NFL超入門!~世界最強のスポーツリーグ~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

【トレード旋風!】他にもこんな大型選手が大移籍!

テキサンズのWRホプキンスがアリゾナ・カーディナルズに移籍したことは、全米大大大激震なBIGNEWSでした。

 

f:id:kazumax78:20200317204009p:plain

きっとオードリーの若林さんは、絶叫していることでしょう。テレビではJ.J.ワットのジャージを着てますが、若林さんからはホプキンス愛が溢れています。

 

彼ならきっとこういうでしょう

「ホプキンス!カーディナルズでも応援してるぞ!」

 

さて、ホプキンス以外にも大きな選手が数々トレードされています。今回の記事ではそんなパワーバランスの変化に大きく影響している選手の移籍情報を紹介します。

 

日本でもっとNFLが浸透しますように。

49ers→コルツ デフォレスト・バックナー

f:id:kazumax78:20200317213505p:plain

これはコルツでかいなー。49ersはサラリーキャップ満タンまで使ってたから、どうしてもスター選手を放出しないといけないんでしょう。バックナーはかなり貢献してたので、コルツでもいい仕事してくれそう。

コルツは彼を獲得する代償に、49ersに2020年ドラフト1巡指名権をだしています。サラリーキャップにも貢献できるし、いい選択だと思います。

BAL→ATL TEヘイデン・ハースト

f:id:kazumax78:20200317213529p:plain

TEは結構移動が激しいポジションだなと思う。ヘイデン・ハーストがファルコンズに動いて、ファルコンズからはオースティン・フーパーがブラウンズに。セカンドのTEも合わせて動いてくるでしょう。

ボルチモアは、2020年ドラフトの2巡5巡を獲得。ファルコンズはTEハーストと2020.4巡指名権を獲得しています

CLE→GB LBクリスチャン・カークシー

f:id:kazumax78:20200317214034j:plain

ブラウンズで3巡で指名されたLBです。パッカーズは代わりにILBブレイク・マルティネスをNYGに放出してますので、その代替を努めてくれるといいなぁという感じか 

ATL→CLE TEオースティン・フーパー

f:id:kazumax78:20200317214303j:plain

これはいいTEをゲット。フーパー獲得ってことは、今までいたTEデヴィッド・ニョーク(David Njoke)はもう駄目ってことかな。

TEN→CLE OTジャック・コンクリン

f:id:kazumax78:20200318210908p:plain

これはもう、、、めっちゃ良いオフェンスライン選手ですね。ドラフト1巡6位指名のスターです。昨年のデレック・ヘンリーのランのほとんどは彼の仕事が関わってます。ブラウンズの補強は見事になりそう。これは来シーズンいけそうですね。・・・・あれ?去年も同じこと言うてた気がします・・・・。

MIN→BUF  WRステフォン・ディグズ

f:id:kazumax78:20200317214401j:plain

 おおう。まさかディグズがマイアミから違う街にいくなんて。ミネソタの奇跡の立役者ですから、ずっとバイキングスで過ごすものだと思ってました。BUFではQBジョシュ・アレンがいます。彼は素晴らしいQBなのでWRディグズの価値をもっと高めてくれると思います。

 バイキングスは代わりに、2020年ドラフトの1巡5巡6巡と、2021年4巡指名権を獲得。ビルズは2020年7巡指名権を獲得しています。

GB→NYG ILBブレイク・マルティネス

f:id:kazumax78:20200317214421p:plain

あー、これはショック。ILBのマルチネスは、パッカーズの要だったと思います。タックルランキングでも名前あがってくる選手です。これはパッカーズD#には大きな痛手。逆にジャイアンツにはいいトレードになると思います。

DAL→HOU WRランドール・コブ

f:id:kazumax78:20200317214537j:plain

ドラフト2巡でパッカーズからデビューしたWR。アーロン・ロジャーズと彼とのラインは見事だったと覚えています。テキサンズはWRホプキンスをカーディナルズにトレードしました。ランドール・コブの獲得で不足しがちなターゲットを補強できるでしょう。

NO→CAR QBテディ・ブリッジウォーター

f:id:kazumax78:20200318224132j:plain

通称、橋水さん。バイキングスで全体32位指名うけてデビューしたけど、怪我のため第一線から離脱してきた人。昨シーズンはセインツのバックアップQBでした。親指靭帯故障のためにQBドリュー・ブリーズが抜けた5つのゲームにスターターとして出場。そして5ゲームすべて勝利し、セインツのプレーオフ進出に大きく貢献しました。

www.nfl-32.com

しかし、パンサーズは来期はガタガタになるでしょう。キークリーも抜けてロン・リベラHCもいなくなり、正直やばい感じ。橋水さんがどのように切り抜けてくれるか。ゲームが楽しみです。(と、すると、あの人はどこにいくのかな?)

TEN→LV QBマーカス・マリオタ

f:id:kazumax78:20200317214613p:plain

きました!マリオタ!ついにテネシー・タイタンズから違うチームに動きます。しかしレイダースとは意外でした。デレック・カーがスターターQBとして鎮座ましてますから、きっとバックアップQBとしての位置づけでしょうが・・・・。ぜひともスターターを奪いゲームに出てきて欲しいと思います。

 

DAL→LV TEジェイソン・ウィッテン

f:id:kazumax78:20200318221939j:plain

うぉぉぉぉぉ!ミスター・カウボーイズのジェイソン・ウィッテンがまさか、ダラスを捨ててラスベガスへ。天国から闇落ちしたみたいな展開。なんてドラマチックなんでしょう。 一度は引退してテレビキャスターしてた彼が、もう一度カウボーイズに復活してきたのが懐かしい。もう引退かと思いきや、最後はレイダースなのか。とても意外。

DAL→LV Sジェフ・ヒース

「jeff heath las vegas」の画像検索結果

さて、レイダースはどんどんチームを変えていきます。ジェフ・ヒースはダラスでいい仕事するセーフティ。一番印象に残ってるのは、2017年シーズンのWeek15。レイダースのプレーオフ進出の息の根をとめたタックル。

f:id:kazumax78:20200318223205p:plain

スクランブルしてエンドゾーンに向かうデレック・カーに猛スピードで突っ込んだやつね。あの時のカーとチームメイトになるなんて。運命は不思議だ。 

DAL→LV DTマリエク・コリンズ

f:id:kazumax78:20200318223843j:plain

さて、さて、さて。ダラス・カウボーイズからこんなにレイダースに移籍が決まるなんて、どういうことでしょうか。コリンズはDTながら40yds 5.02sの俊足。さらにパワーもあるので、ランプレイでもスクリメージラインをなかなか割られない。中央からスイムでQBに突っ込んでくるので、かなり怖い存在です。

LAR→LV LBコリー・リトルトン

f:id:kazumax78:20200318231205j:plain


これはもう、ラムズどうしちゃったのって感じ。リトルトンは出しちゃいけんんでしょう。ハイスピード型のLBで守備範囲が広い。レイダースのD#チームはかなり姿が変わります。これは強くなりそうな予感。

CHI→LV LBニック・クワトスキー(Nick Kwiatkoski)

f:id:kazumax78:20200317214739j:plain

僕はあまりこの選手しらないのですが、ベアーズで4巡で指名されたLBです。4年間で6サック、184タックルですので、それほど・・・・・

CAR→DAL DTジェラルド・マッコイ

f:id:kazumax78:20200318225234j:plain

コリンズがダラスから抜けたかわりに、怪物マッコイがやってきました。これでダラスのスクリメージラインはまた強烈になりましたね。

LAC→PIT FBデレック・ワット

f:id:kazumax78:20200318225845j:plain

ワット三兄弟の真ん中、フルバックのデレック・ワットがスティーラーズにやってきました。これで末弟T.J.ワットと2人が揃いました!まるでトキとケンシロウ!あとはラオウことJ.J.Wattが揃えば、スーパーボウル間違いなし!?

GB→CHI TEジミー・グラハム

f:id:kazumax78:20200317214908j:plain

TEのジミー・グラハムはこれで4つ目のチームになりました。2010年にデビューして以来、これで11年目。僕はシアトルのイメージが強い選手です。とにかく背が高いのでポゼッションレシーバーとしてベアーズで成果を残して欲しいですね。 

DAL→CHI DEロバート・クイン

f:id:kazumax78:20200318230318j:plain

うーん、すごいね。ベアーズは歴史的にD#が強い。カリル・マックに加えて、ロバート・クインでエッジラッシャーとしての補強は十分じゃないかな。ラムズ時代のクインはスピードもあり大好きな選手です。

DAL→MIA CBバイロン・ジョーンズ

f:id:kazumax78:20200317215007j:plain

鳥人バイロン・ジョーンズがドルフィンズに。ドルフィンズはチームの大改革しています。まずは強力なDBを獲得ってことで安心です。なるほどやはり、フローレスHCはD#畑出身だからか、D#選手から着手するのかも知れないですね。

NE→MIA LBカイル・バン・ノイ

f:id:kazumax78:20200317215105j:plain

カイル・バン・ノイはペイトリオッツのLB。ドルフィンズのHCはペイトリオッツのLBコーチだった人。そう考えると、めちゃくちゃ信頼している感じがしますね。バン・ノイは間違いなくいい選手なので、ドルフィンズD#の核になるでしょう。

WAS→MIA OGエリック・フラワーズ

f:id:kazumax78:20200317213902j:plain

ワシントン・レッドスキンズから獲得したのは、ドラフト1巡指名の名OGのフラワーズ。でもプロ入り後はあまり大成してない選手です。ドルフィンズのHCが彼をどう育てるのか。楽しみです。

PHI→MIA RBジョーダン・ハワード

f:id:kazumax78:20200318230440j:plain

もう一つのオフェンス強化は、ランニングバックのジョーダン・ハワード。もともとベアーズで活躍してましたね。これだけでも、ドルフィンズは昨シーズンとはまるで違うチームになりましたね。まだまだ続くでしょうが、今後が楽しみです。

 

まとめ

オフシーズンのさなかですから、随時バンバン情報があがってくるかと思います。気になる選手が出てきたときは、またブログで記事を書いていきます。