NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

【アメフト偉人伝】ウォルター・キャンプ(Walter Camp)

「walter camp」の画像検索結果

ウォルター・キャンプさんは、アメリカンフットボールの父と言われる人。アメフトの歴史上もっとも重要な人物といっていい。

というのは、彼はアメフトのルールを決めた人だからです。 彼が生きたのは1859-1925年。当時まだルールがしっかりと決まっていなかった。キャンプさんが整備したおかげで現在のスポーツがあるんですね。

 

今回の記事では「アメフトの父」と言われる偉人ウォルター・キャンプ氏を紹介します。

 

日本でもっとNFLが浸透しますように。

 

[スポンサーリンク]
 

アメフトの原初の姿は、ただの乱暴

f:id:kazumax78:20191126152240p:plain

f:id:kazumax78:20191126161505j:plain

アメリカン・フットボールの歴史を振り返りましょう。ただし遡りまくるとギリシア時代までいきますので、それはやめて、アメリカで生まれたタイミングから解説します。

アメフトも起源はヨーロッパのサッカーにあります。ラグビーはサッカー中に、ボールを手で運んだのが面白かったんで生まれたって話が有名です。アメフトはそこからの亜流変化です。

アメリカで始まったのは、プリンストン大学やイエール大学、ハーバード大学などです。時期は1820年。今から約200年前になります。

この時のルールは、大学ごとにバラバラで、とにかくボールを手で前に運んだら勝ちというシンプルなものです。だから基本的に試合は喧嘩になって、暴力と怪我が横行するひどいものでした。あまりに乱暴すぎて死人がでたので、ハーバード大学では禁止になった時期もあったそうです。

ルールができ出すのが1860年~70頃

f:id:kazumax78:20191126153614p:plain

あまりにもひどいもんだから、ちゃんとルール作ろうぜという空気が生まれて、なーんとなくルールみたいなものができました。(写真はプリンストン大学のものらしいです。)

【原型時のルール】

①チームは15人
②スクラムからスタートする
③前パス禁止

というもので、ラグビーの姿とよく似ていました。まぁそれもそのはず、ルーツはラグビーですから納得です。違うのは全てがスクラムを組んでからのセットプレーだったということですね。

これでもまだまだ、アメフトになってないですね。

 

f:id:kazumax78:20191126154633p:plain

1869年に初めて大学対抗戦が始まりました。写真はその最初となったラトガース大学とプリンストン大学の対抗戦の記念碑です。でも上記のようなルールですから、アメリカンフットボールというよりも、ラグビー試合みたいなものです。

 

19歳の少年がアメフトのルールを作った 

f:id:kazumax78:20191126155108p:plain

さて、アメフト混迷期の1876年。イエール大学の1年生だった少年がウォルター・キャンプさんです。彼はアメリカン・フットボール・ルール委員会に、イエール大学代表として参加しています。

なんで18歳の少年が?と思いますが、彼はボート部でも野球部でもフットボール部でもキャプテンを務め、学業でもトップクラスの天才少年だったのです。彼が代表にならずだれがなる!というスター学生だったんですね。

【ルール①】アメフトは11人でやりましょう!

f:id:kazumax78:20191126155552p:plain
キャンプがルール委員会で、絶対に曲げなかったのが11人制というルール。現在でも11人でやりますね。この1880年くらいに決まったんですね。

写真みてますと、14人いますけど、これは多分サブメンバーか交代要員なんでしょうね。この当時はボールがまだ球体で、今みたいなラグビー型じゃありませんね。中心の髭の人がウォルター・キャンプ氏です。

 

【ルール②】スクリメージラインを作りましょう

f:id:kazumax78:20191126160453p:plain

キャンプさんがルールを整備する以前、アメフトはラグビーみたいに、実際にスクラムを組んで、足でボールを後ろに掻き出してました。キャンプはそれをやめて、スクラムを組んだことにした仮想ライン(Scrum Image Line | 現在で言うスクリメージライン)に、O#とD#を並べました。

【ルール③】ボールは手で渡しましょう

f:id:kazumax78:20191126161144p:plain

スクリメージラインができると同時に、ボールを足で掻き出すんじゃなく、手でQBにボールを渡すという現在のスタイルができます。これでセンターというポジションが決まり、QBというポジションが生まれました。

 

【ルール④】ダウンシステム導入

f:id:kazumax78:20191126162213j:plain

3回の攻撃で5yds進めないと攻撃権を失い、ターンオーバーする。今のアメフトでは当たり前のシステムです。キャンプが導入したこのルールで、アメリカン・フットボールはラグビーとも、サッカーとも大きく一線を画し独自の進化を遂げるのです。

これが導入されたキッカケは、プリンストン大学が、スクラム組んでばかりで攻撃せず、観ている側が全然面白くなかったからだそうです。無理やりにでも攻撃させるために、ダウンシステムが導入され、同時にO#とD#の両方の役割が明確になっていったんですね。

このルールは1882年に、サードダウンで5ydsでターンオーバー。次に1906年、3rd down,10yds に伸びました。しかし「3回で10ydsは無理、ちょっとしんどい」ということで、1912年に現在の4回の攻撃で10ydsというルールになってます。

【ルール⑤】前パスOK

f:id:kazumax78:20191126164307g:plain

ラグビーと決定的に違うのがもう一つ。前パスOKのルールです。ラグビーでは「スローフォーワード」というのは最も有名なファールですね。

f:id:kazumax78:20191126163304p:plain

別の記事にもまとめてますが、1905年ごろ大学の試合であまりにも死傷者が多く、当時の大統領から、「ルール改正しなさい」と命令が下されました。

当時、まだまだラグビーみたいなルールだったアメフトでは、中央部分のランプレイが激しく怪我人が多数ありました。そこで、ルール委員会にいた、ウォルター・キャンプとジョン・ハイズマンは、怪我人をへらすことを目的にして、前パスをOKにしました。

 

これでD#チームはどこにボールがいくかわからないため、人が分散することになりました。

またこの「前パスOK」によって、戦術がより複雑になり、プレイブックという概念が誕生します。このルールが、アメリカン・フットボールを特徴づける大きな変化を生み出したんですね。



まとめ

f:id:kazumax78:20191126164602p:plain

さて、ウォルター・キャンプさんが、「アメリカン・フットボールの父」と言われる所以、納得しましたー。こういう人がいたから、今のアメフトがあるんですね。僕も調べながら、大変勉強になりました。

キャンプ氏は、コネチカット州のニューブリテンで生まれ、1925年ニューヨーク市で65歳の生涯に幕を下ろしました。オハイオ州カントンのフットボールの殿堂に、彼は入っていませんが、ウォルター・キャンプ氏こそがアメリカン・フットボールの発明者です。なるほどですねぇ~。

こういう人がいるんだなと、思ってくれると幸いです。日本でもっとNFLが浸透しますように。

 

[スポンサーリンク]