NFL超入門!~世界最強のスポーツリーグ~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

【NFL TOP100 2022】#45 FSジョーダン・ポイヤー

彼は2017年にビルズに移籍。毎試合スターターとして定着しています。9年間のベテランが最初のオールプロに選ばれました。2021年シーズンが彼の最高のシーズンでしたね。

 

5回のインセプ、3つのサック、93タックルとロスタックルは8回と素晴らしい活躍を見せました。

 

大学時代

オレゴン州ダラスの生まれ。年齢は31歳です。アストリア高校に進学し、本格的にフットボールをスタートします。

 

そして進学先は地元のオレゴン州立大学。チーム名はビーバーといいます。2009-2012の4年間在籍しています。

 

2011年にオレゴン州の最優秀選手に選ばれフロリダマリーンズ(MLB)から全体42で指名をされています。

 

 


プロでのキャリア

そんな彼ですが、 イーグルスは第7巡218位で指名されます。コーナーバックとしては27番目のランクでした

当初は4番手の選手としてバックアップの位置につけていました。2013年のオープニングゲームでレッドスキンズと戦いデビューを果たします。タックル3本の実績を残しゲームに勝利。しかし その後成績を落とし、ディフェンスチームにはじかれ、彼は10月にチームから放出されます。

 

2つ目のチームはクリーブランドのブラウンズです。彼は2014年から2016年の3年間を過ごします。

 

2017年には、ビルズと4年$13MMの契約を結び一流選手のランクに上がってきました。HCのマクダーモットは、ポイヤーとハイドの二人をスターターとしてDBを構築。ここからいい感じのプロライフになります。

 

2021年には キャリア初のオールプロチームに指名されます。


私生活

彼は、実は父親の姿を知りません。というのも彼の父親は刑務所に過去20年間何度も入っていたそうです。そのため彼の両親は母親と継父だとされてます。

 

また彼はアルコール依存症のきらいがあり、現在も何度かアルコールを止めようと努力してます。2020年3月から、断酒生活を続けて、2021年シーズンはキャリア最高の記録を出すことができました

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Jordan Poyer (@j_poyer21)

www.instagram.com

インスタグラムでは、自分のブランド「JP」を立ち上げ、また子どもたちと触れ合う姿が投稿されてます。