NFL超入門!~世界最強のスポーツリーグ~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

パッカーズの補強ポイントはワイドレシーバー?

f:id:kazumax78:20200225183611j:plain

僕も大好きなチーム、グリーンベイ・パッカーズ。その素敵な魅力の原因は、QBアーロン・ロジャーズにあります。

 

チーフスのQBマホームズ同様に、「もう無理じゃん」っていう展開から、バスバスとゲームをひっくり返してきた魔法使いです。

 

今回の記事では、これからのパッカーズがどのような補強戦略に歩を進めるかについて、僕なりの意見をまとめてみたいと思います。

 

日本でもっとNFLが浸透しますように。

 

WRの補強が最重要課題

f:id:kazumax78:20200225181140j:plain

なぜそうなのかというと、やはりQBアーロン・ロジャーズが宝の持ち腐れになっているからです。

 

昨年のカンファレンスチャンピオンシップでパッカーズは49ersと対戦しました。そのスコアは、ほぼダブルスコアになる20-37。相手の49ersはなんとパス8回しか投げず、ガンガンとラン攻撃で蹂躙してきました。

 

f:id:kazumax78:20200119155225j:plain

パッカーズD#陣が負けた。という一面もありますが、パッカーズO#陣が得点できなかったとも言えます。特にレシーバー陣は尽くチャンスを潰されたとみます。アーロン・ロジャーズという名QBがいても、マークが振り切れないなら同じことです。

 

パッカーズは良くも悪くもロジャーズのチームです。彼の能力が最大限発揮できれば、2度目のスーパーボウル優勝も夢物語ではありません。

 

今年のドラフトではWRが豊富です。

f:id:kazumax78:20200225183355j:plain

パッカーズの昨年の成績は素晴らしかったので、指名巡は30番目と下位になります。2020年ドラフトには、エッジラッシャー、ラインバッカー、そしてQBが豊富にでてきます。指名巡が上位のチームが欲しがる選手がウジャウジャいるわけです。

 

そうなると、アラバマ大学のジェリー・ジュディと、ヘンリー・ラグ、オクラホマ大学のシーディ・ラム、クレムソン大学のティー・ヒギンズなど、今回ドラフトにあがってくる豊富なレシーバー陣を指名できる確率もあがっています。

 

マット・ラフルーアも2年目、結果を出したい

f:id:kazumax78:20200225183500j:plain

HC経験初年度にカンファレンス・チャンピオンシップにまで進められたのは、HCの才覚だったのかどうか。まだ米国ではラフルーアに対し手放しの評価をしている様子がありません。

とすると、彼の評価を明確なものにするには、2年目となる2020年シーズンでしっかり結果を出すことです。

 

コーチ道の先輩であるカイル・シャナハンにボコボコにされたチャンピオンシップの悔しさを2020年に取ってほしいですね。

 

こちらの記事もオススメ

www.nfl-32.com

www.nfl-32.com