NFL超入門!~世界最強のスポーツリーグ~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

【NFL名選手たち】CBメル・ブラント(1970-1983)

f:id:kazumax78:20181015161003j:plain

ピッツバーグ・スティーラーズの名選手。QBテリー・ブラッドショウらと共に、PITスティーラーズ黄金時代を築いた一人。スーパーボウル4度優勝、プロボウルには5回選出され、NFLの長い歴史上でもベスト・コーナーバック何じゃないか?といわれてます。

 

 

メル・ブラントの年表

f:id:kazumax78:20181015155943j:plain

1948年 ジョージア州のトゥームス市で誕生
1970年 3巡全体53位でPITから指名
1974年 第9回SB優勝
1975年 第10回SB優勝
1978年 第13回SB優勝
1979年 第14回SB優勝
1983年 引退

高校時代は野球にバスケ・陸上と多種競技をこなし、アメフトも同時並行でやっていた。サザン大学からスカラーシップを受けて進学し、大学ではセーフティを中心として、DB全般をプレイ。

f:id:kazumax78:20181015161017j:plain

1970年ドラフトでスティーラーズから指名。この当時、スティーラーズは弱小軍団でミーン・ジョー・グリーンを獲得してからチーム改革が加速。メル・ブラントも改革の重要人物だった。プロでは1972年からスターター。ここでCBに正式にコンバートされます。

f:id:kazumax78:20181015160255j:plain

彼のキャリアのハイライトは1975年シーズン。インターセプト・リーダーになり、最優秀守備選手賞(D#MVP)を受賞。スーパーボウルも優勝しリーグ最高のセカンダリーの名を手に入れました。

 

メル・ブラント・ルール

f:id:kazumax78:20181015162925j:plain

1970年代、スティール・カーテン擁するピッツバーグ・スティーラーズがあまりにも強かったため、戦力の均衡を図ろうと、当時の委員会が考えたルールがあります。

それは現在でも適用されてるルール、「バンプ・アンド・ランカバレッジは禁止」というものです。

これはメル・ブラントが得意技としていたもので、レシーバーがルートランに入る前に、バンプ(手で押すこと)して、QBとのタイミングをずらし、ルートから外す技です。(スクリメージラインから5ydsは接触OK)

メル・ブラントがあまりにも驚異的だったのでしょう。当時の委員会はこれを適用し、世間では「メル・ブラント・ルール」などと言われたそうです。

f:id:kazumax78:20181015163006j:plain

しかし、このルール適用後、もっとも成果をあげたのが、皮肉にもスティーラーズでした。WRにガンガンパスを通し、もう一度スーパーボウルリングを獲得したのです。

 

引退後のメル・ブラント

f:id:kazumax78:20181015160321j:plain

f:id:kazumax78:20181015160359j:plain

1989年にプロフットボールの殿堂入りを果たします。スティーラーズ黄金世代からHOFになってる人は本当にたくさんいます。素晴らしい世代ですね。

 

f:id:kazumax78:20181015160556j:plain

自身で設立したメルブラント・ユースホーム(財団法人?)で地域貢献活動を続けています。

 

f:id:kazumax78:20181015161033j:plain

引退後も自分がプレイしたPITが気になるようで、何度もハインツ・フィールドに足を運んでいるようです。現役の選手たちからすると、本当に小さい時の憧れの人物。顔をみるだけで気分が高揚し、やる気がでる。素晴らしいモチベーターですね。

 

メル・ブラントの息子アキルの話

f:id:kazumax78:20181015160642j:plain

息子のアキル・ブラント(Akil Blount)もスティーラーズで契約した!とのNEWSが2017年に流れてきました。父親と同じくディフェンス、彼はラインバッカーのようです。しかし、彼は父親ほどの才能に恵まれなかったようで、NFLでは芽が出ませんでした。

2016年にドラフト外でドルフィンズと契約するが、2017年にスティーラーズと契約。そして現在はNFLでなく、AAFというプロリーグにあるオーランド・アポロスというチームでプレイしています。

 

 

こちらの記事もオススメ

www.nfl-32.com