NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

【NFL用語解説】サラリーキャップの計算方法

f:id:kazumax78:20200228144506j:plain

さて、前回の記事でサラリーキャップがリーグに活性化をもたらしてくれることを解説しました

www.nfl-32.com

 

今回の記事では、契約の内容で、どのようにサラリーキャップに計上するのかについて、詳しく解説してみたいと思います。

 

今回の記事を書くにあたり、グリーンベイ・パッカーズ  のファンサイトを長年運営されてこられた元管理人のPacker ZONEさんに色々教えて頂きました。ご指導を心より感謝します。

 

日本でもっとNFLが浸透しますように。

[スポンサーリンク]
 

NFL選手の契約は長期契約がほとんど

f:id:kazumax78:20200228145011j:plain

日本のプロ野球は1年間の契約がほとんどですが、NFLでは長期契約が多いです。もちろん1年間だけの契約もありますが、オフェンスラインの人気選手になれば7年契約というのもあります。

よって、彼らが契約する総額は非常に大金になります。この契約金額のうち、1年間の予算、サラリーキャップに計上されるのは、どの部分かについて説明します。
 

【計上するサラリーキャップの計算】
+)契約ボーナスの年割り
+)ベースサラリー
+)ロースターボーナス
+)ワークワウトボーナス
----------------------------------
=その年のキャップヒット

簡単にいうと、こうです。ちょっと実例で説明してみます。

 

[スポンサーリンク]
 

QB最高額契約をした49ersのジミー・ガロポロの場合

f:id:kazumax78:20200228145658p:plain

f:id:kazumax78:20200228143011j:plain

ちょっと文字が小さいので見にくいかも知れないですが、これは49ersのQBジミー・ガロポロの契約内容です。左肩の赤い枠で区切った数字が契約総額で5年$137.5M(150億円くらい)ですね。さて、この大きな金額をどのようにサラリーキャップに計上するかです。 

ベースサラリーとは?(BASE SALARY)

これは年間ごとの基本給みたいなもんです(ちょっと違うかも知れないけど)。この金額は最初低くて、後々高くなっていきます。これ結構ずるい内容ですよね。大型契約結んでおきながら、「1年目に怪我したり、イマイチだったら解雇するかもよ。」ってことです。

契約した時点でお金全額が入金されないんですね。ゲームが終わるたびに、小切手で支払われるのがNFLの支払い方法だそうです。ですので、1年目で解雇放出されちゃったら、いきなり収入なくなるので、キッツイわけですね。

サインボーナスとは?(SIGNNING BONUS)

次に青く区切った部分ですが、これはサインボーナスといいます。この金はサインした時点で直ちに全額振り込まれます。だから選手はベースサラリーよりもサインボーナスを大きくした契約のほうが嬉しいわけです。このあたりにGMと代理人との駆け引きがあるわけです。

キャッシュとしてお金は全額振り込まれるんですが、サラリーキャップに計上するのは平均年割りした数字です。決算書でいう減価償却費みたいなものですかね。

 

サラリーキャップに計上するのは(SALARY CAP) 

これは緑色で区切った所の合計金額になります。当該年度のベースサラリー、年割りのサインボーナス、ロースターボーナス、ワークアウトボーナスの4種類を足します。

(2020年のガロポロの場合)

ベースサラリー=$23,800,000-
サインボーナス=$1,400,000-
ロースターボーナス=$80,000-
ワークアウトボーナス=$60,000-
-------------------------------------
合計サラリーキャップ=$26,600,000-

と、こういう具合になります。このうち、サインボーナスは契約時に支払い済みなので、ガロポロが今年もらえる給料は、$1,400,000-を抜いた$25,200,000-(27.7億円)となります。

 

途中で解雇放出されたらどうなるの?

f:id:kazumax78:20200228155042j:plain

これは、ややこしい風に見えて意外にシンプルです。

解雇したら残契約分の支払いはしなくていいです。同時にキャップスペースにも計上しなくていいです。

しかし、契約時に既に支払っているサインボーナス分で、サラリーキャップ未計上分は、一気に全額計上する必要があります。これを「デッドキャップ(Dead Cap)」といいます。日本語でいうと「死に金」ですね。表のデッドキャップの欄は、「この年に解雇すると、これだけデッドキャップが発生しますよ」という意味です。

 

解雇された選手を貰い受けたチームは、残りの契約をそのまま引き継ぎます。サラリーキャップも同じように計上します。しかし、サインボーナス分はサラリーキャップに計上しないです。

 

色々複雑そうに見えますが、ものすごく単純にいうと、「支払った分をどこかで計上せなアカン」という仕組みですね。

 

[スポンサーリンク]
 

まとめ

f:id:kazumax78:20200228160440p:plain

NFLを構成するお金という資源の使われ方を追いかけると、非常に面白いです。スポーツ経営の一面を覗き見する、そんなワクワクした気持ちになりますね。

 

また勉強していきたいと思います。これからもどうぞよろしく。