NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

【NFL TOP100】46位 CBパトリック・ピーターソン(カーディナルズ)

f:id:kazumax78:20190729084814j:plain
2011 / 1 / 5 / LSU
アリゾナ・カーディナルズD#の要となるCBパトリック・ピーターソン。格付けサイトやランキングでは、毎年ランクインする最強のコーナーバックです。人智を超えた能力に加え、めちゃくちゃ愛想がよくて周囲の空気を明るくするムードメーカーとしても人気の高い人です。

トップ100人にはデビュー以来数えて、「55位→33位→22位→19位→18位→19位→23位→46位」と、今年で8年連続で選ばれてます。

18シーズンハイライト

Embed from Getty Images

パスD#5回、インターセプト2回、タックル54回とスタッツでいうとあまりすごくないように見えます。しかしQBからすると視え方がまるで違います。パトリック・ピータソンがいるサイドは、レシーバーがフリーになれずに、そもそもボールが投げられないことが多いからです。(もう一方のCBが敵をフリーにしちゃってるから、そっちに投げてることが多い場合もあります。)

18年はこれまでのマンカバーから、ゾーンカバーに戦略が変更になりました。それでもゾーンカバーでのランキングはリーグ3位。やっぱりパットPの実力はスゴイと言わざるを得ません。

全部の年でプロボウルに選ばれてます

Embed from Getty Images

2011年にデビューしてから、全てのゲームにスターターとして登場。怪我で欠場することが一度もないというのは、本当にスポーツマンとして驚異の結果です。さらにCBとしても毎年パフォーマンスが落ちること無く、毎試合エースレシーバーと対峙し対策しています。(大体65%くらいはピーターソンがマッチアップする)

結果、プロボウルには毎年選ばれ8年連続です。それに加えて、オールプロの1stチームには4年選ばれてます。ファンからも、玄人目からも、どういう目線でみても彼はすごい。すごすぎるってことです。

しかし、パットPが入った2011年からのカーディナルズ、 地区優勝1回、プレイオフ2回という成績。もっと大舞台でピーターソンの活躍がみたいですね。

 

LSU大学タイガース時代

Embed from Getty Images

フロリダ州に生を受けたピーターソン。高校生時代からRBとDBの両方を経験、陸上競技では100m10.82s、200m22.24s、4*100mリレーの選手としても活躍しています。Rivals格付けでは、全米8位の選手として注目をあびてました。地元フロリダ大学、ジョージア、USCなどからリクルートの誘いもありましたが、LSUに進学を決意。

HCレス・ミルズの元で、2008-2011の3年間をプレイ。2年生の2010年には、最優秀DB賞であるジム・ソープ賞を受賞しています。

そして見事ドラフトで1巡5位指名。移行ずっとアリゾナ・カーディナルズのメイン看板として活躍しています。

数々のスポンサーと愛する家族

ウブロ、シュプリーム、Rockinprotein、ロレックスなどとスポンサー契約を結び、フィールド外でも活躍しています。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Merry Christmas and hope everyone got what they wanted! #everydaychristmasbih

Patrick Petersonさん(@realpatrickpeterson)がシェアした投稿 -

プレイベートではかわいい一人娘をさずかり、大変幸せそうです。彼女が誕生した瞬間は「All or nothing1~アリゾナ・カーディナルズ編~」を観ればいいですよ!もうこんなに大きくなったんですね!

-

 

こちらの記事もオススメ

www.nfl-32.com

www.nfl-32.com

www.nfl-32.com