NFL超入門!~世界最強のスポーツリーグ~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

2020年開催のドラフト会場はラスベガスに決定

www.youtube.com

2018年12月12日、ラスベガスで2020年のドラフトを開催することが決議されました。コミッショナーのロジャー・グッデルと、オークランド・レイダースのオーナー、マーク・デイヴィスが正式発表。

www.youtube.com

 

 

会場は新設のラスベガス・スタジアム

f:id:kazumax78:20181213083549j:plain

会場となるのは、新しく建設中のラスベガス・スタジアム。2020年の開幕までに完成をさせる予定でした。レイダースのホームとして使用するのはもちろんですが、NCAAファイナル4(カレッジバスケトーナメント)やレッスルマニアの会場としても活用を考えておられます。もちろんスーパーボウル開催も狙っているようです。

現在の工事状況

f:id:kazumax78:20181213083856j:plain

f:id:kazumax78:20181213083857j:plain

さてこの工事は、2020年の夏までに完成させる予定でスタートしてます。ドラフト会場となるならば、4月初旬までに完成させないといけません。建設会社さんは、いきなり工期が3ヶ月も縮んでしまい、四苦八苦していることと思います。さてさて、踏ん張ってくれるのでしょうか。ダメでもどこか会場はたくさんあるわけですから、なんとかなるでしょうね。オーナーのマーク・デイヴィスはドラフトが杮落しになると鼻高々でしょう。

f:id:kazumax78:20181213084601j:plain

こんなところで名前を呼ばれる大学生、本当に気分がいいでしょうね。最高です。

建築の情報

f:id:kazumax78:20181213091026j:plain

設計は、MANICA Architecture(HNTB)数多くの大型スポーツ施設の設計を手がけています。NFLではレイダースの他にヒューストン・テキサンズの本拠地である「NRGスタジアム」も担当されました。総工事費は18億$。日本円にして約2,000億円です。おっそろしい金額ですね。

 

 こちらの記事もオススメ