NFL超入門!~世界最強のスポーツリーグ~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

今回のNFLドラフト 指名の多かった大学やポジションは?

f:id:kazumax78:20190507153755p:plain

さて、今回2019年ドラフトを少し総括的に振り返ってみましょう。会場になったナッシュビルではどのような状況だったのか?どの大学が最も指名をうけたのか?今回の人気だったポジションはどこか?など簡単にエクセルを使って分析してみました。

それではどうぞ。

 

会場はタイタンズのお膝元テネシー州ナッシュビル !

f:id:kazumax78:20190507153654p:plain

「Welcome to Nashville ~home of the NFL Draft 2019~」と銘打ったキャンペーンが大大的にはられた今回のドラフト。本当にイベントとして大きな成果を挙げ、企画したのが誰だか知らんが大成功だったようです。


Welcome to Nashville, Home of the 2019 NFL Draft

こちらがキャンペーン動画。NFL公式ですがブログ上でも見れるようです。ありがたい。

音楽の街になぞった会場設営はお見事

f:id:kazumax78:20190507155207p:plain

「ナッシュビルは音楽の街」。「カントリーミュージックの聖地」としても知られるのが、ナッシュビル。アメリカ大陸中東部にある交通の要衝として経済的に発展し、文化的には音楽が盛んです。この街の歴史を象徴するような舞台セットが今回のドラフトでもなされました。

f:id:kazumax78:20190507154631p:plain

f:id:kazumax78:20190507155331p:plain

選手が登場するたびに生バンドが演奏したり

 

f:id:kazumax78:20190507154846p:plain

「次の指名は・・・・?」の「The Pick is in」のデザインではギターのピックとPickをかけてたり。至るところで「音楽の街」というテーマが多用されていました。

観客動員は三日間で50万人!

f:id:kazumax78:20190507155957p:plain

エグイ人。

 

f:id:kazumax78:20190507160003p:plain

どこまで見ても人。

 

f:id:kazumax78:20190507160026p:plain

テレビ前の席をとれた幸運な人々。

f:id:kazumax78:20190507160029p:plain

とにかくもう会場を埋め尽くすほどの人人人の嵐!この3日間で詰めかけた人は合計50万人を超えるそうです。フィラデルフィアで開催された2017年ドラフト、初めてラジオシティから街中での開催になってから、年々イベント感が増してきています。今回野外イベントとして、国内最大級と銘打つほどのレベルです。来年のドラフト会場はラスベガスの新スタジアム(レイダーススタジアム)なんですが、今からもう策を練って置かないと、大変な惨事になってしまうかも知れないですね。

 

 

最も指名を受けた大学は・・・アラバマ大学!

f:id:kazumax78:20190507144105p:plain

うーん、アラバマ大学強いなー。すごいなー。もう名門中の名門だね。フリオ・ジョーンズやカルビン・リッドリーの印象が強いから、ファルコンズのイメージが強い。今年のドラフトでは、3位DTクインネン・ウィリアムス、11位OTジョナー・ウィリアムス、24位RBジョシュア・ヤコブズの3名が1巡指名入りしてて、本当にもう最強じゃん。

【他のトップ大学はこんな感じ】

f:id:kazumax78:20190507163336p:plain

1位 アラバマ大学|10名
2位 オハイオ州立大学|9名
3位 ワシントン大学|8名
3位 オクラホマ大学|8名
5位 テキサスA&M|7名
5位 ジョージア大学|7名

ということで、やっぱり毎年同じ顔ぶれ大学って感じではあります。ノートルダム大、クレムソン大、オーバーン、ミシシッピ、ペンステートは皆6名指名を受けており肩を並べています。

 

 

指名の多かったポジションはCB32名

f:id:kazumax78:20190507145421p:plain

まぁ怪我の多いポジションでもあるし、体力的に若いほうが動きが速いというのもあり。指名されることの多いのかも知れないです。優秀なCBはD#全体に影響力があり、O#のオプションを減らしてくれるので、実に厄介な存在です。現在NFLでトップクラスと言われる、ジャレン・ラムジー、パトリック・ピーターソン、デズモンド・トルファン、ステファン・ギルモアなど皆1巡指名です。しかしリチャード・シャーマンは5巡だし、AJボイエはドラフト外だし、結局のところ誰が大成するのかは確約できないものです。

 

Mr・イレレバントはUCLAのCaleb Wilsonさん

f:id:kazumax78:20190507150740p:plain

全体254位、つまりドラフトの最後の最後に名前を呼ばれる人のことを「Mr.Irrelevant」(イレレバント)と呼びます。意味は「無関係」「重要でない」「的外れ」ということらしく、大変不名誉な俗称ですね。

まぁゴルフでいうブービー賞のようなもので、そういう人にもライトを当てようよ。ということでしょう。悪いことではありません。ですがイレレバントに選ばれて、NFLライフで出世できた人はいない。やっぱりそれほど層の厚い世界だと言うことですね。

今回選ばれたのは、UCLAのTEカレブ・ウィルソン君。ダラス生まれの青年。彼のお父さんはイーグルスのDLコーチとして、2018年スーパーボウルで優勝を経験しています。残念ながら、現在は首になってますが、息子がNFL選手になったことは大変喜んでいるでしょう。


Cardinals Pick Caleb Wilson With the last pick of the Nfl Draft | 2019 Nfl Draf

 

 

まとめ

f:id:kazumax78:20190507153255p:plain

さぁ、どうなったことやら。またチーム情報を刷新していきたいと思います。特に1巡2巡あたりで指名された選手を反映していきたいですね。これから益々新シーズンに向けてボルテージが上がってきます。なにせ100周年ですからね!楽しみです。