NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

NFLチーム紹介【12】虎だ!虎になれ!シンシナティ・ベンガルズ

f:id:kazumax78:20200828142522p:plain

シンシナティ・ベンガルズ。なんとも雄々しく、獰猛そうな名前のチームです。

 

今回のチーム紹介では、ベンガルズのフランチャイズがあるシンシナティの街の紹介をあわせてしていきます。

 

シンシナティ市はオハイオ州にあります。こちらについては、同州ライバルチーム、CLEブラウンズのチーム紹介にて詳しくまとめています。よかったら合わせて御覧ください。

 

さて、それではどうぞ!

NFLが日本でもっと浸透しますように。 

[スポンサーリンク]
 

シンシナティ市の特徴

f:id:kazumax78:20200829134149p:plain

まず大きな位置から紹介します。シンシナティがあるオハイオ州はこちらです。オハイオ州の詳しい紹介については、別記事「ブラウンズのチーム紹介」を御覧ください。

www.nfl-32.com

 

f:id:kazumax78:20200829134750j:plain

さてオハイオ州の中で、シンシナティはこちらにあります。黒い線でくくったところが、オハイオ州。真ん中に州都コロンバスがあって、エリー湖側にブラウンズの本拠地であり州内最大規模の都市クリーブランドがあります。

赤い丸印でくくった街は、NFLのフランチャイズである都市です。この界隈はめっちゃチームが多いです。

 

f:id:kazumax78:20200829135453j:plain

市内の地図がこちらです。オハイオ川を境目に、向こう岸はケンタッキー州という場所です。オハイオ州の西南端部に位置する大きな街で、アメリカの発展にも大きく関わってきた 歴史をもつ街です。

 

f:id:kazumax78:20200829135832p:plain

このまちの愛称はシンシィ。人口規模では30万人を超え、広域都市圏の人口では220万人ほどという規模です。NFLがフランチャイズを置く街の規模としては、さほど大きくないような印象です。余談ですが、人口10万ほどのグリーンベイにチームがあるのは、本当に珍しいのです。こちらもぜひ。

www.nfl-32.com

 

 

f:id:kazumax78:20200829135919p:plain

シンシナティグルメといえば、「Way」の合言葉でしられるシンシナティ・チリ。カロリーたっぷりのチーズをドカンと盛った、シンシナティ風にアレンジしたチリコンカーンが名物です。見た目的にはあまり食欲をそそらないですが、ハマれば抜け出せない沼のような料理らしいです。

 

f:id:kazumax78:20200829140132j:plain

オハイオ州は結構田舎ですが、ここは洗練された華やかな街です。特にシンシナティ交響楽団は全米5大オーケストラと言われ、街が持つ文化性の高さ、民度の高さを図り知れます。

 

f:id:kazumax78:20200829140301j:plain

街の歴史は1788年3人の入植者から始まります。彼らが街の原始設計を初めて、ドイツ系移民が多く、建物のデザインなども欧州風なものが多いようです。

 

f:id:kazumax78:20200829140443j:plain

そのため市内にはソーセージ料理が多く、数々のドイツ文化に触れる機会が多いように見えます。先程紹介したシンシナティ・チリに始まり、ゲッタ、チリ・パーラーなど数々の料理の源流にはドイツがあります。

 

f:id:kazumax78:20200829140714j:plain

また9月にはオクトーバーフェストが開催されます(Oktoberfest Zinzinatti。本場ドイツでも毎年開催されるビール飲み放題のトラディショナルなお祭りです。欧州から遠く離れたここシンシナティでも、盛大に開催されてます。

 

f:id:kazumax78:20200829140809j:plain

f:id:kazumax78:20200829140821p:plain

これが開催の様子。マジでめちゃくちゃでかいイベントです。このオクトーバーフェストの規模は、世界で二番目と噂されます。

 

f:id:kazumax78:20200829134030j:plain

オハイオ川を渡すローブリング・サスペンション・ブリッジ。これはシンシナティの代名詞とも言える名物橋です。たくさんの絵葉書にも出てきますね。

 

f:id:kazumax78:20200829141024p:plain

市民の遊び場、コニー・アイランド・アミューズメントパークは、シンシナティが誇る遊園地です。こちらもオハイオ川を望むロケーションに立地していて、地元の人たちを喜ばせています。

 

f:id:kazumax78:20200829141245j:plain

シンシナティ動物園は全米2番目にできた動物園です。ベンガルズの由来ともなったベンガル虎がいました。世界でも相当な歴史をもってます。開演が1847年で、日本に黒船がやってきたのが、1853年ですからね。それくらい昔からあるってことです。

 

f:id:kazumax78:20200829141342p:plain

建築に関わる僕としては、ぜひとも伺いたいのは、オールド・セント・メアリーズ・チャーチ(Old St Mary's Church)です。シンシナティ市内では最も古い教会で、ローマ・カトリック派の施設です。アメリカはプロテスタントが多いイメージですが、シンシナティはローマンカトリック派が多いようですね。

 

f:id:kazumax78:20200829141418j:plain

シンシナティの経済で最も有名な企業は、P&G(プロクター・アンド・ギャンブル社)です。 この会社は、名著ビジョナリー・カンパニーでも登場してきた偉大な企業ですね。生活用品、生活消耗品を製造販売する企業として、世界最大の規模をもっています。優れたマーケット戦略をもち、数々の人材を育てているメガ企業。

 

 

f:id:kazumax78:20200829141441p:plain

もう一つ、有名なのは、百貨店のMacy's。これもシンシナティが本社に移りましたね。創業者はマサチューセッツの人でNYで旗揚げされましたが、現在はシンシナティにある持株会社で管理されてる状態です。いまでも本部はNYにありますが、商売はAmazonに押されて、正直しんどい状況らしいです。

 

f:id:kazumax78:20200829141538j:plain

教育面ではシンシナティ大学が有名ですね。1819年に設立され、現在でも4万人を超える学生が通っている公立大学です。校舎がめっちゃ綺麗でカッコイイことで有名です。学問でも有名かな。

 

さて、このぐらいにして、スポーツの話題にいきます。

 

[スポンサーリンク]
 

シンシナティのスポーツ

f:id:kazumax78:20200829141651j:plain

MLBでは、シンシナティ・レッズがあります。1882年に設立された歴史あるチーム。当時はシンシナティ・レッドストッキングスという名前でした。なんでストッキング???と思いましたが、英語では膝下までの長い靴下のことを、ストッキングと呼ぶらしいです。

f:id:kazumax78:20200829141939j:plain

ワールドシリーズ5回優勝している強いチームですね。正直ベンガルズよりも歴史があり、強いようです。人気はどうでしょうか。どちらがあるんでしょうね。

 

f:id:kazumax78:20200829141717j:plain

もう一つ、カレッジからはシンシナティ大学ベアキャッツ。KCチーフスのTEトラヴィス・ケルシーや、イーグルスのCジェイソン・ケルシーの母校です。マイアミ大学やピッツバーグ大学、メンフィス大学とライバル関係で、これらの大学との試合はかなり盛り上がるそうです。

 

さてそろそろ、ベンガルズの話をいたします。

 

[スポンサーリンク]
 

ベンガルズ創設の歴史

f:id:kazumax78:20200829142250j:plain

ベンガルズは1967年に誕生したチームです。創設者はポール・ブラウンをリーダーとするオーナーグループでした。彼はもともと、クリーブランド・ブラウンズのHCとして活躍してきた人物です。彼については他の記事でもまとめてます。超すごい人なので、ぜひ読んでほしいです。

www.nfl-32.com

 

f:id:kazumax78:20200829142740p:plain

1946年から1962年までの17年間、彼はブラウンズのHCをしてきました。この期間のブラウンズの勝率はなんと75%。今ではとても信じられない強さです。まさにブラウンズ無双時代と言えます。

 

f:id:kazumax78:20200829142506j:plain

そもそもポール・ブラウンがすごかったので、チーム名がブラウンズという名前になったと言われるほど。それぐらいポール・ブラウンは、コーチングの歴史でも、偉大なる人物だったというわけです。

 

f:id:kazumax78:20200829143013j:plain

無双を誇っていたポール・ブラウンに、突如解雇通達がなされます。理由は新オーナーとの喧嘩でした。写真は2代目オーナーとなった、アート・モデルという人物です。

 

f:id:kazumax78:20200829143608j:plain

アート・モデルは1963年にポール・ブラウンをカット。圧倒的権力をもち君臨してた独裁者と、新人オーナーとの対立という構造が生まれたわけです。無双コーチとしてアメリカを席巻してきた彼は、急遽フリーな人物になってしまったわけです。

 

 

f:id:kazumax78:20200829144305j:plain

NFLにどうしても関わりたいブラウンさんは、当時のオハイオ州知事(ジム・ローズ)に新チーム設立を懇願します。そしてシンシナティに新チーム設立の運動をおこします。しかし当時のスタジアムは、NFLが求める最低5万人収容の基準を満たせません。これにより、NFL新チーム設立は断念されかけます。

 

f:id:kazumax78:20200829144912j:plain

しかし1966年、AFLとNFLが合併しよかと動き出します。これが転機となります。新チーム設立はリーグ全体の課題として俎上にあがります。1966年11月にニューオーリンズ・セインツが誕生します。時を合わせて、かねてよりチーム創設の動きが加熱してきたシンシナティでも、新チーム設立が認められます。

(AFLについて詳しくは、こちらの記事にまとめております。)

www.nfl-32.com

 

f:id:kazumax78:20200829145224j:plain

こうして1967年3月23日シンシナティ・ベンガルズが誕生します。ブラウンズから排除されたポール・ブラウンの悲願が達成された瞬間です。こういう歴史的背景があるので、設立してから長く、ブラウンズとベンガルズは仲が悪かったと言われます。

 

f:id:kazumax78:20200829145321j:plain

チーム名はシンシナティ動物園にいた白いベンガル虎に因んでベンガルズと名付けられた。という説と、ブラウンズのオレンジを使うことが既に決定してて、それに対立する黒を入れたら、虎柄になったから、ベンガルズなんだ。という言われもあります。

 

f:id:kazumax78:20200829150202j:plain

1991年8月5日、ポール・ブラウンは85歳で召されました。そしてオーナー兼は息子のマイク・ブラウン(当時56歳)に引き継がれます。彼はジェネラル・マネージャー兼オーナーとして活動します。

 

f:id:kazumax78:20200829145625p:plain

現在も、ベンガルズのオーナーシップはマイクが握っています。ですが、実質の運営は実の娘であるケイティー・ブラックバーンさんと、その夫が担っているようです。

 

 

f:id:kazumax78:20200829150711j:plain

さて、余談ですがブラウンズがどうなったか。ポール・ブラウンと揉めたブラウンズですが、1990年に地元クリーブランドを捨てます。メリーランド州ボルチモアにフランチャイズを移します。

 

f:id:kazumax78:20200829150649j:plain

ここでクリーブランド市民から「ブラウンズの名前を使うな!」と強烈な反対運動が起こります。名前はクリーブランド市に所有権があるとケンカを売りに行ったんですね。

 

f:id:kazumax78:20200829151314j:plain

そうして名前を変更する必要があり、レイブンズと名前が付けられた、という歴史です。その後、チームを失ったクリーブランド市は、フットボールチームがないのが許せない。そうして1999年に歴史も全てが新しいブラウンズが誕生するんです。

 

 

ベンガルズの戦績

f:id:kazumax78:20200829151505p:plain

1970年頃は新チームならでは、なかなか苦戦が続きました。3回もプレーオフに進出することができましたが、トーナメントでは勝利できず。なかなか苦戦が続きます。

 

f:id:kazumax78:20200829151611p:plain

1981年シーズン、カンファレンスを優勝し、初のスーパーボウルに挑戦します。しかし対戦相手となる49ersに敗北。ハーフタイムでの点差が史上最大と言われたところから、大反撃をしましたが、惜しくも勝利には到達できませんでした。ちなみに、この年にヘルメットがオレンジからトラ模様に変わりました。

 

f:id:kazumax78:20200829151713p:plain

1989年、2回目のスーパーボウルに挑戦です。またも対戦相手は宿敵49ers。7年前の雪辱を果さんとチーム一丸となって戦いますが、やはりQBジョー・モンタナ&WRジュリー・ライスの二人は強烈です。16-20と惜しくも敗北を喫しました。この後ベンガルズはしばらく沈み込みます。

 

f:id:kazumax78:20200829151811p:plain

2003年からはHCマービン・ルイスの時代に突入します。彼はかなり優秀な指導者でした。ベンガルズは久々に2005年に地区優勝を果たします。なんと1990年以来16年ぶりです。しかしワイルドカードで敗退。その後2000年代は6回プレーオフに進出しますが、全てワイルドカードで敗北しています。

 

[スポンサーリンク]
 

本拠地はポール・ブラウン・スタジアム

f:id:kazumax78:20050803212447j:plain

創業者のポール・ブラウンの名前がついたスタジアムです。このスタジアムの所有者はベンガルズではなく、シンシナティ自治体です。本来ですと、ネーミングライツ(命名権)を販売して収益とするものですが、息子のマイク・ブラウンがそれを許しませんでした。

f:id:kazumax78:20200829152427j:plain

着工は1998年、2000年8月19日に竣工。当時のコストで、$455M(≒500億円)、インフレ率を計算すると、2019年で$676M(≒700億円)と言われます。

 

 

f:id:kazumax78:20200829152659j:plain

シンシナティにチームができた当初は、ニッパート・スタジアムを使っていました。自治体が所有するものでなく、シンシナティ大学敷地内になる大学所有のスタジアムです。これが観客席5万人に至らなかったので、チーム創設の課題になっていたそうです。

 

f:id:kazumax78:20200829152805p:plain

その後1970年から使ってきた2代目スタジアムが、リバーフロントスタジアムです。2002年まで使われてきました。老朽化もあり、野球との併用が問題だという視点もあり、レッズの新スタジアム、グレート・アメリカン・ボールパーク建設が動き出し、2002年12月29日に解体されました。

 

[スポンサーリンク]
 

HCはザック・テイラー

f:id:kazumax78:20200829152841p:plain

18年間チームを率いてきたマーヴィン・ルイスからバトンを受け継いだのが、若い指導者のザック・テイラーです。とはいっても1983年生まれで、当時36歳とアメリカ的にいうとそこそこの年齢とも言えます。

彼はラムズでHCショーン・マクベイと共にリーグをのして来た、若いイケイケのコーチです。その先進的な考え方を新しい風として、ベンガルズを大改革してほしい。そんな大きな期待がかけられている人物です。

www.nfl-32.com

[スポンサーリンク]
 

O#チーム紹介

f:id:kazumax78:20200829152906p:plain

OCはブライアン・キャラハン。2010年からNFLのコーチとして関わって、キャリア11年目になる人です。1984年生まれで、HCのザック・テイラーとは同い年。そういう価値観の親和性も高そうです。

QB ジョー・バロウ(Joe Burrow)#9

Will the Bengals build a winner around Joe Burrow? - Sports Illustrated

2020年 / 1巡 / 1位 / LSU
2019年のカレッジで、全試合全勝のパーフェクトシーズンを過ごしたQB。チャンピオンにもなり、MVPもとり、ハイズマン賞もとり、NFLドラフトでは全体1位!見た目のかっこよさもあり、めちゃくちゃ人気が出そうな人です。

www.nfl-32.com

f:id:kazumax78:20200829153214j:plain

しかし、もともとは大学時代OSUのバックアップQBとして雌伏してきた人。家も経済的に豊かでなく、バックアップのままでは将来が開けないと、3年生のときにオハイオからルイジアナ州立大学に転校を決意。そこでスターターを勝ち取り、見事栄冠を手にした苦労人です。

C or OG ビリー・プライス (Billy Price)#53

f:id:kazumax78:20190423093426p:plain
2018 / 1巡 / 21位 / オハイオ州立大学
インテリアラインの中で唯一の一巡指名選手。18ドラフトでは重要なOL選手でしたが意外と指名順位が落ちました。開幕戦とWeek2を出場し脚を怪我して離脱。Week10にスターターとして復活。センターってもう一つ目立たないので、これからバリバリやって欲しい。

LT ジョナー・ウィリアムス(Jonah Williams)#73

f:id:kazumax78:20190612121600j:plain
2019 / 1巡 / 11位 / アラバマ大学
昨年のドラフトで満を持してゲットしたタックル。しかし、開幕前の練習中に怪我を負ってしまい、1年間出場できなかった。2020年シーズンが事実上のデビュー年になります。どんな仕事をしてくれるのか大期待。

LG マイケル・ジョーダン(Michael Jordan)# 60

f:id:kazumax78:20200409094904j:plain
2019 / 4巡 / 136位 / OSU
まだ新人のOL。タックルなのか、ガードなのか。もう少し定まってこないかも。あのマイケル・ジョーダンと同姓同名だから、結構からかわれてるだろうなと想像します。

C トレイ・ホプキンス(Trey Hopkins)#66

f:id:kazumax78:20200409094925j:plain
2014 / Undraft / テキサス大学
ドラフト外の苦労人。5.24sと脚は速くない。ドラフト外契約して、デビューする前に怪我してIR、そしてすぐに契約切られて、練習生として契約やりなおし。1年後に再契約できたものの、また開幕した途端にリリースされる。そしてまた練習生契約と苦労人。

フルタイムのスターターになれたのは2017年。RGとして12試合出場してきたが、4試合は膝の怪我のため欠場。18年はセンターとガードの両方で出場。19シーズンに16ゲーム全部センターとして出場してきた。ようやく3年$20.4Mで契約と、安定した職につけた感じのお人。

RG ザビエル・シャフィロ(Xavier Su'a-Filo)# 

f:id:kazumax78:20200409094956j:plain
2014/ 2巡 / 33位 / UCLA
テキサンズでデビューして、過去2年間カウボーイズのバックアップOLだったシャフィロ。2020年にベンガルズに移籍が決定しました。オフェンスファールも少なくシュアーな選手という印象。

RT ボビー・ハート (Bobby Hart)#68

f:id:kazumax78:20190423092607p:plain
2015 /5巡 / 226位 / フロリダ州立大学
3人目の移籍組。インテリアラインは5分の3が移籍組となります。彼は18シーズンにNYGから来ました。

TE ドリュー・サンプル(Drew Sample)#89

f:id:kazumax78:20200409100502j:plain
2019 / 2巡 / 52位 / ワシントン大学
昨年デビューしたばかりの選手ですが、ウゾマーのほうに出場機会を奪われてる感。昨年は9ゲームでてますが、ターゲットになったのは6回だけ。193cm117kgとかなりサイズがあるし、4.71sと脚は速いので、ポジションレシーバーとしても、ランブロッカーとしても素質は十分にあると思います。

TE CJウゾマー(C.J. Uzomah)#87

f:id:kazumax78:20190423090631p:plain
2015/ 5巡/ 57位/オーバーン大
タイトエンドですが、キャッチ率が70%に到達しない。これはちと不安感がある。少し中距離系のプレイで出番がある。平均獲得ydsは6.5yds。 タイトエンド業界では12番目の契約額。まずまずだがスター感のある選手ではない。

WR AJグリーン (A.J. Green)#18

f:id:kazumax78:20190423085623p:plain
2011 / 1巡 /  4位 / ジョージア大学
「Adriel Jeremiah Grenn」が本名です。ジョージア大学出身で、現在最強のWRとして名前を挙げる人も多いほどの実力者です。QBダルトンと同じ2011ドラフト組で、こっちは全体4位で指名を受けてます。当然WRランクでは1位でした。プロに入ってから8年平均で1,133ydsを走り、7年連続プロボウル選出。ベンガルズが最も大事にするべき選手の一人です。

 

 

WR ジョン・ロス (John Ross)

f:id:kazumax78:20190423091358p:plain
2017 / 1巡 / 9位 / ワシントン大学
「スピード・キング」の異名をもつ。コンバインで、40yds4.2sは史上最速。9月12日のテキサンズ戦でデビューを飾るも、いきなり膝を怪我。その後怪我を引きずり出場機会が減り、12月にIRリスト入りしてシーズンエンド。18シーズンも獲得210ydsのみと期待はずれの結果が目立っています。19シーズンで結果が出せないなら、解雇の決断がまっているでしょう。

WR タイラー・ボイド / Tyler Boyd / $4,258,969 

f:id:kazumax78:20190423094716p:plain
2016 / 2巡 / 55位 / ピッツバーグ大学
18シーズンは14試合出場して1,028ydsをレシーブしている。チームのセカンドターゲットと言えます。キャッチングの能力も向上してきており、19シーズンはOLが上達すれば、もっとパス記録が伸びるやも。

RB ジョー・ミクソン / Joe Mixon / $5,450,174 

f:id:kazumax78:20190423093910p:plain
2017 / 2巡 / 48位 / オクラホマ大学
チームのリーディングラッシャー。18シーズンは1,168ydsラン、296ydsレシーブ。ベルナルドよりもチーム勝利に貢献してる人物ではあります。しかし警察には2度も逮捕されており、ちょっと心の成熟差という点で不安定な部分があります。

RB ジョバンニ・ベルナルド (Giovani Bernard)#25

f:id:kazumax78:20190423093105p:plain
2013 / 2巡 / 37位 / ノースカロライナ大学
6年のキャリアで3,000ydsを走り、レシーブは2,230ydsとユーティリティに活躍する選手。RBランクでは14位の契約額で平凡的に見えますが、ベンガルズO#の重要な選手です。

[スポンサーリンク]
 

D#チーム紹介

f:id:kazumax78:20200829153312p:plain

DCはルー・アマルモさん。こっちは年齢がけっこういってて、1966年生まれ(53歳、2020年当時)。NFLのキャリアでは9年目になりました。ドルフィンズでDCの経験がありますが、他のチームではDBコーチをしてきた人です。ベンガルズでは2019年から就任しています。彼がどんなD#チームを作るのか。

RDT ジーノ・アトキンス (Geno Atkins)#97

f:id:kazumax78:20190423095034p:plain
2010 / 4巡 / 120位 / ジョージア大学
プロボウルにも数度選ばれ、2012シーズンでは13サックとものすごい記録を出しています。 DTランキングではリーグ5位の契約額を保持。NFLトップ100の63位にランクインしています。当然ベンガルズD#の最大武力です。

www.nfl-32.com

NT D.J.リーダー(D.J.Reader)#98

f:id:kazumax78:20200409092929j:plain
2016 / 5巡 / 166位 / クレムソン大学
テキサンズからやってきたDTです。体重157kg、身長191cmという理想的なドッカン体型のノーズタックル。4年で6.5サックしてて、スクリメージラインの破壊力もある選手ですね。

DE カルロス・ダンラップ / Carlos Dunlap /  $40,650,000 

f:id:kazumax78:20190423095817p:plain
2010/ 2巡 / 54位 / フロリダ大学
15-16シーズンにプロボウルに選ばれてます。ベンガルズ一筋のベテランDEです。キャリア9年間で平均8サック。QBヒットは平均22回とかなりプレッシャーを書けてくる驚異。ジーノ・アトキンス同様重要なD#選手ですね。

DE サム・ハバード(Sam Hubbard)#94

f:id:kazumax78:20190423105036p:plain
2018/ 3巡/ 77位/オハイオ州立大学
196cm122kgの体格で40ydsを4.7sで走る疾さがある。18ドラフトでは5番目のエッジラッシャーとして評価が高かった。

LB ジョーダン・エヴァンス(Jordan Evans)#50

f:id:kazumax78:20200409093013j:plain
2017 / 6巡 / 193位 / オクラホマ大学
この人、あまりスターターとして出場したことない選手。でもチームデータ覗くと、2020年からスターターにする方向みたい。スコアについてはちょっと不明。190cm105kgと体格はまずまず。

MLB ジャーメイン・プラット(Germaine Pratt)#57

f:id:kazumax78:20200409093322j:plain
2019 / 3巡 / 72位 / NCステート
昨年デビューしたばかりの新人LBです。19シーズンの記録は76タックルと手堅い感じの印象。

SS ショーン・ウィリアムス / Shawn Williams $20,185,000 

f:id:kazumax78:20190423100148p:plain
2013/ 3巡/ 84位 / ジョージア大
昨シーズンはインターセプト5回、リターン150yds、タックル110回と大活躍。S業界ではあまり有名ではないが、これから伸びると嬉しい。 

CB ウィリアム・ジャクソン三世(William Jackson)#22

f:id:kazumax78:20190423104128p:plain
2016 / 1巡 / 14位 / ヒューストン大学
40yds 4.37sの俊足の持ち主。PD14回といい結果を残してる。タックルが少ない。19シーズンは怪我のため2試合欠場。パス成功率は58.2%と結構よい数字。張り付いてカバーしているけど、いざランプレイになったらゲインを許してしまう。ラインバッカーとの調子の合わせ方でD#のパフォーマンスが変わるはず。

NB トレイ・ウェインズ(Trae Waynes)#

f:id:kazumax78:20171015151835j:plain
2015 / 1巡 / 11位 / ミシガン州立大学
無敵のスパルタン出身のCB。彼の契約金額がちょっと払いすぎじゃないかと思うくらいの奮発ぶりでした。後述のアレキサンダーと同様にバイキングスからベンガルズに、2020年に移籍が決定。1巡指名選手だし、契約金額も高いんだけど、パス71回/96回 成功を許してるし、7.5yds/tgtも結構厳しい数字。

CB マッケンジー・アレキサンダー(Mackenzie Alexander)#

f:id:kazumax78:20200409093659j:plain
2016 / 2巡 / 54位/ クレムソン大学
バイキングスから移籍してきた選手。毎シーズンそこそこ試合でてきた人。19シーズンは13試合出場してます。パスカバレッジが5.6yds /tgt 。58回ターゲットになって38回成功させてる。ちょっとなめられてるのかもね。

FS ジェシー・ベイツ三世(Jessie Bates III)#30

f:id:kazumax78:20190423104513p:plain
2018 / 2巡 / 54位 / ウェイク・フォレスト大
ルーキーのDB。インターセプト3回、PD7回、タックル111回と非常にありがたい存在。D#チーム全体のカバーをしてくれている

[スポンサーリンク]
 

こちらの記事もオススメ

www.nfl-32.com