NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

【NFL TOP100】38位 WRキーナン・アレン(チャージャーズ)

f:id:kazumax78:20190802134929j:plain
2013 /3 / 76 / カリフォルニア大学
QBフィリップ・リバースの頼れるレシーバー。チームの中では2ndWRの2倍以上のレシーブしていて パス攻撃の軸となる選手。アレンが怪我で欠場でもしたら、チャージャーズの攻撃力はガタンと落ち込むでしょう。

18シーズンハイライト

Embed from Getty Images

 腎機能障害から復活してきた2017年に続き、18シーズンも1,000yds超えの記録をだしてくれました。チャージャーズO#のメインピースとして、これからも活躍をしてほしい。

キャリアを通して

Embed from Getty Images

ルーキー年から1,048ytsの記録をだし、チャージャーズO#の第一線レシーバーとして活躍してました。しかし2015年の途中に腎機能障害を発祥。残りのシーズンを全休して治療に望み、も1試合を除き全休で治療に望みました。

そして2017年驚異の復活。勝負勘の戻っていないにも関わらず、1,393ydsの目覚ましい記録を打ち立てプロボウルに選出。2017シーズンはAP通信が選ぶ最優秀カムバック選手に選ばれました。

18年も素晴らしい活躍をしてくれたが、健康にだけは十分に気を配ってほしいと思う。フィールドに立ってプレイすることも、掛け替えのない財産だろうが、残りの人生の方がずっと長い。コーチとして貢献することもできますからね。

 

カリフォルニア大学バークレー校

Embed from Getty Images

アレンはノースカロライナ生まれ。バスケ・陸上・アメフトの三足のわらじを履くスーパーアスリートとして、高校生活を満喫していました。陸上では幅跳び’7.01m、400mと100mの選手として活躍。Rivals格付け5つ星の評価を受けて各大学からオファーを受けてました。

当初はアラバマ大学からセーフティとしてオファーがあったんですが、カリフォルニア大学からはWRの話がきたので、こっちを選んだという経緯があります。

2010-2012年の三年間をゴールデンベアーズで過ごし、2年生の2011年シーズンには1,343ydsレシーブを記録。ALL-Pacの1stチームに選抜されました。

f:id:kazumax78:20190802141316j:plain

3年生のころ、膝靭帯の捻挫のために、シーズン半分ほど欠場し、ドラフトコンバインにも参加できなかったわけです。そのため、実力は十分ありましたが、ドラフト指名順位は3巡目となり、少し落ち込んだわけですね。 

ド派手なシャツも小粋に着こなすオシャレ上級者

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Boss Up

KA13さん(@keenan13allen)がシェアした投稿 -

そもそもWRに限らず、NFL選手は得てして派手好きが多いもの。それにチャージャーズがサンディエゴからLAに移ってから、選手たちもこぞってオシャンになってる気がします。

 

 

こちらの記事もオススメ

www.nfl-32.com