本でもっと浸透しますように。

【スポンサーリンク】

 

全体として、チーフスO#がビルズを圧倒

f:id:kazumax78:20210125185153p:plain

マホームズは、325ydsを投げました。パス成功率は、38分の29で76.31%とかなり高かったですね。3TDでインターセプトは0回でした。

 

f:id:kazumax78:20210125185232p:plain

チームのリーディングレシーバーのTEトラビス・ケルシー。やはり彼のキャッチする安定感は本当に素晴らしかった。13キャッチ、2TD、118ydsを稼ぎました。

 

f:id:kazumax78:20210125185303p:plain

そして、今試合で最も走ったのが、タイリーク・ヒル。猛烈なスピードを遺憾なく発揮し、ビルズD#を完全に翻弄したんでないでしょうか。スタッツは172ydsで9キャッチ。安定感あるケルシー、爆発力あるヒルのダブル使いは無敵かと。

 

正直、この3人がそろったチーフスは無敵に見えます。第2Qのすべてのシリーズで得点しています。もう10年くらい彼らを脅かす存在は出ないんじゃないか。そんな勘違いさえさせてくれる素晴らしいドライブばかりでした。

 

【スポンサーリンク】

 

ジョシュ・アレンのビルズはどうか。

f:id:kazumax78:20210125185121j:plain

パスの成功率が低かったように見えます。スタッツは48回投げて28回成功。なんと58%の成功率。あまり良くなかったですね。インターセプトが1回ありました。これも結構大きいですね。しかし88ydsと結構走ってました。

 

f:id:kazumax78:20210125193535j:plain

しかしアレンのプレイは素晴らしかった。アレンのランとパスの正確さ、強肩さ、タフなメンタルと根性。観るものを熱くさせるというか。クールさよりも、熱血さをもった選手だと思います。レイブンズのラマー・ジャクソンを礼賛するように、彼は等しく驚異であると思います。

 

f:id:kazumax78:20210125193437j:plain

ビルズO#の3rdダウン成功率は、14回中5回。36%程度に留まりました。ビルズO#というよりも、チーフスD#が素晴らしかったと見えます。特に高速WRコール・ビーズリーをしっかり仕留めたのは、ビルズの攻撃力を抑え込んだんじゃないかなと思いましたね。

 

f:id:kazumax78:20210125193147j:plain

ジョシュ・アレンは徹頭徹尾、勇敢で前向きにプレイし続けました。しかし、ベテランのDC、スティーブ・スパニューロ(Steve Spagnuolo)がすごかった。D#を絶え間なく変化させて、アレンの攻撃力をどんどん削いでいきました。

 

f:id:kazumax78:20210125193138j:plain

ビルズのエースレシーバー、ステフォン・ディグズは、前半で2キャッチ、12ydsしかできなかった。(試合トータルでは77yds6キャッチ)。彼がもっと伸び伸びやれてたなら、ゲーム内容は大きく変わっていたと思います。その能力を封じ込めたチーフスD#が本当に素晴らしかった。

 

【スポンサーリンク】

 

チーフスの大きなミスも帳消し

f:id:kazumax78:20210125185646p:plain

f:id:kazumax78:20210125185812j:plain

第1Qで、パントのリターンで入ったWRハードマンがドロップ。それを、ビルズD#がリカバーして、なんとゴールラインインチでターンオーバーしました。これでバッファロー・ビルズは9-0のリード展開。チーフス危うしでした。

しかし、そのハードマンが返す刀で、まず一本TDを返しました。

 

そして70ydsものビッグリターン!これで先ほどのミスは帳消し!チーフスO#が徐々に爆発してきました。こんな大きなミスでも、チーフスはO#もD#もガタガタしない。この屋台骨の太さがスゴイですよね。

 

f:id:kazumax78:20210125191918j:plain

結局、チーフスO#の爆発力は止まらず、第4Qでダメ押しの3本目のTDパスが成功。これで15-37とダブルスコア以上の点差に押し広げ、勝利を決定的なものにしましたね。

 

【スポンサーリンク】

 

歓喜に湧いたラマーハント・トロフィーセレモニー

www.youtube.com

AFCというリーグを作った人。それがチーフスの創業者ラマー・ハントです。なので、AFCチャンピオンシップは、ラマーハント・トロフィーと呼びます。現在のオーナー、クラークは息子さんです。

ホームのアローヘッドスタジアムで、AFCの優勝セレモニーをすること。これはチーフスにとって、なによりの誉れなんですよね。

 

f:id:kazumax78:20210125195435j:plain

まずはオーナーが挨拶。

「父が作ったチーフスがキングダム!我々の誇りだ!今度はタンパベイに乗り込む!Yeaeeeeeーー!!!」みたいなこと言って、

 

f:id:kazumax78:20210125195521p:plain

つぎに名将アンディ・リードが。

いつもロッカールームでやってる「How about those Cheessee!!」をやってくれました。

f:id:kazumax78:20210125200141j:plain

そしてQBマホームズ。

「脳震盪でゲームを離脱したときも、チームの皆が戦ってくれた。互いを信じて信頼して厳しく戦い抜いたチームだ。今度はタンパベイにいく。絶対優勝してくるぞ!」

めちゃくちゃ早口でしたが、こんな力強い挨拶をしてくれました!

 

さぁ、次はスーパーボウル!タンパベイです。

f:id:kazumax78:20210125201107j:plain

2000年代を作った怪物トム・ブレイディと、これからのNFLを引っ張るニュースター。ある意味、43才のブレイディに引退の花道を飾ってあげれる、最高の相手ではないでしょうか。

 

f:id:kazumax78:20210125201026j:plain

もう千代の富士vs貴花田ですよ!!!この対決は!!

 

興奮しまーーーす!!!

 

【スポンサーリンク】

 

余談

www.youtube.com

ゲーム内容とは全く関係ないですが、流れたCMでこんなのがありました。かつてスティーラーズで無双セーフティとして名を馳せたトロイ・ポラマルと 、無双QBパトリック・マホームズの共演です。

 

ボサボサヘアーなポラマルの髪をしんなりさせてくれるシャンプー。なんだか印象的だったのです。

 

さぁ、あと2週間!このブログもクライマックス!

これからもヨロシクです!