NFL超入門!~世界最強のスポーツリーグ~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

【ついに決定!】怪物RBと怪物QB対決 TEN vs KC

f:id:kazumax78:20200122154618p:plain

f:id:kazumax78:20200122154503p:plain

さぁ、いよいよAFCチャンピオンシップ。カンファレンスの頂上決戦が開幕されました。プレーオフはこのゲームが最終階層。これに勝利したチームが、夢の舞台スーパーボウルにコマを進めることができます。ということで、どちらのチームも絶対に負けられない、なんとしても勝利したい!そんな意気込みで望んできておりましたね。

 

「mahomes vs henry」の画像検索結果

怪物対決と評したのは、この二人です。ワイルドカードから駒を進めてきたタイタンズの原動力となっているのは、このRBデリック・ヘンリー。190cmを超える大柄な体格ながら素早い動きを見せ、少々のタックルをなぎ倒していくパワーの持ち主。彼のプレイがあるがゆえに、D#は中央を固める必要が生まれ、TEやWRを複数配置したスプレッドオフェンスが効果を発揮します。全体への影響を含め、タイタンズO#の重要人物ですね。

そしてもうひとりは言わずもがなのチーフスQBパトリック・マホームズ。彼のパス能力は常人離れしているNFLの中でも、さらに群をぬいています。ポケットから逃れ、サイドに流れながらでも正確にレシーバーにパスを出します。しかも軸を崩しながらでも、ディープゾーンを狙ってくるので、D#セカンダリーチームは広くカバーしないといけません。

こんな二人の対決がこの勝負の肝になるだろう。そんな期待を込めてゲームを観戦していました。さて、それでは少し振り返ってみたいと思います。

 

日本でもっとNFLが浸透しますように。

 結果はチーフスの勝利!スコアは24-35

f:id:kazumax78:20200122155009p:plain

結果から申し上げますが、ゲームはチーフスが見事勝利しました。それもやっぱりマホームズを軸としたチーフスO#が素晴らしかったという感想です。

www.youtube.com

これがAFC優勝が決定したあとのマホームズのインタビュー。堂々としていて、なおかつチームへの感謝を忘れない素晴らしい姿勢だなと思います。まだまだ24歳の若者ですが、心技体整ったパーフェクトヒューマンですね。

 

ゲームをリードしていたのはタイタンズでした

f:id:kazumax78:20200122161139p:plain

テネシーのO#からスタートしたゲーム。タイタンズは予定どおりRBデリック・ヘンリーを使いながら、ジワリジワリと攻め込み、まずはFGを奪いました。そして次のチーフスの攻撃を見事にシャットアウトしたD#チーム。相手に流れを渡さないようにO#チームにバトンを渡してくれました。

そしてO#チームが期待に応えようと奮闘します。先制のタッチダウンを奪います。これもやはりRBデリック・ヘンリー。エンドゾーンまで残り7ydsだと彼を止める術はなかなかないでしょう。

 

f:id:kazumax78:20200122162428p:plain

その後、チーフスの攻撃も見事でした。TEケルシーを使ってリズムを作り、4thダウンギャンブルに成功。WRメコール・ハードマンの俊足を活かしたりと、多彩な攻撃を見せ始め、歯車が噛合いだしたなという感じになってきてました。そして最後はタイリーク・ヒルを使ってのタッチダウン。彼のトップスピードには誰もついていけないです。

 

f:id:kazumax78:20200122162358p:plain

戦上手にみえるはタイタンズでした。第1Q最後のシリーズを見事にものにしました。やはり基本はランプレイが布石になっており、WRなどへのパスが通ります。チーフスD#チームのミスもあり、FGで終わるはずのシリーズがタッチダウンまで昇格したのは、本当にありがたかったですね。最後はOLに扮したTEが2本目のタッチダウン。チーフスに反してオーソドックスなO#パターンで攻め込んできますが、少しだけ変化球を混ぜてきます。この匙加減が絶妙でしたね。

 

「titans tannehill」の画像検索結果

このように第1Qの勝者はタイタンズでした。チーフスはD#でのミスも多かったです。オフサイドを2回もして相手にファーストダウンを与えたり。さらに自陣20ydsエリアでのWRへのセカンダリーの対応もまずかった。何もしなかったらターンオーバーに成功していたのに、不必要なパスインターフェアでFGからタッチダウンさせられてしまいました。

そして大切なのはタネヒル。O#チームとしても厳しいゲーム展開でした。彼は少ないチャンスをしっかりとものにしてくれました。32チーム中最高のQBレイティングをもっている彼だからこそです。シュアーなプレイによって2本のタッチダウンにつなげた彼のプレイは良かったと思います。

 

ついにチーフスO#が爆発 2Qで17-21と逆転に成功

f:id:kazumax78:20200122163821p:plain

しかし2Qの勝利者はチーフスでした。浮足立つD#チームに活を入れるように、O#が火を吹きました。リターナーのメコール・ハードマン(#17)の大俊足、そしてWRタイリーク・ヒル(#10)、サミー・ワトキンス(#14)、TEトラビス・ケルシーらが、フィールドを走りまくります。

f:id:kazumax78:20200122163913p:plain

オフェンスラインの加護もあり、マホームズはしっかりレシーバーを探す時間がありました。自分の足を使いながらレシーバーがフリーになるのを待ち、たちまちドスン。これをやられるとマンツーマンでマークしているDB陣もここまでの時間ついていくのは困難です。まさにチーフスのハメ技とも言えます。

「touchdown run mahomes」の画像検索結果

 

www.youtube.com

そして2本目のタッチダウンは、マホームズのランによってでした。スプレッドオフェンスによりガラガラになってたタイタンズD#。そこにマホームズがスクランブルで切り込みます。LBがキャッチアップしてタックルに向かいますが、彼の持ち前の運動能力で見事にかわされ、エンドゾーンまで走らせてしまいました。コレにはアローヘッドスタジアムが大興奮。完全に流れをチームにもってきたマホームズは正真正銘の大スターです。

 

後半はチーフスが流れを外さないままゲームを決めた。

「sammy watkins touchdown pass」の画像検索結果

後半も第2Qの流れのまま、チーフスがゲームをコントロールしていました。時計も使いながら、また持ち味の攻撃力はそのままに、WRたちレシーバーを存分に使いながらガンガンガンガン攻め込みました。特にサミー・ワトキンスが目立っていたように思います。

「chiefs titans scrimage」の画像検索結果

タイタンズも十分すぎるほどに戦っていましたが、チーフスD#はRBデリック・ヘンリーを見事にストップさせました。これはDLがOLに勝利し始めた、つまりスクリメージラインを制し始めたように見えました。タイタンズは後半に入ってから攻撃パターンを失ったように見え、持ち味(つまりストロングポイント)が活かせられませんでした。これはチーフスのDCスティーブ・スパニュオーロの指導が素晴らしいのでしょうね。

 

f:id:kazumax78:20200122170231p:plain

f:id:kazumax78:20200122170619p:plain

しかしタイタンズも諦めるわけにはいきません。なにせ勝利すればスーパーボウルなのです。子供の頃から夢にまで見た舞台が目の前にまできてるんです。絶対に諦められない。タイタンズは冒険にでます。4thダウン8のパントシチュエーションで見事にトリックプレイに成功。

このドライブが見事につづき、タネヒルのディープパスが大成功し、TD1本差にまで迫ります。まだまだ勝負を捨ててない!素晴らしいですね。

しかし、ゲームを掌握しているチーフスは、これくらいではびくともしない。皆が自らやるべきことを全うし、しっかりゲームを勝利しました。

 

まとめ

「super bowl chiefs won championship」の画像検索結果

さぁ、チーフスはこれで50年ぶりのスーパーボウル進出です。アンディ・リードも念願の大舞台。ぜひとも素晴らしいゲームを期待したいです!相手は最強の盾をもつサンフランシスコ・49ers。こっちは最強の矛をもってます!まさに今回のスーパーボウルは「矛盾」対決。100年目にふさわしいビッグカードになってきました!楽しみで仕方ないですね!

 

では、お次はパッカーズvs49ersのNFCチャンピオンシップの振り返りを記事にしてみます。最後まで読んでくださり、ありがとうございました!GO!!! SUPER!!!