NFL超入門!~世界最強のスポーツリーグ~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

【NFL TOP100 2022】#41 OT トリスタン・ワーフ

 一流選手の条件として、どのポジション にも通じることが1つあります。それはシーズンを通して、怪我をせず試合に出続ける事ができることです。まだ23歳の 彼ですが、バッカニアーズオフェンスラインで、常に重要な仕事を任され、 ベストを出し続けています。

 

バッカニアーズは過去2年間で2256回のスナップをプレイしています。彼はそのすべてのスナップに参加していて、この中で許したサックを3回だけです。これ以上求めることがないレベルで彼は大成功しています。

 

大学時代

生まれはアイオワ州のマウントバーノン。 年齢はまだまだ若い23歳です。地元のMont Bernon 高校に進学して、そこから早速スカウトの目を集めてきています。

2017年から3年間、 アイオワ大学に進学。3年間ずっとスターターとして活躍をしています。

 

3年生の時にホークアイの重量挙げの記録を塗り替えました。 それぐらい力持ちだと言うことです。ちなみにそれまでのレコードホルダーは、ブランドン・シャーフでした。

 

www.youtube.com

このプールからのジャンプは彼の運動能力のすごさを実感させてくれます。これはQBからすると頼もしい。

 

思わず、この人思い出した。

 

www.espn.com

詳しくはこちら。

 


プロでのキャリア

そして2020年ドラフトで彼は一巡全体13位にてバッカニアーズから指名を受けます。 彼を獲得したのは、素晴らしい出来事でした。 トムブレイディーを獲得していたチームはOLを強化することにより、強いオフェンス力を保つことができました。

 

実はドラフトの夜、ワーフのIGアカウントに、トム・ブレイディからDMが届いてます。当の本人は友達やら家族やら、アチコチから100~200のDMが届いてくるもんですから見落としていたそうです。あとでブレイディからのDMに気が付き、「なんてこった・・・。俺ブレイディさん既読無視しているやん」となり、キャンプ中も平謝りしてたそうです。

 

さて、そんなこんなで、彼は無敵のOTぶりを発揮。最高のデビューシーズンをスゴイ、勢いそのままスーパーボウルに突入。一年目ながらスーパー優勝を経験いたします。これはお見事でした。

 

2021年シーズンもオールプロの1stに選ばれてます。ブレイディもすご。バッカニアーズから選ばれたのは、この二人だけでした。


私生活

高校時代は砲丸投げ・ 円盤投げの選手もしていました。

 

アマチュアレスリング も、高校時代から大学までやっていたようです。こちらもかなり強く注目を集めていたようです。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Tristan Wirfs (@tristan_wirfs74)

www.instagram.com

彼女(Meredith Sutton)とラブラブなご様子。彼女はミネソタ大学ダルース校出身のバレーボール選手です。身長196cmのワーフと並んでも身長差を感じないので、やっぱり背が高いのでしょうね。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Meredith Sutton (@meredithksutton)

www.instagram.com

こちらスットンさんのアカウント。練習見に来るなんてラブラブだねぇ。