NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

【NFLテクノロジー】インスタント・リプレイが導入されたのはアメフトが初。

f:id:kazumax78:20200302145750j:plain

インスタント・リプレイは、日本語にすると「ビデオ判定」のことです。審判の肉眼では判定が難しいとき、または審判員同士で判断が分かれてしまい、議論になるときなど役に立つテクノロジーです。

 

アメフトはテクノロジー進化の畑みたいな場所で、様々なベンチャーテクノロジーが実になってます。

 

ビデオ判定もテニス、野球、サッカー、相撲、様々なスポーツで導入されていますが、一番最初はアメリカンフットボールでした。

 

今回はそんな話をしたいと思います。

日本でもっとNFLが浸透しますように。

[スポンサーリンク]
 

誕生したのは1963年12月7日 アーミーvsネイビー戦

f:id:kazumax78:20200302150436j:plain

アメリカ35代目大統領のジョン・F・ケネディが暗殺されたことで、全米がとんでもない大騒ぎになり、アーミーvsネイビー戦は15日間延期されたそうです。

テロリスト対策大丈夫か?とか色々騒ぎの中だったので、そもそもかなり注目されたんですが、新しいテクノロジー「インスタントリプレイ」が導入されるということで、いつもに増してめちゃくちゃ注目されたゲームでした。

 

これが、当時再生されたインスタントリプレイの動画のようです。Youtubeってすごいね、こんなのまで残ってるから。

 

 

[スポンサーリンク]
 

ハドルの時間が退屈さを解決したいテクノロジーだった

f:id:kazumax78:20200302151408j:plain

アメフトは激しいコンタクトスポーツで大変人気を博してましたが、やっぱりプレイとプレイの間の40秒間(ハドルの時間)は、なーんか視聴者の緊張の糸が切れる。中だるみというのでしょうかね。

f:id:kazumax78:20200302153440j:plain

29歳のCBSのプロデューサー、トニー・バーナーはそこを解決してやろうと気合いれてたわけです。それでアーミーvsネイビーで、それを実行に移そうと、CBSがチャレンジしたそうです。なんとQBロジャー・ストーバックが投げたゲームなんですねぇ。

 

当初は550キロもの超重量機械を持ち込んだそうだ

「1965 video tape」の画像検索結果

この画像は当時の画像ではありませんが、ビデオシステムの初期機械はこんな感じだったそうです。なんとも思い切ったやり方だよね。今ならここまでド派手な仕事なかなかないよね。

1プレイ録画
→すぐ再生
→すぐ放送
2プレイ録画
→すぐ再生
→すぐ放送

こういう具合に、機械を駆使しながら、撮影と再生と放送を繰り返しながら、裏方スタッフがひっくり返りながらやってたそうです。

でも、何回やっても何回やっても全然成功しなかったらしいの。

ようやく第4Qにテストが成功した

f:id:kazumax78:20200302152236p:plain

リプレイ動画は、ゲームの最後に成功したそうです。しかも、アーミーのQBタッチダウンを決めたプレイだったっていうから、ドラマチックですね。

 

テレビ観てる人は

「あれ?もっかいタッチダウンしたの?」

とビックリしたみたい。

 

で、実況の人が「アーミーがもう一回タッチダウンしたんじゃないですよ!」と注釈いれたそうです。

 

これ以降、この新しい技術はストップもスローモーションもできるようになり、それが後々ビデオ判定に使われるようになったというわけですね。

 

今ではここまで進化したね

f:id:kazumax78:20200302153916j:plain

いまではここまで小さくなりましたね。デジタルで管理できるようになったんで、どこでも見れるようになったし、デバイスの性能も向上しています。現在では全てのシーンでインスタントリプレイをしているし、タッチダウンシーンは必ずオフィシャル・レビューが入るようになりましたね。

しかし、なぜかデバイスを持つだけの人がいるっていうね・・・。このお兄さんの仕事って必要??

[スポンサーリンク]
 

こちらの記事もオススメ

www.nfl-32.com

www.nfl-32.com