NFL超入門!~世界最強のスポーツリーグ~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

【結果速報!】WEEK7!レギュラーシーズン鍔迫り合い。怪我でも戦う戦士たち

f:id:kazumax78:20191021095948p:plain
だいぶレギュラーシーズンも佳境に近づいてきました。16試合中の7試合が終わりましたので、残りは9試合。優勝がほぼ決定しそうな地区もありますが、地区の殆どはまだ大きな差がついてない状況です。

 

今後のレギュラーシーズン、一歩も引くことが出来ませんね。

 

さぁそれでは、Week7の各地区の勝ち星報告をします。

日本でもっとNFLが浸透しますように。

 

[スポンサーリンク]
 

 

 

AFC東地区 無敗のペイトリオッツを追うビルズ

f:id:kazumax78:20191021100311p:plain

無敗で首位を走りつづけるペイトリオッツは、同地区JETSとマンデーナイトに対戦。QBサム・ダーノルドが「キス病」から復帰したWEEK6。シーズン最初の勝利をチームに届け、QBが変わるだけでこんなに違うのかとレシーバー陣も好調。JETSの本領発揮です。こちらは今晩の試合ですので、また後日報告します。

f:id:kazumax78:20191021100343p:plain



ドルフィンズvsビルズは、ホームのビルズが10点差で勝利。ドルフィンズは今シーズン1勝もあげてません。このままタンク狙いでしょうか。

 

AFC北地区 抜けてきたレイブンズ PIT-CLEは2勝のまま

f:id:kazumax78:20191021100421p:plain

レイブンズはシーホークスと対戦し勝利。5勝目をあげて地区首位を走ります。しかし総失点数が156点と結構多い。(32チーム中18位)。シーホークスはDKメットカーフも徐々に馴染んできた感じ。タイラー・ロケットの調子は変わらずいいし、ゲームには負けたものの、やぱりQBラッセル・ウィルソンがミラクルなパスを投げてるうちは、強敵に変わりないと思います。

f:id:kazumax78:20191021100452p:plain



ベンガルズはジャガーズと対戦。初勝利をあげたい気持ちがあるものの、またも敗北。これで7連敗となりました。新HCの首が飛ぶ日も近いように思います。

 

AFC南地区 首位テキサンズと直接対決を制したコルツ

「week7 texans colts」の画像検索結果

テキサンズ4勝、コルツ3勝という状況で対峙した2チーム。結果はコルツが23-30で勝利。これで4勝で並びコルツが首位に躍り出ました。やっぱりレッドゾーンでのD#、そしてファールの数が勝負を分けるケースが多いように思います。

f:id:kazumax78:20191021100615p:plain

タイタンズはチャージャーズをホームで迎え撃ち勝利。長年のフランチャイズQBのマリオタを下げ、バックアップのライアン・タネヒルをスターターとして使う。チャージャーズを見事倒しました。現在は最下位にあるわけですが、それでも1勝しか離れてない状況。今後の9試合もある中で、いくらでも1位は狙えるでしょう。

AFC西地区 チーフスいまだ首位 追うレイダース

f:id:kazumax78:20191021100752p:plain

チーフスはブロンコスとサーズデイ・ナイト・フットボールで対戦。結果はチーフス勝利で幕を下ろしたものの、QBマホームズを怪我で失いました。これは痛すぎる。しかもQBスニークが怪我の原因ということで、かなり悔しい。彼の才能を考えると、騙し使いするのでなく、しっかり休養し治してほしい。

f:id:kazumax78:20191021100819p:plain



レイダースはパッカーズとの対戦。24-40でパッカーズの完勝。パッカーズは新HCになってから随分調子がいい。マイク・マッカーシーの時と比較すると、随分プレイが決まるように見える。それでも40得点とは随分な結果だったなと思う。

 

[スポンサーリンク]
 

NFC東地区 カウボーイズ・イーグルス横並び

f:id:kazumax78:20191021100859p:plain

さて、NFC東は1位同士のカウボーイズとイーグルスが対戦中。カウボーイズはこれに負けたら、4連敗になります。こうなるとさすがにHCジェイソン・ギャレットの首が危ない。あれだけのタレントを揃えて勝てないのは、指導者として辛い。

f:id:kazumax78:20191021100928p:plain

NYGはホームでカーディナルズを迎え撃ちました。結果は27-21で惜敗。7試合振り返ってみると、カイラー・マレーはボールを持ちすぎる傾向があるし、ダニエル・ジョーンズはもう少し結果がほしい。RBサクオン・バークレーはゲームに復帰し、素晴らしい活躍を見せてくれました。これからもバークレーは追いかけていきたいよね。

NFC北地区 パッカーズ首位 僅差で追うバイキングス

f:id:kazumax78:20191021101005p:plain

さむーいミネアポリスから、さむーいデトロイトに遠征して対戦した、バイキングスvsライオンズ。なんとバイキングスの大量得点で42-30で勝利。それでもライオンズも強い。バイキングス相手に30得点もしている。今シーズンでは一番失点が多かったゲームになり、D#チームは大きな反省を覚えているのではないだろうか。

 

NFC南地区 やはり強いセインツ パンサーズに勝ち目はあるか

f:id:kazumax78:20191021101106p:plain

スターターQBのドリュー・ブリーズが親指靭帯損傷のため、手術をしリハビリをしている。そのため、シーズン途中からバックアップQBのテディ・ブリッジウォーターがスターターをしている。これが存外にハマってる。セインツの持つ爆発的な攻撃力はなりを潜めているものの、実に冷静なゲームメイクにより、しっかりと勝利を重ねているのだ。WRマイケル・トーマスは変わらず131ydsをキャッチし、チーム勝利に貢献している。ブリーズが帰ってくるまで、このまま頑張ってほしい。

 

f:id:kazumax78:20191021101138p:plain

ファルコンズはラムズと対戦し、37-10の大敗北。マット・ライアン、フリオ・ジョーンズのホットラインは、急遽トレードされたジャレン・ラムジーが見事にカバー。今季はファンが辛くなるような試合が続いている。

NFC西地区 無敗の49ers。LARは3位に降格

f:id:kazumax78:20191021101214p:plain

49ersはレッドスキンズと対戦。稀に見る大雨の中でのゲームは、ナイナーズが9-0という完封勝利で幕を閉じた。これでNFCでは49ersが、AFCではペイトリオッツが無敗という素晴らしい結果になっている。QBジミー・ガロポロは、かつてペイトリオッツのバックアップQB。ベリチックからの指導を受けたのが花開いたのだろうか。だとすると、ベリチックの偉大さに頭が下がる。

「week 7 nfl falcons rams ramsey」の画像検索結果

昨年のスーパーボウル出場のラムズはファルコンズと対戦して勝利。しかしそれでもまだ4勝目。最下位のカーディナルズとは1勝差だけだ。CBジャレン・ラムジーを獲得し、D#チームのラインナップは豪華絢爛になった。課題はラムズのランプレイ強化になるだろう。

[スポンサーリンク]
 

まとめ

今シーズンは、主力選手の怪我退場も重なっており、当初の予想とは大きく崩れてきた感があります。特にスターターQBを失ったパンサーズや、ベアーズ、スティーラーズなどは顕著でしょう。今後、チーフス、ファルコンズらも不安要素がたくさんあります。

盤石に見えるのは無敗の2チームかと。このまま行けば、ペイトリオッツと49ersがチャンピオンシップ候補。しかし、まだ9試合あります。事はそう簡単ではありません。これからもアツイ熱戦が繰り広げられる事になります。実に楽しみです。

[スポンサーリンク]