NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

NFLチーム紹介【19】暴れ牛 バッファロー・ビルズ

f:id:kazumax78:20200621142343j:plain

さて、バッファロー・ビルズを紹介しましょう。近年は同地区にいるペイトリオッツのせいで、あまり目立たない存在になりつつあるように見えますが、そんなことないです!

 

f:id:kazumax78:20170524224130p:imagef:id:kazumax78:20170524224134p:image 

なにせ!四年連続でスーパーボウルに出場しているのはビルズだけ!

 

レベニューシェアが厳しく導入されているNFLリーグの中でこの結果がだせたという非常に稀有なチームでもあるんです。逆に4年連続で負けちゃったってのも珍しいんですがね。

 

さて、そんなバッファロービルズ。まずは本拠地のバッファローという街から紹介しましょう。

【スポンサーリンク】

 

ビルズの本拠地、バッファロー市とは?

f:id:kazumax78:20170525082139p:plain

ニューヨーク州の二番目の都市バッファローです。最も大きなものは当然NY市ですが、2番目になるのが、北西端に位置するバッファロー市です。

 

 

 

f:id:kazumax78:20200621150237j:plain

セオドア・ルーズベルト(テディ・ベアのモデルになった人)が大統領に任命された建物ウィルコックス邸や、建築を志した人なら、一度は目にしたことがあるフランク・ロイド・ライトの代表作品マーティン・ハウスがあるのも、ここバッファロー。いろいろな意味で歴史がある街です。

 

f:id:kazumax78:20170525082456j:plain

何より最も有名なものは、カナダとの国境あたりに位置有名な「ナイアガラの滝」です。この世界三大瀑布をもっているのが、バッファローという街です。

 

チーム名「ビルズ」の由来は、アメリカのガンマン

f:id:kazumax78:20200621143254j:plain

ビル・コーディ(William Cody)という西部劇のガンマンが由来です。彼は若くして成功した人物。その痛快な生き様、奴隷制度を嫌った高潔さ、そして多くの事業を興したフロンティア精神に、アメリカではかなり尊敬されている人です。

 

f:id:kazumax78:20200621144405j:plain

現在ディズニーで、ミッキーマウスが主演で開催される西部劇「The Wild West Show」は彼、バッファロー・ビルことビル・コーディの物語です。っていうか、そもそもビル自身が脚本し監督し演出し、興行にしてきた作品で、当然自分がでてくる話です。これをウォルト・ディズニーがミッキーマウスとコラボさせ現代で転用しているんですね。そんな伝説の人がビルズのモチーフになっているのです。

 

f:id:kazumax78:20200621142825j:plain

ビル・コーディは実に優秀なガンマンで、南北戦争のときにはまだ若く、戦役に関われなかったそうです。しかし奴隷解放の運動に心酔していた彼は、北軍の兵士への食料として1年間で4,000頭ものアメリカバイソン(すなわちバッファロー)を仕留めて、献上してきたそうです。そのため、彼はバッファロー・ビルという二つ名をもらうことになったそうです。

 

f:id:kazumax78:20200621145622j:plain

NFLのチームが設立される以前から、バッファロー市には「バイソンズ」というチーム名がありました。1947年にその名称変更の市民公募がありまして、バッファロー市の隣町、ロチェスターにも由来があった「バッファロー・ビル」の物語から、チーム名を拝借したと言われています。

 

スーパーボウルに4年連続で出場した唯一のチーム

f:id:kazumax78:20200621152901j:plain

QBジム・ケリーがいた時代のビルズは、それはそれは強かった。ノーハドルで短い時間で得点を重ねるオフェンススタイルは、当時ハイパー・オフェンスと呼ばれ1990年シーズンを席巻した。

最初のスーパーボウルに躍り出たビルズは第25回スーパーボウルでジャイアンツと対戦。HCビル・パーセルズ率いるジャイアンツは、ビルズと正反対の時計を使うランオフェンス。これに1点差で敗北を喫する。以後合計4年連続スーパーボウルに出場するわけですが、一度も勝利することが出来なかったという、大変稀有な歴史をもっています。

 

f:id:kazumax78:20200621153604j:plain

ちなみに当時、ジム・ケリーのバックアップQBをしてたのが、現在のコルツのHCをしてるフランク・ライク(Frank Reich)です。

 

www.youtube.com

なにせ、スーパーボウルを4年連続出場というのは、あとにも先にもこの時代のビルズしかいないと思います。あの強かったペイトリオッツでさえ、この記録に追いついていません。当時はジム・ケリーの姿をNFLがまとめてますので、よかったらYoutubeでご覧ください。

 

殺人罪で起訴された有名なOJシンプソン事件

f:id:kazumax78:20170524224119j:image

この人覚えてる人いますかね?本当に昔ですが、1994年に殺人罪で起訴されて、裁判でドリームチームといえる米国最強の弁護団を結成し、疑惑だらけの無罪判決を勝ち取った事件。

 

 

f:id:kazumax78:20200621154536j:plain

じつはこの張本人O.J.シンプソンさんが、NFLの大スターRBで、バッファロー・ビルズの選手だったんですね。彼がランニングバックをしていましたのは、1969-1977の約10年。その後サンフランシスコ49ersに移籍して現役を引退します。その後プロフットボールの殿堂入りしました。

 

f:id:kazumax78:20190611115102j:plain

 彼が殺人容疑で起訴されたのは、1994年。離婚した自分の元妻(白人)、ニコール・ブラウンとその恋人ロナルド・ゴールドマンを殺害したとの容疑を掛けられました。しかし、それはさすがに、NFLの元スーパースター。金にものを言わせて無敵の弁護士軍団を用意して疑惑の無罪を勝ち取りました。

 当時はNFLスター選手のスキャンダルに加えて、結局金持ちが救済されるアメリカの司法制度のあり方についてや、黒人白人人種問題にも発展し、たくさん物議をかもしだした事件でした。

f:id:kazumax78:20200621154632j:plain

今彼は、2007年に強盗と誘拐の罪で、禁固17年。刑務所に服役中。出所してくるのは2024年ですね。でてきたら、おそらく暴露本でも書くんでしょうね。

 

実はこの人が、ビルズのファン

f:id:kazumax78:20200621154743j:plain

そう、第45代アメリカ合衆国大統領。クレイジーボーイことドナルド・トランプ氏。 この人が大統領やる前から、名うての商売人だったのは、周知の事実です。

 

ビルズのオーナーシップは設立当初から一人の人物が保有していました。その人が死んだため、所有権のオークションが2014年に行われました。このときに参加したのが、現オーナーのペグラ夫婦以外に、この二人です。

 

そう、現大統領のトランプ氏とアーティストのジョン・ボンジョビでした。オークションに参加するためトランプはドイツ銀行からの融資を取り付けるなど動いていましたが、ペグラ夫婦の応札した14億ドルには遥か及ばず。ボンジョビも敗北する結果になりました。

 

そんな経緯があるチームでもありますよってことです。こちらの記事もさんこうにどうぞ。

www.nfl-32.com

そんなビルズの最近の戦績

f:id:kazumax78:20200621160141p:plain

こちらWikipediaからの転載になりますが、この20年弱の間、このAFC東地区はペイトリオッツの圧勝です。こんな地区は他にはありませんね。ビルズは最近ようやく2位に食らいつくようになってきました。

f:id:kazumax78:20190929132543j:plain

しかし最近2年くらいにビルズは強くなってきました。2019年シーズンはもう何年ぶり!といいたくなる二桁勝利をあげ、地区優勝に最後の最後まで食らいつき、ワイルドカードながらプレーオフに進出しました。

 

そんな新生バッファロー・ビルズを次から紹介します。

 

【スポンサーリンク】

 

O#チーム主要選手紹介

QBジョシュ・アレン#17

f:id:kazumax78:20181104110708j:plain
2018年 / 1巡 / 7位 / ワイオミング大学
チームの軸となる選手です。QB豊作の年といわれた2018年ドラフトの1巡指名選手です。アレンはどちらかというと、純朴そうな見た目でかわいいキャラに見えますが、プレイは真逆でパワフルです。

肩も強くパス精度も高い。にも関わらず脚もかなり速くて、ランプレイでも稼いでくれます。背の高いラッセル・ウィルソンって言う感じです。彼に比べるとクレバーさが少し足りないぐらい。

f:id:kazumax78:20200621161011j:plain

2018年ドラフト組では先にブラウンズのQBベイカー・メイフィールド、ジェッツにサム・ダーノルドが指名されましたが、プレイを見る限り アレンのほうが良いように思います。これからますますリーダーシップを発揮してくれると期待しています。

LTディオン・ドーキンス(Dion Dawkins)#73

f:id:kazumax78:20200621165250j:plain
2017年 / 2巡 / 63位 / テンプル大学
NFL経験3年目の若手。ビルズのOLは全体的にチームとしての歴が短い。彼が3年目だけどもリーダー的立場になります。ある意味ではQBアレンがやりやすいOLチームかも知れないです。

LG クイントン・スペイン(Quinton Spain)#67

f:id:kazumax78:20200621165352j:plain
2015年 / ドラフト外 / ウェスト・バージニア大学
タイタンズからの移籍組です。彼も2019年からビルズの仲間になってます。

C ミッチ・モース(Mitch Morse)#60

f:id:kazumax78:20190611133604j:plain

2015年 / 2巡 / 49ers位 / ミズーリ大学
かつてカンザスシティ・チーフスでプレイしてきた選手。怪我のためIR入りしてそのまま移籍。ビルズには2019年に移籍。ビルズのOLは2019年からのメンバーが多い。

RG ジョン・フェリチアーノ(Jon Feliciano)#76

f:id:kazumax78:20190314153143j:plain

2015年 / 4巡 / 128位 / マイアミ大学
レイダースからデビューしたガード。2019年からビルズのOLに仲間入りしています。名前からもわかりますが、シチリア島にルーツをもつ人です。脚はそんなに速くないので、しっかりとパスプロしてくれるガッチリした感じの人。

RT コーディ・フォード(Cody Ford)#70

f:id:kazumax78:20200621165418j:plain
2019年 / 2巡 / 38位 / オクラホマ大学
昨年ドラフトで獲得したOLの主要選手です

WR ステフォン・ディグス(Stefon Diggs)#14

f:id:kazumax78:20200621165540j:plain
2015年 / 5巡 / 146位 / メリーランド大学
ミネソタの奇跡を起こした張本人。あの映像かっこよかったなぁ・・・。さてディグスですが、バイキングスで結構活躍してきた選手。NFLトップ100人で73位にもランキングされてます。・・・・・が、2020年のオフにビルズが大枚はたいて移籍を敢行させました。正直すこし払いすぎな気もしないでないですが。

彼の家はあまり裕福でないらしく、NFLで稼いだお金で、兄弟たちを大学に活かせている苦労人らしいです。そういう話きくと応援したくなっちゃう。浪花節には弱いんだよねぇ。

WR ジョン・ブラウン(John Brown)#15

f:id:kazumax78:20200621165810j:plain
2014年 / 3巡 / 91位 / ピッツバーグ州立大学
カーディナルズでデビューしたものの長くいられず、レイブンズで1年だけ。昨年2019年からビルズに転籍。177cmしかない少し低めのレシーバー。ビルズはWR陣に少し不安が残るよね。

SWR コール・ビーズリー(Cole Beasley)#11

f:id:kazumax78:20200621165830j:plain
2012年 / ドラフト外 / SMU
ドラフトでは名前が上がらないながらも、カウボーイズで長年スロットとして活躍してきた選手。身長180cmに満たない日本人なみの低身長(173cm)ですが、ルートランが上手くキャッチングの能力を磨きまくってて、かなり頼りになる人。プレイもアツイしチームの中にいると活気がでる感じがする。

TEドーソン・ノックス(Dawson Knox)#88

f:id:kazumax78:20200621170410j:plain
2019年 / 3巡 / 96位 / ミシシッピ大学
また2019年から加盟したスクリメージライン選手。デビュー年はレシーバーとしては50回もターゲットになってる。388yds獲得してて、3巡目としてはちょっと期待落ち。できたらもっと頑張って欲しいなぁ。

RB TJイエルドン(TJ Yeldon)#22

f:id:kazumax78:20200621165927j:plain
2015年 / 2巡 / 36位 / アラバマ大学
名門バマ大出身の上位指名選手。かつてはジャクソンビル・ジャガーズのスターターとして活躍してきたんですが、5年目に継続契約が結べずFA選手としてビルズと2年契約。2020年で契約終わるから、若手のやつに負けたら終わりという過酷な年。フルゲームでれる肉体じゃないんだよねぇ。

RB デヴィン・シングレタリー(Davin Singletary)#26

f:id:kazumax78:20200621165949j:plain
2019年 / 3巡 / 74位 / フロリダ・アトランティック大学
昨年デビューしたての若手選手。昨年は775ydsをキャリーしルーキー年としたらまずまずな記録をだしてます。新顔のモスとエース争いをしてくれると更に成長してくれそう。

RB ザック・モス(Zack Moss)#20

f:id:kazumax78:20200621170013j:plain
2020年 / 3巡 / 86位 / ユタ大学
今年がデビュー年になるルーキー若手。多分ゴリゴリ使ってくるでしょう。どれくらいやってくれるのか楽しみな選手。

Kスレファン・ハウシュカ(Stephen Hauschka)#4

f:id:kazumax78:20200621170911j:plain
2008年 / ドラフト外 / ミドルバリー大学
NFL歴12年になるチーム1のベテラン選手。バイキングス・レイブンズ・ファルコンズ・ライオンズ・ブロンコス・シーホークスを経て、7つ目のチームになります。ビルズにきたのは、2017年から。シーホークス在籍中にスーパーボウルリングを獲得しています。

【スポンサーリンク】

 

D#チーム主要選手

DEマリオ・アディソン(Mario Addison)#97

f:id:kazumax78:20200621173235j:plain
2011年 / ドラフト外 / トロイ大学
パンサーズで8年間プレイしてきた選手です。2020年からビルズに移籍。かなりのベテランさんですね。8年プレイしてきたけど、サック数はそれほど多くなくて、55本。毎年7本くらいかな。

DT エド・オリバー(Ed Oliver)#91

f:id:kazumax78:20200621174104j:plain
2019年 / 1巡 / 9位 / ヒューストン大学
ビルズD#のスター選手。オリバーのルーキー年はスターター出場7試合でしたけど、サック5本、ロスタックル5本、QBヒット8本と期待通りの大活躍。2年目にどこまでやってくれるか期待が高まります。

DT スター・ルトレレイ(Star Lotulelei)#98

f:id:kazumax78:20200621173548j:plain
2013年 / 1巡 / 14位 / ユタ大学
入れ墨と名前をみてもわかりますか?そうです、この人はトンガの国の人。(分からんよねwww)、もともとはパンサーズで1巡デビューした選手です。ビルズにきたのは2018年から。サックは少ないですが、しっかりランを止めてくれる重要なタックル。

DE ジェリー・ヒューズ(Jerry Hughes)#55

f:id:kazumax78:20200621173852j:plain
2010年 / 1巡 / 31位 / TCU
きました、3人目の1巡指名選手。やはりスクリメージラインには1巡指名が集まりやすいですね。彼ももとは別のチーム。コルツからの移籍組です。とはいえ、ビルズには2013年からいますから、D#チームではかなりのリーダー的立場です。

LB AJクライン(AJ Klein)#54

f:id:kazumax78:20200621174346j:plain
2013 / 5巡 / 148位 / アイオワ州立大学
彼もパンサーズからの移籍組。パンサーズ→セインツ→で2020年からビルズへ。顔つきが怖いんで、実際にあうと話しかけにくそう。セインツのときは毎年70本のタックルあげてますから、かなり良い仕事してくれそうって期待。

LB トルメイン・エドモンド(Tremaine Edmunds)#49

f:id:kazumax78:20180809182527j:plain
2018年 / 1巡 / 16位 / バージニア工科大学
エドモンド三兄弟の末弟さんですね。2019年にはプロボウルにも選ばれまして、タックル技術がいいですね。俊敏性がたかくパスD#もタックルでも活躍してくる重要なLBです。

4歳上の長男トレイはスティーラーズでRB、1歳上の次男テレルもスティーラーズでセーフティ(しかも1巡!)をしてます。

LB マット・ミラノ(Matt Milano)#58

f:id:kazumax78:20200621175042j:plain
2017 / 5巡 / 163位 / ボストン大学
ビルズの生え抜き選手ですね。少しずつ実力をつけ始め、昨シーズンでは1巡のエドモンドと引けを取らない101タックル、9パスD#をあげてます。まだまだ若いですから、どんどん活躍しそうです。

SS ジョーダン・ポイヤー(Jordan Poyer)#21

f:id:kazumax78:20170910155911j:plain
2013 / 7巡 / 218位 / オレゴン州立大学
イーグルス、ブラウンズを経て、2017年からビルズに移籍。インターセプトも5回、4回、2回、パスD#は徐々に成績さがってます。うーん、ちょっと能力落ち気味かも。でもタックルはずっと100本あげてます。攻め気味のLBだと思ったほうが良い。

CB ジョシュ・ノーマン(Josh Norman)#29

f:id:kazumax78:20190929151344j:plain
2012年 / 5巡 / 143位 / コースタル・カロライナ大学
あのジョシュ・ノーマンがビルズにやってきました。オールプロに選ばれたのは、2015年とかなり過去の話。少しずつパフォーマンスが落ち込んできたようにも思います。もう8年目ですからね。活躍してくれることを期待します。

CB トレディビアス・ホワイト(Tre'Davious White)#27

f:id:kazumax78:20170511162843j:plain
2017年 / 1巡 / 27位 / LSU
プロ4年目の1巡選手。さて昨年までの3年間ですが、2019年が素晴らしかったですね。インターセプトもリーグ1位の6本、パスD#なんか17回。オールプロにも選ばれ、ビルズのスターCBです。

NB タロン・ジョンソン(Taron Johnson)#24

f:id:kazumax78:20200621180141j:plain
2014年 / 4巡 / 121位 / ウェバー州立大学
うん。ちょっと目立たない選手です。注意してみてみましょう。

FS ミカ・ハイド(Micah Hyde)#27 

f:id:kazumax78:20200621180400j:plain

2013年 / 5巡 / 159位 / アイオワ大学
パッカーズでデビューして、5年目にビルズに移籍してきた人。プロボウルにも1回選ばれてる。良いセーフティですね。

 

と、こういう感じでございます。まだまだ選手の情報が薄いですね。これからもご指摘いただけると幸いです。

 

【スポンサーリンク】

 

こちらの記事もオススメ