NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

【NFL名選手】LBナバロ・ボウマン引退(2010-2017)

f:id:kazumax78:20190605084645j:plain

また名選手が引退しました(泣)

 

ナバロ・ボウマンはサンフランシスコ・49ers、D#の看板選手でした。

 

フィールドには2010年から17年の8年間立っていまして、18年には怪我のためか、どことも延長契約を結ぶことができず、19年のシーズンが始まる前に引退を決意されました。

 

ハードなヒットもさることながら、ボールキャリアが「抜いた!」と思ったら、まだ粘り強く足元に絡み絶対に離さない。相手O#にすると非常にやっかいな選手でした。

 

ナバロ・ボウマン(Navorro Bowman)のキャリア

f:id:kazumax78:20190605084602j:plain

彼は東海岸メリーランド州の生まれです。高校生時代から、メキメキと頭角を現し、LBとして大活躍。しかしその当時から肩の故障を抱えて出しており、試合を欠場することもままあったそうです。

しかし、彼の才能はアウトスタンディングで、怪我を抱えておりながらでも、他を圧倒するレベル。高校時代に165タックル、9サック、3FFを記録し、同時にランニングバックとして1200ydsを走るなど、本当にスーパーアスリートでした。

f:id:kazumax78:20190605084534j:plain

地元から少し離れた、ペンシルバニア州立大学(Penn State Uni.)からのリクルートを経て、カレッジフットボールにデビューします。

同期チームメイトにカウボーイズのLBショーン・リーがおります。ペンステートでも州のベストメンバー、オールアメリカンに選ばれるなど素晴らしい成果を出し、満を持してドラフトへ望みます。

ドラフト3巡全体91位で、49ersから指名を受ける

f:id:kazumax78:20190605084237j:plain

チームメイトのショーン・リーは同じポジションで2巡で指名をうけてます。コレにはボウマンも憤慨したでしょう。しかし今振り返ってみても、リーのクレバーさは奇貨でありジェリー・ジョーンズの判断は正しかったと言えます。

 

f:id:kazumax78:20151108150907j:plain

ボウマンは49ersに貢献し、プロ選手としても頭角を現しています。3巡指名のLBとなると、他に埋もれてしまう人も多いのですが、彼は3年目となる2012年にプロボウルに選ばれ、翌年2013年にも連続して選ばれるほどになりました。

 

f:id:kazumax78:20190605083948j:plain

しかし、2013年のプレイオフ、シアトル・シーホークスと対戦したNFCチャンピオンシップ。なんと第4Qで彼の左膝の前十字靭帯断裂。合わせてMCLにも損傷が。彼の膝は再起不能とまで言われたほどでした。

f:id:kazumax78:20190605084005j:plain

結局、このゲームはシーホークスが勝利し、スーパーボウルではQBラッセル・ウィルソンがブロンコスを圧倒しました。ボウマンはプレイオフで負った膝の怪我のため、2014年シーズンを棒に振ることになりました。

 

 

f:id:kazumax78:20190605083909j:plain

しかし、不屈の男。2015年にはど根性で復帰してきました。16試合全てに出場し、彼自身のキャリア最高となる年間154タックルを記録し、2015年シーズン、三度目のプロボウルに選ばれました。目のこえた記者達が選ぶオールプロには4回選ばれており、ファン投票よりも玄人うけする選手だったように思います。

f:id:kazumax78:20190605083829j:plain

皆が期待をしていた2016年シーズンが始まりましたが、ボウマンにまた悲劇が。今度は左アキレス腱断裂。怪我がつきものとは言え辛い話。翌年の2017年がスタートし程なくした頃、49ersからリリースされ、レイダースに移籍をします。

f:id:kazumax78:20190605083758j:plain

しかし、そこでももう肉体の限界。ついにゲームには出れなくなりました。これが彼のNFLの最後のキャリアとなりました。

 

f:id:kazumax78:20190605084820j:plain

東海岸から西海岸にやってきた怪物、ナバロ・ボウマン。フットボールの才能に恵まれたアスリートでしたが、才能以上に怪我や自分と向き合う克己心の強い、高い精神をもった男でした。彼の引退に心から敬意を評します。