NFL超入門!~世界最強のスポーツリーグ~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

AFCディビジョナル・プレイオフ ジャガーズvsスティーラーズ

f:id:kazumax78:20180114114708j:plain

f:id:kazumax78:20180115033922p:plain 

 予想に反してものすごいいいゲームになりました。ジャクソンビルvsスティーラーズのディビジョナル・プレイオフ。

結果はジャガーズのジャイアント・キリング!

f:id:kazumax78:20180115043829j:plain

スティーラーズRBレベオン・ベルは相変わらず怖い存在でしたが、ジャクソンビルのディフェンス陣が予想以上に強かったですね。

 

AJボイエ、ジャレン・ラムジーというオールプロのCBが、両サイドを封じ込めてますね。特にアントニオ・ブラウンをマンツーマンでカバーできるだけで、ディフェンスはマネジメントしやすくなりますよね。

f:id:kazumax78:20180115044852p:plain

さらにDEのカレー・キャンベル。こちらもオールプロのエッジ・ラッシャーです。AFCもサックリーダーでもあります。とにかくキャンベルがガンガン攻めてるから、ロスリスバーガーも少し焦っていました。

 

f:id:kazumax78:20180115044632j:plain

f:id:kazumax78:20180115044635j:plain

前半はさっそくジャクソンビル・ジャガーズのタッチダウン。レオナルド・フォーネットは恐ろしいRBです。ジャガーズは彼を獲得したことでオフェンスに大きな柱を作れましたね。ダメQBボートルズの穴を補って余りある選手です。

 

スティラーズは流れに乗れず、ジャガーズに3ポゼッション差、21−0と大差をつけられることになりました。その後、エースレシーバーのWRアントニオ・ブラウンが20ydsパスをタッチダウン。やっと一本返し、次のジャガーズのオフェンスもしっかりと止めます。

 

f:id:kazumax78:20180115045716j:plain

 ようやく流れがスティラーズに来るかと思った所、ジャガーズディフェンスがロスリスバーガーをファンブルフォース。こぼれたボールを俊足LBのテルヴィン・スミスが拾って、タッチダウン!点差を28−7に返します。その後50ydsのロングパス(ほとんどヘイルメリー)をロスリスバーガーが決めて、前半は28−14で終了。

 

 

f:id:kazumax78:20180115095944j:plain

なんだか、あせる様子もないAFC北の雄、スティラーズ。後半スタートで、3Q残り9分。なんとRBのレベオン・ベルをレシーバーに使い、20ydsパスのタッチダウンパスに成功。前半にタッチダウンを決めたテルヴィン・スミスがマッチアップしてましたが、スーパーキャッチしました。途中、ジュジュ・スミス・シュスターのラフなプレイもありましたけど、やっぱりスティラーズ強い。

 

f:id:kazumax78:20180115095853j:plain

f:id:kazumax78:20180115095854j:plain

f:id:kazumax78:20180115095859j:plain

第4Qでレオナルド・フォーネットも怪我から帰って来まして、ジャガーズのリズムも戻りました。スティーラーズも素晴らしいオフェンスを見せてましたが、あとすこし及ばず。45-42のFG一本差でジャクソンビル・ジャガーズがカンファレンス・チャンピオンシップ進出を決めました。

 

 

f:id:kazumax78:20180115100120j:plain

さて、次はジャガーズvsペイトリオッツです。弱点のないペイトリオッツにジャガーズはどう対処してくるのでしょうか。また、ペイトリオッツオフェンスチームは、最強ディフェンスをもつジャガーズのどこを突いてくるのか。ゾーンの穴を狙うか、それともマンツーマンで各個撃破してくるか。それにはちょっとWRが力不足にも感じます。

 

どちらにせよ、実に楽しみになってきました。ここまで来たら、ジャガーズ応援します!