NFL超入門!~世界最強のスポーツリーグ~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

【NFLいい話】銃社会アメリカの悲しい事件とエゼキエル・エリオット

f:id:kazumax78:20190509093200p:plain
ジェイロン・マッケンジー君は中学二年生。将来を渇望されたフットボール選手。スポーツイラストレイテッドによると、ティーンの世界では紛れもないスター選手だったそうです。

 

f:id:kazumax78:20190509093211p:plain
彼は14歳で、その才能の高さを評価され、中学生ながらミズーリ大学、イリノイ大学からオファーをもらっている天才フットボーラーでした。

 

f:id:kazumax78:20190509093221p:plain
彼も当然NFLでプレイする未来を夢みていました。LAラムズか、LAチャージャーズを夢見ていたそうです。しかし、土曜日に開催されたパーティで彼は拳銃の流れ弾に当たって帰らぬ人になりました。

 

 

悲劇の事件となったパーティ会場はイリノイ州ベニス

f:id:kazumax78:20190509093231p:plain
場所はイリノイとミズーリの州境あたりにあるベニスという街。ミシシッピ川を挟んでセントルイスの向かいにある街です。彼はパーティ会場を出て、友人と外を歩いているところ、拳銃の流れ弾が飛んできた。友人は15歳の女性で彼女もまた撃たれています。直ちに救急車によって近隣の病院に運ばれました。

 

しかしマッケンジー君は時を見ずして死亡。友人の彼女も手術を要する状態だったようです。

葬儀の全額をエゼキエル・エリオットが出すとオファー

f:id:kazumax78:20190509093308p:plain
この葬儀はしめやかに行われたそうでうが、ダラス・カウボーイズのRBエゼキエル・エリオットが葬儀費用の全額を支払いたいと、母親であるSukeena Gunnerさんにオファーしたそうで。フットボールを愛する同士として、弔慰を伝えたかったんでしょう。エリオットの行動は、14歳の少年の悲しい事件に少しの救いを与えてくれました。

 

ダラス・カウボーイズのジェイソン・ギャレットHCは「ジークは素晴らしいフットボーラーだ。だけど、それ以前に良いやつなんだ。」とコメント。

 

未来のNFL選手だったかも知れない14歳の少年。エリオットは、彼もまた同じ仲間だと手を差し伸べてくれました。少しだけでも遺族の心を救うことができたのかも知れません。

 

 

こちらの記事もオススメ

【NFLいい話】ジュジュ・スミス・シュースターの自転車の話 
【NFLいい話】パンサーズTEグレッグ・オルセンと心臓病の息子