NFL超入門!~世界最強のスポーツリーグ~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

【NFL名選手たち】QBテリー・ブラッドショー(1970-1984)

f:id:kazumax78:20181017102649p:plain

ピッツバーグ・スティーラーズ黄金時代を築いたQB。スーパーボウル4度勝利しているのは、NFLの歴史上、トム・ブレイディとジョー・モンタナ、そしてテリー・ブラッドショーのたった3人だけなんですね。

 

創設以来、負け続きだったピッツバーグ・スティーラーズが、いよいよ改革に乗りだしたのが1968年あたりから。1969年にDTのジョー・グリーンを全体4位で獲得した後でも最下位だったスティーラーズ。 

f:id:kazumax78:20181017102815j:plain

1970年にチーム改革の最重要人物であるQB、テリー・ブラッドショーを全体1位で獲得。その後9年間でスーパーボウルに5回出場、4回優勝と破竹の勢いを見せた。まさに1970年代はテリー・ブラッドショーのスティーラーズの時代でした。

テリー・ブラッドショーの年表

f:id:kazumax78:20181017102828j:plain

1948年 ルイジアナ州生まれ
1966年 ルイジアナ工科大学に進学
1968年 全米1位の2,890ydsを投げる
1970年 全体1位でスティーラーズへ
1974年 第9回スーパーボウル優勝
1975年 第10回スーパーボウル優勝
1978年 第13回スーパーボウル優勝
1979年 第14回スーパーボウル優勝
1984年 現役引退
1989年 プロフットボールの殿堂入り

テリー・ブラッドショーとジョー・モンタナ

f:id:kazumax78:20181017102840j:plain

ブレイディが現れる前は、スーパーボウルを4回も制したQBはこの二人だけでした。しかし銀幕のスターのように天才として評価を受けているモンタナに比べると、ブラッドショーはあまり有名でない。というかジミな印象です。

 

モンタナが作る試合は、「モンタナ・マジック」と言われるように、ありえない大逆転劇がありました。WRジェリー・ライスとは、まるで水魚の交わりで、二人の調子が上がってくると、信じられない展開が起こりました。

 

f:id:kazumax78:20181017102852j:plain

しかし、ブラッドショーには「スティール・カーテン」と言われるD#軍団がいました。ミーン・ジョー・グリーン、ジャック・ハム、ジャック・ランパード、メル・ブラントらがチームを勝たせる。またO#ではフランコ・ハリス、リン・スワンのようなスター選手が輝いていました。

 

コレだけスターが揃ってますから、QBといえどテリー・ブラッドショーが「霞む」という印象があります。 

f:id:kazumax78:20181017103004j:plain

だけども、見方を変えると「他人の力を最大限発揮させるマネジメント力」に長けていたとも言えます。これはゲームの最中だけでなく、オフの時間や、練習の時、練習が終わったあとの会話などで、様々なコミュニケーションが図られている。

 

ブラッドショーは、「このように動くとうまくいくはずだ」と、丁寧にプレイを解説し、自分なりの理論でもって、チーム内で議論を繰り返していたと想像できます。人間は道理で納得し熱意が伝播し腹に落ち、やることに腰が入ります。こうして、主力選手たちが100%の能力が出せるように、まとめていたんでないかと思います。

 

そしてこんな経験と性格が、後々のCBSの解説者になる道に通じていたんでなかろうかと思います。

 

引退後のテリー・ブラッドショー

f:id:kazumax78:20181017102934j:plain

1989年にプロフットボールの殿堂入りを果たします。

 

f:id:kazumax78:20181017102947j:plain

1984年に現役を引退してから、彼はテレビのブロードキャスターを務めるようになります。5冊の本を書いたり、ゴスペルのアルバムを出したりしながらも、NFLに関わる生活を続けていました。

 

実は結婚4回もしてる浮気男

f:id:kazumax78:20181017103123j:plain

さて、ゴシップの話をしましょう!

テリー・ブラッドショーは全体1位指名、スーパーボウル4回優勝、テレビたくさんでて、レコードも出して本も書いてと、スター街道まっしぐら。そんな彼もご多分に漏れず、かなり浮名を流してきました。

 

f:id:kazumax78:20181017103646j:plain

一人目の奥さんはミス・テネシーのメリッサ・バビッシュさん。すごいきれいな人ですよねー。でも1972-1973の1年間で離婚してるんですね。スーパーボウル優勝する一年前です。

 

f:id:kazumax78:20181017104047j:plain

二人目の奥さんは、フィギュアスケーターのアリシア・ジョジョ・ストーバックさん。冬の札幌オリンピックで世界4位の実力です。美人はあかんかったんで、同じアスリート同士なら、うまくやっていける!そう踏んだんでしょうねー。この結婚生活は1976-1983年まで、彼が現役引退の1年前まで続きました。

 

f:id:kazumax78:20181017110736j:plain

3人目はシャーロット・ホプキンスさん。弁護士一家の娘でした。離婚の3年後、1986年2月15日に再婚します。彼女との間には二人の娘を授かったようです。上の娘は無事に大学を卒業、下の娘も大学を卒業し、こっちはミュージシャンの道を進みます。そしてしばらくして、テネシー・タイタンズのキッカー、ロブ・ビロナス(Rob Bironas)と結婚するのですが、彼が不慮の交通事故で若くして亡くなってしまい、未亡人になってしまいます。ブラッドショーとホプキンスさんの結婚生活は1983年から1999年までの17年間続きました。

 

f:id:kazumax78:20181017111220j:plain

さて、最後の4人目の奥さんは4年前の2014年に結婚。なんと15年間もガールフレンドとしてデートを重ねていたそうです。お名前はタメリア・アリス・ルトラル(Tameria Alice Luttrull)さん。通称タミーさん。彼女もまた1998年に離婚してるんですね。バツサンとバツイチのナイスカップルです。

 

以上!テリー・ブラッドショーの紹介でした!

 

こちらの記事もオススメ

www.nfl-32.com