NFL超入門!~世界最強のスポーツリーグ~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

レイダースQBデレック・カーが戦線離脱?

腰椎の骨折の疑いがあるQBデレック・カー

f:id:kazumax78:20171001163126j:plain

 Week4のデンバー・ブロンコス戦。チームは10-16でブロンコス勝利に終わったのだが、レイダースが受けた痛手はそれだけでは済まなかった。

f:id:kazumax78:20171005181316j:plain

 3Q残り5分、右にロールアウトしたカーに、ブロンコスからパスラッシュが来る。1stアタックはDEデレック・ウルフ(#95)。OLのマーシャル・ニューハウス(#73)がブロック損ねた穴を見事についた。これをカーはなんとか躱し前を向く。

 しかし、次いでOLBシャキール・バレット(#48)が右サイドから攻めてきた。これとほぼ、同時にDEシェルビー・ハリス(#96)が突っ込んできた。これにはもうさすがに捕まってしまう。ほぼほぼダウンというところ。

f:id:kazumax78:20171005175026j:plain

 だが、そこに遠く左サイドから猛烈に突っ込んできたDEアダムス・ゴティス(#99)がダメ押しのタックル。このタックル、故意ではないが、彼の左膝がカーの背骨あたりにヒットしているのがわかるだろう。

 

 

f:id:kazumax78:20171005181822j:plain

HCのジャックデル・リオも駆け寄り、状態を確認するが、プレイ続行不可能と判断。控えQBにゲームを渡すことになってしまった。

 

 

怪我の程度は2週か6週の出場停止レベルという噂

f:id:kazumax78:20171005182013j:plain

 HCのジャックデル・リオは、短くとも2週間~6週間、彼は治療のため戦線を離脱することをコメントした。フィールドで強気な彼が、カメラの前で見せた姿は非常に力なさげであった。 

 

 この怪我は、昨年ダラス・カウボーイズのトニー・ロモが受けたものと同じ。彼は結局控えQBダック・プレスコットにスターターの座を譲る形になった。それどころか、引退を決意するまでになった。やはりフットボール選手という生き方に反対するのは、家族の常だろう。愛する家族を守るための手段は他にもある、もう十分にNFLの栄光を味わった。ロモはそう決断したのかも知れない。

 

 

カーを葬った膝タックル DEアダム・ゴットシスとは

f:id:kazumax78:20171005182428j:plain

 NFL2年目となる選手。2016年のドラフトで全体指名63位の2巡指名選手です。ジョージア工科大学卒業のプレイヤー。オーストラリアのメルボルン出身の人ですね。193cm 139kgという大巨漢でありながら、グイグイ走れるタイプのフットボーラーです。しばらく、オークランド市民から、ブーイングを受けるのでしょうね。

 

 

カーの代役は、このQB EJマニュエル

f:id:kazumax78:20171005175129j:plain

うーん。あんまり知らん。

 

 

こちらの記事もオススメ