NFL超入門!~世界最強のスポーツリーグ~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

【NFLトップ100】96位 Sマルコム・ジェンキンズ

f:id:kazumax78:20180507084116j:plain

f:id:kazumax78:20171119221348j:plain

2009 / ROUND / PICK14 / OHIO

2度のスーパーボウルチャンピオン(44回、52回)と、プロボウルに選出(2015、2017 )、オールプロにもセカンドチームとして選出(2010年)と輝かしい実績の持ち主。

 

 ドラフトではニューオーリンズ・セインツが指名。セインツがDBを1stラウンドで指名したのは、オレゴン大学のアレックス・モールデン(1996年)以来の出来事。これからもマルコム・ジェンキンズが優秀な程度が図り知れます。当時は彼はFSではなく、CBでした。

f:id:kazumax78:20180507084324j:plain

CBのジェンキンスのデビュー戦は11戦目のタンパベイ・バッカニアーズ。7タックルとインターセプトを決めて華々しくスタートを切りました。ルーキーにインターセプトされた当時のTBのQBはジョシュ・フリーマンでした。

その後、ニューオーリンズ・セインツはスーパーボウルを優勝。2010年ジェンキンスはCBからFSへとポジションチェンジします。彼の運動能力の高さと守備範囲の広さは素晴らしく、FSにセットするだけで、D#チームの担当エリアが大きく変わります。

 

f:id:kazumax78:20180507084526j:plain

ルーキー契約が終わる2014年シーズンの3月11日に、新天地となるフィラデルフィア・イーグルスとの新契約を締結。

 

オハイオ州大時代のジェンキンズ

f:id:kazumax78:20180507084720j:plain

最優秀DB選手賞であるジム・ソープ賞を受賞。毎年オールスター選手として活躍してきた時代を彩る選手でした。オハイオ州立大学は、マルコム・ジェンキンス、エゼキエル・エリオットや、今年ドラフトのデンゼル・ワードなど、毎年毎年、1巡指名のスタープレイヤーを輩出している名門ですね。

 

ジェンキンズ財団としての地域貢献

f:id:kazumax78:20180507084854j:plain

f:id:kazumax78:20180507084856j:plain

子ども達を正しい成長に導くために、マルコム・ジェンキンズ財団を立ち上げ、教育、リーダーシップ、学業、個性、人間関係、ヘルスなどの生きる力を育んでいます。

素晴らしい人。ウォルター・ペイトン賞にも毎年ノミネートされてますが、今後受賞されてくのでしょう。

 

マルコム・ジェンキンズの契約金額

f:id:kazumax78:20180507085617j:plain

FSとしてはリーグ6位の契約金額。4年で$35M、日本円で37億円(年俸9.25億円)はかなりの大型ですね。ポジションごとに比較しますとFSやCBは、結構大型契約を結ぶ傾向が強いようです。

現在シーズン8年目を迎える30歳、まだまだ引退するまでは時間があります。どうかこのままハイパフォーマンスを維持して活躍してほしいですね。

 

こちらの記事もオススメ