NFL超入門!~世界最強のスポーツリーグ~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

【イルカがやった】レイブンズ、ラマー・ジャクソン封じ

Week10で、レイブンズとドルフィンズの試合がありましたね。これは見事にマイアミが勝利したわけですが、その勝ち方が大変素晴らしかったのでレビューしたいです。

 

 

というわけでどうぞ!

NFLが日本でもっと浸透しますように。

ラマー・ジャクソンを見事に封じたドルフィンズD#

f:id:kazumax78:20211113135154j:plain

レイブンズの強みは、QBラマージャクソンのランを活かしたピストルオフェンス。ジャクソンの機動力により、オフェンスの選択肢が二重三重に増えて、ディフェンスは常に後手に回って受けてしまう。その隙間を遠慮なく差し込んでくるのが、レイブンズの強みです。

f:id:kazumax78:20211113135140j:plain

ランによって時計も周りますし、またラマー・ジャクソンのパスも格段に安定しており、パスD#も気を抜けない。行くも地獄、戻るも地獄のハメ手だったんですね。

 

f:id:kazumax78:20211113135122j:plain

それにレイブンズはD#が強い。得点されても取り返していけば、ゲームにはなりますが、レイブンズD#が鉄壁なため、自分のターンでなかなか稼げない。ランによって時計が回され、得点する時間が奪われ、往復ビンタでオフェンスは大変な思いをしてきた。それが対レイブンズ戦です。

 

f:id:kazumax78:20211113135051j:plain

しかし、今回ドルフィンズはそのレイブンズを見事に封じ込めました。なんと第4Q残り4分あたりまで、FG1本の3点しか与えなかったのです。これはマイアミのD#が見事にハマった証拠です。

 

f:id:kazumax78:20211113135041j:plain

HCのブライアン・フローレスの作戦は、とにかくランを止めること。ランニングバックの攻撃を制限し、ラマー・ジャクソンをポケットから動けなくする作戦です。事実この方針により、レイブンズO#は、かつての平均161.6yds/Gの記録から大幅に落ち、この試合わずか94ydsしかランで進めませんでした。

 

f:id:kazumax78:20211113135234j:plain

いつもは冷静さをキープしているラマー・ジャクソンも今日ばかりは、感情をあらわにしていましたね。これほど歯がゆい試合は久々だったんでないでしょうか。

 

いかにしてドルフィンズはレイブンズを封じ込めたか?

f:id:kazumax78:20211113134816j:plain

このフォーメーションみるとわかりますが、圧倒的にスクリメージに選手を配置。プレスナップ時点ではカバー0の体型を、この試合中40回も敷いたそうです。とにかくラマーに仕事させない。狙いは理屈わかりますが、これはなかなかできる作戦ではありません。

f:id:kazumax78:20211113134827j:plain

ロングパスでも通されたら、一気に形勢逆転。がら空きの懐を好き勝手に走られるわけです。でもそれをさせない為には、スクリメージのチームでポケットをぶっ壊し、そもそも投げる時間を与えないことです。当然ですが、パワー・スピードともに消耗します。しかしドルフィンズD#は、これを第4Qの残り4分までやり切ったんです。

 

f:id:kazumax78:20211113135007j:plain

さらに甘く入ったボールが、CBザビエン・ハワードのインターセプトにより、リターンタッチダウンを奪われるなどして、ドルフィンズD#は徹底してQBジャクソンを潰してきました。インターセプトなど、ビッグプレイもありましたが、大事なことはそこでなく、レイブンズO#最大の武器である選択肢の多さを無くした点にあります。それには大きなリスクがありますが、その勝負にかったドルフィンズはスゴイですね。

 

f:id:kazumax78:20211113134804j:plain

HCブライアン・フローレスは、きっとゲームが終わってからも興奮が冷めきること無く、ずっと寝付けなかったことだと思います。

 

怒るレイブンズファン

よく聞け、俺たちは別に焦ってない、まだ2敗だ。お前たちみたいなレギュラーシーズンだけのチームじゃない。俺たちはプレイオフチームなんだ。わかったか。

 

みたいな事いうてます。見事な負け惜しみですね。これこそファンの鑑です。レイブンズは良いチームだよね。

 

まとめ

f:id:kazumax78:20211113134748j:plain

この試合、幻のオフェンスラインのタッチダウンがありましたが、これはまた別の機会に記事にしたいと思います。見事なプレイだったので、永久にアーカイブされてほしいですね。

 

NFLは、勝った敗北したという事実だけでなく、どういう勝ち方を負け方したかを見るのも面白いわけで。それでいうと、今回のゲーム運びは得点こそ少ないけれども、まさに良い教材になると思います。